真田幸村の姉・村松殿の生涯。兄弟仲や夫・小山田茂誠との関係に迫る!

戦国時代から江戸時代にかけて生きた村松殿は有名な戦国武将、真田幸村の姉です。村松殿は弟の真田信之、真田幸村とは年も近く、二人の弟から姉として大変慕われていたと伝わっています。今回は村松殿がどのような生涯を送ったのかご紹介します。

目次

  1. 真田幸村の姉、村松殿
  2. 村松殿の夫、小山田茂誠
  3. 関ケ原の合戦!敵味方に別れた一族
  4. 大阪の陣!真田幸村の、姉村松殿に対する想い
  5. 真田幸村の死後、村松殿の晩年は?
  6. 戦乱の世の中で家族を愛し続けた村松殿

真田幸村の姉、村松殿

出典: http://best-times.jp/articles/-/3754

2016年の大河ドラマ真田丸では、主演の堺雅人さん演じる真田幸村と大泉洋さん演じる兄の真田信之との兄弟の絆が感動的でした。そして二人の姉の村松殿の明るさが後半の重くなっていく展開の清涼剤となってくれました。

出典: http://arasujinetabare.com/dorama/post-1930.htm

真田幸村と真田信之の2人に慕われた姉の村松殿を演じたのは木村佳乃さんです。「真田丸」では「松」という名でしたが実在の村松殿の名は於国でした。大河ドラマではイメージしやすいように「村松殿」の「松」の一字を取ったのでしょうか。

村松殿は大家族姉弟の長姉

出典: http://sakurai-jun.com/blog/?p=3566

真田幸村や村松殿の父親、真田昌幸には4人の息子と7人の娘がいました。村松殿はその長姉です。真田幸村は次男でした。

出典: http://happy-lifek.com/dorama-taiga-sanadamaru4

村松殿と同じ母親の姉弟は真田信之と真田幸村だけと言われています。村松殿と真田信之が一歳違い、真田信之と真田幸村も一歳違いと年が近く、姉弟仲は良かったようです。

村松殿の夫、小山田茂誠

出典: http://rekisiuntiku.jp/blog-entry-85.html

村松殿の夫は真田家と同じ武田家の家臣だった小山田茂誠です。2人の間には之知という息子がいます。

出典: http://hayakugenkininaare.blog75.fc2.com/blog-category-13.html

小山田茂誠は武田家が滅亡した後は北条家に仕えました。しかし北条家も10年経たずに滅亡してしまいます。なかなかツキが無い人のようです。

出典: http://rekisiuntiku.jp/blog-entry-99.html

大河ドラマ「真田丸」では村松殿は、人質になっていた安土城から逃げる途中で琵琶湖に落ちて記憶を失い行方不明になっています。これは「加沢記」という書物が元になっていると思われます。

出典: http://sengoku-walker.blog.jp/archives/51326210.html

ですが実際は遠い安土城まで人質を送っていたとは考えにくく、真田家の人質は、織田信長の家臣の滝川一益の元に送られていた記録もあります。村松殿が琵琶湖で行方不明になっていた可能性は低いようです。

出典: http://www.umic.jp/juyusi/

北条家滅亡後は、小山田茂誠は妻の村松殿の父親、真田昌幸の家臣になりました。後に真田姓を名乗ることを許されるほど信頼されていたようです。

村松殿の呼び名の由来

出典: http://ranmaru99.blog83.fc2.com/blog-entry-771.html

真田昌幸から小山田茂誠に与えられた領地が小県郡村松でした。この地に住んでいた為に真田幸村の姉は「村松殿」と呼ばれるようになりました。

出典: http://www.vill.aoki.nagano.jp/

小県郡村松は現在の長野県青木村です。

関ケ原の合戦!敵味方に別れた一族

出典: http://www.kankou-gifu.jp/about/article/sekigahara/

1600年に起こった関ケ原の合戦では村松殿の夫の小山田茂誠は真田昌幸、真田幸村と共に西軍に付きました。真田信之は東軍に付き、姉弟は敵味方に別れてしまったのです。

出典: https://kotobank.jp/word/%E4%B9%9D%E5%BA%A6%E5%B1%B1(%E7%94%BA)-1527280

関ケ原の戦は東軍が勝ちました。西軍に味方した真田昌幸と真田幸村は九度山に幽閉されます。父の真田昌幸がこの地で亡くなります。

出典: http://www.surugadai.ac.jp/gakubu_in/hogaku/2016/-vol8.html

村松殿と小山田茂誠は真田昌幸、真田幸村と共に九度山には行かずに、上田藩主となった真田信之の家臣になります。

出典: http://hukumusume.com/douwa/pc/minwa/terakoya/02.htm

小山田家は代々真田家の次席家老を努める家柄になりました。姉の村松殿に対する真田信之の深い信頼と敬愛の顕れでしょう。

大阪の陣!真田幸村の、姉村松殿に対する想い

出典: http://sanadamaru.biz/61/

豊臣と徳川の雌雄を決する戦い、大阪の陣が遂に起こりました。真田幸村は幽閉先の九度山を脱出し、豊臣方に味方します。徳川家臣の真田信之と真田幸村は再び敵味方に別れたのです。

真田幸村と姉の村松殿、最後の交流

出典: http://da-inn.com/hikkosiaisatu-5021-2/

大阪冬の陣と夏の陣までの間に、真田幸村は姉の村松殿に手紙を送っています。姉の村松殿の心情に対する思いやりに溢れたものでした。真田幸村の姉への敬慕の情が伝わってきます。

出典: http://calorie.slism.jp/110149/

真田幸村の村松殿への手紙は村松殿の息子の之知を通して届けられ、その返礼として小山田茂誠から真田幸村へ鮭2匹が送られています。真田幸村の最後の手紙を受け取ったのも小山田茂誠であるとされており、真田幸村は姉の一家と家族ぐるみで親しかったようです。

出典: http://modspants.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_947/modspants/E5A4A7E59D82E5A48FE381AEE999A3E59BB3E5B18FE9A2A8E79C9FE794B0E5B9B8E69D91.jpg?c=a1

大阪の夏の陣で真田幸村は果敢に戦って命を落とします。豊臣家も滅亡し、戦の世は終わりました。

真田幸村の死後、村松殿の晩年は?

出典: http://chuo-hotel.net/uploads/fckeditor/uid000002_201510161613249e313334.jpg

1622年に真田信之は松代藩に移封され、初代松代藩の藩主になります。姉の村松殿も夫と共に松代に移り、その地で65歳で亡くなるまで暮らしました。

出典: http://happy-lifek.com/dorama-taiga-sanadamaru4

村松殿の菩提寺の長国寺には、夫の小山田茂誠や真田信之の墓だけでなく、真田幸村の供養碑もあります。村松殿と真田信之、そして真田幸村の姉弟は遂に再び揃うことが出来たのです。

戦乱の世の中で家族を愛し続けた村松殿

出典: http://www.lifehacker.jp/2015/02/150205no_need_to_love_what_you_do.html

村松殿は何度も主君を失った小山田茂誠と添い遂げ、敵方に付いた弟にも敬愛され続けました。立場に囚われない広い心を持った、愛情溢れる女性だったのでしょう。

真田幸村に関連した記事はコチラにも

真田幸村と伊達政宗の戦い!大坂夏の陣(天王寺・道明寺)どちらに軍配? | Pinky[ピンキ-]
真田幸村の妻一覧!側室のきり・梅、正室の竹林院との出会いは? | Pinky[ピンキ-]
後藤又兵衛(後藤基次)の生涯!真田幸村と並ぶ武将!大坂夏の陣での最期とは? | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ