【ナイナイアンサー】乳酸キャベツの作り方・レシピとダイエットに効果的な食べ方!

ナイナイアンサーで【2週間ラクやせダイエット】でSKE48の鎌田菜月が2週間でウエスト-8cmを達成!ナイナイアンサーでも乳酸キャベツダイエットの鎌田菜月の画像や乳酸キャベツの作り方や乳酸キャベツダイエットの食べ方と乳酸キャベツのアレンジついて徹底調査します。

目次

  1. 【ナイナイアンサー】ダイエット効果で話題の乳酸キャベツを徹底調査
  2. 簡単ダイエット♡ダイエット効果で話題の乳酸キャベツの作り方
  3. 簡単ダイエット♡ダイエットで話題の乳酸キャベツの効果的な食べ方
  4. 簡単ダイエット♡ナイナイアンサーで話題の乳酸キャベツのアレンジ
  5. ダイエット効果で話題♡乳酸キャベツの作り方や食べ方のまとめ

【ナイナイアンサー】ダイエット効果で話題の乳酸キャベツを徹底調査

ナイナイアンサーの番組企画で【たった2週間のラクやせダイエットに挑戦!】で、アイドルグループのSKE48の鎌田菜月さんが2週間でウエスト-8cm!を達成していました。それは、「乳酸キャベツ」と漢方薬の生薬の1つ「乾姜」(かんきょう)を利用したダイエットでした。今回は、ナイナイアンサーの番組でも紹介されていた「乳酸キャベツ」について徹底調査します。

簡単ダイエット♡ダイエット効果で話題の乳酸キャベツの作り方

「乳酸キャベツ」は、欧州では「ザワークラウト」や「シュークルート」と呼ばれて愛されてきたキャベツの漬物のことです。この「乳酸キャベツ」は健康や美容に多くの効果や効能をもたらすということで今話題になっています。では、簡単な「乳酸キャベツ」の作り方についてお伝えします。

「乳酸キャベツ」の材料

キャベツ:1個(正味1Kg)
塩:小さじ4弱(20g)
砂糖:小さじ1/2
好みのスパイス:適量
※好みのスパイスはトウガラシ、粒コショウ、ショウガ、ローリエ、クローブ、キャラウェイなどお好みに合わせてご利用ください♡

紫色をした紫キャベツは抗酸化成分のアントシアニンが多く、食物繊維やビタミンCもキャベツの中では最も多いので、「乳酸キャベツ」を作るのにおすすめです。

「乳酸キャベツ」の作り方

発酵時に他の雑菌も増えやすいので、「乳酸キャベツ」を作る時は清潔な道具や環境で行いましょう。

発酵ものはある程度の量を作った方が成功しやすくなります。発酵ものはできあがりのカサが減りまいます。また、「乳酸キャベツ」は冷蔵庫に入れていれば保存期間が長いので多めに作った方が楽でしょう。まずはキャベツ1個分の量で「乳酸キャベツ」を作ってみましょう。

キャベツは芯を取り4等分に切ってサッと洗います。キャベツの表面に乳酸菌がついているので、キャベツをむいて念入りに洗ってしまうと乳酸菌が流れてしまい発酵しなくなる可能性があります。

①キャベツを千切りにする

水気を切って千切りにします。なるべく細かく切るように心がけると、発酵しやすくダイエット効果が期待できる「乳酸キャベツ」が出来上がります。

②保存袋に入れて塩を振る

まずはジップロックなどの密閉袋(大)に千切りにしたキャベツの半分を入れて、小さじ2の塩を振りかけて混ぜあわせます。

③袋の上から両手でもむ

残りの千切りしたキャベツと、砂糖を加え、次に塩をふりかけたらジップロックなどの密閉袋の上からなじませるようにもみます。この時キャベツ全体がしんなりするまでもむようにしましょう。また、塩を入れ過ぎたからといって、水を足すのは絶対にやめましょう。

④余分な空気を抜く

好みのスパイスを加えたら、ジップロックなどの密閉袋の上からギュッと押して、余分な空気を抜いてしっかりと口を閉じます。※スパイスは必ず入れなくてはいけないというわけではありません。初めてであれば塩だけでも十分大丈夫です。但し、空気抜きが不十分でキャベツが空気に触れていると発酵がうまくいきません。また、キャベツが発酵する前に傷んでしまうこともあります。

⑤重しをする

1.5㎏程度の重し(500mlのペットボトル3本など)をのせて、直射日光の当たらない常温の環境で1~5日置きます。(ナイナイアンサーでは3日置くと説明されていました)キャベツを袋に入れて塩を入れてもんで、しばらく経つと水分が出てきますがこの水を捨ててはいけません。

3~5月ごろに収穫される春キャベツは、水分が多くて柔らかく、発酵しやすいので「乳酸キャベツ」がとても作りやすいです。また、早ければ1日、2日で発酵します。

12月~3月頃に収穫される冬キャベツや紫キャベツは葉が硬くて水分がすくないので、1日、2日では発酵しません。

暑い時期や室内温度が20℃以上の場合は。発酵する前に傷んでしまう場合が多いため失敗する可能性が高いです。発酵する時間はかかってしまいますが冷蔵庫に入れた方が常温よりも成功する可能性が高いです。野菜室などでもし温度調整もできるようであれば10℃位に設定して保存しましょう。1~2週間程かかりますが、発酵します。

⑥冷蔵庫に移す

味見して酸味があり、泡が立っていたら発酵している証拠です。清潔な瓶に移して冷蔵庫に入れましょう。冷蔵で1か月保存可能です。

「乳酸キャベツ」の成功と失敗の見分け方

「乳酸キャベツ」の成功している場合、1-3日目あたりから葉の緑色が落ちて汁が白くにごり、泡が上の方に出てくることが多いです。

「乳酸キャベツ」が失敗している場合、緑色が落ちないで汁は透明に近い状態です。これは乳酸菌以外の菌が優勢になって腐敗している可能性があります。常温で5日以上経ってもあまり変化がなく酸の匂いもないようであれば失敗の可能性が高いです。

簡単ダイエット♡ダイエットで話題の乳酸キャベツの効果的な食べ方

「乳酸キャベツ」の効果的な食べ方

キャベツに豊富に含まれるキャベジン(ビタミンU)やリゾホスファチジン酸(LPA)、乳酸菌、ビタミンCは熱に弱いので胃腸の効果を期待するならば生で食べることをおすすめします。

またビタミンUやビタミンCは体内に長時間留まることができないのと、乳酸菌も継続的に摂取することで効果が期待できます。毎日少しずつで良いので継続的に食べるようにしましょう。

「乳酸キャベツ」に相性が良いのはチーズやヨーグルト、納豆などの発酵食品と組み合わせることです。これらは、健康に良いだけでなく、味の相性も良いのでおすすめです。

簡単ダイエット♡ナイナイアンサーで話題の乳酸キャベツのアレンジ

「乳酸キャベツ」を加熱すると胃腸を抑える効果hs弱くなりますが、乳酸菌は加熱で死菌になっても食物繊維のような働きをするので全く効果がなくなるわけではありません。

乳酸菌の働きでアミノ酸が増える「乳酸キャベツ」は、うま味が生キャベツの6倍以上もあります。少量の塩で味が決まるので、減塩にも効果的です。

乳酸菌は肉や魚を柔らかくする効果もあるので、一緒に煮る、蒸す、漬け込むなどすると味が染みてきて味に奥行きがでます。

「乳酸キャベツ」とチーズのおつまみ(2人分)の材料

乳酸キャベツ:200g
ハードタイプのチーズ:適量(ペコリーノまたはパルミジャーノなど)
オリーブオイルとあらびきコショウ:適量

「乳酸キャベツ」とチーズのおつまみ(2人分)の作り方

皿に「乳酸キャベツ」を盛ります。その上にチーズを削りながらかけます。次に、オリーブオイルを垂らします。最後に、コショウを振ります。

ダイエット効果で話題♡乳酸キャベツの作り方や食べ方のまとめ

材料も安くて、とても簡単に作れる「乳酸キャベツ」。これから、セーターなど太って見られやすい秋冬ファッションを着こなさなければならない季節になります。この機会に、体の中から美しくなれる無理のないダイエット、「乳酸キャベツ」ダイエットをお試しになってみてはいかがでしょうか?

ナイナイアンサーの関連記事はこちら

【ナイナイアンサー】レンチンしょうがダイエット!作り方と効果的な食べ方! | Pinky[ピンキ-]

ダイエットの関連記事はこちら

食べ物の消化時間は?胃内停滞時間を減らすとダイエットにもいいわけとは? | Pinky[ピンキ-]
鍋料理のカロリーはどれくらい?ダイエット中にも食べられる低カロリー鍋! | Pinky[ピンキ-]
ゆで卵ダイエットの効果がすごい!口コミでも続々と成功の声が! | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ