キャベツは栄養成分が豊富!加熱するとなくなる?おすすめの食べ方は?

キャベツに含まれる栄養成分には、身体にとって欠かすことのできない栄養がたくさん含まれています。安価でどのシーズンでも手に入れやすく、料理のレシピも豊富なキャベツにはダイエットにも効果的な成分が含まれており、食事の中で必ず使用して欲しい野菜だと言えます。

目次

  1. 万能野菜キャベツについて詳しく知りましょう
  2. キャベツにはどのような栄養成分が含まれているのか
  3. キャベツの栄養成分の弱点は加熱
  4. キャベツの栄養成分を生かしたレシピ
  5. キャベツの栄養成分と満腹感を得やすい点はダイエットに最適です

万能野菜キャベツについて詳しく知りましょう

出典: http://oryouri.2chblog.jp/tag/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%99%E3%83%84

野菜の定番キャベツは使い勝手がいいだけじゃない

キャベツは料理において万能に使える食材といえます。そんな便利さだけではなく、キャベツに含まれる栄養やその成分は身体にとって重要な栄養となります。そんなキャベツの栄養や成分、そしてそれをうまくつかったレシピについて解説し、美味しい食べ方を紹介します。

キャベツにはどのような栄養成分が含まれているのか

出典: http://health-good.jp/cabbetsu-bastup/

キャベツに含まれる栄養成分のビタミンCに注目

キャベツに含まれるビタミンCの栄養がとても豊富で、キャベツを4枚ほど食べるだけで1日に必要な栄養量を十分摂取したことになります。またビタミンCはシミやそばかすを防いでくれたり、コラーゲンの生成を助け美肌に繋がる効果があります。

出典: http://piubuono.com/%E5%95%86%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B/%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%BF-2/%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%BF%E5%B0%8F%E8%A9%B1/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%99%E3%83%84%E3%81%AE%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94/

キャベツに含まれるビタミンKは骨を丈夫にしてくれる

キャベツに含まれる栄養のビタミンKには、骨を丈夫にしてくれる働きがあります。加齢によって骨が弱くなり骨粗しょう症などを起こさないように、キャベツを食べれば骨粗しょう症の予防につながります。ダイエットにおける骨が弱くなるのを防ぐために、キャベツは不可欠な食材です。

出典: https://mart.rakuten.co.jp/search?ctg=5100000&scid=wi_grp_gmx_mart_pcb_season2_nabe

便秘解消には、キャベツに含まれる食物繊維がぴったし

食物繊維は、体内の不要な老廃物と絡みあって体外に排出する役割をもった栄養です。お腹の中をすっきりさせることは、身体の循環をよくさせ健康的な身体にしてくれる準備をしてくれるのです。栄養の吸収力もアップするので、必ず摂りたい栄養分ですね。

ダイエットにおいて、キャベツは強い味方になってくれる

出典: http://yasaizukuri.cocolog-nifty.com/blog/cat11858387/index.html

ダイエットにおいて、キャベツに含まれるカリウムの栄養は注目しましょう

カリウムにはエネルギーの代謝を助けてくれる働きがあります。つまり、ダイエットにおいてエネルギーをより消化したい場合は、キャベツに含まれるカリウムの力を借りることが効率のよいダイエット法だと言えます。

出典: https://oceans-nadia.com/user/11285/recipe/137313

食事前にキャベツをつまむだけで、食べ過ぎを防げる

3食の食事の前に、キャベツを1/6個ほど食べるだけで、メインの食事の食べ過ぎを防ぐことができます。ついつい、いつも食事を食べ過ぎてしまう人や、食後に満腹感が足りずに余計に1品を食べてしまうひとにおすすめな、キャベツの食べ方です。

紫キャベツは緑のキャベツと比べて栄養や成分の違いはあるのか

出典: http://kininarurabbit.jp/20.html

普通のキャベツと紫キャベツの栄養の違い

紫キャベツは、緑キャベツの栄養にさらなる栄養が含まれています。紫キャベツの紫色はブルーベリーなどに含まれる色素と同じ『アントシアニン』の成分によるものです。ポリフェノールの効果により眼精疲労に効果がありますし、抗酸化作用があり細胞が酸化するのを防いでくれる働きを持っています。

出典: https://nanapi.com/ja/99699

ビタミンCやリンの栄養も豊富

普通の緑のキャベツに比べて、ビタミンCやリンの栄養量も多くなっています。カリウムやビタミンKによって血液の凝固や骨の成分になるものも多く含まれています。緑のキャベツに比べて生産量が少ないので、少しだけ値段が高くついてしまう場合があるようです。

なぜ、とんかつにはキャベツが添えられているのか

出典: http://zatugaku.xyz/%E9%A3%9F%E3%81%B9%E7%89%A9/%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%8B%E3%81%A4%E3%81%AB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%99%E3%83%84/

油っこい料理であるとんかつの、胃もたれを防いでくれる

キャベツに含まれるビタミンUは、キャベジンと呼ばれることもあります。これは、胃酸分泌を抑制してくれたり、胃の粘膜の代謝を助けてくれる働きがあります。この効果によって、とんかつを食べたときの胃もたれを防いでくれるというわけです。

出典: https://www.hotpepper.jp/strJ000119953/

キャベツによってさらに満腹感が得られるようになっている

キャベツを食べるときには、よく噛んで食べる人が多いと思います。これによって満腹中枢が刺激され、満腹感が得やすいようになっているのです。とんかつ定食などを食べるとかなりお腹が膨れて腹持ちがいいのは、キャベツの存在のおかげなのです。

キャベツの栄養成分の弱点は加熱

出典: http://www.welcome-uonuma.com/contents2490.html

キャベツに含まれる栄養成分は加熱に弱いことに注意

キャベツを食べるときに、食べやすくするために加熱する機会は多いと思います。しかし、キャベツに含まれる栄養成分は熱に弱いことを忘れてはいけません。なお、紫キャベツは煮込んでしまうと紫の色が出てしまうので、煮込む料理には不向きと言えるでしょう。

出典: https://feature.cozre.jp/72813

ビタミンCは熱にとっても弱い

キャベツの一番の栄養とも言えるビタミンCは熱に弱く、煮込んでしまうとその栄養は壊れほとんどが水に溶けてしまうのです。また、長時間水にさらすことも同様に栄養が水に溶け出てしまうので注意しましょう。

出典: http://obento12.info/867.html

ビタミンUやカリウムなどは加熱しても大丈夫

熱を加えてしまうことで、すべての栄養が損なわれてしまうわけではありません。ビタミンUやカリウムなどは熱に強く、熱を加えても生の状態と栄養にそれほど変化はおきません。また、煮込んだ栄養はあくまでスープに溶け込んでいる状態でもあるので、スープを飲めるようなレシピにするのもおすすめですね。

キャベツの栄養成分を生かしたレシピ

出典: http://www.lettuceclub.net/recipe/dish/23181/

キャベツのレシピは豊富!いろんなバリエーションを楽しみましょう

キャベツはそのまま食べても、刻んでも、煮込んでも、巻いても、美味しく食べられる食材です。満腹感を得るためには刻まずにそのまま食べるほうが噛む回数が増えますし、とんかつには刻んだキャベツが合いますよね。そのときそのときに合わせたレシピが存在するのがキャベツの良い点です。

出典: https://allabout.co.jp/gm/gc/14966/

シンプルに満足感を得られるキャベツの食べ方はやはり生に近い状態で

ダイエットにキャベツを用いるならできるだけ生のままで、一口サイズにちぎる程度で、軽くドレッシングをかけたり、シーチキンを加えて食べるレシピがおすすめです

出典: https://cookpad.com/recipe/2486810

キャベツといえばロールキャベツ

必要なものはキャベツの葉と合いびき肉が300グラムほどと玉ねぎ1個。コンソメスープで作ることであっさり味に仕上がります。

出典: http://www.nissui.co.jp/recipe/item/00621.html

ちくわとキャベツで満腹感がある一品を

活ちくわを2本ほど用意して、輪切りにしキャベツを一口サイズに切って、さっと茹でて水を切りましょう。ボウルにゆずこしょうとマヨネーズと白ごまを混ぜ合わせてドレッシングを作り、キャベツとちくわと合わせたら完成です。キャベツの栄養とちくわの練り物による腹持ちの良さがおすすめですね。

ちょっとしたキャベツの使い方の工夫の方法

出典: http://www.bob-an.com/recipes/detail/71101

カロリーを抑えたキャベツメンチカツ

ひき肉の量を減らして、玉ねぎとキャベツをメインにしたメンチカツです。2人前なら豚挽き肉は75グラム程度用意し、キャベツは大1枚、玉ねぎは1/4個用意しましょう。キャベツをみじん切りにして、メンチカツの種に加えるだけで、カロリーはひき肉メインのメンチカツに比べて大幅にカロリーを下げることができます。

出典: https://nanapi.com/ja/84027

お湯を用意して煮るのがめんどうなときは、そのままレンジで加熱するのもおすすめ

わざわざキャベツを食べるためにお湯を用意して加熱するのがめんどうなんて場合は、キャベツを耐熱皿にのせてラップをしてチンすればOKです。手軽に調理できるので、どんな場面でも使えますね。

キャベツの栄養成分と満腹感を得やすい点はダイエットに最適です

出典: http://www.ebarafoods.com/recipe/calendar/material/kisetsu_02.php

キャベツの栄養は万能!食事の際は積極的に使っていきましょう

キャベツの栄養の豊富さ、どんな料理にも加えれる手軽さを知ってもらえたと思います。なにより、キャベツに含まれる栄養は安価で手軽に手に入る野菜の中ではトップクラスだといえるでしょう。ダイエットにおいて不足しがちな栄養を補ってくれますし、その満腹感もダイエット向きといえますね。3食の食事に積極的に加えていきたい食材だと思います!

キャベツ関連記事

【ナイナイアンサー】乳酸キャベツの作り方・レシピとダイエットに効果的な食べ方! | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ