裕木奈江の現在まとめ!「北の国から」女優の今!干された原因は秋元康だった?

「北の国から」「ポケベルが鳴らなくて」等、女優として、歌手として90年代にアイドル的な人気を博した裕木奈江さんですが現在は海外を飛び回り写真を撮りながら女優活動を続けています。人気の絶頂期に芸能界から姿を消した当時の事や裕木奈江さんの現在についてご紹介します。

目次

  1. 現在は海外を転々としている?!裕木奈江さんのプロフィール。
  2. 裕木奈江さんが注目を浴びたきっかけは「北の国から’92巣立ち」。
  3. 「北の国から」だけでなく、様々な映画やドラマに出演。
  4. 音楽活動やCM、24時間テレビのパーソナリティも!
  5. 儚げなイメージで注目が集まり、TVで見ない日は無い程。
  6. 人気絶頂の中、急に芸能界から姿を消した裕木奈江さん。
  7. 裕木奈江さんが芸能界から干された原因は秋元康?
  8. 結婚、離婚を経て現在は海外にも活動範囲を拡げている裕木奈江さん。
  9. カメラを片手に海外を転々としている裕木奈江さんの現在の姿が話題に。
  10. 若々しく行動力のある裕木奈江さんの現在の生き方から学ぶ事。

現在は海外を転々としている?!裕木奈江さんのプロフィール。

出典: http://nakasuga13.com/actress/3541/

裕木奈江さんは1970年5月12日生まれの神奈川県横浜市出身の女優さんです。映画女優としてデビュー後「北の国から」「ふぞろいの林檎たち」「ポケベルが鳴らなくて」等に出演し90年代にはアイドル的にマルチに活躍しました。現在は海外を飛び回り写真を撮りながら女優活動を続けているという裕木奈江さんのこれまでと今について画像と共に振り返りたいと思います。

裕木奈江さんが注目を浴びたきっかけは「北の国から’92巣立ち」。

出典: http://plaza.rakuten.co.jp/arakaruto130910/diary/201510180000/

裕木奈江さんが世間から注目を浴びるきっかけになったと言われている「北の国から’92巣立ち」では、主人公の吉岡秀隆さん演じる黒板純の恋人役としてピザ屋のアルバイト店員松田タマコ(とろこ)役を演じました。純の子供を妊娠し中絶するという衝撃的な役を国民的ドラマで演じ、一躍有名になりました。

出典: http://buta-neko.net/blog/archives/2009/12/nokunikara5.html

「北の国から’92巣立ち」出演時の画像です。22歳当時、まだまだあどけなさが残っています。

出典: http://alm-ore.com/blog/archives/2007/03/_92.html

「北の国から」だけでなく、様々な映画やドラマに出演。

映画「学校」1993年~2000

出典: http://pc.video.dmkt-sp.jp/ti/10011721/%E5%AD%A6%E6%A0%A1

山田洋次監督の映画シリーズ「学校」は西田敏行演じる夜間中学校の先生と、幅広い年代の生徒達が繰り広げる挫折や苦境から立ち上がっていくストーリーで、裕木奈江さんは仲間思いの不良生徒役を演じました。あたたかい想いが溢れる人情たっぷりの作品です。

ドラマ「ポケベルが鳴らなくて」1993年

出典: http://stat.ameba.jp/user_images/20160416/23/maccan88/3c/7c/j/o0800053213622021858.jpg?caw=800

ドラマ「ポケベルが鳴らなくて」で裕木奈江さんは、緒形拳さん演じる友人の父親と不倫をし家庭を壊してしまうという役を演じました。「北の国から」に続き衝撃的な役柄で恨まれ役を演じていた裕木奈江さんは、ドラマの放送中から一部女性週刊誌に「女の敵」「ぶりっこ」等という悪意にも近い大々的なバッシングを受け社会現象にもなりました。この騒ぎに、実は秋元康さんが絡んでいるのではないか?と世間では話題になっています。

出典: http://ameblo.jp/maccan88/entry-12146035065.html

守ってあげたいかよわい雰囲気と、憎まれ役のドラマの役柄から「女の敵」「ぶりっこ」等週刊誌からものすごいバッシングを受けていた頃の画像です。役柄のイメージでそこまで叩かれるなんて、ある意味女優としての才能のような気もします。

映画「日本一短い母への手紙」1995年

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B8%80%E7%9F%AD%E3%81%84%E3%80%8C%E6%AF%8D%E3%80%8D%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%89%8B%E7%B4%99-DVD-%E5%8D%81%E6%9C%B1%E5%B9%B8%E4%BB%A3/dp/B000M5KBFW

ベストセラー「日本一短い母への手紙」に収録された230通の手紙の中から、短い手紙を元に映像化された作品です。裕木奈江さんは母親への複雑な感情を背負う娘の役を演じました。

音楽活動やCM、24時間テレビのパーソナリティも!

24時間テレビやオールナイトニッポンのパーソナリティを務める

出典: https://middle-edge.jp/articles/I0002929

1993年には赤井英和さんと共に、今も長く続いている「24時間テレビ」のパーソナリティを務めます。また、大のラジオ好きを名言し「オールナイトニッポン」をはじめとするラジオのパーソナリティを務めました。その囁くような声に癒されていたファンも多く、後にオードリーの若林さんが「裕木奈江さんのオールナイトニッポン」のヘビーリスナーであった事を公言しています。

フォーク系の楽曲が並ぶCD「森の時間」

出典: http://www.last.fm/music/%E8%A3%95%E6%9C%A8%E5%A5%88%E6%B1%9F

8枚のアルバムをリリースしている裕木奈江さんのセカンドフルアルバム「森の時間」では、全編曲を萩田光雄さんが担当しています。筒美京平さん作曲、秋元康さん作詞のフレンチポップ風の楽曲「拗(す)ねてごめん」に、さだまさしさん作詞作曲の「星めぐり」や、山崎ハコさん作詞作曲の「幻紫蝶」村下孝蔵さん作詞作曲の「たなばた」等フォークな雰囲気の漂う楽曲が収録されています。

出典: http://blogs.yahoo.co.jp/bururicobururi/68307262.html

現在も隠れた名盤と言われるCD「水の精」

出典: https://matome.naver.jp/odai/2141294998960266001/2145473456144603203

CD「水の精」は全10曲を収録したアルバムで、全作詞とプロデュースを松本隆さんが担当しています。作曲、編曲にも細野晴臣さん、鈴木茂さん、矢野顕子さん、筒美京平さん、大村雅朗さん、井上鑑さんといった錚々たるメンバーで、裕木奈江さんの透明感のあるキャラクターと音楽の世界観がマッチした隠れた名盤として今でも話題になっています。

出典: http://www.geocities.jp/nora_nae/noratop12.html

裕木奈江さんのCM画像

出典: https://www.youtube.com/watch?v=-8K40BBRSZI

裕木奈江さんがクロネコヤマトのイメージキャラクターとしてCMの出演されていた時の画像です。

出典: https://www.youtube.com/watch?v=lUjBhEtWWWs

ハウス食品のスナック菓子「ジャック」のイメージキャラクターとしてCMに出演されていた時の画像です。

儚げなイメージで注目が集まり、TVで見ない日は無い程。

出典: https://matome.naver.jp/odai/2135989708419916501

映画やドラマ、CMや歌手活動と忙しい日々を送っていた裕木奈江さんは、後に当時の睡眠時間は3時間程で「撮影所と家の往復だけの毎日だった」と語っていました。そんな時期に週刊誌のバッシングが重なり、その心労は計り知れないものがあります。

出典: http://nakasuga13.com/actress/3541/

マルチに活動していた頃の裕木奈江さんの画像

出典: http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/8735/texts/nae.html

儚げな雰囲気の中に意志の強さを感じられる瞳の強さがあります。透明感があってナチュラルに美しいですね。

出典: http://www.jauce.com/auction/m137572689

人気絶頂の中、急に芸能界から姿を消した裕木奈江さん。

出典: http://girlschannel.net/topics/266871/

数々のドラマやCMに出演し注目度の高かったさ中、女性週刊誌がこぞって裕木奈江さんのバッシングをする騒ぎがありました。裕木奈江さん演じるドラマの役柄が普通のアイドルでは演じる事のできないような役柄が多く、今思えばそこまでドラマの役柄が注目され影響を与えられるのは女優としての才能とも思えるのですが、「女の敵」という週刊誌の悪意にも近いレッテルを貼られ社会現象にもなり、徐々に姿を見なくなっていきました。

出典: http://lohaslove.ti-da.net/e3629641.html

裕木奈江さんが芸能界から干された原因は秋元康?

出典: http://www.ryota-ryota.com/entry/yasushi-akimoto-words-to-yuko-oshima-was-too-excellent

90年代に大きな話題となったドラマ「ポケベルが鳴らなくて」の企画をしていたのが秋元康さんでした。当時、裕木奈江さんの事をとても気に入っていた秋元康さんは、裕木奈江さんをドラマのヒロインに抜擢し主題歌も歌わせるという約束をしていましたが、男女の関係を迫り断られた事から秋元康さんが週刊誌やワイドショー等に働きかけバッシングがはじまったと言われています。

結婚、離婚を経て現在は海外にも活動範囲を拡げている裕木奈江さん。

結婚をきっかけにロサンゼルスに移住

出典: http://baobabu-bunko.jp/photographic/product9.html

1999年に11歳年上のヘアメイクアーティストの男性と結婚しロサンゼルスへ移住、10年の結婚生活を経て離婚されています。現在も独身で子供はいないようです。その間も女優活動を続けハリウッドの作品にも出演したり、今でも海外で活動しています。

連合赤軍事件をモチーフにした映画「光の雨」出演

出典: http://blog.livedoor.jp/kogoroh27/archives/692034.html

2001年公開の「光の雨」は、連合赤軍事件をモチーフにした立松和平さんの小説をベースとした映画作品です。連合赤軍事件を本格的に映画化した物としては初の作品で、裕木奈江さんは冷酷で生意気な駆け出しの女優役を迫真の演技で演じています。

クリント・イーストウッド監督映画「硫黄島からの手紙」出演

出典: http://video.crank-in.net/10000345

2006年公開のクリント・イーストウッド監督映画「硫黄島からの手紙」に二宮和也演じる西郷一等兵の妻西郷花子役として出演しました。オーディションを勝ち抜いたその確かな演技力で重要な役柄を演じています。

デヴィッド・リンチ監督映画「インランド・エンパイア」出演

出典: http://pwtk.blog.fc2.com/blog-entry-184.html?sp

2006年公開のデヴィッド・リンチ監督映画「インランド・エンパイア」にホームレスの役で出演しました。元々はライブシーンのエキストラとして出演予定でしたが、デヴィッド・リンチ監督があるシーンを思いついた時に裕木奈江さんに連絡し、裕木奈江さんが会いに行ったところ急遽セリフのある役柄が与えられたそうです。監督自身が「セリフを完璧にこなし、話し方や演技をとても気に入っている」という程で、日本でのイメージとは正反対のイメージの役柄を演じ、高い評価を受けました。

出典: http://genius.main.jp/2008/07/26/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%A2/

アイスランドのホラー映画「レイキャビク・ホエール・ウォッチング・マサカー」出演

出典: http://www.webdice.jp/dice/detail/2880/

2009年公開(日本では2011年公開)のアイスランドのホラー映画「レイキャビク・ホエール・ウォッチング・マサカー」では成金日本人夫婦のメイド役でストーリーのキーとも言える人物を演じています。クリント・イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』と、デヴィッド・リンチ監督『インランド・エンパイア』の2作品を見た監督とプロデューサーから連絡があり出演する事になったそうです。

出典: http://www.moegame.com/movie/archives/201107171820.html

『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』公開記念連載。ロスアンゼルスに住む裕木奈江に会いにアイスランドから映画プロデューサーがやってきた。

伊勢谷友介監督映画「セイジ -陸の魚-」出演

出典: http://rebirthblog.com/blog/?p=3053

2012年公開の伊勢谷友介監督映画「セイジ -陸の魚-」は辻内智貴のベストセラー小説を元に西島秀俊さんと森山未來さんのダブル主演で映像化された作品です。裕木奈江さんは心に大きな傷を抱える女性の役を演じています。

出典: http://buta-neko.net/blog/archives/2012/11/seiji.html

2017年・デヴィッド・リンチが監督ドラマ「ツインピークス」に出演決定

出典: https://middle-edge.jp/articles/I0001771

1990年~1991年アメリカで放送されカルト的人気を誇っていたドラマ「ツインピークス」の新シリーズがスタートする事が決定しました。新シリーズは総勢217名のキャストで構成されており裕木奈江さんも出演が決定しているそうです。撮影は既にクランクアップし、放送は2017年に予定されています。

カメラを片手に海外を転々としている裕木奈江さんの現在の姿が話題に。

現在はスイスの知人の家で部屋を間借りし、寝袋で寝る毎日

出典: http://mikenekotiger.com/yuukinae-suisu-hosareta-hukaii-1773

2015年6月に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」で裕木奈江さんの現在のスイスでの生活が放送されていたのですが、45歳という年齢を全く感じさせないスタイルと若々しくアクティブな姿はとても話題になりました。これまで16か国を旅しながら写真を撮っているそうで、今でも年に1、2回日本に帰り個展や舞台で資金を稼いでいるそうです。

出典: http://nhk.world/?paged=560&page=114

「お金じゃ買えない物が沢山あって、いい知り合いがいっぱいできていくと人生が楽になる」「自分の価値観が間違っているから悩む。だから価値観から変えてしまったら、悩みはべつになかったって気づく」

現在日本で行われている写真の個展について

出典: http://nenohoshi.exblog.jp/22220595/

裕木奈江さんは日本で不定期で個展を行っています。いちばん最近では2015年の年末から2016年の1月にかけて代官山のギャラリー子の星にて、写真作品やコラージュ、インスタレーション作品を集めた個展を行っていました。2016年末以降の予定は不明ですがご本人が在廊する事もあるようです。

出典: http://www.nenohoshi.com/?p=1827

こちらは2013年に行われた個展の作品の一部です。プライベートで撮った写真を展示していました。

出典: http://www.nenohoshi.com/?p=1827

現在の裕木奈江さんの画像

出典: http://ciatr.jp/topics/159758/%E8%A3%95%E6%9C%A8%E5%A5%88%E6%B1%9F-%E5%8C%97%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%8B%E3%82%89

若いころと変わらずとても綺麗です!40代後半とは思えない透明感と、若い頃とはまた違う余裕を感じられます。

出典: http://photo.quus.net/images/ya_4586.htm

若々しく行動力のある裕木奈江さんの現在の生き方から学ぶ事。

出典: http://happpy777.wp-x.jp/4920.html

女優としての才能はもちろんですが、人気絶頂のさ中海外へ新天地を求め果敢に挑戦していく姿勢と、自分の価値観を柔軟に変え新たな居場所を作ってきたからこそ、今でも若々しいまま自由に挑戦していけるのかもしれません。現在も秋元康さんの噂の真偽はわかりませんが、これからの裕木奈江さんの活動に要注目です!

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ