はちみつの栄養成分を分析!糖質はどの位?砂糖と比較!どっちが効果的?

はちみつはブドウ糖などの糖質やビタミンC成分を含む、栄養たっぷりの食べ物です。はちみつには美肌効果も期待できますし、砂糖の代わりにはちみつを使う置き換えダイエットも有効です。はちみつに含まれる栄養成分で、糖質の補給をして栄養をしっかりと補給しましょう。

目次

  1. 黄金に輝くはちみつの栄養と成分
  2. はちみつに含まれる栄養と糖質成分はどれぐらいあるのか
  3. はちみつと砂糖では、どちらが糖質成分が多いのか
  4. 栄養成分が豊富で、糖質の少ないはちみつを使った料理
  5. はちみつは糖質も低く栄養も豊富で、とてもおすすめです!

黄金に輝くはちみつの栄養と成分

出典: http://bi-diekko-chan.com/diet/7258/

この黄金色のはちみつに含まれる栄養は、健康にとっていいものばかり

はちみつのきれいな黄金色は見ていて、グルメでうっとりしちゃいますよね。そんなはちみつには、体にとっていい栄養成分が大量に含まれています。

出典: http://shiawase-pan.net/%E3%83%91%E3%83%B3-%E3%81%AF%E3%81%A1%E3%81%BF%E3%81%A4-%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88/

ミツバチが花の蜜を集めて、はちみつを作り出す

はちみつはミツバチが花の蜜を集めて、巣に貯めることで作られます。ミツバチの体内に含まれる酵素によって、花の蜜がはちみつへと変化します。

出典: http://www.kami-shoku.com/hachimitsu/4591/

はちみつの70%は糖質できている

はちみつはブドウ糖や果糖を初めとして、70%の糖質を含んでいます。そのほかには、ミネラルやビタミンなど体にとって良い成分が多く含まれています。

出典: http://naruhodosouka.net/20160418-534/

はちみつは長期保存ができる

はちみつの賞味期限は2年から3年ほどです。また、風味自体を気にしないのであれば、それ以上の期間も十分食べることのできる長期保存が可能な食べ物なのです。

出典: http://honey.kanjyukuya.com/?eid=14

はちみつを放って置くと『結晶化』という現象を起こす

天然100%のはちみつは、冬の寒い時期など、気温が15度以下になると、固まります。この状態を『結晶化』と呼びます。健康に害はなく、むしろ天然で無添加、無加工の証拠です。

はちみつに含まれる栄養と糖質成分はどれぐらいあるのか

出典: http://hotel-hakuba.seesaa.net/article/161242912.html

はちみつの主成分であるブドウ糖の栄養

はちみつの栄養には、ブドウ糖という糖質が含まれています。これは、脳がエネルギーを作るうえで欠かせない成分です。ブドウ糖が減ると、集中力不足や、イライラの原因になります。

出典: https://mitsuraku.jp/column/95/

ブドウ糖という糖質は自力で蓄えることができない

人間の脳にとって必要な成分であるブドウ糖ですが、人間は自力で蓄えることができません。常に血液からブドウ糖を補給しようとしているので、はちみつを食べて、ブドウ糖を補給することが重要なのです。

出典: http://www.penisbuyutucuhaplari.com/entry21.html

はちみつの成分であるブドウ糖は運動において重要

ブドウ糖は、エネルギーに変換されるスピードが速く、運動をする際に撮っておくと有効な成分です。エネルギーを消費するスポーツをする際は、はちみつの糖質であるブドウ糖を摂ると良いでしょう。

出典: http://be-agent.jp/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%BB%E7%BE%8E%E5%AE%B9/%E7%BE%8E%E8%82%8C%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9F%A5%E8%AD%98/

ビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6が豊富

美肌になるために、美しい皮膚を作ってくれるビタミンCなどが豊富なのも、はちみつの成分の重要な点です。

出典: http://tellicowest.com/siro.php

はちみつには古い角質を取り除いて肌を改善する『ピーリング効果』がある

はちみつの成分には、ピーリング効果というものがあります。それは、古い角質を取り除いて、肌を活性化し、新しい美しい肌にしてくれるものです。ニキビなどに悩んでいる方にも効果的です。

出典: http://www.lincool.info/

はちみつは疲れた体の栄養補給に最適

体が疲れていると、胃も弱っています。そんなときには、お腹に優しいはちみつで栄養補給をすると良いでしょう。体に吸収されやすい糖質成分を含んでいるので、素早いエネルギー補給につながります。

はちみつと砂糖では、どちらが糖質成分が多いのか

出典: http://googirl.jp/daieltuto/1409satou524/

砂糖に比べてはちみつは1/3で同じ甘さを感じられる

同じ糖質にあたるはちみつと砂糖ですが、はちみつのほうが少ない量で同等の甘さを感じることができます。

出典: http://cookpad.com/cooking_basics/17369

はちみつ100グラムで294カロリー、砂糖100グラムで387カロリー

同じ糖質の成分を持つはちみつと砂糖ですが、同じ量でカロリーを比べると、はちみつのほうが100カロリーほど低くなっています。

出典: https://www.yamato-scale.co.jp/products/index/catjuns:51%3A104

砂糖を使っていた料理をはちみつで置き換えることができる

いままでたっぷり砂糖を使っていた料理も、同じ甘みを得ることができるはちいつを使うことで、置き換えることができます。注意するのは、はちみつのほうが甘さが強いため気を付けなければなりません。

出典: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.aizeta.taabuu&hl=ja

砂糖を使っていた料理をはちみつで作る場合は量を÷1.3倍で計算しよう

先ほども説明した通り、はちみつの方が甘さを強く感じる性質があります。そのため、砂糖を使っていた料理をはちみつで作る場合は÷1.3倍しましょう。例えば、砂糖90グラムを使用していたとしたら、はちみつの場合では約69グラムを使用するというわけです。

栄養成分が豊富で、糖質の少ないはちみつを使った料理

出典: http://diet-pure.jp/eatdrink/hati137.html

紅茶にはちみつを少し足すだけで、栄養たっぷりの紅茶に

紅茶に砂糖を入れるよりも、はちみつを入れる方がカロリーも抑えられますし、栄養の補給をできます。いままで砂糖をたっぷり入れていた人は、はちみつに変えて、カロリーを抑えましょう。優雅にグルメなティータイムが楽しめます。

出典: http://kabegami.org/blog/category/%E2%96%A0-%E6%96%99%E7%90%86/page/12/

ホットケーキにはちみつたっぷりかけて、食べましょう

せっかくのおやつの時間。ホットケーキを作ってはちみつをたっぷりかけてグルメに食べましょう。特に糖質が減っているときは、イライラしてしまうことがあります。はちみつたっぷりのホットケーキをおやつに食べて、リフレッシュすることで、ストレスを解消しましょう。

出典: http://www.kyounoryouri.jp/recipe/1758_%E3%82%84%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AF%E3%81%A1%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3.html

はちみつを使ったプリン

砂糖の代用としてはちみつを使ってプリンを作るという方法がおすすめです。6個ぐらいの個数を作るなら砂糖の代わりにはちみつを100グラム使って使うと良いでしょう。牛乳は250ミリリットル、生クリームは250ミリリットル、卵の卵黄を4個分で作ってみましょう。普段のプリンが少しグルメに感じますね。

出典: http://webnisimo.net/

料理の隠し味にはちみつは最適

子どもは辛いカレーを食べにくい場合があります。そんなときは、カレーを作るときに、はちみつを入れてあげると、辛さが軽減して食べやすいものになります。

はちみつは糖質も低く栄養も豊富で、とてもおすすめです!

出典: http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10132108273

手軽に栄養を補給できるはちみつを、どんどん生かしましょう

いままで砂糖を使っていた料理に、はちみつを使うだけでカロリーを抑えることもできますし、ブドウ糖やビタミンCなどの栄養成分をしっかりと補給できます。美肌効果にも最適ですし、日頃から積極的に使っていきたい食べ物だと思います。

はちみつの種類と効能まとめ!味や特徴の違いは?おすすめはどれ? | Pinky[ピンキ-]
はちみつを乳児・赤ちゃんがいつから食べていい?危険な理由まとめ! | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ