妊娠初期に風邪の症状!胎児への影響が心配

妊娠初期の風邪の影響は?咳・鼻水・喉の痛み・熱の対処法についてのサムネイル画像

妊娠初期、人によっては風邪と似た妊娠初期症状が出ることがあります。これも妊娠の影響よね、と思っていたら、本物の風邪で体調が悪化してしまう可能性もあります。妊娠初期の不安「妊娠初期に風邪を引いてしまうと、赤ちゃんに影響はあるの?」という疑問にお答えします。もし風邪を引いても、妊婦さんは胎児のために風邪薬を飲まない方がいいと言われています。ですので、風邪に伴う咳・鼻水・喉の痛みや熱などの諸症状への対処法もご紹介します。

風邪と似ている!?妊娠初期症状とは

妊娠初期は、体温が上がり、微熱が続くことがあります。妊娠初期の体温上昇は、普段は生理周期に合わせて低温期・高温期を繰り返す女性のサイクルが、妊娠を継続するために高温期を維持するようになるために起こります。高温期が続くと、身体がほてり、熱っぽく感じます。また、微熱によって体力を奪われ、身体がだるく感じることもあり、風邪の症状と勘違いする人もいます。

妊娠初期症状の具体的な例

妊娠初期の風邪の影響は?咳・鼻水・喉の痛み・熱の対処法についてのサムネイル画像

妊娠初期症状として、多くの妊婦さんが感じる症状は、微熱が続く、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、口内が乾く、腰痛、股関節痛、疲労感、倦怠感、吐き気です。妊娠初期症状は、ほとんど風邪と変わりません。妊娠していることを知らなければ、風邪だと思ってしまっても仕方がないようなことばかり。妊娠していないのであれば、早速風邪薬を飲みたいところですが、妊娠初期なら安易に薬を服用するのはおすすめできません。妊娠初期は赤ちゃんの身体の諸器官が作られる大事な時期。風邪と妊娠初期症状の見分けをつけて、適切な対処をすることが大切です。

妊娠初期症状と風邪の見分け方

妊娠初期の風邪の影響は?咳・鼻水・喉の痛み・熱の対処法についてのサムネイル画像

妊娠初期症状は、妊娠初期の身体の変化に伴って現れる症状です。自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、免疫力の低下などが主な原因です。頭痛やくしゃみ、鼻水など、症状はほとんど風邪と変わりませんが、ウイルス性の風邪とは違い、喉の炎症から来る喉の痛み、腫れは起こりません。咳が出るのも、風邪の症状です。風邪以外にも、妊娠に伴った体調の変化から、鼻炎や花粉症を急に発症することもあるので、妊娠初期の体調不良の原因は、風邪と決めつけずに原因を探ってみる必要があります。

妊娠初期かわからなくても、下の項目に当てはまったら薬は控えて

妊娠初期の風邪の影響は?咳・鼻水・喉の痛み・熱の対処法についてのサムネイル画像

妊娠しているかどうかわからない時点で、妊娠初期症状と風邪を見分けるのは至難の業。でも、下の項目に1つでも当てはまるなら、妊娠している可能性がないとは言えません。妊娠していれば、風邪ではなく妊娠初期症状の場合もあるので、薬を飲むのは控えましょう。生理予定日2週間前前後に性交渉があった、生理予定日を過ぎているのに生理がこない、生理とは別の少量の出血があった、胸が張る、胸が痛い、食べ物の好みが突如変わった、情緒不安定、においに敏感に反応するようになったなどは、妊娠初期の体調変化の可能性があります。これらはの症状がある場合は、妊娠している可能性があることを視野に入れておきましょう。これに当てはまるから必ず妊娠しているという訳ではありません。風邪か妊娠初期症状かを見分ける一つの参考として、お使いくださいね。

妊娠初期の風邪の胎児への影響は?

妊娠初期に妊婦さんが風邪を引いても、胎児に目立った影響はないと考えられています。40度以上の熱が数日続いたり、激しい咳や嘔吐でお腹に圧力がかかる、下痢が激しく脱水症状が出ている、市販のかぜ薬を服用した場合、胎児に影響がないとは言えなくなるので、注意が必要です。産婦人科を受診すれば、胎児に影響の少ない風邪薬や、熱さましを処方してくれます。妊娠初期症状ではなく、風邪を引いた場合は、自分で判断せず産婦人科の医師に相談するのが最適です。

基本的に風邪薬の服用はしない方がいいけれど・・・

妊娠初期の風邪の影響は?咳・鼻水・喉の痛み・熱の対処法についてのサムネイル画像

風邪の症状が重い場合は、対処しないことによる胎児への影響がないとは言えません。もし、妊娠初期に風邪を引いてしまい、症状がつらい場合は、産婦人科を受診するか、内科で妊婦であることを伝えて薬を処方してもらいましょう。妊婦であると伝えると、胎児に影響が少ない薬を選んで処方してくれます。内科で診察を受ける場合は、産科・産婦人科のある病院の内科を選ぶと尚よいでしょう。

妊娠初期の風邪の諸症状への対処法

1.葛根湯を飲む

産婦人科か内科を受診するのが望ましいですが、病院が遠いなどの理由で診察が難しい場合は、市販の漢方薬、葛根湯を飲みましょう。葛根湯と言っても、種類がたくさんあります。薬局・ドラッグストアで購入する際は、薬剤師に妊娠中であることを伝えて選んでもらいましょう。葛根湯などの漢方薬には、自己治癒力を高める作用があり、ウィルスに働きかけるのではないので、効果は緩やかです。その代わり、副作用も少なく、胎児への影響も少ないと考えられています。

2.マスクをつける

マスクをつけると、外部からのウィルス感染を予防でき、喉や鼻の粘膜の保湿ができるのでおすすめです。喉の乾燥は、風邪を引きやすくなる原因になります。風邪を引いてしまった後でもいいので、マスクをつけましょう。鼻づまりの改善にも効果的です。

3.栄養のある食事をする

妊娠初期は、初期のつわりや味覚の変化などで思うように食事が摂れない人もいるかもしれません。しかし、普段から栄養のある食事をすることで、自然と菌やウィルスに対する抵抗力がつき、風邪を引きにくくなります。もし、食事から栄養を摂るのが難しいのであれば、サプリなども利用して栄養補給に努めましょう。

4.加湿器を使う

部屋全体を加湿することでも、風邪を予防し、喉の痛みや鼻水・鼻づまりををラクにすることができます。湿度は60%前後に保つよう調整しましょう。(風邪以外の菌で湿度が好きなものもあるので、適宜使用して下さい。)

5.基礎体温を把握しておく

普段から基礎体温を計っておけば、妊娠の兆候に気付きやすく、妊娠初期症状と風邪の見分けもつきやすいでしょう。基礎体温は、起きてすぐ、身体を起こす前に婦人体温計で計測しましょう。手帳やカレンダーに記録しておくと、基礎体温の把握がしやすくなります。

6.手洗いうがいは必須

外出先から帰ったら、手洗いうがいをしましょう。うがいは、喉についたウィルスを洗い流すことができるので、風邪予防に効果的です。病院や人混みに出掛けた後は、特に念入りに手洗いうがいをするようにしましょう。

7.無理をしない

妊娠初期は体調の変化やホルモンバランスの変化により、普段よりもスローペースで行動する必要があります。身体のだるさやイライラを感じやすくなるからです。妊娠前と同じように行動していても、疲れが溜まり、免疫力の低下を招いてしまう可能性も。無理をしないで疲れたら休憩しましょう。

8.水分補給をしっかり

妊娠初期に風邪を引いても、胎児に影響はありませんが、妊娠中の脱水症状は胎児に影響があります。胎児は胎盤でママと繋がっており、ママの身体の栄養や水分が不足するのは、母子ともに望ましいとは言えません。脱水症状を軽く考えていると、意識障害を起こすなど重度の症状に。水分補給はしっかりと行うようにしましょう。

9.こまめな掃除で清潔に

掃除をすると、ホコリと一緒にウィルスやアレルギー物質が除去できます。鼻水・鼻づまりの原因が、アレルギー物質への過剰反応の可能性もありますので、部屋の中はいつも清潔にし、アレルギー物質の少ない環境を整えましょう。掃除機がけがしんどいと感じるときは、ハンドクリーナーやコロコロで軽く掃除するだけでも、効果があります。

10.身体を冷やす食べ物・飲み物を避ける

身体が冷えると、免疫力が下がり、風邪への抵抗力も下がります。身体を冷やす食べ物には、次のようなものがあります。カフェイン飲料やアイスなどの冷たい食べ物、生野菜、白砂糖など。妊娠初期はただでさえ風邪を引きやすくなっています。身体を冷やす食べ物は控えるようにしましょう。

11.ビタミンCを補給する

ビタミンCは、免疫力をあげて風邪を早く治すための自己治癒力をアップします。また、抗ストレスホルモンの材料になることから、ストレスを感じることの多い妊娠初期の妊婦さんには積極的にとって欲しい栄養素です。水溶性ビタミンなので、少しくらい摂り過ぎても尿と共に身体の外へ排出されるので安心です。(大量摂取には下痢などの副作用があります。)

風邪以外の感染症の可能性もアリ

妊娠初期症状と風邪以外にも、風邪のような症状が現れて胎児に重篤な影響が出る感染症があります。(トキソプラズマ・風疹など)トキソプラズマは、加熱が充分でない肉や魚、その加工品から感染する寄生虫です。症状は軽い風邪のような症状、だるさ、関節痛、喉の痛みなど。妊娠初期に感染してしまうと、流産のリスクが高まります。風疹は予防接種で予防できます。妊娠初期に感染すると、先天性風疹症候群(CRS)により、胎児がさまざまな障害を持って生まれてくる可能性が。風邪とは少し違うかも?と思ったら、産婦人科や内科で診療してもらうのが、感染症の不安を打ち消す一番の方法です。

妊娠初期の風邪には予防&対策を

妊娠初期症状と風邪の見分けのポイントは、喉の腫れと痛みです。妊娠初期には、体調変化や気持ちの変化が大きく、お腹にいる赤ちゃんのことも過剰に心配してしまいます。妊娠中は、あなたが母親になるための準備期間。胎児とママの快適のために、普段から風邪を予防し、風邪を引いてしまったら対策を。自分の判断で妊娠初期症状か風邪か、はたまた他の感染症かの判断が難しい場合は、産婦人科や内科に診察を受けに行きましょう。妊婦さんの不安を解消するのも、産婦人科の役割であり、遠慮して大事に至ってからでは遅いからです。風邪なら胎児に影響はない、とおおらかに考えて、風邪の諸症状にはご紹介した方法で対策していきましょう。

関連記事

関連するまとめ

新生児の縦抱きの方法!横抱きとの違いやコツ・メリットはなに?のサムネイル画像

新生児の縦抱きの方法!横抱きとの違いやコツ・メリットはなに?

赤ちゃんをママは産んでからすぐ抱っこしますよね。初めて新生児を抱っこ…

bonbon.m

きゅうりを使った離乳食レシピを紹介!初期・中期・後期別!保存方法は?のサムネイル画像

きゅうりを使った離乳食レシピを紹介!初期・中期・後期別!保存方法は?

きゅうりを使った離乳食を紹介したいと思います!きゅうりはあまり栄養が…

tomo0923

赤ちゃんが泣く理由・泣き止まない原因は?対処法やあやし方まとめのサムネイル画像

赤ちゃんが泣く理由・泣き止まない原因は?対処法やあやし方まとめ

赤ちゃんが泣く理由や原因を知りたいと悩むママも少なくないようです。可…

高橋 真奈美

赤ちゃんの洗濯ものはいつまで別がいい?洗剤・柔軟剤の選び方解説のサムネイル画像

赤ちゃんの洗濯ものはいつまで別がいい?洗剤・柔軟剤の選び方解説

赤ちゃんのデリケートな服は大人と一緒に洗濯するより別で洗うと生地を傷…

234

赤ちゃんの寝ぐずりの原因とは?ママにおすすめの対処法まとめのサムネイル画像

赤ちゃんの寝ぐずりの原因とは?ママにおすすめの対処法まとめ

赤ちゃんの寝ぐずりは小さいうちだけといっても、ママにとっては辛い悩み…

pinoco

ベビー服ブランドまとめ!安くてかわいい人気ランキングを紹介!のサムネイル画像

ベビー服ブランドまとめ!安くてかわいい人気ランキングを紹介!

小さくて可愛いベビー服。赤ちゃんが生まれたら、たくさんあるブランドの…

岡田あやの

おむつメーカー比較人気ランキング!サイズや吸収力・通気性を解説のサムネイル画像

おむつメーカー比較人気ランキング!サイズや吸収力・通気性を解説

赤ちゃんの紙おむつを買うときは何を重視していますか。メーカー?吸収力…

岡田あやの

ペットボトル用ストローで飲む!100均おすすめキャラクターまで♪のサムネイル画像

ペットボトル用ストローで飲む!100均おすすめキャラクターまで♪

最強グッズ、ペットボトル用ストロー。これさえあれば、外でも中でも楽チ…

すばたりあん

赤ちゃんの哺乳瓶で人気・おすすめの商品は?選び方についても解説のサムネイル画像

赤ちゃんの哺乳瓶で人気・おすすめの商品は?選び方についても解説

赤ちゃんのおすすめ人気哺乳瓶はどれ?初めての子育てだとでの哺乳瓶がい…

みんみん

子供が欲しくない理由とは?女性・妻の子供が欲しくない訳は何故?のサムネイル画像

子供が欲しくない理由とは?女性・妻の子供が欲しくない訳は何故?

みなさんは子供を欲しいと思いますか?今回は子供が欲しくない理由は何で…

ヒロシ

赤ちゃんの靴下はいつから?脱げる時の対策法や履く必要がある調査のサムネイル画像

赤ちゃんの靴下はいつから?脱げる時の対策法や履く必要がある調査

赤ちゃんの靴下っていつから履かせたら良いか迷いますよね。周りを見えれ…

watanebe

チョコレートは何歳から子供に与えていいの?1歳からって本当?のサムネイル画像

チョコレートは何歳から子供に与えていいの?1歳からって本当?

チョコレートは何歳から食べさせて良いのか悩むママたちが結構いらっしゃ…

高橋 真奈美

妊婦の入院準備はいつからする?出産に必要な持ち物リストはコレ!のサムネイル画像

妊婦の入院準備はいつからする?出産に必要な持ち物リストはコレ!

妊婦の入院準備に必要なものは何?妊婦生活も終盤を迎える頃には、助産師…

みんみん

赤ちゃん用お風呂椅子は必要?ベビーバスチェアの使い方・おすすめ紹介のサムネイル画像

赤ちゃん用お風呂椅子は必要?ベビーバスチェアの使い方・おすすめ紹介

赤ちゃんのお風呂タイム、大変ではありませんか?赤ちゃんと二人きりでお…

234

赤ちゃんのパジャマはいつから?春夏秋冬別選び方・おすすめ商品紹介のサムネイル画像

赤ちゃんのパジャマはいつから?春夏秋冬別選び方・おすすめ商品紹介

赤ちゃんってパジャマを着るの?なんてふと疑問に思ったことはありません…

aeca

新生児の体温・平熱はどれくらい?測り方・おすすめの体温計まとめのサムネイル画像

新生児の体温・平熱はどれくらい?測り方・おすすめの体温計まとめ

生まれたばかりの新生児。手足が冷たかったり、体がいつもより熱く感じる…

ayamaron

赤ちゃんの髪の毛カット・切り方は?簡単で上手な散髪のやり方・コツのサムネイル画像

赤ちゃんの髪の毛カット・切り方は?簡単で上手な散髪のやり方・コツ

赤ちゃんの髪の毛カットは初めてだと切り方や注意点など分からずに困って…

watanebe

モロー反射はいつまで?新生児・赤ちゃんの動きが激しい・起きる場合の対処法!のサムネイル画像

モロー反射はいつまで?新生児・赤ちゃんの動きが激しい・起きる場合の対処法!

赤ちゃんのビクッと両手を上げる仕草のモロー反射は可愛いなと思う反面、…

美希

出産準備品リストまとめ!本当に必要なアイテム・おすすめはなに?のサムネイル画像

出産準備品リストまとめ!本当に必要なアイテム・おすすめはなに?

もう間もなく出産!初めての妊娠出産ではわからないことだらけ。いったい…

ha1103.823

赤ちゃんの便秘対策には綿棒かんちょう?正しいやり方・コツを解説のサムネイル画像

赤ちゃんの便秘対策には綿棒かんちょう?正しいやり方・コツを解説

赤ちゃんでも便秘になるの?赤ちゃんの便秘の原因は何?綿棒かんちょうっ…

りぴりぴ

関連するキーワード

beautyandkind

WEBライター&3児のママ。書くことが好きで、各種記事やブログを書くのが生きがい♡

可愛いものやキラキラした文房具が好き。

自宅でのんびり紅茶を飲みながら、PCで仕事をするライフスタイルが気に入っている♪

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ