スコティッシュフォールド(猫)の性格や特徴は?飼い方のコツも!

スコティッシュフォールドという猫をご存知ですか?たれ耳の珍しい猫ということまではわかっていても、実際の性格や特徴までは知らない人も多いのではないでしょうか。そんなスコティッシュフォールドという猫の性格から特徴まで詳しくご紹介します。

スコティッシュフォールド(猫)の性格や特徴は?飼い方のコツも!

目次

  1. 愛らしい「折れ耳」で大人気!スコティッシュフォールドってどんな猫?
  2. スコティッシュフォールド、可愛いのは短毛?長毛?
  3. 折れ耳猫スコティッシュフォールドの性格は甘えん坊?その特徴とは?
  4. スコティッシュフォールドの特徴・甘えん坊な性格は犬以上!
  5. スコティッシュフォールド、オスとメスで異なる!性格の特徴
  6. スコティッシュフォールドの基本情報・体重、寿命や特徴など
  7. 必読・スコティッシュフォールドの基本的な飼い方
  8. スコティッシュフォールドの飼い方と注意点
  9. スコティッシュフォールドの飼い方・猫の繁殖と去勢について
  10. 甘えん坊な性格で家族の人気者に!スコティッシュフォールドとの生活
  11. 性格や体の特徴を理解してスコティッシュフォールドとの生活を始めよう

愛らしい「折れ耳」で大人気!スコティッシュフォールドってどんな猫?

丸っこくて愛らしい顔と前に折れた耳が特徴のとても可愛らしい猫・スコティッシュフォールドは世に知られるようになってだいぶ経ちますが、今なお高い人気を誇っています。あまりのキュートさにとりこになってしまう人も多いはず。今回はスコティッシュフォールドの性格や特徴、飼い方や注意点についてまとめてみました。

スコティッシュフォールドの起源

スコティッシュフォールドの特徴的なルックスは突然変異!?1961年スコットランドのある農場で1匹のちょっと変わった猫が産まれました。一緒に産まれた他の子猫たちとは違って、成長しても耳が折れたままなのでした。そしてこの猫が産んだ子猫たちの中にも、成長後もやはり耳が折れたままのものがいたのです。

耳が折れているのは遺伝的なものだと考えた飼い主が、折れ耳の遺伝子を残そうとブリティッシュショートヘアという種類の猫と交配し、耳の折れた白猫を産ませました。その後アメリカンショートヘアと交配させ産まれた猫が、現在のスコティッシュフォールドと言われています。

猫を飼うならスコティッシュフォールドがおすすめ!

こんなかわいい動物みたことない!ダントツの愛らしさ。他の猫や動物と比べてちょっと運動神経は劣るけれど、つたない動きと丸っこい体型、人懐っこさがもう、神レベルな魅力!オスとメスで性格が違うのでそれもふまえて好みの方を選んでも良いかもしれません。耳が折れているだけで可愛さがこんなにも増すのでしょうか?見た目はもちろん、性格も可愛いのです。

スコティッシュフォールド、可愛いのは短毛?長毛?

茶トラ柄短毛種のスコティッシュフォールド

こちらは茶白柄の長毛種。日本人にもなじみが深く人気の茶トラ柄のスコティッシュフォールド。スコティッシュフォールドの代表格といったところです。愛らしさの中に気品が漂います。長毛種はシルクのようななめらかな毛並みを楽しめます。1日2回ほどブラッシングしてやれば毛並みが維持できて毛玉になるのを防ぎます。

スコティッシュフォールドの甘えん坊ポーズ

性格もしぐさも甘えん坊です。イタズラしても許してしまいそう!長毛種も短毛種も選べないくらい可愛いですよね!スコティッシュフォールドはあお向けで足を開いて座ったり、他の猫や動物があまり取らないポーズをとることも。

折れ耳猫スコティッシュフォールドの性格は甘えん坊?その特徴とは?

スコティッシュフォールドの性格の特徴といえば、とにかく人懐っこくて甘えん坊なところです。まるで猫というより犬みたいだともいわれます。ペット用の動物のなかでも賢くて、しつけもしやすいです。人にも慣れている性格なので、初めての人にも非常にフレンドリーに接してくれます。そのためしつけも簡単で、人との生活にすぐなじんでくれます。

温和でマイペースな性格、茶目っ気もあって本当に可愛いです。他の種類の猫とも平和に仲良く飼えるのも特徴です。おっとりしてますが、遊んであげることが大切です。

スコティッシュフォールドの特徴・甘えん坊な性格は犬以上!

性格が犬っぽいと言われるワケとは?

動物好きな人でも犬派と猫派に分かれると言われますが、犬好きな人にも人気が高いのがスコティッシュフォールドです。しつけをすれば覚えがよく、他の猫と違って「人間大好き!」なところが犬派に支持される理由でしょうか。

犬みたいな性格と特徴は、人間大好きな人懐っこさ!

温和で人間大好きなスコティッシュフォールドは「犬のような猫」と言われるほどです。

スコティッシュフォールド、オスとメスで異なる!性格の特徴

交配した猫の種類で性格が決まる!?

スコティッシュフォールドのオスとメスで性格が違うと言われています。基本的にオスは好奇心旺盛で朗らか、メスはツンとおすましした、おしゃまな性格だと表現されますが、性別よりもどんな種類の猫と交配して産まれたのかが性格を特徴づけるカギとなるようです。例えばおとなしいと言われるスコティッシュフォールドも、両親のどちらかがアメリカンショートヘアだったりするとかなり活発な子もいるようです。

スコティッシュフォールドの基本情報・体重、寿命や特徴など

最大の特徴は折れ耳!

スコティッシュフォールドの特徴・最大の魅力といえば、折れて垂れ下った耳です。そもそもスコティッシュフォールドという名前を、英語で表記するとScottish Foldとなり、直訳すれば「スコットランドの折れ(耳)」です。

特徴である折れ耳を持つ猫が生まれる確率は30%!

折れ耳のスコティッシュフォールドも産まれた時は普通に立った耳です。生後3週間~1ヶ月位して耳が折れてきます。環境や体質によっては折れた耳が立つ子も。耳の折れの数によって「シングル」「ダブル」「トリプル」の3段階に分類されます。

スコティッシュフォールドの体重は?

平均体重はオス猫4.2kg、メスだと3.2kgと言われています。もちろん個体差はありますが、1歳の誕生日を迎える時の体重を維持することが良いとされています。猫は体重計におとなしく乗ってくれないので抱っこして飼い主と一緒に測ったりするのが一般的ですが、おとなしい性格のスコティッシュフォールドなら測るのもラクラク!しっくり落ち着いて体重計に乗ってくれたりします。もし自宅に赤ちゃん用の体重計があればより細かい数値を測定することができます。

スコティッシュフォールドの特技はスコ座り!

スコティッシュフォールドの得意技?独特なまるでパンダのような座り方をします。通称「スコ座り」と呼ぶ人も。

手先が器用な猫!スコティッシュフォールド

猫は手が器用ですが、スコティッシュフォールドは運動神経があまりよくない分、手先が特に発達しています。

スコティッシュフォールドの寿命は?

スコティシュフォールドの平均寿命は10~13年、他の猫たちは15年なので少し短めかもしれません。体はけして丈夫ではなく病気にかかりやすいためです。家の中だけで過ごす猫の方が平均寿命が長いという統計も出ているため、室内で体調に気を配りつつ飼う必要があります。おっとりな性格で箱入り猫ほど長寿と言われています。

必読・スコティッシュフォールドの基本的な飼い方

基本的に、賢く甘えん坊で穏やかな性格なため、飼い方も難しくはないスコティッシュフォールドですが、身体的な特徴をよくふまえて以下の事に気を付けて飼う必要があります。

スコティッシュフォールドの飼い方①:バランス良く食事を与える

スコティッシュフォールドに適した食事とは?栄養バランスの良い市販のキャットフードを与えましょう。パッケージに「総合栄養食」と記載されているものであれば大丈夫です。あとは水をたっぷり与えることでバランスよく栄養が摂取できます。

スコティッシュフォールドの飼い方②:成長に応じた食事量を与える

生後50日~10ヶ月頃までは成長期なため、栄養価の高い食事を1日3~4回に分けて与える必要があります。また成猫と同じものを与えると消化器がまだ未発達なため、おなかを壊してしまうことも。1歳ころからは普通のキャットフードを1日2回に分けて与えても大丈夫です。この頃になると動きも減り代謝も低くなるためカロリーの摂り過ぎには十分に気を付けます。7歳を過ぎ老年期に入ったら再び1日3~4回に分けてシニア用のキャットフードを与えます。

スコティッシュフォールドの飼い方③:爪と毛のお手入れ

猫には必須!爪とぎ場を作りましょう。爪とぎは猫の本能とはいえ、家具が傷つけられないように爪とぎ専用の場所を設けます。爪とぎ器を置くなどして、定期的に爪を切ってやります。

スコティッシュフォールドの飼い方④:ブラッシング

猫は自分の毛をなめて手入れをするため、日頃のお手入れはブラッシングをしてあげるだけでじゅうぶんです。ただ、長毛種は毛玉ができてしまいやすいので、少なくとも週に2~3回はブラッシングしてやりましょう。折れ耳だと耳がふさがっているため特に雑菌や汚れがたまりがちなので定期的に耳掃除をしてあげましょう。

スコティッシュフォールドの飼い方⑤:つねに健康チェック!

スコティッシュフォールド、というより猫の飼い方として常に健康チェック・安全チェックを怠らないことが大切です。次にスコティッシュフォールドの飼い方における注意点をご紹介します。

スコティッシュフォールドの飼い方と注意点

スコティッシュフォールドの健康を保つために気をつけたい5項目

飼い主が最も気を配ってやりたいのが愛する猫の健康です。スコティッシュフォールドの健康面で気を配る必要とは?

スコティッシュフォールドの注意点①:かかりつけの動物クリニックを探す

猫は人間よりも早く歳をとりますので、定期的に健診を受けるように努めましょう。何でも相談できる動物クリニックが近くにあると良いですね。

スコティッシュフォールドの注意点②:食事の管理

猫に必要な栄養素、タンパク質・脂肪・ビタミン・ミネラル・炭水化物をバランスよく配合したキャットフードを選ぶようにしましょう。

スコティッシュフォールドの注意点③:室内で飼う

四肢が弱く他の猫たちと比べて運動神経があまりよくないのも特徴です。そのため外では危険性が高まるため室内で飼うことを推奨します。

スコティッシュフォールドの注意点④:避妊・去勢手術を受ける

スコティッシュフォールドは1匹で飼う場合でも避妊・去勢手術は必ず受けましょう。不妊手術を行わないでいると発情期を迎える時期に動物の体力や気力を低下させます。また、知識がないままスコティッシュフォールドの交配を行うと遺伝子疾患を持つ子猫が生まれる確率が高くなるので、素人による交配は避けましょう。

スコティッシュフォールドの注意点⑤:病気について知る

スコティッシュフォールドは骨が変形してしまう骨形成異常症が多く、痛みで歩けなくなったり、軟骨がコブのようになってしまいます。また内臓に遺伝的な疾患をもつケースも多いです。外見では判断がしづらく、成長と共に気づくことが多いです。心筋症という、心臓の筋肉が内側に盛り上がり十分酸素が送れない病気もあります。いずれも定期健診で発見できます。原因不明なため予防法はなく、治療法も確立されていないため、発症した場合は薬の投与で症状を緩和させます。

スコティッシュフォールドの飼い方・猫の繁殖と去勢について

【注意】折れ耳同士の交配は禁止

とってもかわいいスコティッシュフォールドの赤ちゃん。しかし交配には注意が必要!?折れ耳同士の交配や近親交配をするブリーダーには要注意です。折れ耳同士の交配は遺伝子的にも病弱になりがちで奇形が多く生まれるため、禁止されています。しかし需要に合わせて折れ耳同士で交配させ、遺伝的疾患のリスクなどを黙っている悪徳業者もいるようなので注意しましょう。折れ耳と普通の耳の両親から生まれた子猫を選びましょう。

折れ耳同士の交配は様々な疾患を引き起こす

数歩歩いて転んでしまったり、ジャンプ、走ることが一切出来ない猫がいます。このまま放置すると歩くことが出来なくなってしまうような、大変かわいそうな状態です。

甘えん坊な性格で家族の人気者に!スコティッシュフォールドとの生活

やはり犬っぽい!玄関で飼い主を待ついじらしさ

おっとりでちょっとどんくさいところも、また愛らしくてたまりません。家族の人気者間違いなし!やたら安価なブリーダーで子猫を探すのも気を付けましょう。帰ってきた家族を玄関で出迎えたりもしてくれます。寂しい思いをさせた分、しっかり遊んであげましょう。

飼うときのコツはブリーダー?

目が開いたばかりのスコティッシュフォールドの赤ちゃん猫。とってもかわいいです。遺伝的な特徴をふまえ、しっかり下調べをして買う準備をしましょう。良いブリーダーをみつけて健康な猫ちゃんと出会いましょう!

性格や体の特徴を理解してスコティッシュフォールドとの生活を始めよう

大きくて丸い目、丸っこい顔、短い首。環境の変化にも動じない性格で子どもや他の動物との相性もよく、家族の一員として大変可愛がられるでしょう。好奇心旺盛な面もあり遊ぶことが大好きなので、一緒に遊びつつ関係を深めていくのが理想です。

スコティッシュフォールドの関連記事はコチラ

Thumbスコティッシュフォールドの値段・価格!ブリーダーからの購入がおすすめ!
Thumbスコティッシュフォールドの子猫がかわいい!画像まとめ!折れ耳と丸顔が最高!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-14 時点

新着一覧