松本人志の映画はつまらない?「大日本人」「さや侍」など評価まとめ

唯一無二の笑いのセンスを持つ「天才芸人」松本人志さん。司会者、映画、作家、俳優、作詞家としてもその天才ぶりを発揮されています。そんな松本人志さんですが、こと映画監督としては賛否両論があり、酷評も絶えない様です。松本人志さんの映画の評価を徹底的にまとめました!松本人情報満載です。

目次

  1. 「天才」松本人志さんの手掛けた4本の映画とは!
  2. 松本人志さんの映画4作品を興行収入・ランキング比較でおさらい!
  3. 松本人志さんの映画作品①「大日本人」
  4. 松本人志さんの映画作品②「しんぼる」
  5. 松本人志さんの映画作品③「さや侍」
  6. 松本人志さんの映画作品④「R100」
  7. 松本人志監督映画は、つまらない?その①「大日本人」の評価まとめ!
  8. 松本人志監督映画は、つまらない?その②「しんぼる」の評価まとめ!
  9. 松本人志監督映画は、つまらない?その③「さや侍」の評価まとめ!
  10. 松本人志監督映画は、つまらない?その④「R100」の評価まとめ!
  11. これからの松本人志監督の映画作品に期待!

「天才」松本人志さんの手掛けた4本の映画とは!

芸歴34年、まっちゃんの愛称で全日本国民に知られる松本人志さん。抜群のフリートークセンスを持ち、テレビやラジオで繰り広げられる松本人志ワールドは、今も枯れることなく爆笑を巻き起こし続けています。芸人として多くの番組を手掛けてきた松本人志さんは、ここ10年の間に「大日本人」「しんぼる」「さや侍」「R100」の4本の映画を制作されています。

テレビ・ラジオ・映画界で活躍!松本人志さんのプロフィール

近年のトレードマークは金髪&筋肉

生年月日:1963年9月8日
血液型:B型
身長:172cm
出身地:兵庫県尼崎市
相方:浜田雅功(1982年結成)
妻:伊藤凛(2009年結婚)
子:てらちゃん(2009年誕生)
事務所:吉本興業

松本人志さんの映画4作品を興行収入・ランキング比較でおさらい!

松本人志さんが手掛けた映画4作品の興行収入はどうだったのでしょうか?まずは各映画のランキングと共に松本人志さんの映画4作品をおさらいします。

松本人志さんの映画作品①「大日本人」

松本人志さん初映画監督作品

公開年:2007年(日本)
制作費:10億円
興行収入:11.6億円
映画興行成績年間ランキング:27位
(※同年ランキング1位は「HERO」81.5億)

松本人志さんの初映画監督作品「大日本人」の初動は好調

松本人志さんの初映画監督作品「大日本人」は、マスコミ大注目の中、2007年6月2日に公開されました。公開直後の土日2日間で観客動員数15万6,700人、興行収入2億2,691万円を記録しました。松本人志さんも初日舞台あいさつで『自信満々』とコメントした映画「大日本人」は、好調な出だしをきりました。

松本人志さんの映画作品②「しんぼる」

松本人志さん映画第2作目

公開年:2009年
上映時間:93分
製作費:不明(※10億よりは下という噂)
興行収入:約4億
映画興行成績年間ランキング:圏外
(※同年ランキング1位は「ROOKIES -卒業-」85.5億)

注目の松本人志さん映画2作目「しんぼる」の初動はやや残念な結果に

松本人志さんの2作目となる映画「しんぼる」は、2009年9月12日に公開されました。『90分に自分の想いを詰め込んだ』とコメントし、数々のメディアで松本人志さんがパジャマ姿で映画の宣伝をしていた映画「しんぼる」ですが、公開直後の土日2日間の興行収入は1億330万で前作の約半分という結果になりました。

松本人志さんの映画作品③「さや侍」

松本人志さん映画第3作目

公開年:2011年
上映時間:103分
製作費:不明
興行収入:5~6億
映画興行成績年間ランキング:圏外
(※同年ランキング1位は「コクリコ坂から」44.6億)
出典:http://news.yoshimoto.co.jp

注目の松本人志さんの映画第三弾「さや侍」の初動はまずまず

松本人志さんの3作目、映画「さや侍」は、2011年6月11日に公開されました。『松本映画に触れてこなかった人に観てほしい』とコメントした映画「さや侍」は、公開直後の土日2日間の興行収入が1億2387万で、観客動員数は9万652人となり映画観客ランキングで初登場第8位になりました。

松本人志さんの映画作品④「R100」

松本人志さん映画第4作目

公開年:2013年
上映時間:100分
製作費:5億?
興行収入:2億?
映画興行成績年間ランキング:圏外
(※同年ランキング1位は「風立ちぬ」120.2億)

松本人志さんの映画第4弾の初動は大コケと言われる状態に・・・

松本人志さんの4作目となる映画「R100」は、2013年10月5日に公開されました。『やっと自分が表現したいものが相当表現できた』とコメントした映画「R100」ですが、公開直後の土日2日間で興行収入が5,282万、観客動員数は3万7,983人となり、映画「大日本人」と比較すると約2割にまで落ち込んでしまいました。映画観客ランキングでは初登場7位となりました。

観客動員数からみる松本人志監督映画への評価

数字だけでみると松本人志映画への世間の評価は厳しい結果に・・・

興行収入とランキングだけで松本人志さんの映画を評価すれば、ヒット作が出たとは言い難い状況です。映画制作本数を重ねるごとに観客動員数が減っている点においても、世間からの松本人志監督への評価が厳しかったことが浮き彫りにまってしまいました。

松本人志監督映画は、つまらない?その①「大日本人」の評価まとめ!

松本人志監督の映画「大日本人」は興行成績ランキングからみると年間27位と、成績からはまずまずでした。「大日本人」とはどんな作品だったのか、あらすじやキャストを見ながら、国内・海外からどんな評価が出たのかを各方面からまとめます!

松本人志監督映画「大日本人」のあらすじ

「大日本人」という家系に生まれた苦悩

松本人志さん演じる主人公、大佐藤 大(だいさとうまさる)は先祖代々、巨大な獣を退治することを生業とする「大日本人」家系に生まれます。しかしかつての栄光は今は無く、世間からは煙たがれ、「大日本人」の不要論も出てしまいます。さらに私生活では、跡取り問題や介護の問題、妻子との別居、と深刻な悩みを抱えています。

獣を退治しているのに、肩身の狭い「大日本人」

しかし、かつての栄光は今は無く、世間からは煙たがれ、「大日本人」の不要論も出てしまいます。さらに私生活では、跡取り問題や介護の問題、妻子との別居、と深刻な悩みを抱えています。

「大日本人」は敵前逃亡して・・・

大佐藤 大(だいさとう まさる|演:松本人志)はそれでも獣を倒し続けますが、ある日、これまでにない圧倒的な強さの赤い獣(スティウィズミー)に遭遇し、敵前逃亡してしまいます。皮肉にもその様子がテレビに放送され、その視聴率が高かったのです。

ラスト「大日本人」は蚊帳の外に・・・

なすすべのない「大日本人」に代わり「大アメリカ人」ファミリーが現れ、その獣を簡単に倒してしまいます。そして困惑する「大日本人」をよそにエンディングを迎えます・・・

映画「大日本人」で松本人志監督を支えたキャスト

松本人志(大日本人役)
UA(マネージャー役)
海原はるか、竹内力、板尾創路、神木隆之介、原西孝幸(獣役)
宮迫博之(赤い獣:スティウィズミー役)
宮川大輔(大アメリカ人役)
中村敦子(スナックのママ役)

松本人志監督自らが語る映画「大日本人」

「誰もやっていないことをやって、映画を壊そうとした」と語る松本人志さん

映画「大日本人」がカンヌ国際映画祭で公開されたのちの会見で、松本人志さんは「大日本人」の笑いのレベルを5段階中2のレベルで、大衆受けするレベルで作ったとコメントされました。また、映画「大日本人」は家族でも見てもらえる映画作品だとも語っています。

@yamakoeruさんの投稿
10349777 257845107755117 48276367 n

松本人志監督「大日本人」のカンヌ国際映画祭での評価!

@tasasaさんの投稿
11232623 866891626681627 307302532 n

カンヌで映画初公開となった新人松本人志監督に大喝采!

映画「大日本人」は、松本人志さん初映画監督作品とあり、注目を集めるも公開までは謎のベールに包まれていました。初映画監督作品「大日本人」は、カンヌ国際映画祭での初お目見えとあり、松本人志さんも緊張されていたようですが、上映後は大喝采となりました。

@kawaken23さんの投稿
11330603 1650177831882565 1824409372 n

しかし映画「大日本人」はフランス人から洗礼も受けてしまった・・・

映画「大日本人」の上映中、会場では笑いも起きていたものの、途中で席を立つ人もいて松本人志さんは結構動揺されていたようです。映画「大日本人」への評価は『編集レベルの低さが目に付く。アイデアは良いけど、映画監督しての才能は疑問がある」と厳しいものもありました。

国内での映画「大日本人」の公開後の反応と評価は?

松本人志コントは好きだが「映画」は向かない?という声が多かった!

この映画「大日本人」は、松本人志さんの得意とする手法が多く出ています。ヒーロー物をシュールに描く手法、インタビュー形式での切り口、長いフリからの落ち、などコント等で天才ぶりを発揮してきた手法ですが、こと長編映画となると『テンポが悪い』『途中で苦痛に』『映画じゃなければ面白かった』という評価があがりました。
出典:http://img.cinemacafe.net

映画監督としても成功した北野武監督からは

辛辣な世間の評価がある一方、松本人志さんも意識している北野武監督からは「才能がある」とエールを送られています。また、ビートたけしのエンターテインメント賞話題賞をこの映画「大日本人」に送っています。

松本人志監督映画「大日本人」の点数は?

注目を浴びた松本人志さんの映画「大日本人」を点数にするとどんな評価が浮かび上がるのでしょうか?松本人志監督の初映画作品は『面白い』のか『つまらない』のか評価を見ていきましょう。

多くの人々にとってこの映画は、途中まで積み上げた積み木を自ら壊す幼児の遊びにしか見えないことだろう。

こちらでは100点満点中『20点』という辛口点数です。松本人志さんの映画は感性で突っ走った感が否めないという評価が多いようです。

松本人志のバラエティは大好きだが、これはテレビかDVDで十分な内容。

こちらでは10点満点中『4.66点』という平均点でした。「大日本人」は自由過ぎる作りである、途中まで良かったのに突然チープなラストが残念という意見も見られました。

CGが素直にいい。

こちらの方は5点満点中『4.7点』という高得点でした。カメラマンや助監督などの日本屈指のエキスパートが映画「大日本人」に関わっていたため高評価もあります。

松本人志監督映画は、つまらない?その②「しんぼる」の評価まとめ!

前作映画「大日本人」から2年、2009年に松本人志監督映画「しんぼる」は公開されるも、前作ほどの興行成績をおさめられませんでした。映画「しんぼる」のあらすじ・キャストを追いながら、各方面からの評価をまとめます!

松本人志監督映画「しんぼる」あらすじ

映画「しんぼる」はメキシコのプロレスラーが非日常的な”何か”に胸騒ぎをおぼえる所から始まります。その頃、松本人志さん演じる主人公の「男」は、真っ白な部屋に閉じ込められているなか、目を覚まします。

松本人志さん演じる「男」は何もない部屋からの脱出をこころみます

映画「しんぼる」では松本人志さん演じる男のいる部屋の壁からは、かわいらしい男性器の「しんぼる」が出てきます。それを押すことで様々なプレゼントが出てきたりします。あの手この手で出口を見つけた男はなんとか初めの部屋の脱出に成功します。

脱出した先は前の部屋より大きい「実践の部屋」だった

なんとか脱出した前の部屋は「修行の部屋」で、今度の部屋では「しんぼる」を押すと世界中で何か変化が起きます。映画冒頭からのメキシコのプロレスラーの身にも変化が起きます。しかし松本人志さん演じる男のいる部屋には何の変化もありません。

最後の「しんぼる」を押すのか・・・?

松本人志さん演じる男は「しんぼる」をよじ登っていきます。ひたすらに登り続けた先は、いつしか宙の中です。ついに到着した「未来の部屋」には、巨大な「しんぼる」が一つあります。男は押すのか・・・?という所で映画「しんぼる」は終わります。

映画「しんぼる」のキャスト

謎の男演じる松本人志さんのほぼ一人芝居状態!

この映画のメインとなる部屋にいる男を、松本人志さんが演じます。それ以外のキャストは外国の方です。劇中はほぼ、松本人志さんの一人芝居状態となります。

松本人志さんが語る映画「しんぼる」

松本人志監督がテレビではできない事を発散させた、映画「しんぼる」

「日本人だけでなく海外を意識した無言映画にしようと思った」と語る松本人志さん。映画「しんぼる」だけの独特な世界を表現しました。「ニュートラルな気持ちで映画を見てほしい」ともコメントされています。

松本人志監督映画「しんぼる」の評価は?

松本人志監督の映画第二弾「しんぼる」は酷評が目立ちました。良くも悪くもこれぞ松本人志ワールドと評価する点もあったようですが、『映画に中身がない』『意味不明』『疲れた』『単純につまらない』などなど厳しすぎる評価が次々と出ました。

松本人志監督映画「しんぼる」の点数は?

映画「しんぼる」に対してどんな評価が出たのでしょうか。映画「しんぼる」は『面白い』のか『つまらない』のか意見を見ていきましょう!

唯一無二とは言わないまでも珍しい映画であることに間違いありません

こちらの方は100点満点中『22点』と採点されました。映画「しんぼる」の、ベタ過ぎるギャグと間延びしたフリに、始終スベッてしまった印象がぬぐえなかったようです。

「大日本人」が予想外に良かったので本作も鑑賞してみたのですが、残念ながらこちらは酷い出来でした。

こちらでは10点満点中『3.53点』という平均点でした。ここでも厳しい評価です。これでは、つまらない映画の「しんぼる」になってしまうと揶揄(やゆ)されるのも仕方ないのかもしれません。

いかにも素人が作ったような退屈な駄作を見せられて、暴動が起こらなかったのが不思議。

こちらでは5点満点中『2.5点』という平均点でした。映画の完成度に不満を感じたという意見が多数あがりました。

松ちゃんは天才。 彼の頭の中の「何か」を「お笑い」という経験を交えて形にしたものが、この映画。

こちらの方は5点満点中『4.5点』の高得点をつけていました。松本人志さんに映画としての完成度を求めず、松本人志さんの世界観を評価しての高得点も見られました。

松本人志監督映画は、つまらない?その③「さや侍」の評価まとめ!

初の松本人志さん本人以外の主演での映画「さや侍」が2011年に公開されました。素人役者・子役など注目を浴びた映画「さや侍」を解析しながら評価をまとめます!

松本人志監督映画「さや侍」のあらすじ

松本人志さんの番組にたまたま出ていた一般人の野見隆明さん演じる主役の「さや侍」は、あることから脱藩し、その首に懸賞をかけられ、娘の「たえ」(子役:熊田聖亜)と追手から逃げるあてのない旅をするも、やがて捕らえられます。

「さや侍」に課せられた”三十日の業”

「さや侍」は、藩の殿様より「三十日の業」の刑に処せられます。その刑とは、流行病で母君を失くして悲しみにくれる藩の若君に、一日一芸披露して、三十日の間に笑わせる事ができれば無罪放免、笑わせる事ができなければ切腹というものでした。

「さや侍」にとって過酷な試練が始まる

サムライである「さや侍」にとって試練の三十日が始まります。あの手この手の捨て身で芸を披露しても若君は一向に笑顔になりません。娘の「たえ」とは喧嘩になる始末です。試練の最中、娘の「たえ」も若君同様に流行病で母を失くしたこと、「さや侍」が刀を手にしなくなった経緯が語られます。

三十日の業を終えた「さや侍」は・・・

ついに三十日の業は最後の日となるも、若君が笑う事はありませんでした。これまでの「さや侍」のひたむきな姿に殿様は無罪放免にするつもりでしたが、「さや侍」は切腹の刑を自ら選びます。死後、残された娘「たえ」のもとに、「さや侍」からの手紙が届きます。

一般人と子役に注目!映画「さや侍」を支えるキャスト

野見隆明(主役:野見勘十郎役)※一般人
熊田聖亜(娘:たえ役)
板尾創路、柄本時生(門番役)
伊武雅刀(藩家老役)
國村隼(藩主役)
清水柊馬(若君役)
りょう、ROLLY、 腹筋善之介、竹原和生(城下町の人々役など)

松本人志さんが語る映画「さや侍」とは

映画「さや侍」の舞台挨拶で松本人志さんは「これまで松本人志の映画をみてこなかった人に見て欲しい」とし、映画「さや侍」をみてこれまでの松本人志映画の『へたへた』なイメージを払拭してもらいたいとコメントしました。

@hideyakabeさんの投稿
18444779 169443886918533 8985273721572818944 n

映画「さや侍」エピソード

「さや侍」の構想は、主役を務めた一般人の野見さんが解約した携帯を胸ポケットにずっと入れていた所から得たそうです。また撮影初めは、野見さんに緊張感を持たせるため撮影が「映画」だとは伝えず、共演者には野見さんと口をきかないよう頼んだそうです。ドッキリのような撮影方法です。

松本人志監督映画「さや侍」の評価は?

松本人志さんの映画三作目「さや侍」は、前2作に比べて「見やすい」という評価が多くみられました。「正統派の映画」「素直に好き」「感動した」という高評価も。一方、「クスリとも笑えなかった」「学芸会レベル」など辛い評価もあり、映画「さや侍」は賛否両論なようです。

松本人志監督映画「さや侍」の点数は?

意見の割れた映画「さや侍」にどんな評価がでたのでしょうか。『面白い』のか『つまらない』のか映画「さや侍」への反応をまとめます。

まとまりがなく終始退屈な映画。

こちらでは5点満点中『3.12点』という平均点でした。普通に良かったという評価もある中、笑えず感動もできずという辛口意見もみられました。

松本作品としては前2作よりも見やすい出来でした。

こちらでは10点満点中『4.6点』という平均点でした。割と感動したという意見や、子役が良かった、挿入歌が良かった、という評価もありました。

伏線を地道に回収したり、笑いを涙に変えてゆくなどといった、映画監督としての器用さを見ることができる。

こちらの方は100点満点中『60点』という中々の評価点でした。日本映画業界には松本人志監督のような特異な存在も育てる余裕が必要だとコメントされています。

リアリティなどを求める人には向きませんが、その分突っ込みどころ満載です。

こちらでは5点満点中『3.4点』という平均点でした。「さや侍」に笑いを求めてみるより、普通に映画として、暇つぶしという感覚でみることでは評価できるという意見がありました。

松本人志監督映画は、つまらない?その④「R100」の評価まとめ!

これまでの三作で話題をよんできた松本人志監督の映画第四弾「R100」が2013年に公開されました。豪華な出演陣で公開前から期待の高まった映画「R100」とはどんな作品なのか、内容をおいながら評価にせまります。

松本人志監督映画「R100」のあらすじ

主人公の片山(演:大森南朋)は、妻が意識障害で何年も病床につき、育児にも疲れ、うっそうとした生活から気が迷い、謎のSMクラブに入会してしまいます。それからというもの、片山の生活は一変し、行く先々で女王様に攻め立てられるようになります。
出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com

映画「R100」では豪華女優陣による執拗なSMプレイが繰り広げられる!

超個性的な女王様が次々と現れ、ついに職場や家庭でもプレイを展開されると、片山は退会を申し入れますが「契約の1年は退会できない」と却下されます。

映画「R100」の終盤は主人公とSM女王様達との戦いへ

回し蹴り、寿司の握り潰し、なじり、声攻め、唾液攻め、家族の丸呑み、と執拗に奇天烈なプレイで攻め続けられる中、とある勘違いから主人公とSMクラブの戦いが始まり、片山は女王様を下し、勝利します。

映画「R100」の真意とは?

映画試写会は終わり、視聴した関係者はみな困惑した苦い表情です。映画に対して様々な批判がでると「100歳になればこの映画の真意がわかる」との回答があり、100歳を超える映画監督はひとり満足そうな顔を浮かべて映画「R100」は終わります。

松本人志監督映画「R100」キャスト

大森南朋(主人公:片山貴文役)
YOU(妻:片山節子役)
前田吟(節子の父役)
松本人志(警察官役)
渡部篤郎(岸谷役)
松尾スズキ(クラブ支配人役)
大地真央、片桐はいり、渡辺直美、寺島しのぶ、佐藤江梨子、冨永愛(所属女王様役)

松本人志監督自らが語る映画「R100」

前作映画「さや侍」では映画らしいものを作ったので、今回の「R100」はメチャクチャにしようと思ったと語る松本人志監督、本作「R100」は今までで一番自分のやりたかった事が詰め込めたと語っています。

@lino_la_0719さんの投稿
18380477 1876770169270164 1096057885659496448 n

松本人志監督映画「R100」の点数は?

映画「R100」は公開されるも、観客数の伸びが悪く「大コケ」という評価がついてしまいました。どのような評価をされたのか、映画「R100」の評価点をみていきましょう。

残念ながら凡人の私にはいまいちこの映画の良さが分かりませんでした

こちらでは5点満点中『2.1点』という点数でした。かなり低い評価です。全然楽しめたという人はMで、ボロカスにいう人はSでしょうという意見までありました。

万人向けどころか10人向けにもなっていないが、こういう映画は稀有

こちらの方は100点満点中『60点』という点数でした。松本人志映画の中でもダントツの意味不明さだと評価しています。大森南朋さんの大胆な演技に驚いたそうです。

人並みに我慢強い方だと思うが、試写会場から途中退場したくなった。

こちらでは100点満点中『44点』という点数でした。松本人志さんのコメディが好きで見てみたものの、もう見ないという辛辣な意見もありました。

初めて映画館で独りになった作品。

こちらでは5点満点中『2.18点』という点数でした。最後まで見れた、最後まで見れなかったという点で評価がでるのも珍しいものです。

これからの松本人志監督の映画作品に期待!

松本人志監督の映画は『面白い』のか?『つまらない』のか?

ここまで、松本人志監督の映画4作と評価のまとめを見てきました。世間ではやはり、松本人志監督の作品は「つまらない」と酷評が多くでていますが、映画「R100」のラストの言葉をかりるなら独特の世界観に、まだ観客が追い付いていないということでしょうか。

@superboys_takamatsuさんの投稿
18382417 288088911640509 1764899798202187776 n

松本人志さんはどんな次回作を作りたいのか?

松本人志さんとしては、どんな次回映画作をつくりたいのでしょうか?あるインタビューでは『すっごい普通の映画を撮ってみたい』という思いを語っています。松本人志さんの芸人魂としては、ついオチを用意したり、観客を驚かせたい意識が働くのでしょうが、松本人志監督の思う”ふつう”の映画も楽しみです!

@lino_la_0719さんの投稿
18013371 655105021357557 826998542710079488 n

松本人志の関連記事はこちら!

松本人志の名言集!天才の見事な名言に思わず爆笑?感動? | Pinky
【ダウンタウン】松本人志が天才と呼ばれる理由とは。作品もご紹介! | Pinky

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ