妊娠初期や妊娠超初期の頭痛の原因について。寒気や吐き気を伴う場合も!

なんだか頭痛がする・・・もしかしたら妊娠かも!?妊娠初期症状のなかに、吐き気や倦怠感などのほかに、頭痛も起こることって知ってましたか?意外と、悩まされている方も多いみたいです!妊娠初期に起こる頭痛について、原因や対処法を知っておきましょう。

妊娠初期や妊娠超初期の頭痛の原因について。寒気や吐き気を伴う場合も!

目次

  1. まずは、妊娠初期症状について
  2. 妊娠初期・妊娠超初期っていつから?
  3. 妊娠初期の頭痛の症状とは?
  4. 妊娠初期の頭痛は寒気や吐き気を伴う場合も!
  5. 妊娠初期や妊娠超初期の頭痛の原因
  6. 妊娠初期や妊娠超初期の頭痛への対処法
  7. 妊娠初期の頭痛はいつからいつまで続くの?
  8. 妊娠初期の頭痛で薬を服用してもいいの?
  9. 妊娠初期の頭痛についてのまとめると

まずは、妊娠初期症状について

着床して妊娠が成立すると、ホルモンが大量に分泌され、体内を妊娠を継続させるために適した環境に作り出そうとします。

そのため、妊娠初期症状というものが現れるのですが、主な妊娠初期症状として、だるさ、熱っぽい、眠気におそわれる、胃のむかつきなどが挙げられます。

妊娠初期の身体の不調以外にも、精神的に情緒が不安定になったりします。その中に、頭痛も含まれ、妊娠初期の頭痛も妊娠初期症状の一つといえます。

妊娠初期・妊娠超初期っていつから?

妊娠初期

妊娠初期とは、子宮の中に胎のうという赤ちゃんを包む袋が作られる時期で、主に妊娠5週0日(妊娠2カ月)〜妊娠15週6日(妊娠4カ月)のことをいいます。

妊娠超初期

妊娠超初期とは、妊娠初期より前の段階で妊娠0~4週目までのことを言います。妊娠0週0日が最終月経の初日のことですので、実際はまだ妊娠してません。

妊娠初期の頭痛の症状とは?

妊娠初期の頭痛の痛みの症状は人によって様々ですが、目の周辺やこめかみがズキズキと痛む「片頭痛」のような痛み場合や、

後頭部から首筋にかけて締め付けられる「緊張型頭痛」のような痛みが起こることが妊娠初期の頭痛には多いそうです。

妊娠初期の頭痛は寒気や吐き気を伴う場合も!

妊娠初期の頭痛によって寒気や吐き気が起こることもあります。

妊娠初期の頭痛に伴う吐き気は嘔吐中枢が関係

嘔吐中枢は、脳幹内に存在し、吐き気などの症状をコントロールする中枢です。妊娠初期はいろいろな原因で脳の血管が拡張して神経を刺激します。そして、片頭痛を引き起こします。その刺激を伝えるとき、嘔吐中枢までもが刺激を受けてしまい、吐き気の症状が起こると考えられています。また、ホルモンバランスの崩れで乱れた自律神経のせいで、なんだか胃がムカムカすることもあるようです。

妊娠初期の頭痛に伴う寒気の症状にはたくさんの要因が

妊娠初期症状が寒気を起こす場合があります。妊娠中は妊娠を継続させるために高い体温を保つ必要があり、外気との差が激しくなり寒気を感じたり、皮膚表面の温度が低くなり寒気を感じたりします。寒気が起こす胎児への影響としては挙げられるものに、「冷え」がありますので、すこし注意が必要です。

妊娠初期や妊娠超初期の頭痛の原因

妊娠初期の頭痛の原因1 ホルモンバランスの乱れ

妊娠初期は、プロゲステロンという黄体ホルモンが大量に分泌されます。そのようなホルモン分泌量の変化により、体内のホルモンのバランスが乱れて妊娠初期の頭痛を引き起こす原因になります。

妊娠初期の頭痛の原因2 自律神経の乱れ

妊娠初期時の黄体ホルモンが大量に分泌されると、ホルモンバランスが崩れが自律神経が乱れることになります。これも、妊娠初期の頭痛の原因のひとつと考えられています。自律神経が乱れは、風邪の諸症状によく似た症状も引き起こします。

妊娠初期の頭痛の原因3 貧血

妊娠初期の頭痛は「貧血」が原因という可能性もあります。妊娠中は血液量が増加しますが、血球成分は増加しないので血が薄くなり貧血を起こしやすくなります。そのため、妊娠初期の頭痛が起きることがあります。

妊娠初期の頭痛の原因4 ストレス

妊娠初期症状により、いつもと違う体調なのでストレスと感じることもあります。また、それにくわえて自律神経が乱れているので、妊娠初期の頭痛になりやすいそうです。

妊娠初期や妊娠超初期の頭痛への対処法

妊娠初期の頭痛の対処法1 頭を冷やす

妊娠初期の頭痛のズキンズキンと痛む片頭痛の場合、首周り・おでこなどズキズキする部位を保冷剤にハンカチを巻いて痛い箇所を冷やすと、血管を収縮させ痛みを鎮まります。

妊娠初期の頭痛の対処法2 マッサージをする

肩と首の筋肉の緊張を取り、血行を良くすることで妊娠初期の頭痛がましになることがあります。オイルを塗りながらマッサージを行うと、さらに効果的です

妊娠初期の頭痛の対処法3 横になりリラックスする

気分をリラックスさせるために、静かな環境で横になり休養をとりましょう。家事や仕事は最小限にして、短く仮眠をとることもオススメです。

妊娠初期の頭痛の対処法4 ぬるめのお風呂に浸かる

血管収縮が原因の首筋に痛みを感じる緊張型頭痛は、ぬるめのお風呂に浸かって血行を良くしましょう。深呼吸も効果的です。

妊娠初期の頭痛の対処法5 片頭痛にはコーヒーも効果的

実は、カフェインにも血管収縮の作用があるため、カフェインを含むコーヒーやお茶も片頭痛の緩和に良いとされています。ただし、妊婦さんはカフェインの過剰摂取には注意が必要です。飲む際は、1日1.2杯程度の少量を楽しむようにしましょう。

妊娠初期の頭痛の対処法6 水分を多めに取る

妊娠初期のつわりにより水分が不足すると、血液がどろどろの状態になります。そのため、血の巡りが悪くなり緊張型頭痛を引き起こしてしまうので、たくさん水分補給を心がけましょう!

妊娠初期の頭痛はいつからいつまで続くの?

不快な妊娠初期の頭痛をいつからいつまで我慢すればいいのかというと、大体の方が、胎盤が完成する妊娠12~15週頃になると、ホルモンの状態も徐々に安定してくるので、妊娠初期の頭痛が治ると言われています。頭痛が長く続くようであれば、医師にご相談ください。

妊娠初期の頭痛で薬を服用してもいいの?

市販の頭痛薬は妊娠中は控えるように注意書きされているので、万が一に備えて、頭痛薬は基本的には控えたほうが良いです。医師に相談して妊娠初期中でも飲める頭痛薬を処方してもらうことをお勧めします。頭痛薬に頼らずに、頭痛を治す方法を試みてください。

妊娠初期の頭痛についてのまとめると

妊娠初期や妊娠超初期の頭痛は、妊娠初期症状の一つです。原因として、ホルモンバランスの乱れや、貧血が挙げられます。妊娠初期の頭痛の原因に伴い、吐き気や寒気を感じることもあります。寒気は冷えにつながるたほかの頭痛を解消する方法を試してください

この妊娠初期の頭痛は、妊娠中ずっと続くことは少なく、多くの方が安定期に入る頃には症状が治まっていることが多いです。そういえば、いつからか頭痛がなくなったなと感じることでしょう。

しばらくの我慢ですので、赤ちゃんのために、ハッピーなマタニティライフのために頑張りましょう!

関連記事

Thumb妊娠初期症状や妊娠超初期症状いつから?風邪と間違うこともある? | Pinky
Thumb妊娠初期の出血が鮮血なら少量でも注意が必要!原因や対処法は? | Pinky

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-01-21 時点

新着一覧