日本の秘境!死ぬまでに一度は見たい絶景画像まとめ!感動する美しさ

世界には様々な美しい秘境や感動する絶景がありますが、この日本にも世界に引けを取らない秘境や絶景がたくさんあります。日本にある秘境、日本人なら一度は見ておきたい絶景画像を、地域別にまとめていきます。有名な竹田城跡や青ヶ島もご紹介します。

目次

  1. 日本の秘境はどこに?感動する美しい絶景が見たい!
  2. 一番多い?北海道・東北地方にある日本の秘境
  3. 関東近郊にある?北陸・関東・中部地方の日本の秘境
  4. 近畿・中国地方にはあの有名な日本の秘境が!
  5. 遠くても行きたい!四国・九州地方の日本の秘境
  6. 日本の秘境!感動の素晴らしい絶景画像【まとめ】

日本の秘境はどこに?感動する美しい絶景が見たい!

出典: http://find-travel.jp/

日本の秘境は、全国各地にあります。交通の不便な場所にある秘境は、苦労していくからこそ、辿り着いた時の感動はひとしおです。それでは、地域別に日本の秘境・絶景をご紹介します。

一番多い?北海道・東北地方にある日本の秘境

それでは、まず北海道と東北地方にある日本の秘境・絶景をご紹介します。東北地方には、数多くの秘境や絶景があります。

北海道にある日本の秘境

出典: http://samurai-japan.co/detail/177

礼文島(北海道)

「礼文島(れぶんとう)」は、北海道の最北端にある島です。5月~8月くらいになると約300種の高山植物が見頃となり、別名「花の浮島」とも呼ばれています。高山植物を見ながらのトレッキングがおすすめです。

礼文島観光協会

出典: http://zexy.net/resort/c_7770033308/blog/

雲海テラス(北海道)

北海道の星野リゾートのトマム内にある「雲海テラス」は、「天国に一番近いカフェ」として有名な日本の秘境・絶景スポットです。「雲海テラス」は標高1088mにあり、ゴンドラに乗って行きます。雲海が見られるのは6~10月の早朝で、雲海が出る気象条件を満たした日でないと見られないため、とても貴重な自然現象です。

出典: http://guide.travel.co.jp/article/15431/

冬は雲海は見られませんが、11月~翌年の4月まで、氷点下が生み出す絶景「霧氷テラス」としてオープンします。

雲海テラス UNKAI TERRACE|星野リゾート トマム【公式】

東北地方にある日本の秘境

出典: http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000057.html

仏ヶ浦(青森県)

津軽海峡の荒波によって造られた「仏ヶ浦(ほとけがうら)」は、「如来の首」「五百羅漢」など仏の名前が付けられた荘厳な岩が立ち並ぶ、美しい日本の秘境です。夏は穏やかな海で極楽浄土の浜となり、冬は荒い海で厳しい姿となります。

仏ヶ浦 - 下北半島の観光 | 下北ナビ

出典: http://zekkeigogo.com/fukaura.html

深浦の奇岩(青森県)

青森県と秋田県を結ぶローカル線・五能線沿いにある「深浦の奇岩」は、日本の絶景スポットの一つです。五能線の列車が「深浦の奇岩」の横ををゆっくり通ってくれます。

JR東日本旅客鉄道株式会社 秋田支社:五能線 リゾートしらかみの旅

出典: http://kuritaro-photograph.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-6548.html

遠野の里(岩手県)

「遠野の里(とおののさと)」は、岩手県遠野市にある、柳田國男の「遠野物語」で知られる場所です。河童や座敷童の民話で有名な日本の秘境です。カッパがいると言われる淵や、座敷童が今にも出そうな藁ぶき屋根の家など、現在も民話の世界が健在です。

観光 - 遠野市

出典: http://find-travel.jp/

龍泉洞(岩手県)

「龍泉洞(りゅうせんどう)」は、日本三大鍾乳洞の一つで、中に住むコウモリと共に、国の天然記念物に指定されています。洞窟の全長は、およそ5,000mあると言われてています。洞窟内には、いくつもの地底湖があり、第3地底湖は深さ98m、未公開の第4地底湖は深さ120mあり、世界に誇る透明度とされる、日本の秘境です。

岩泉町・龍泉洞WEBサイト

出典: http://www.hisuinosato.com/back_number/cat11/index_2.php

五色沼(福島県)

「五色沼(ごしきぬま)」は、磐梯山の北側の裏磐梯にあります。正式名称は「五色沼湖沼群」と言われていて、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などの複数の沼があります。エメラルドグリーンやコバルトブルーなど、天候や時間帯により、様々な美しい青色に変化する、日本の絶景です。

五色沼湖沼群|裏磐梯観光協会

関東近郊にある?北陸・関東・中部地方の日本の秘境

関東近郊には、日本の秘境・絶景と呼ばれる場所はあるのでしょうか?北陸・関東・中部地方の日本の秘境・絶景をご紹介します。

北陸地方にある日本の秘境

出典: http://www.rurubu.com/season/autumn/koyo/detail.aspx?SozaiNo=160011

黒部峡谷(富山県)

「黒部峡谷(くろべきょうこく)」は、国の特別天然記念物(天然保護区域)であり、特別名勝にも指定されています。黒部ダムがあることで有名ですね。昔は上級登山者しか入ることの出来なかった場所ですが、現在では黒部峡谷鉄道のトロッコ電車で、山の奥まで入れるようになりました。

黒部峡谷トロッコ電車|遊びにおいでよ!黒部峡谷トロッコ電車

出典: http://ovo.kyodo.co.jp/news/culture/a-675475

白米千枚田(石川県)

「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」は、石川県輪島市白米町にあります。日本海に面した棚田は、日本の棚田百選、国指定文化財名勝などに指定された日本の絶景です。日本の原風景と言われる白米千枚田は、世界農業遺産「能登の里山里海」の代表的な存在となっています。

白米千枚田 ― 輪島市公式 ―

出典: http://www.lampnoyado.co.jp/sp/

ランプの宿・よしが浦温泉(石川県)

「ランプの宿・よしが浦温泉」は、奥能登最先端にある、まさに日本の秘境にある秘湯です。約450年前から続く老舗の温泉宿で、海外からも多くの観光客が訪れます。

能登半島最先端 よしが浦温泉【ランプの宿】

関東地方にある日本の秘境

出典: http://grapee.jp/57097

青ヶ島(東京都)

「青ヶ島(あおがしま)」は、伊豆諸島に属し、東京から358㎞離れた人口160人の島です。八丈島まで船か飛行機で行き、さらに船またはヘリコプターに乗り継ぎます。船は高波だとすぐに欠航になります。八丈島からのヘリコプターは1日1便で、席がわずか9席しかないため、アクセスの難易度が高いという意味でも日本の秘境と言えます。

出典: http://www.gnavi.co.jp/amex/aogashima/

ですが、満点の星空や、世界的にも珍しい二重カルデラは、とても美しい絶景です。住所が「〒100-1701 東京都青ヶ島村無番地」しかないそうで、郵便物などは名前だけが頼りだそうです。

青ヶ島村ホームページ

中部地方にある日本の秘境

出典: https://retrip.jp/articles/5979/

白川郷(岐阜県)

「白川郷(しらかわごう)」は、岐阜県の庄川流域にあります。白川郷の合掌集落は、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。電車とバスを乗り継いで行く白川郷は、奥深い山間にあり、日本の秘境と言えます。

出典: http://suke.namjai.cc/e171397.html

1月~2月にかけて行われれる雪景色の白川郷のライトアップは、冬の風物詩となっています。

出典: http://www.mt-fuji.gr.jp/jyunrei/syoujiko/

精進湖(山梨県)

「精進湖(しょうじこ)」は、山梨県にある富士五湖の湖の一つです。周囲は5kmしかなく、富士五湖の中でも最も小さい湖です。四季折々の姿を見せてくれる精進湖は、天候の良い日には見事な逆さ富士が見られます。早朝の朝焼けと富士山と精進湖の、美しい景色は絶景です。

精進湖観光協会

近畿・中国地方にはあの有名な日本の秘境が!

次は近畿・中国地方の日本の秘境・絶景をご紹介します。近畿地方には、兵庫県に有名な「竹田城跡」があります。

近畿地方にある日本の秘境

出典: http://www.hananomeisho.jp/spots/%E8%B5%A4%E7%9B%AE%E5%9B%9B%E5%8D%81%E5%85%AB%E6%BB%9D

赤目四十八滝(三重県)

「赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)」は、三重県名張市赤目町にあります。日本には四十八滝という滝群がたくさんあり、赤目四十八滝もその一つです。4kmにわたる赤目四十八滝には、繊細な流れが美しい滝がいくつもあり、中でも赤目五瀑(あかめごばく)と呼ばれる5つの滝が有名です。紅葉の時期がとてもおすすめで、紅葉と滝のコントラストは絶景です。

忍者修行の里 赤目四十八滝 公式サイト

出典: http://totsukawa.info/joho/kanko/

十津川村(奈良県)

「十津川村(とつかわむら)」は、奈良県の一番南にある村です。十津川村には鉄道が通っていないため、最寄り駅の近鉄八木駅からバスで片道4時間かかる秘境です。十津川村の北部には、谷瀬(たにぜ)の吊り橋があります(左の画像)。南部の十津川温泉には、歴史ある野猿(やえん)という人力のロープウェイがあります。

【十津川村観光協会】 ホームページへようこそ

出典: http://xn--u9j689iemjnhb.xyz/104/

竹田城跡(兵庫県)

「竹田城(たけだじょう)跡」は、兵庫県朝来市和田山町にあります。テレビなどでも取り上げられて注目を集め、幻想的な雲海とお城が「日本のマチュピチュ」「天空の城」などと言われ有名になっています。

国史跡「竹田城跡」公式ホームページ | 朝来市

中国地方にある日本の秘境

出典: http://travel.rakuten.co.jp/movement/shimane/201407/

隠岐の島(島根県)

「隠岐の島(おきのしま)」は、島根県隠岐郡にある諸島です。隠岐の島にある隠岐国賀海岸には、そそり立つ摩天崖など迫力のある海食崖(かいしょくがい)が見られます。

出典: http://sakuravillage.jp/landscape/?id=663

キャンプやダイビングが楽しめる無人島の松島や、夕日があたるとロウソクに火を灯したように見えるローソク島など、観光スポットが沢山あります。

隠岐の島の観光情報公式サイト|(一社)隠岐の島町観光協会 ~ござらっしゃい 隠岐の島町へ~

遠くても行きたい!四国・九州地方の日本の秘境

最後に、四国・九州地方の日本の秘境・絶景をご紹介します。四国・九州地方にも、日本の秘境と言える場所や、美しい絶景がいろいろあります。

四国地方にある日本の秘境

出典: http://mamamamax.blogspot.jp/2012/07/blog-post_3369.html

奥祖谷(徳島県)

「奥祖谷(おくいや)」は、徳島県三好市にあります。西祖谷にある「かずら橋」は、観光スポットとして有名です。さらに奥地の東祖谷にある「奥祖谷二重かずら橋」は、まさに秘境と呼べる絶景スポットです。

大歩危・祖谷観光ナビ【観る】

出典: https://www.attaka.or.jp/kanko/dtl.php?ID=710

四万十川(高知県)

「四万十川(しまんとがわ)」は、高知県西部に流れる一級河川です。四万十川にはダムがないため「日本最後の清流」と言われています。雄大な美しい川の流れは、心が洗われる絶景です。

四万十市 公式ホームページ

九州地方にある日本の秘境

出典: https://retrip.jp/articles/62788/

高千穂(宮崎県)

「高千穂(たかちほ)」は、宮崎県の北端部にあります。中でも、1934年(昭和9)11月10日に国の名勝・天然記念物に指定された高千穂峡は、迫力ある断崖が絶景で、貸しボートでその峡谷を通ることが出来ます。

高千穂町観光協会 | オフィシャルサイト | 宮崎県 高千穂の観光・宿泊・イベント情報

出典: https://retrip.jp/articles/37005/

河内藤園(福岡県)

「河内藤園(かわちふじえん)」は、福岡県北九州市八幡東区にあります。宣伝は一切せず、口コミだけで観光客が沢山訪れるようになったそうです。交通の便もあまり良くなく、バスなどはないです。タクシーだと最寄り駅のJR八幡駅から片道3,000円前後かかるそうです。河内温泉あじさいの湯の送迎バスを利用するという手もあります。見頃の4月下旬〜5月に行くと、幻想的な藤棚のトンネルなどは圧巻の美しさです。

北九州市八幡東区河内藤園|公式サイト

出典: https://icotto.jp/presses/866

鍋ケ滝(熊本県)

「鍋ケ滝(なべがたき)」は、熊本県阿蘇郡小国町にあります。高さは10mほどですが、横幅が20mあり、カーテンのように流れる滝が、繊細で美しいです。滝の裏側からも見ることができ、幻想的な世界を体験出来ます。春には、期間限定で滝の裏側からライトアップされて、さらに美しい光景を見ることが出来ます。

小国町ホームページ 自然 <熊本・阿蘇>

出典: http://www.okinawa123.jp/

青の洞窟(沖縄県)

「青の洞窟(あおのどうくつ)」は、沖縄本島の恩納村真栄田岬にあります。青の洞窟と言えば、イタリアのカプリ島にあるものが有名ですが、沖縄にも存在します。早朝~午前中の時間帯がおすすめで、太陽光に反射した洞窟内の海面が、より一層青く輝くそうです。

青の洞窟|沖縄本島の人気スポット! - たびらい沖縄

日本の秘境!感動の素晴らしい絶景画像【まとめ】

出典: http://tabiji.info/?p=767

日本の秘境や絶景は、沢山あります。なかなか足を運ぶことが難しい場所もありますが、一生に一度は見ておきたいですね。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ