ぎっくり腰の応急処置まとめ!温めるのはNG?コルセット・ツボ押しが効果あり!

ある日突然グキっと腰に嫌な痛みが走るぎっくり腰。突然の痛みに動くこともままならないぎっくり腰に対して効果的な応急処置は様々なものがありますが、中には間違った応急処置の方法もあります。ぎっくり腰になった直後はどんな応急処置がいいのかを今回はまとめてみました。

目次

  1. 突然腰に走る激痛・ぎっくり腰について
  2. ぎっくり腰になる原因について①
  3. ぎっくり腰になる原因について②
  4. ぎっくり腰に見舞われた際の応急処置①
  5. ぎっくり腰に見舞われた際の応急処置②
  6. ぎっくり腰に見舞われた際の応急処置③
  7. ぎっくり腰に見舞われた際の応急処置④
  8. ぎっくり腰に見舞われた際の応急処置⑤
  9. ぎっくり腰の応急処置で温めるのはNG?
  10. ぎっくり腰の応急処置について・まとめ

突然腰に走る激痛・ぎっくり腰について

出典: http://hureaiseikotuin.com/post_symptoms/giltukurikosi-oukilyuu/

ある日、突然襲いかかるぎっくり腰。“急性腰痛性”と言われるぎっくり腰はとてつもない激痛であり、立っていることさえ辛いものと言われています。

出典: http://topicks.jp/42250

前触れもなく腰に走る痛みから、西洋ではぎっくり腰のことを“魔女の一撃”と呼んでいます。

出典: http://www.egao091107.com/app/Blogarticlelist

ぎっくり腰の痛みは非常に類をみないものなので、程度によっては救急車を呼んでしまうほどの痛みに襲われる人も少なくはありません。

ぎっくり腰になる原因について①

ある日突然嵐のように腰に痛みをもたらすぎっくり腰。一体ぎっくり腰の要因はどこからくるのでしょうか?

腰に纏わる病気が引き金

出典: http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322206

ぎっくり腰とは、先述した急性腰痛性をはじめ、腰椎椎間関節捻挫といわれる症状や、腰椎間が磨耗したり傷ついた状態が原因ともいわれています。

出典: http://www.benpi-ok.com/1-b-koshi-giltukuri.html

腰椎椎間関節捻挫の場合だと、腰の骨を司る無数の骨を支えている椎間関節と呼ばれる関節部分が、骨の変形や靱帯の緩みによってずれてしまった際に亜脱臼を起こしたケースがぎっくり腰に当てはまります。

出典: http://www.nozomi-clinic-japan.com/y-youtui-herunia.html

また、椎間板と呼ばれる腰の骨と骨の間にあるコラーゲン状のクッション役割を果たしている繊維軟骨に傷が付いてしまったり、腰老化現象で磨耗して腰骨同士がこすりあってしまうことでぎっくり腰の症状が表れるケースもあります。

出典: http://www.ces55.com/gikkuri-jikosindan.html

ぎっくり腰になる原因について②

日常生活に潜むぎっくり腰の原因

出典: http://takarazuka-chiro.com/syoujyou/gikkuri/

腰に関わる病気がないからといって、安心できないのがぎっくり腰の怖いところ。実はぎっくり腰の原因は、我々の日常生活の中に至る所に散らばっているのです。

1 最近、急に太った 2 現在標準体重をオーバーしている 3 あぐらをかいたり、横座りすることが多い 4 近距離でも車に乗ることが多い 5 柔らかい敷布団が好きだ 6 ハイヒールをよく履く

7 イスに座る時、浅く座るのがくせだ 8 重い荷物をよく持つ 9 中腰の姿勢になることがよくある 10 最近めっきり運動不足だ 11 タバコをよく吸う 12 冷え性だ

これらの項目に一個でも当てはまればぎっくり腰のリスクは黄色信号、三つ以上当てはまってしまった場合は要注意です。

出典: http://chiro1.hamamatu.org/pbixas-clage-tex/

これらの他にも筋肉疲労や老化、腰回りの内蔵の疾患や外的ストレスなどもぎっくり腰を引き起こす原因と言われており、日常生活のありとあらゆる場面で、いつぎっくり腰になってもおかしくはありません。

出典: https://cuta.jp/23711

また、くしゃみや同じ姿勢を長い間とり続けていて急に動いたとき、高い場所から飛び降りた時などでもぎっくり腰になる場合もあります。腰に違和感を覚えている時に、これらの動作をする際には慎重になった方がいいでしょう。

ぎっくり腰に見舞われた際の応急処置①

では実際にぎっくり腰になってしまった場合、どのような応急処置をとればいいのでしょうか?

応急処置①とにかく安静にする

出典: https://cuta.jp/24528

ぎっくり腰になってしまったらまずは安静にしましょう。自宅であるならば腰に負担をかけないように壁伝いに歩いて横たわれる場所まで行き、腰に負担のかからない体制で横になります。また、家族がいる場合は手を借りて横たわらせてもらいましょう。

出典: https://allabout.co.jp/gm/gc/302080/

ぎっくり腰の応急処置の寝方は、痛む方を上にして横向きになるのが正しい寝方です。また、背中を丸めて膝と膝との間にクッションや丸めた毛布などを挟めれば更に腰の負担を軽減できます。

出典: https://aoba-himawari.com/gikkurigoshi-nekata/

うつ伏せで横たわる場合は、お腹の下にタオルなどを入れ、画像のように足を平泳ぎの形に開き、定期的に足の位置を変えるのが楽な方法です。

出典: https://kaumo.jp/topic/71327

ぎっくり腰になった場合、横になる向きは横向きやうつ伏せが腰に負担がかからない寝方ですが、どうしても仰向けで横たわりたい場合は、腰をまっすぐにせず体育座りをイメージして膝を軽く曲げて休めば痛みは和らぎます。ですが痛みがひどい場合はなるべく仰向けは避け、横向きかうつ伏せで休むことをお勧めします。

ぎっくり腰に見舞われた際の応急処置②

応急処置②痛む部分を冷やす

出典: http://amanaimages.com/keyword/result.aspx?Page=Search&KeyWord=%95X+%94w%8Ci%8D%87%90%AC%83Z%83%8C%83N%83g+-+%95%97%8Ci&ImageID=&sdl=1

ぎっくり腰は腰の部分に炎症を起こしているのと同じ状況であるため、応急処置として適切なのは患部を冷やすことです。アイスノンや氷を使って痛む箇所を冷やすようにしましょう。

出典: https://health-more.jp/news/detail/1143

氷を使ったアイシング方法

最も手っ取り早く冷やす方法は氷を使った応急処置。画像のように小袋にありったけの氷を詰め込んで口を縛り、患部に押し当てます。おおよそ15分から20分間、皮膚の感覚がなくなってきたなと感じたら外します。

皮膚の感覚が戻ってきた際、再び患部に触れてみて、周辺の部位よりも熱を持っていると感じた場合はもう一度氷で冷やすようにします。炎症が収まってきたら氷を外して、再び安静にしてください。

出典: http://dual-lab.com/wp-content/uploads/2015/11/1f43915e0b00673476b94810159fe2c7_s-620x330.jpg

湿布を使った応急処置

出かけ先でぎっくり腰に見舞われた場合、急拵えで腰を冷やす物として冷湿布が挙げられます。湿布は氷ほどアイシングの効果は期待できませんが、鎮痛成分が入っているため、応急処置の効果はある程度期待できます。

出典: https://www.amazon.co.jp/ボルタレン-【第2類医薬品】ボルタレンEXテープL-7枚/dp/B00DKPETJU

ぎっくり腰の応急処置にお勧めの湿布はボルタレン。ジクロフェナクナトリウムと呼ばれる強い鎮痛成分が配合されているので、ぎっくり腰だけではなくひどい肩こりにもよく効く湿布として知られています。

出典: http://kamome-times.com/wp-content/uploads/2015/11/450x157x8c460d0267ff1623ba2915b31130611a.jpg.pagespeed.ic.Ksea9hSyg6.jpg

冷湿布は、最も痛い部分から指4本分上にずらして貼るのが最も効果的な貼り方だと言われており、画像のように大きな湿布なら一枚、小さめの湿布なら二枚並べて貼るのがいいようです。

出典: https://medley.life/diseases/item/54fa8fab6ef458c13885d029/details/diagnosis-treatment/ointment-patch

また、余りに痛みの範囲が広い場合や湿布にかぶれてしまう敏感肌の人は、貼るタイプの湿布ではなく、ローションタイプの湿布がいいでしょう。出来ることなら他の人にマッサージするように塗ってもらうと効果が上がります。

ぎっくり腰に見舞われた際の応急処置③

応急処置③コルセットをつける

ぎっくり腰になった場合、2~3日は安静にしているのがいいのですが、ある程度痛みが和らいできたら少しずつ日常的な動作を行った方が治りが早いと言われています。

出典: http://www.skincare-univ.com/article/011246/

コルセットの種類は腰痛ベルトと呼ばれる薬局で手に入る簡易性の物と整形外科や整骨院で自分に合わせて作ってくれる軟性タイプ、手術後や骨折などに用いられる動きがかなり規制される硬性タイプがありますが、ぎっくり腰の応急処置として最適なのは、簡易性タイプと軟性タイプです。

軟性のコルセットは整形外科や整骨院で自分に合ったものを見繕ってくれますので任せてしまった方が無難です。簡易性のコルセットを市販で購入する場合、通気性のよいもの、動作を妨げないもの、ズレないもの、緩すぎずキツすぎないものを選ぶようにしましょう。

出典: http://saludpelvica.com/tag/faja-postparto/

コルセットの効果

コルセットの効果は、腹部を適度に圧迫することで腹圧を上げ、身体の内側から腰を支える腰椎への負担を軽減する役割を果たします。

そうすることにより、腰回りの筋肉がサポートされ、痛みがでないような姿勢を保つことも可能になりますので、ぎっくり腰になってしばらく経ち、冷やすほどの痛みではなくなった際に、リハビリがてら動く場合に非常に役立つアイテムなのです。

出典: http://healup.jp/gikkurigosi-colset/

また、重い荷物を頻繁に持ち上げたり運んだりしている人や、力仕事を生業としている人などは、ぎっくり腰になるリスクは非常に高いです。転ばぬ先の杖として、いつもよりも腰に違和感を覚えた際、コルセットや腰痛ベルトを巻けばぎっくり腰の予防策としても役に立ちます。

出典: http://it-kaden.com/gikkurigoshi_itsumade/

痛みが収まってきた時期がコルセットの外し頃

ぎっくり腰の痛みがひどく寝返りが打てない場合は、就寝の際にも付けておくことを推奨しますが、痛みが徐々に収まってきてコルセットを付けた状態である程度の動作が出来るようになったら、少しずつコルセットを外していきましょう。

再発を恐れていつまでもコルセットを付けたままだと、腰回りの筋肉が衰退してしまいコルセットが手放せなくなってしまうばかりか、ぎっくり腰になるリスクも高くなってしまいます

ぎっくり腰に見舞われた際の応急処置④

応急処置④腰痛に効くツボを押す

安静に横たわる・患部を冷やす・コルセットを締めるなど様々な応急処置を施したけれども、どうにも痛みに耐えがたい人や早く治したいという人は手にあるツボを押してみてはいかがでしょうか?

出典: http://healthil.jp/40728

ぎっくり腰に効くツボ①腰腿点

こちらの画像にある腰腿点と呼ばれるツボは手の甲の二箇所にあり、親指で軽く押していくと徐々に腰の痛みが和らいでいくというツボになります。一回あたり1~2分程度を数回に分けて繰り返して押してみてください。

出典: http://youtuutiryou.osakazine.net/e177966

ぎっくり腰に効くツボ②後谿

手相の感情線の先端にあり、手を握った時に小指側で盛り上がる部分にある後谿と呼ばれるツボ。このツボを10秒ほど強く押します。5秒ほど休んだ後にまた10秒ほど押すのを繰り返しましょう。強く押した際に少し痛みを感じた箇所を中心に行ってみて下さい。

ツボを押す場合、痛む箇所の側の手のツボを押すのが効果的と言われています。基本的に回数に規制はありませんし時間もとらないので、好きなときに好きなだけ行うことが出来るのも、ツボの応急処置の強みですね。

ぎっくり腰に見舞われた際の応急処置⑤

応急処置⑤痛み止めの薬を飲む

出典: http://seitai-tatsuki.jp/campaign.php?co_id=111

安静にしてても冷やしても痛みが引かないようでしたら、痛み止めの薬を飲むのも応急処置としては有効な手だてです。

出典: http://fine-mattress.com/youtukaizen/866/

ぎっくり腰の応急処置に効く薬・ロキソニン

ロキソニンには、非ステロイド性抗炎症薬といわれるタイプの消炎鎮痛剤で、ぎっくり腰の他に肩こりや喉の痛み、生理痛などあらゆる痛みを緩和する薬です。病院で処方されるだけではなく、薬剤師のいる薬局でも手に入るので、家庭に常備しておくと非常に心強い薬となります。

出典: https://cuta.jp/21706?page=2

ただし、胃腸が痛くなると言う副作用がありますので、胃腸に優しいタイプのロキソニンを購入するか、医師や薬剤師に相談して服用するようにして下さい。

出典: https://www.qlife.jp/meds/otc4987174717018.html

ぎっくり腰の応急処置に効く薬・ラックル24

鎮痛効果のあるアセトアミノフェンを主成分としたラックル24は、口の中で溶ける速錠剤なので水がなくても飲める薬です。胃にも優しく眠くなる成分も入っていないので、車の運転中などにも服用することが出来ます。

出典: http://www.ssp.co.jp/nr/2014/20141001.html

ぎっくり腰の応急処置に効く薬・イヴA錠EX

頭痛を抑える薬というイメージが強いイヴAEX錠ですが、プロスタグランジンと呼ばれる痛みの原因物質を抑えるイヴプロフェンを有効成分としているため、ぎっくり腰などの腰痛やその他の身体の痛みを抑える効果があります。指定第2類医薬品なので、ほとんどの薬局でも置いているため手に入りやすい薬です。

出典: https://welq.jp/36532

痛みが収まったら飲むのをやめる

痛み止めの薬は炎症を抑えてくれる働きがありますが、痛みの根本的な部分を治療する成分は入っていません。薬を飲み続けて痛みが取れたとしてもそれは一時的なものなので、痛みが収まってきたら服用を止め、自然治癒に任せましょう。

ぎっくり腰の応急処置で温めるのはNG?

出典: http://hureaiseikotuin.com/post_symptoms/giltukurikosi-hiyasu-atatameru/

急性的な痛みには温めるのは逆効果

ぎっくり腰に見舞われた直後は、痛みの原因物質であるプロスタグランジンが過剰に作られ、それが炎症を起こしている状態です。患部を冷やして血流を減少させ、プロスタグランジンの発生を抑えれば、結果的に炎症を抑えることが出来るのですが、逆に温めてしまうと患部の血液循環が活発になり、炎症反応が強くなってしまい、結果的にとてつもない痛みに見舞われる可能性が高いのです。

出典: http://www.marasonkansou.net/archives/657.html

なので、ぎっくり腰になった直後は患部を温湿布などで直接温めるのはもちろん、お風呂やサウナも避けた方がいいでしょう。仮に患部を冷やすためにお風呂を使うとしても、歩くほど辛い痛みの場合は動き回らずに安静にし、氷や冷湿布を使ったアイシングに留めておいた方が無難です。

出典: http://liquor1116.wpblog.jp/1035

また、意外に思うかもしれませんが、ぎっくり腰になった直後は飲酒を控えることもお勧めします。お酒は血行を促進させ、体を温める作用があるため、プロスタグランジンも発生しやすくなります。お酒が好きな人は、痛みをお酒で紛らわそうと思う人もいるかもしれませんが、痛みが引くまではお酒は避けた方が無難です。

出典: http://www.suzaki-futon.com/youtuu_w.or.c.htm

温めるのは痛みのピークが過ぎてから

しかし痛みのピークが過ぎ、コルセットをつけて日常的な動作が出来るようになった場合は、冷やす処置から温める処置に変えた方が治りは早くなります。温湿布で患部を温めたり、お風呂に入るなど、慢性的な痛みに変わってきたら温める治療に切り替えましょう。

ぎっくり腰の応急処置について・まとめ

出典: http://www.naturallife.biz/index.php?腰痛(周辺の痛み)

ぎっくり腰の応急処置は様々なものがありますが、基本は痛みがひどい場合は安静にすることが大切です。外出先でぎっくり腰になり、動くのもしんどい時は周りの人の手を借りたり、タクシーを使用することも必要になってきますし、場合によっては救急車を呼ぶほどの痛みになる可能性もあります。

出典: http://www.asahi-net.or.jp/~fu2s-hgs/shop/azuma_smartphone/waist/waist.html

そうならないためにもあらかじめぎっくり腰を予防する生活も大切になってきます。画像のようなぎっくり腰を予防するストレッチはネットや雑誌などで紹介されていますので、日頃から腰回りの筋肉を鍛えておくことも重要ですね。

その他にもぎっくり腰は食生活や姿勢を整えることで十分予防することが可能です。いざというときの応急処置はもちろんのこと、出来る限りの予防策を講じておき、ぎっくり腰の対策に備えておきましょう。

ぎっくり腰に関連するリンクはこちら

ぎっくり腰の治し方!原因や症状、治療方法まとめ!治るまでの期間は? | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ