妊娠初期の風邪の影響は?咳・鼻水・喉の痛み・熱の対処法について

妊娠初期の妊婦さんが風邪を引くと、胎児に影響はあるの?という疑問にお答えします。風邪と間違えやすい、妊娠初期症状と風邪の見分け方も解説。妊娠初期に風邪をひいてしまった時の、風邪の諸症状への対処法も合わせてご紹介します。妊娠初期の風邪症状への疑問を解決!

目次

  1. 妊娠初期に風邪の症状!胎児への影響が心配
  2. 風邪と似ている!?妊娠初期症状とは
  3. 妊娠初期症状の具体的な例
  4. 妊娠初期症状と風邪の見分け方
  5. 妊娠初期かわからなくても、下の項目に当てはまったら薬は控えて
  6. 妊娠初期の風邪の胎児への影響は?
  7. 基本的に風邪薬の服用はしない方がいいけれど・・・
  8. 妊娠初期の風邪の諸症状への対処法
  9. 風邪以外の感染症の可能性もアリ
  10. 妊娠初期の風邪には予防&対策を

妊娠初期に風邪の症状!胎児への影響が心配

妊娠初期、人によっては風邪と似た妊娠初期症状が出ることがあります。これも妊娠の影響よね、と思っていたら、本物の風邪で体調が悪化してしまう可能性もあります。妊娠初期の不安「妊娠初期に風邪を引いてしまうと、赤ちゃんに影響はあるの?」という疑問にお答えします。もし風邪を引いても、妊婦さんは胎児のために風邪薬を飲まない方がいいと言われています。ですので、風邪に伴う咳・鼻水・喉の痛みや熱などの諸症状への対処法もご紹介します。

crazypapa.tvさんの投稿
20214500 242251812953263 2335873021115367424 n

風邪と似ている!?妊娠初期症状とは

妊娠初期は、体温が上がり、微熱が続くことがあります。妊娠初期の体温上昇は、普段は生理周期に合わせて低温期・高温期を繰り返す女性のサイクルが、妊娠を継続するために高温期を維持するようになるために起こります。高温期が続くと、身体がほてり、熱っぽく感じます。また、微熱によって体力を奪われ、身体がだるく感じることもあり、風邪の症状と勘違いする人もいます。

saki_viewさんの投稿
20184756 729960703874466 288738032696164352 n

妊娠初期症状の具体的な例

妊娠初期症状として、多くの妊婦さんが感じる症状は、微熱が続く、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、口内が乾く、腰痛、股関節痛、疲労感、倦怠感、吐き気です。妊娠初期症状は、ほとんど風邪と変わりません。妊娠していることを知らなければ、風邪だと思ってしまっても仕方がないようなことばかり。

19bouさんの投稿
20180813 695208734015994 3846625070243905536 n

妊娠していないのであれば、早速風邪薬を飲みたいところですが、妊娠初期なら安易に薬を服用するのはおすすめできません。妊娠初期は赤ちゃんの身体の諸器官が作られる大事な時期。風邪と妊娠初期症状の見分けをつけて、適切な対処をすることが大切です。

_01_0204_さんの投稿
20181415 182700005603181 5061336134739558400 n

妊娠初期症状と風邪の見分け方

妊娠初期症状は、妊娠初期の身体の変化に伴って現れる症状です。自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、免疫力の低下などが主な原因です。頭痛やくしゃみ、鼻水など、症状はほとんど風邪と変わりませんが、ウイルス性の風邪とは違い、喉の炎症から来る喉の痛み、腫れは起こりません。

thiaraalichさんの投稿
20214721 259478571202821 4309905033341698048 n

咳が出るのも、風邪の症状です。風邪以外にも、妊娠に伴った体調の変化から、鼻炎や花粉症を急に発症することもあるので、妊娠初期の体調不良の原因は、風邪と決めつけずに原因を探ってみる必要があります。

kotoracanさんの投稿
20180491 1721476031481138 2026166949490196480 n

妊娠初期かわからなくても、下の項目に当てはまったら薬は控えて

妊娠しているかどうかわからない時点で、妊娠初期症状と風邪を見分けるのは至難の業。でも、下の項目に1つでも当てはまるなら、妊娠している可能性がないとは言えません。妊娠していれば、風邪ではなく妊娠初期症状の場合もあるので、薬を飲むのは控えましょう。生理予定日2週間前前後に性交渉があった、生理予定日を過ぎているのに生理がこない、生理とは別の少量の出血があった、胸が張る、胸が痛い、

ico0556pさんの投稿
20184156 857218801097381 573324369615388672 n

食べ物の好みが突如変わった、情緒不安定、においに敏感に反応するようになったなどは、妊娠初期の体調変化の可能性があります。これらはの症状がある場合は、妊娠している可能性があることを視野に入れておきましょう。これに当てはまるから必ず妊娠しているという訳ではありません。風邪か妊娠初期症状かを見分ける一つの参考として、お使いくださいね。

baby_marumaruさんの投稿
20181371 1392594440816907 3611487499257380864 n

妊娠初期の風邪の胎児への影響は?

妊娠初期に妊婦さんが風邪を引いても、胎児に目立った影響はないと考えられています。40度以上の熱が数日続いたり、激しい咳や嘔吐でお腹に圧力がかかる、下痢が激しく脱水症状が出ている、市販のかぜ薬を服用した場合、胎児に影響がないとは言えなくなるので、注意が必要です。産婦人科を受診すれば、胎児に影響の少ない風邪薬や、熱さましを処方してくれます。妊娠初期症状ではなく、風邪を引いた場合は、自分で判断せず産婦人科の医師に相談するのが最適です。

jm_ayuminさんの投稿
20181380 328103627628680 8347129546612408320 n

基本的に風邪薬の服用はしない方がいいけれど・・・

風邪の症状が重い場合は、対処しないことによる胎児への影響がないとは言えません。もし、妊娠初期に風邪を引いてしまい、症状がつらい場合は、産婦人科を受診するか、内科で妊婦であることを伝えて薬を処方してもらいましょう。妊婦であると伝えると、胎児に影響が少ない薬を選んで処方してくれます。内科で診察を受ける場合は、産科・産婦人科のある病院の内科を選ぶと尚よいでしょう。

littlestar9910さんの投稿
20180756 114710125838418 3648378227493175296 n

妊娠初期の風邪の諸症状への対処法

1.葛根湯を飲む

産婦人科か内科を受診するのが望ましいですが、病院が遠いなどの理由で診察が難しい場合は、市販の漢方薬、葛根湯を飲みましょう。葛根湯と言っても、種類がたくさんあります。薬局・ドラッグストアで購入する際は、薬剤師に妊娠中であることを伝えて選んでもらいましょう。葛根湯などの漢方薬には、自己治癒力を高める作用があり、ウィルスに働きかけるのではないので、効果は緩やかです。その代わり、副作用も少なく、胎児への影響も少ないと考えられています。

shuto.mamさんの投稿
20184145 340654779699902 6049965519547662336 n

2.マスクをつける

マスクをつけると、外部からのウィルス感染を予防でき、喉や鼻の粘膜の保湿ができるのでおすすめです。喉の乾燥は、風邪を引きやすくなる原因になります。風邪を引いてしまった後でもいいので、マスクをつけましょう。鼻づまりの改善にも効果的です。

ayumi.kimura_さんの投稿
20067315 482015312148145 6766874090432102400 n

3.栄養のある食事をする

妊娠初期は、初期のつわりや味覚の変化などで思うように食事が摂れない人もいるかもしれません。しかし、普段から栄養のある食事をすることで、自然と菌やウィルスに対する抵抗力がつき、風邪を引きにくくなります。もし、食事から栄養を摂るのが難しいのであれば、サプリなども利用して栄養補給に努めましょう。

mari.k59さんの投稿
20180671 1709164309389200 1057438643540459520 n

4.加湿器を使う

部屋全体を加湿することでも、風邪を予防し、喉の痛みや鼻水・鼻づまりををラクにすることができます。湿度は60%前後に保つよう調整しましょう。(風邪以外の菌で湿度が好きなものもあるので、適宜使用して下さい。)

motoaki_hirotaさんの投稿
20067455 1441578189221687 5790213658491486208 n

5.基礎体温を把握しておく

普段から基礎体温を計っておけば、妊娠の兆候に気付きやすく、妊娠初期症状と風邪の見分けもつきやすいでしょう。基礎体温は、起きてすぐ、身体を起こす前に婦人体温計で計測しましょう。手帳やカレンダーに記録しておくと、基礎体温の把握がしやすくなります。

teruko0830さんの投稿
20180589 1827896407526132 9028317437136732160 n

6.手洗いうがいは必須

外出先から帰ったら、手洗いうがいをしましょう。うがいは、喉についたウィルスを洗い流すことができるので、風邪予防に効果的です。病院や人混みに出掛けた後は、特に念入りに手洗いうがいをするようにしましょう。

yumitakahasiさんの投稿
20067170 123142868296960 5049852895428608000 n

7.無理をしない

妊娠初期は体調の変化やホルモンバランスの変化により、普段よりもスローペースで行動する必要があります。身体のだるさやイライラを感じやすくなるからです。妊娠前と同じように行動していても、疲れが溜まり、免疫力の低下を招いてしまう可能性も。無理をしないで疲れたら休憩しましょう。

mikuri.1010さんの投稿
20067023 1384612348259256 6769058257395777536 n

8.水分補給をしっかり

妊娠初期に風邪を引いても、胎児に影響はありませんが、妊娠中の脱水症状は胎児に影響があります。胎児は胎盤でママと繋がっており、ママの身体の栄養や水分が不足するのは、母子ともに望ましいとは言えません。脱水症状を軽く考えていると、意識障害を起こすなど重度の症状に。水分補給はしっかりと行うようにしましょう。

an_seito_17さんの投稿
20180788 1795160507463405 4701440505517441024 n

9.こまめな掃除で清潔に

掃除をすると、ホコリと一緒にウィルスやアレルギー物質が除去できます。鼻水・鼻づまりの原因が、アレルギー物質への過剰反応の可能性もありますので、部屋の中はいつも清潔にし、アレルギー物質の少ない環境を整えましょう。掃除機がけがしんどいと感じるときは、ハンドクリーナーやコロコロで軽く掃除するだけでも、効果があります。

pokoponpon1203さんの投稿
20214231 1243040809158100 1961000694903209984 n

10.身体を冷やす食べ物・飲み物を避ける

身体が冷えると、免疫力が下がり、風邪への抵抗力も下がります。身体を冷やす食べ物には、次のようなものがあります。カフェイン飲料やアイスなどの冷たい食べ物、生野菜、白砂糖など。妊娠初期はただでさえ風邪を引きやすくなっています。身体を冷やす食べ物は控えるようにしましょう。

cm0m0nnさんの投稿
20184240 454870974899249 7385015906910339072 n

11.ビタミンCを補給する

ビタミンCは、免疫力をあげて風邪を早く治すための自己治癒力をアップします。また、抗ストレスホルモンの材料になることから、ストレスを感じることの多い妊娠初期の妊婦さんには積極的にとって欲しい栄養素です。水溶性ビタミンなので、少しくらい摂り過ぎても尿と共に身体の外へ排出されるので安心です。(大量摂取には下痢などの副作用があります。)

sra_gramさんの投稿
20066629 1992378184382542 7261780848372875264 n

風邪以外の感染症の可能性もアリ

妊娠初期症状と風邪以外にも、風邪のような症状が現れて胎児に重篤な影響が出る感染症があります。(トキソプラズマ・風疹など)トキソプラズマは、加熱が充分でない肉や魚、その加工品から感染する寄生虫です。症状は軽い風邪のような症状、だるさ、関節痛、喉の痛みなど。妊娠初期に感染してしまうと、流産のリスクが高まります。

ekoooeko_homeさんの投稿
20185027 337783823326192 726199027527319552 n

風疹は予防接種で予防できます。妊娠初期に感染すると、先天性風疹症候群(CRS)により、胎児がさまざまな障害を持って生まれてくる可能性が。風邪とは少し違うかも?と思ったら、産婦人科や内科で診療してもらうのが、感染症の不安を打ち消す一番の方法です。

rrryokooooさんの投稿
20066142 693364984191026 7878023529097068544 n

妊娠初期の風邪には予防&対策を

妊娠初期症状と風邪の見分けのポイントは、喉の腫れと痛みです。妊娠初期には、体調変化や気持ちの変化が大きく、お腹にいる赤ちゃんのことも過剰に心配してしまいます。妊娠中は、あなたが母親になるための準備期間。胎児とママの快適のために、普段から風邪を予防し、風邪を引いてしまったら対策を。

littlegiraffe_japanさんの投稿
20214607 146390779271960 7097301820187344896 n

自分の判断で妊娠初期症状か風邪か、はたまた他の感染症かの判断が難しい場合は、産婦人科や内科に診察を受けに行きましょう。妊婦さんの不安を解消するのも、産婦人科の役割であり、遠慮して大事に至ってからでは遅いからです。風邪なら胎児に影響はない、とおおらかに考えて、風邪の諸症状にはご紹介した方法で対策していきましょう。

hiroshi925さんの投稿
20180502 490466601301868 2325292871692845056 n

妊娠初期の関連記事はこちら

妊娠初期や妊娠超初期の頭痛の原因について。寒気や吐き気を伴う場合も! | Pinky[ピンキ-]
妊娠初期症状や妊娠超初期症状いつから?風邪と間違うこともある? | Pinky[ピンキ-]
妊娠初期の出血が鮮血なら少量でも注意が必要!原因や対処法は? | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ