佐野研二郎が死去?現在とその後に迫る!多摩美術大学学園祭が炎上!

東京オリンピックのエンブレム問題で話題となった佐野研二郎の多摩美術大学で、佐野研二郎の「葬式」が!佐野研二郎が死去した?現在、多摩美術大学学園祭がネットで炎上! 佐野研二郎は死去したの?佐野研二郎の現在は?佐野研二郎その後は?エンブレム問題のその後も徹底調査!

佐野研二郎が死去?現在とその後に迫る!多摩美術大学学園祭が炎上!

目次

  1. 佐野研二郎が死去?佐野研二郎の現在とその後を徹底調査
  2. 現在、死去の噂がある佐野研二郎。五輪エンブレム問題のその後は
  3. 現在、佐野研二郎が死去?葬式を模した学園祭。佐野研二郎のその後は
  4. 「佐野研二郎の葬式ごっこ」で佐野研二郎が死去した設定のイジメ行為
  5. 佐野研二郎が死去していなかった。佐野研二郎の現在とその後をまとめ

佐野研二郎が死去?佐野研二郎の現在とその後を徹底調査

2020年東京オリンピックでのエンブレム問題で話題となった佐野研二郎氏の出身校である多摩美術大学の「多摩美術大学芸術祭2016」の期間中に、佐野研二郎氏の「佐野研二郎の葬式ごっこ」が行われたというのです。本当に、佐野研二郎氏が死去したのでしょうか?多摩美術大学のブラックジョークなの?と、ネットで不謹慎だと物議になっています。現在、多摩美術大学学園祭がネットで炎上しているそうです。今回は、 佐野研二郎氏は死去したのか、佐野研二郎氏の現在はどうなっているのか。佐野研二郎氏のその後を徹底調査します。

現在、死去の噂がある佐野研二郎。五輪エンブレム問題のその後は

佐野研二郎氏は多摩美術大学のOBで、美術学部グラフィックデザイン学科を卒業しました。

博報堂に入社したが、その後いくつかの会社やチームを経て2014年には多摩美術大学美術学部統合デザイン学科教授に就任しています。

2020年に開催予定の夏季東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムに1度選ばれたものの、2015年7月の発表直後からネット上で「盗用」と批判されはじめ、佐野研二郎氏の作品がベルギーにあるリエージュ劇場のロゴと似ていることが問題になりました。

佐野研二郎氏の、盗用疑惑が浮上し、夏季東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレム候補からわずか1カ月強で白紙撤回されてしまったのでした。

さらにネット上では、佐野研二郎氏の過去の作品が他人の作品と似ているものが多いとし、比較画像が作られるなどし、信頼を失う結果になってしまったのでした。

ベルギーのリエージュ劇場のエンブレムをデザインしたオリビエ・ドビ氏は2014年8月、佐野研二郎氏が手掛けた旧エンブレムが劇場のロゴに類似しているとして、ベルギーのリエージュ劇場がリエージュの裁判所に提訴しました。

夏季東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレム候補から佐野研二郎氏のデザインした旧エンブレムが外されたことで、2015年9月21日、国際オリンピック委員会(IOC)を相手にエンブレムの使用差し止めを求めていた「IOCから提出された証拠を精査した結果や、佐野氏のエンブレムが使用中止となったことから、著作権を侵害されていないと判断した」との声明を出して、訴訟を取り下げると発表しました。

しかし、ロゴのデザイナー、オリビエ・ドビ氏は2014年8月21日、共同通信の取材に訴訟を維持する考えを示しました。

国際オリンピック委員会(IOC)が盗作を認めない限り、どのような状況下でも和解に応じない姿勢を示していたオリビエ・ドビ氏。その後、オリビエ・ドビ氏の姿勢に変化があった否かは定かではありません。

現在、佐野研二郎が死去?葬式を模した学園祭。佐野研二郎のその後は

2014年8月5日の佐野研二郎氏は、「模倣や盗作は、原案に関しても、最終案に関しても、あってはならないし、絶対に許されないことと今でも思っております。模倣や盗作は断じてしていないことを、誓って申し上げます」と釈明会見を開いていました。

死去したと誤解された佐野研二郎の現在の画像①

その後、佐野研二郎氏は家族とともに長期海外出張をしていたと噂がありましたが、現在は帰国しているようですね。佐野研二郎氏は髪型を変え、髭を生やし、さらに現在は太ったことで、以前の佐野研二郎氏には見えないそうですが、現在、佐野研二郎氏は生きていますので、佐野研二郎氏は死亡していません。

死去したと誤解された佐野研二郎の現在の画像②

一時期、佐野研二郎氏の年収は5億を超えると言われていましたが、現在は仕事は減っていますので、佐野研二郎氏の年収はかなり減っているのではないでしょうか?それでも、デザイン業界から干されていない佐野研二郎氏は、収入がないことはないようです。

死去したと誤解された佐野研二郎の現在の画像③

多摩美大学生課の担当者は今回の葬式を模したイベントとこれを行った団体は公式のものではないと話しているそうです。しかし公式ホームページやTwitterのアカウントはまだ沈黙を保ったのようです。

多摩美の学生なのか、外部の団体なのかは定かではないそうですが、現在、佐野研二郎氏が死亡していないのに、佐野研二郎氏が現在、死亡したかのような葬式を模した「佐野研二郎の葬式ごっこ」をしてしまったのが問題なのです。これを面白がって実行してしまう若者のモラルの低さが問われているのです。

「佐野研二郎の葬式ごっこ」で佐野研二郎が死去した設定のイジメ行為

「佐野研二郎の葬式ごっこ」はデザインやOB云々の前に、過去にイジメのパターンに先生と生徒みんなでイジメられてる生徒の葬式ごっこをして、イジメの被害者が自殺する事件がありましたね。

「佐野研二郎の葬式ごっこ」では、佐野研二郎氏がイジメの被害者に遭ったワケですが、佐野研二郎氏が笑って受け流すことができるほどメンタルが強い人ではなかった場合、本当に佐野研二郎氏が死亡してしまう事態になったらどうするつもりなのでしょうか?

「佐野研二郎の葬式ごっこ」は、明らかにイジメ問題で取り上げられるような最低なパフォーマンスだからやめようという考えがは誰1人浮かばなかのでしょうか?多摩美術大学も、こんなゲスなパフォーマンスでしか話題になれない学生ばかりなのかと思うと情けない限りでしょう。

佐野研二郎が死去していなかった。佐野研二郎の現在とその後をまとめ

2020年東京オリンピックでのエンブレム問題で話題となった佐野研二郎氏の出身校である多摩美術大学で佐野研二郎氏の「佐野研二郎の葬式ごっこ」パフォーマンスが行われました。佐野研二郎氏は死去していません。多摩美術大学のブラックジョークだったようですが。今もネットで不謹慎だと物議になっているそうです。現在、多摩美術大学学園祭の学園祭がネットで炎上しているのだとか。今回は、 佐野研二郎氏は死去したのか、佐野研二郎氏の現在はどうなっているのか、佐野研二郎氏のその後をまとめました。現在、一部で佐野研二郎氏に心ない中傷を浴びせて喜んでいる輩もいるようですが、佐野研二郎氏に対する、個人攻撃はいけませんね。

◉もっと佐野研二郎のことを知りたいあなたはこちらをどうぞ!↓

Thumb五輪ロゴ盗用の佐野研二郎が死去?葬式が不謹慎だと批判殺到!
Thumb佐野研二郎の今現在を調査!オリンピックのパクリ疑惑のその後は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-01-26 時点

新着一覧

×