はちみつを乳児・赤ちゃんがいつから食べていい?危険な理由まとめ!

赤ちゃんにとってはちみつを食べることは厳禁です。乳児の場合、乳児ボツリヌス症にかかるためです。いつから、はちみつを食べても良いかを説明していますので。乳児ボツリヌス症にかからないように、いつからはちみつを食べさせても良いのかを学び赤ちゃんに食事を与えましょう。

目次

  1. はちみつは赤ちゃんには食べさせてはいけない!
  2. はちみつに含まれるボツリヌス菌による乳児ボツリヌス症の症状
  3. 乳児はいつからはちみつを食べてもよいのか
  4. 赤ちゃんの体はいつから成熟してくるのか
  5. 乳児が食べてはいけない食べ物は多い
  6. お母さんは、赤ちゃんの様子に注意して乳児ボツリヌス症にならないようにしましょう
  7. 赤ちゃんがいつからはちみつを食べて良いか、しっかりと覚えておきましょう

はちみつは赤ちゃんには食べさせてはいけない!

出典: https://192abc.com/39061

はちみつに含まれるボツリヌス菌が赤ちゃんに大敵

はちみつにはボツリヌス菌というものが含まれています。これが赤ちゃんを乳児ボツリヌス症という病気にさせてしまうのです。これは、筋肉のマヒや複視、呼吸困難を引き起こしてしまうのです。そのため、乳児が乳児ボツリヌス症にならないように、特に1歳児未満に食べさせることは厳禁です。

出典: https://akachanikuji.com/hachimitsu

乳児でなければ、はちみつを食べても問題はない

乳児ボツリヌス症は赤ちゃん以外にはかからない病気です。それは、はちみつに含まれるボツリヌス菌はごく微量で、発達した消化器官では最近は活動することができずに、そのまま消滅します。また、はちみつ自体はとても栄養価の高い食べ物です。あくまで赤ちゃんに食べさせることが危険なのです。

出典: http://www.hazimetetensyoku.com/entry/2015/04/05/190726

はちみつは美容効果も期待できる、とても栄養価の高い食べ物

はちみつ自体は砂糖に比べてカロリーが低く、まろやかな甘みが特徴です。はちみつに含まれる栄養はビタミンが豊富で、鉄分やミネラル、ポリフェノールも含まれます。はちみつはとても栄養の面ではおすすめな食べ物なのです。女性にとってはちみつは美容効果の期待できるものなのです。栄養補給にもはちみつを少し飲み物に垂らすのもおすすめですよ。

はちみつに含まれるボツリヌス菌による乳児ボツリヌス症の症状

出典: http://hannari.sblo.jp/category/1252692-3.html

一番の問題は神経麻痺症状が起き、呼吸麻痺が起きる

はちみつによって、赤ちゃんは麻痺症状が起き、特に呼吸麻痺は非常に危険な症状です。また、初期症状としては、便秘やお乳の吸いが弱くなったり、赤ちゃんの泣き声が弱い、よだれが多いなどの症状がでます。

出典: http://broom-moon.com/archives/2658

乳児ボツリヌス症の潜伏期間は3日から30日と長いのが特徴

発祥するまでの期間が長い理由は、はちみつを飲みこんでから、腸内で毒素によって症状が発生するまでの、潜伏期間が長いのも特徴です。赤ちゃんにはちみつを食べさせていないか、1カ月ほどの期間をさかのぼることも必要です。

出典: http://babyrina.jp/sick/poolheat-incubationperiod.html

少しでもおかしいと感じたら診察を受けましょう

乳児ボツリヌス症の疑いがある場合、すぐに医師による診察を受けましょう。はちみつを食べた可能性を伝えることで、診察もしやすくなるので、遠慮せず伝えましょう。また、赤ちゃんの便や血液からボツリヌス菌のボツリヌス毒素を検出することができます。

出典: http://rank-labo.com/rs-virus/

乳児ボツリヌス症と診断された場合は、呼吸管理が行われ治療されることになります

呼吸麻痺を改善するまでの間、赤ちゃんの呼吸管理が行われます。また、ボツリヌス多価抗毒血清というものを、過敏症が無いかを確かめたうえで、投与します。

出典: http://www.kosodate-smile.com/teashikuchibyou-shoujou

はちみつが含まれる製品に気を付けましょう

赤ちゃんは自分ではちみつを避けることはできません。赤ちゃんの身を守ってあげれるのは身近な人間だけなのです。赤ちゃんに食べされるものに、はちみつが含まれていないか確認して与えるようにしましょう。はちみつは砂糖の代わりに食品に含まれることもありますので、成分をしっかりとチェックすることが重要です。

乳児はいつからはちみつを食べてもよいのか

出典: http://fytte.jp/news/meel/1509/post_370.php

加熱殺菌され加工されても、乳児には与えるべきではない

ボツリヌス菌は熱に強い菌です。そのため、加工されてもはちみつは乳児ボツリヌス症にかかる可能性があるため、少量であっても赤ちゃんにはちみつを与えないようにしましょう。

出典: https://akachanikuji.com/hachimitsu

1才以上であれば問題はない

1才以上になれば、腸内はある程度発達しているため、乳児ボツリヌス症にかかる心配は無くなります。とはいえ、赤ちゃんの発育の差はありますので、お医者さんでいつからOKか確認をとったうえで、はちみつを食べさせるようにしましょう。

妊婦はいつからはちみつ食べない方が良いのか

出典: https://www.amoma.jp/column/maternity/food-drink/3384.html

妊婦がはちみつを食べても、乳児ボツリヌス症にはかからない

お腹の中に赤ちゃんがいる場合に、妊婦さんがはちみつを食べても、ボツリヌス菌が赤ちゃんに害を与えることはありません。そのため、妊婦が健康のために、はちみつを食べることは問題ありません。元気な赤ちゃんが生まれてるくるように、母体の健康を考えてはちみつを食べることは問題ありませんよ。

出典: https://kaumo.jp/topic/39618

育児の悩みはみんなで共有しましょう

昔のように親戚付き合いというものは減ってしまいました。しかし、赤ちゃんの育児問題は自分だけで抱え込めるものではありません。はちみつの問題だけに関わらず、どうして赤ちゃんにしてはいけないのかということを、理由をしっかりと聞いて対処するようにしましょう。

乳児に授乳する母親は、はちみつを摂っても大丈夫です

出典: http://www.1183.co.jp/fs/nagasaka/c/child

授乳するお母さんがはちみつを摂っても問題はない

授乳期のお母さんがはちみつを食べること自体は問題ありません。冒頭で説明したように、はちみつに含まれるボツリヌス菌は少量のため、成人した体の中では、菌は生息することができません。

赤ちゃんの体はいつから成熟してくるのか

出典: http://blog.8383.co.jp/archives/47957904.html

育児を行う上で、赤ちゃんの成長の差はさまざま

育児を行っているうえで、赤ちゃんの成長の差を感じることも多いと思います。特に2人目を育てるときに、そのことを特に感じるのではないでしょうか。育児はそれぞれの個性を踏まえて行うことが大事です。

出典: https://veramagazine.jp/article/baby-clothes-variety

発育の差を理解して育児してあげましょう

赤ちゃんの発育はひとそれぞれであることを知れば、病気に対する耐性の違いもわかるはずです。そういう理由を理解してあげることが大事なのです。

乳児が食べてはいけない食べ物は多い

出典: http://news.cookpad.com/articles/4032

赤ちゃんの食べ物には細心の注意をはらいましょう

赤ちゃんはまだまだ成長の途中です。はちみつだけに限らず、胃や腸の発達もまだ不完全で、食道なども筋肉がまだ発達していないため、食べ物をつまらす危険性があります。ハチミツ以外にも、赤ちゃんの胃や腸でうまく扱えないものには注意しましょう。

出典: http://plaza.rakuten.co.jp/greatest29/diary/201302220000/

アレルギーを起こすものには注意

はちみつのように菌が原因で赤ちゃんに食べさせていけないもの以外に、アレルギーを引き起こすものは注意が必要です。特にそばやピーナッツなどは要注意です、また卵や甲殻類などもアレルギーの原因になります。

お母さんは、赤ちゃんの様子に注意して乳児ボツリヌス症にならないようにしましょう

出典: https://4yuuu.com/articles/view/940220

乳児ボツリヌス症の症状を知っておくことで、もしもの場合にすばやく対処しましょう

どんなに気を付けていても、絶対安全ということはありません。赤ちゃんが予期せぬ動きをとって、はちみつやアレルギーの可能性のある食べ物を食べてしまうかもしれません。もしもの場合にそなえて、知識を蓄えて赤ちゃんのもしもに備えましょう。

出典: http://kara-cure.com/ninnshin-kosodate/ninnshin/2677/

赤ちゃんの様子をよく観察しましょう

いつから赤ちゃんが、普段と違う様子になったかも重要です。はちみつに含まれるボツリヌス菌の潜伏期間は長いので、医師の診断にも影響を与えます。はちみつによる赤ちゃんの異変には、いつからその様な状態になっているのか少しでも早く気づいてあげましょう。

出典: https://conobie.jp/article/502

はちみつは栄養が豊富です。胃や腸が発達すれば与えることは問題ありません。

基本的に1才以上になれば、赤ちゃんもはちみつを食べることができます。はちみつにはたくさんの栄養が含まれているので、赤ちゃんに食べさせてあげることは悪いことではありません。しかし、発達の差も踏まえて安全を考えて赤ちゃんに食べさせてあげるようにしましょう。

赤ちゃんがいつからはちみつを食べて良いか、しっかりと覚えておきましょう

出典: http://kisetsunobyoki.com/620.html

赤ちゃんが元気にすくすく育つように、守ってあげましょう

はちみつは絶対に1才未満に与えてはいけません。そのことを絶対に忘れないようにすれば、乳児ボツリヌス症は避けることが出来ます。脳の発達が不完全な赤ちゃんに呼吸器系の病気が起こることは絶対に避けるべきなのです。自分だけではなく、赤ちゃんに関わる周りの人にも乳児にははちみつを与えてはいけないことを伝えておくことも忘れないようにしましょう。

はちみつの種類と効能まとめ!味や特徴の違いは?おすすめはどれ? | Pinky[ピンキ-]
溶連菌は妊婦さんも要注意!溶連菌感染症の初期症状から原因まとめ | Pinky[ピンキ-]
妊娠初期の食べ物は葉酸を含むものがおすすめ!注意すべき点は? | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ