明石家さんまと松本人志は仲が悪い「不仲説」の真相とは?【動画あり】

お笑い界の大御所・明石家さんまと松本人志。後輩芸人からも慕われているさんまと松本だが、実は仲が悪いともっぱらの噂。明石家さんまと松本人志の事務所が不仲の発端だとか。二人の経歴や、他にも明石家さんまとの不仲をささやかれる人物まで、噂の真相に迫ってみた。

明石家さんまと松本人志は仲が悪い「不仲説」の真相とは?【動画あり】

目次

  1. お笑い界の巨頭・明石家さんま。実は松本人志とは不仲というのウワサが
  2. 明石家さんまと松本人志は不仲?ウワサの出所を探る
  3. 明石家さんまと松本人志の不仲説を後押しするエピソード
  4. 松本人志のほかにも、明石家さんまとの不仲をウワサされる人物が
  5. 明石家さんまと松本人志、お笑い芸人であるからこその不仲

お笑い界の巨頭・明石家さんま。実は松本人志とは不仲というのウワサが

明石家さんま(あかしや さんま)

本名:杉本 高文(すぎもと たかふみ)
生年月日:1955年7月1日
出身地:奈良県奈良市
血液型:B型
身長:172 cm

タモリさん、ビートたけしさんと共に、日本のお笑い芸人BIG3として称される明石家さんまさん。もともと明石家さんまさんは落語家志望であったが、師匠の2代目笑福亭松之助氏に勧められてお笑いタレントに転向したという。

明石家さんまさんは多くのテレビ番組の司会を務め、見ない日がないといっていいほどの重鎮。笑いに関する真摯さは人一倍強く、多くの後輩芸人にも慕われている。

サービス精神も旺盛であり、街中で声をかけてきたファンに対しても明石家さんまさんは気さくに応対してくれることでも知られている。他にも仕事がなくて困っていた後輩にはチャンスを与えるなどのエピソードも豊富で、明石家さんまさんはどうやら非常に人情味の厚い人柄らしい。

松本人志(まつもと ひとし)

本名:松本 人志
生年月日:1963年9月8日
出身地:兵庫県尼崎市
血液型:B型
身長:172 cm

浜田雅功さんとダウンタウンというコンビを組んでいる松本人志さん。その才覚はお笑い界のみにとどまらず、映画監督としても知られている。

自身の番組で自身に仕掛けた企画で閉所恐怖症を患うなど、ちょっと抜けたところもある松本人志さん。芸能だけでなく政治や芸術といった分野の造詣も深く、松本人志さんを尊敬する後輩芸人も多いという。

「笑うことが楽しく生きているだけで幸せ」という明石家さんまさんの趣旨とは異なり、松本人志さんは「笑いと悲しみは紙一重・表裏一体」という哲学を持っている。グロテスク・バイオレンスなネタや下ネタなどを取り扱うことも多い。

明石家さんまと松本人志は不仲?ウワサの出所を探る

明石家さんまさんと松本人志さんは同じ吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。しかし同じ事務所でありながらなかなか共演する機会はなかったようである。

そもそもの発端は、明石家さんまさんの番組「恋のから騒ぎ」で松本人志さんがゲスト出演したときのようだ。明石家さんまさんは後輩の松本人志さんに対して「礼儀がないし、トークにも乗ってこない」と不快感をあらわにしていた。

明石家さんまさんが司会をつとめるフジテレビ系トーク・バラエティ番組「さんまのまんま」でゲストに松本人志さんが出演した際にも、トークはどこかチグハグでピリピリした空気が流れていた。

松本人志さんの相方である浜田雅功さんは、過去に先輩芸人である明石家さんまを「怖い」と評したことがある。「明石家さんまさんは顔は笑っているけど目が笑っていないときがある」と告白した。

明石家さんまと松本人志の不仲説を後押しするエピソード

明石家さんまさんと松本人志さんはお互いのスタンスについて馬が合わない部分があるようである。過去に明石家さんまさんは松本人志さんの番組に対してこんな苦言を述べている。

さんまさんは、「ヤングタウン」の中で、レンタルビデオ店に行けば「すべらない話」のDVDがたくさん置かれていて、「あれが面白い?」と疑問に思う、と話した。自分たちお笑い芸人は、「すべらない話」をするのが当然だと思っている

一方の松本人志さんも言われてばかりではないようで、明石家さんまさんに対して思うところがあるようだ。

松本人志のほかにも、明石家さんまとの不仲をウワサされる人物が

お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明さんも、明石家さんまさんとの不仲がウワサされている。発端は明石家さんまさんが「おい貴明、木梨が堪忍袋の緒が切れたって言うてたぞ」とジョークで口にしたことが原因のようだ。これを石橋貴明さんがジョークととらえなかったことで、三人の間に微妙な空気が流れてしまったそうである。また、石橋貴明さんは松本人志さんと不仲だということでも知られている。

明石家さんまさんと仲の良いオール阪神巨人のお二人でさえも、「この人(さんま)の余計な一言で、どれだけのコンビがモメたか」と語っていたことがある。

シンガーソングライターの長渕剛さんも明石家さんまさんとの不仲をささやかれるひとり。20年ほど前のラジオ番組で「二度と会うことはない」とお互いに言い合うほどに関係が悪化したそうだ。それから十年後の「さんまのまんま」で再会するが、やはり険悪なままであった。

明石家さんまと松本人志、お笑い芸人であるからこその不仲

明石家さんまさんと松本人志さんはお互いに「お笑い」に対して真摯であるからこそ不仲なようだ。お二人はその姿勢でお笑い界で確固たる地位にたどり着いたのであるから、これからも歩み寄ることはなさそうである。

しかし「笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号」では不仲がささやかれる多くの組み合わせが駆けつけて奇跡の共演を果たした。どれだけお互いを嫌いあっていても、彼らにはプロのお笑い芸人としての誇りがあり、義理人情を欠かすことはできないということだろう。

関連するまとめ

Thumb明石家さんまと長渕剛の不仲騒動まとめ!年齢はどっちが上? | Pinky
Thumb明石家さんまと上沼恵美子が和解?共演NGと噂されていた二人のとある事件の内容とは。 | Pinky
Thumb松本人志とパンクブーブー黒瀬の中は険悪?放送事故の真相は | Pinky

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-21 時点

新着一覧