疲れがとれない…眠い・だるい原因は肝臓にある!対処法や対策をまとめてご紹介

しっかり寝ているのに疲れがとれない。眠い、だるい。そういった症状に心当たりがないだろうか。その疲れがとれない原因は肝臓にあるかもしれない。意外と知られていない肝臓疲労や、肝臓由来の疲れがとれない原因と対処法や対策についてまとめた。

目次

  1. どうにも疲れがとれない。眠い、だるい、その原因とは
  2. 寝ても疲れがとれない。放っておくと悪化して危険!
  3. 疲れがとれないときに確認しておきたいこと
  4. 「どれだけ寝ても疲れがとれない…」原因は肝臓にアリ?
  5. 肝臓を酷使すると疲れがとれない
  6. 肝臓の疲れがとれないのはお酒の飲みすぎが原因?
  7. 食べすぎでも肝臓の疲れがとれない原因になる?
  8. 疲れがとれない原因には運動不足も関係しているの?
  9. 弱った肝臓。有効な対策や対処法はあるの?
  10. 肝臓が原因の慢性疲労、有効な食べ物は?
  11. 「疲れがとれない・眠い・だるい」原因と対策に関するまとめ

どうにも疲れがとれない。眠い、だるい、その原因とは

出典: http://sigotoniikitakunai.com/?p=3087

毎日しっかり寝ているはずなのに疲れがとれない。眠い、だるい。仕事中についボンヤリ、ウトウト。そんな経験がある場合、すこし気にかけたほうがいいかもしれない。

出典: http://ure.pia.co.jp/articles/-/39472

漠然とした疲労感がずっと続いているために、うつ病というわけでもなく健康面に問題があるわけでもないのに、なんとなくやる気がでない。その結果、作業効率が低下したり、あるいは本当に心が疲弊してうつ病になってしまう危険性もある。

出典: https://doctors-me.com/doctor/column/5429

原因不明の睡眠不足や疲れがとれないままの生活で心身が疲れ果ててしまうその前に、なぜ眠気がなくならないのか、疲れがとれないのか、その原因となりそうなものをしっかりチェックし、対処・対策しておこう。

寝ても疲れがとれない。放っておくと悪化して危険!

出典: http://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/9862

慢性的な疲労感は「精神的な疲労」と「肉体的な疲労」に大別できる。それぞれ疲れがとれない原因は異なってくるわけだが、やはり本当に恐ろしいのは「精神的な疲労」の方である。

出典: http://www.kouraininjin.com/sukoyaka/useful/201210/topic01/topic01_1.html

一般的に、肉体の疲労が休息によって解消する場合、脳は快感を覚えるそうだ。運動後の休息やマッサージなどが心地よいと感じた経験がおありではないだろうか。

出典: http://reborn2012.com/jiritusinkei/2347

運動時の疲れに比べ、精神的な疲労感は「眠い、だるい」などといった不快感を伴うことが多い。これらの感覚は漫然としたもので、解消された際にもわかりにくく、そもそも回復しているのかも自分ではよくわからないものだ。

疲れがとれない理由:栄養不足

出典: http://the-nampa.com/diet/9028

人間の身体も心も、すべて食べ物から作られている。飽食の時代には無縁とも思える栄養不足だが、実はムリなダイエットなどで知らずに栄養欠損状態となっている人は多い。

出典: http://kintore-menu.com/?p=8624

こういった現代の食生活の変化による栄養不足は、「新型栄養失調」や「隠れ栄養不足」などと呼ばれることもある。昔と違って食べ物を選好みできるようになったために、カロリーは足りているのに特定の栄養素が足りないというパターンを「新型」と呼んでいるそうだ。

疲れがとれない理由:睡眠の質が悪い

出典: http://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/29972

不規則な生活を送っていたり、睡眠に不向きな環境で寝ていると、睡眠の質そのものが低下してしまう。たとえば寝る前にパソコンやスマホなどをいじっていると脳が覚醒してしまい、中途半端な睡眠につながるそうだ。睡眠の質が悪いとどれだけ寝ても疲れがとれないのである。

出典: http://suimin-joho.com/%E5%AF%9D%E3%81%A6%E3%82%82%E7%96%B2%E3%82%8C%E3%81%8C%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E8%A6%81%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%886%EF%BC%89/

明け方に寝る生活も睡眠の質が低下する原因のひとつ。早朝は意外と生活音に溢れているために、本人は寝ているつもりでも耳障りな音で深い睡眠がとれない場合も。朝起きようとしても「眠い、だるい」と感じてしまうときは、こういった睡眠の質の悪さを考えてみるべきかもしれない。

疲れがとれない理由:運動不足

出典: http://tukarewotoritai.seesaa.net/article/439673018.html

運動をすれば当然だが疲れる。しかし運動不足もまた疲労をもたらすことが最近では知られてきている。運動による疲労は一時的なものであるが、その疲労が回復するとよりいっそう疲れにくい身体に作り変えられるためである。逆説的に、運動しない身体はだんだん疲れやすくなっていくわけだ。

出典: http://nikibi-project.com/medical/27

また、先にも述べたように、運動後の疲労回復は心地よい感覚をもたらしてくれる。これが精神的な疲労回復にはとても効果的だ。仕事続きで疲れがとれないときこそ、休日にジョギングなどの軽い運動をしてみると良いかもしれない。

疲れがとれないときに確認しておきたいこと

出典: http://and-plus.net/stress/

ここまであげた中だけでも、自分の抱えた疲労や、疲れがとれない原因に心当たりがある人も多いだろう。抱え込んだ疲労感をなんとかするためには、その原因をしっかりと確認しておくことが大切だ。

出典: http://msnki.hatenablog.com/entry/eyestrain-stress-work-willingness-concentration

疲労感が濃くなると、「理想と現実のギャップに疲れた」、「自分の仕事と能力の適正が異なる」、「生きていく自信がない」などといった深刻な悩みを抱える場合がある。こうした重度の疲労感は、本当に職場や生き方などの問題から疲労感が生まれているケースもあれば、疲労感が積もり積もったために些細な問題を大きな問題と認識してしまうケースもあるようである。

出典: http://www.flywheelskates.com/entry1.html

疲れがとれない問題と現実的な問題を混同してしまい、人生を変えるような一大決心をしてしまう前に、いまいちどしっかりと疲労の原因を確認、対処法や対策を練っておくようにしよう。

出典: http://www.xn--vck8crc869oql6chca05ag07k.com/entry42.html

疲れがとれない原因を考えても思い当たらず、生活習慣や職場の環境などを振り返ってみても心当たりがない場合、実は目に見えない意外なところに問題を抱えているかもしれない。

「どれだけ寝ても疲れがとれない…」原因は肝臓にアリ?

出典: http://www.oki-pharmacy.co.jp/healthinfo/kanzou/kanzou.html

筋肉疲労や眼精疲労といった言葉は身近だし、体感としてなんとなくわかる人も多いだろう。しかし肝臓疲労ともなると話は別ではないだろうか。

疲れがとれない。疲労の信号を発してるのは肝臓?

出典: http://fatigue.hajime888.com/f020.html

実は肝臓の負荷が強まると脳は疲労感を覚えるそうだ。しかし触ってわかるような痛みや炎症などがないために、身体の持ち主は何による疲労感なのかわからないようである。疲れがとれない感覚だけが続き、「眠い、だるい」といった漠然とした違和感だけが渦巻いてしまうわけである。

出典: http://mominokikasiwa.web.fc2.com/adobaisu-data-kannzou1.html

肝臓は様々な機能で我々の日常生活を助けてくれる。そして疲労の回復に大きく関わっているのもまた肝臓だ。特に心当たりがないのに疲れがとれない場合、肝臓が悪かったり、思わぬ負担がかかって弱っている場合が考えられる。

出典: http://konatoki.com/%E5%81%A5%E5%BA%B7/%E7%96%B2%E3%82%8C/4899/

有害物を分解したりエネルギー源を貯蔵したりといった、日常生活に不可欠な処理を行ってくれている肝臓。この肝臓が弱ってくれば身体にさまざまな悪影響が出てくることは想像に硬くない。

肝臓を酷使すると疲れがとれない

出典: http://papom.blog87.fc2.com/blog-entry-3684.html?sp

肝臓の疲労が強くなってくると「言われてみれば、なんとな~く……」といった症状が出てくる。疲れがとれないだけでなく、集中力の低下や寝起きがつらいなどといったあまり主張しないものであるが、これらは肝臓からの見逃せないSOSサインなのである。しっかりと対策して、対処法を練りたいところだ。

出典: http://www.wao.or.jp/ogawa/term/201112.html

そのためにもまずはどういったことが肝臓にダメージを与え疲れがとれない原因となっていくのか知っておかなくてはならない。

肝臓の疲れがとれないのはお酒の飲みすぎが原因?

出典: http://www.brewers.or.jp/contents/helth-qa/hq08.html

お酒の飲みすぎが肝臓にダメージを与えるのは誰しも知るところだろう。肝臓は解毒をつかさどっており、アルコールは人体に有毒。なので肝臓は全力でアルコールを分解しようとしてしまうわけである。

出典: http://tanaweb.co.jp/cmswp/staff/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%AF%92%E4%BD%9C%E7%94%A8%E2%91%A3%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%A7%A3%E6%AF%92/

アルコールは体内でいったんアセトアルデヒドに分解されたあと、無害な酢酸に分解されるというプロセスを経る。アセトアルデヒドは自動車の排気ガスなどにも含まれる大気汚染物質としても知られており、人体にとっては二日酔いの原因にもなっている有害物質だ。

食べすぎでも肝臓の疲れがとれない原因になる?

出典: http://meatthezoo.tv/

栄養の貯蔵といった機能も持っている肝臓にとって、過食はやはりダメージとなる。栄養処理による負担が増加し、繰り返されるタンパク質の分解によって発生する毒素なども悪影響があるようだ。

出典: https://retrip.jp/articles/5161/

一方で食べないのも疲れがとれない原因に

「昨日食べ過ぎたから朝食は抜き!」や「忙しくて朝食はナシ!」といった生活を続けるのも、疲れがとれない原因となる。朝食を抜くと脳の活動に必要なブドウ糖が足りなくなり、それを補うために肝臓のグリコーゲンが使われる。そうすると肝臓に負荷がかかってしまい、思わぬ疲労の原因となるのである。

疲れがとれない原因には運動不足も関係しているの?

出典: http://www.health.ne.jp/check/undo_check.html

運動をしないと血流が悪くなり、肝臓の機能低下につながる。また、運動不足気味の生活は精神的なストレスも溜め込みやすくなるため、それによっての肝機能低下もあるそうだ。

出典: http://healthfitnessbeautydiet.com/blog-entry-675.html

さらに慢性的な運動不足は肝臓に脂肪を蓄積してしまい、脂肪肝にも成り得る。脂肪肝になれば当然ながら肝臓の処理能力は低下、疲れがとれない体質となってしまうのだ。

出典: https://artroot.jp/article/201507090

一方で激しい運動も疲れがとれない原因に

あまり知られていないが、過剰な運動も肝臓機能を低下させ、疲れがとれない体質にしてしまう原因となる。筋肉運動で発生する有害物質であるアンモニアの処理に、肝臓の処理機能がかかりきりになってしまうことが原因のようだ。

出典: http://xn--rbt9ni59fe5e.com/%E8%82%9D%E8%83%86%E8%86%B5%E8%85%8E%E8%96%AC/%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF.html

また、アンモニアそのものも疲労感を覚える原因となる。人間が活動に必要なATPというエネルギーを肝臓内のミトコンドリアが精製するのだが、アンモニアはミトコンドリアの働きを阻害し、エネルギーの生産効率を下げるといわれているのだ。

弱った肝臓。有効な対策や対処法はあるの?

出典: http://anniversary-event.com/archives/5292.html

気になるのは弱った肝臓への対策や対処法だ。疲れがとれない原因が肝臓にあるとわかっても、その対処法がわからなければ手のうちようがない。そこでここからは肝臓回復に有効とされる対策や対処法についてまとめていこう。

疲れがとれない肝臓を改善:禁酒

出典: http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-824.html

衰えた肝臓を回復させるその対処法や対策の基本的なところでは、やはり禁酒だろう。お酒が原因による肝機能低下の場合はとくに効果的だ。

出典: http://www.mens-diet.biz/archives/484

禁酒による体質改善の効果が見込めるのは一般的には10日くらいしてからだといわれるが、実際には何週間か経って始めて実感してくる人が多いそうだ。そして最初の数日間がもっともお酒を飲みたくなる時期であるともいう。禁酒に取り組むならば、しっかりとした意思を持って取り組もう。

疲れがとれない肝臓を改善:運動

出典: http://meatthezoo.tv/exercise/

適度な運動は肝臓機能の向上を見込めるだけでなく、肝臓以外による疲れがとれない体質の改善にもつながる。ジョギングや水泳、ウォーキングといった負担の少ない有酸素運動を、"毎日、30分ほど"続けるのが効果的だという。

出典: http://76-29.com/blog-cat/64/

しかし無酸素運動や激しい運動は返って肝臓に負担をかけるため、注意が必要だ。無酸素運動は乳酸を、激しい運動はアンモニアを作ってしまい、それらの分解に肝臓が使われてしまうためだ。

肝臓が原因の慢性疲労、有効な食べ物は?

出典: http://news.mynavi.jp/news/2015/01/29/017/

肝臓の改善には「アラニン、アリシン、オメガ3脂肪酸、オルニチン、スルフォラファン、セサミン、タウリン、ビタミンB」といった栄養素が効果的とされている。ここではこれらが含まれた食品をご紹介しよう。

出典: http://lyricstravel.hatenablog.com/entry/2016/01/24/220711

ニンニク

疲労回復の代名詞ともされるニンニク。「ビタミンB1、B6、アリシン」といった栄養が豊富で、肝臓の回復にも効果が見込める。なかでも「アリシン」はニンニクの臭いの元でもあり、糖の代謝をうながす、ビタミンBの効果を持続させるなど、様々な健康効果が期待できる。といってもこのアリシン、生のままだと食道をいためるほど刺激が強いので、火を通してからいただこう。

出典: http://www.sirogohan.com/recipe/buro/

ブロッコリー

肝臓に効果的な「スルフォラファン」はブロッコリーに含まれる"フィトケミカル"と呼ばれる栄養素。体内の解毒酵素や抗酸化酵素の生成を促進するとされ、肝機能を助ける効果があるようだ。

肝臓のために注意したい栄養素・鉄分

出典: http://xn--sp-e73a3gv76n5odtpj3x7j7om.com/

鉄分

脂肪が肝臓の機能を妨げるのは周知のことであろうが、実は鉄分も肝臓の機能を低下させる栄養素だ。しかし鉄分は貧血の予防などに不可欠の栄養素であるために、「いたしかゆし」といったところ。バランスの良い食生活を心がけ、過剰摂取に気をつけていれば問題ないだろう。

「疲れがとれない・眠い・だるい」原因と対策に関するまとめ

出典: http://hiroseitai-tengo.com/post-2235/

肝臓由来の疲れがとれない・眠い・だるい原因と、対策や対処法に関するまとめは以上だ。他の慢性的な疲労感と同じように、肝臓の改善にも偏った食生活や運動不足、精神的ストレスへの対処が必要なようだ。一朝一夕に効果が見えるものでなく、根本的な生活習慣が原因の場合は改善も難しい問題だ。通勤・通学には足を使うようにする、などといった小さな改善や、禁酒、食生活の見直しから始めてみるのがいいかもしれない。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ