スクワットの膝の痛み解消法まとめ!痛める理由と鳴る原因を解説

スクワット運動はウエストにくびれを作る運動でもあり、またエネルギーの消費量も大きい運動です。しかし、無理なスクワットで膝を痛める場合もあります。そんなスクワットによる膝の痛みの解消法と、膝を痛める理由や音がなる理由について解説します。

スクワットの膝の痛み解消法まとめ!痛める理由と鳴る原因を解説

目次

  1. 太ももの筋トレに最適なスクワットの膝の痛みは解消できるのか
  2. スクワットでなぜ膝が痛むのか
  3. スクワットをするときの、膝の音の原因とは
  4. 膝の痛みの問題の解消法
  5. スクワットは膝の痛みに気をつけながら行いましょう

太ももの筋トレに最適なスクワットの膝の痛みは解消できるのか

人間の体で一番大きな筋肉は太もも、それを作るにはスクワットがおすすめ

太ももを刺激するのにおすすめな筋トレはスクワットです。しかし、スクワットは膝を痛めることもある筋トレです。その痛みを解消する方法や、なぜ膝に痛みが生まれるかの原因について解説します。

スクワットの効果とは

太ももの筋肉は人間の体でも一番大きな筋肉にあたります。一番大きな筋肉を動かすということは、それだけエネルギーの消費が大きいというわけです。そのため、スクワットで運動することは腹筋などの運動に比べて、回数が少なくても、エネルギーの消費が大きいと言われています。

スクワットによる負荷のかけかたもさまざま

スクワットを行う時もダンベルや重りなどによって、さらに負荷をかけることができます。この場合、普段からスクワットや、他の運動に慣れている必要があるので、いきなりスクワットを始める人が重い負荷をかける必要はありません。

スクワットはウエストへの効果も絶大

スクワットの筋トレ効果でウエストにも刺激がいきます。ウエストのくびれを作りたい場合にもスクワットは効果がありますよ。スクワットを行う場合は、お尻の裏が膝と並行になるようにするのがポイントです。正しいスクワットの形を鏡で確認しながらするのが、上手なスクワットのコツです。

スクワットで筋トレする場合の回数

慣れれば50回を目安にスクワットをすると良いのですが、初めは膝に負担もかかかるので、20回を分けて3セット行うのがおすすめです。膝を痛めるのを防ぐためにもっと回数を減らしてゆっくり慣らすことも大事です。

スクワットでなぜ膝が痛むのか

スクワットで膝を痛める原因には、いったいどんな理由があるのか

スクワットをすることで膝を痛める人もいます。その理由は膝のどこに原因があるのでしょう。また、スクワットをするとパキパキと音がなる原因は、いったいどんな理由なのでしょうか。

膝が痛むのは、太ももの筋肉が無いからは間違い

膝が痛い原因は、太ももの筋肉が無く弱っているからと思いがちです。たしかに、そういった要素はあるのですが、そのためにさらに負荷をかけてスクワットなどで太ももを鍛えようとすると、さらに膝の痛みは悪化するという悪循環に陥ります。

スクワットで、膝の皿に強い力がかかる

スクワットによる屈伸運動は、膝を伸ばす伸展という運動によって、膝の皿に強い力がかかります。そして膝の皿の裏にある軟骨に無理な力がかかって、負担が増すのです。

スクワットで痛みを伴うようなら、無理にスクワットを継続しないこと

スクワットを行いながら、痛みが出るような場合、運動不足のせいだと無理にスクワットを続ける人がいます。しかし、膝の痛みは運動不足だけとは限らず、そんな状態でスクワットを続けると痛みがどんどん悪化していまうのです。痛みが伴うようならスクワットはいったん中止して、痛みが引くか様子を見ましょう。

スクワットをするときの、膝の音の原因とは

スクワットをするとなぜ、音が鳴るのか

スクワット運動に慣れていない状態で、スクワットを行うと、膝からパキパキ、ポキポキと音が鳴りませんか?その原因について解説します。

スクワットで膝の音はなるけど、痛みはない場合

スクワットをすると膝から音はなるけど、痛みがない人も多いと思います。それは、関節の中にある関節液と呼ばれるものに含まれる空気が、圧力によって気泡になって消えていくときの音なのです。

スクワットで膝の音が鳴るときに痛みを伴う場合

スクワットで膝の音が鳴るときに痛みを伴う場合、関節症や軟化症と呼ばれる病気の疑いがあります。

膝の痛みの問題の解消法

膝の痛みの解消法とは

膝の痛みるのを防ぐために、その解消法としてストレッチは欠かせません。座って、足を延ばし、指先を触ろうと伸ばすだけでも、膝は伸びてストレッチにつながります。

膝の痛みを和らげるにはサポーターをつけるのがおすすめ

ひざに痛みが出る場合はサポーターの装着がおすすめです。膝が保温されることや、膝にかかる負担を和らげることができます。普段からスクワットを行う時に装着しておくのをおすすめします。特に年齢を重ねた膝は疲労しやすいので、スクワットをする際はサポーターで固定しながら行うことも重要です。

スクワットで痛めた、膝の痛みの解消法『お皿ストレッチ』

まずは座って膝を伸ばした姿勢にしましょう。この状態で膝のお皿を両指でつかんで、上下、左右に動かしてあげるのです。お皿を指で左右に滑らせるように動かします。また、手のひらを皿の上に置いて、円を描くようにほぐしてあげましょう。力を強く入れるのではなく、優しくなでるようにするのがポイントです。これだけで、膝の皿のストレッチになり、痛みが起きにくい膝になります。

膝の痛みには加齢によるものが大きい

年齢を重ねるとどうしても、膝の痛みは伴うものです。関節部分は稼働によってすり減り、そのことで痛みを伴うようになります。年齢を重ねてから、いきなり膝に負担をかけると関節症の原因になります。そして、一度炒めるとその治りも遅くなります。

痛みがひどい場合は整形外科を受診する

膝を一度痛めると自力で治すことは時間がかかります。痛みの解消法として、整形外科で自分の膝を見てもらって、スクワットなどの運動は一時中断しましょう。

スクワットは膝の痛みに気をつけながら行いましょう

どんな運動も無理して行ってはいけません。ウエストを細くするためと思って、スクワットを過度に行って膝を傷めてしまっては、結局運動が出来ずダイエットも出来なくなってしまいます。スクワット運動をするときは、ゆっくりと無理に膝に負荷をかけすぎず、自分のレベルにあった運動量にしましょうね。

もっとスクワットについて知りたいあなたへ

Thumbスクワットの効果的なやり方!腹筋よりダイエットに効果があるって本当?
Thumbスクワットダイエットで効果バツグン!成功する期間や回数を伝授します!
Thumbヒップアップエクササイズで脚を長く!簡単スクワットなど、筋トレまとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-07-02 時点

新着一覧