固定電話を解約する前にチェック!メリット・デメリットをまとめてみた

暮らしの変化によって固定電話を置いていない家庭も増えました。すでに固定電話を解約することを考えている人も多いかもしれません。そんな固定電話のメリットとデメリット、そして解約する前にチェックすることや、解約方法についてご紹介します。

目次

  1. 固定電話って本当に必要?その解約の方法について
  2. 固定電話の料金システムについて把握しておこう
  3. 固定電話とIP電話の違い
  4. 固定電話のメリット
  5. 固定電話を解約した場合のデメリット
  6. 節約を考えるなら固定電話は解約しない選択肢も
  7. 自分の生活スタイルに合わせて固定電話を解約するか考えましょう

固定電話って本当に必要?その解約の方法について

出典: http://ka-mato-ru.sub.jp/top/?p=3173

携帯電話は当たり前になった世の中の暮らしで固定電話は必要なのか

昔は恋人に夜電話したら両親が出てしまったなんていう経験もありましたが、いまや1人1台という感じで携帯電話を持っています。そんな世の中になっても固定電話が必要なのか気になりますよね。

出典: http://www.newfound-genomics.com/entry14.html

使用頻度が低いから解約していいのか検討しましょう

必要ないなら解約してもいいんじゃないかと考える人も多いようです。そんな人のために固定電話があるメリット、そして解約した場合のデメリットも考えてみました。

固定電話の料金システムについて把握しておこう

出典: http://www.mintato.com/the-merit-demerit-of-an-ip-phone/

NTTの固定電話料金とは

NTTの固定電話の料金は距離換算で値段が変わるようです。市内通話なら3分8円ほど、県内なら3分20円というようにどんどん料金が高くなります。距離換算では県外の100キロ以上で3分80円になります。解約する前に、固定電話をどのような連絡手段として使っているかというのを考えて、解約するかを考えるのが重要なようですね。

出典: http://kisekae.tv/a/lux/summary.php?uid=6dbfa6f2f3782554b4ca18fbb8fab0f2

固定電話は時間帯によっても料金がかわる

NTTの固定電話料金では、距離が伸びた場合、昼間・夜間・深夜とで料金が変わってしまうのです。県外100キロ越えだと昼間だと3分80円、夜間だと3分70円、深夜では3分40円というように変化します。昼間とは午前8時から午後7時まで、夜間とは午後7時から午後11時まで、深夜とは午後11時から午前8時を指します。節約を考えるなら深夜に長電話をかけるべきでしょう。

固定電話といえども、万能とは限らない

出典: http://matomail.biz/matome/6877422077394399184

固定電話は意外に迷惑電話の対策をしにくい?

携帯電話は迷惑メールや電話をフィルタ登録し、迷惑行為を防ぐのは簡単なのですが、固定電話で同じことをしようとNTTに頼もうとすると有料な上に、30件までしか登録できないのです。迷惑電話が怖いからと解約するような手段と取らず、ひとまず着信拒否しましょうね。

出典: https://www.denwa-kanyuken.com/guide/setup/00248/

契約の手続きがめんどうという意見も

固定電話を解約するというよりも、契約自体が面倒と考えている人も多いみたいですね。かつての暮らしでは固定電話は必ず必要だったものですが、現在は加入や転居の手続きが面倒で解約どころか、元から契約しない人が増えているようです。当たり前ですが解約してしまうと、再契約の必要が出てしまうので、解約するときはその点をしっかりと検討しましょう。

固定電話とIP電話の違い

出典: http://store.ntt.com/service/050plusw_mode/basic

節約を考えて固定電話にするなら、IP電話も検討しよう

IP電話とは電話線の代わりにインターネットによるIPネットワークを使う電話のことです。通話の音声をデジタルデータに変換し、複数の人が共有してインターネット回線を使うため従来の電話よりも安い料金で使用することができます。

出典: http://store.ntt.com/service/050plusw_mode/basic

電話線を使った固定電話では、1本の電話線を占有した状態

電話線を使った固定電話では、電話している相手と1本の電話線を占領している状態になるため料金が高くなってしまうのです。そして、距離が伸びれば伸びるほど、占有している電話線が長くなるため料金が高くなるのです。

出典: http://store.ntt.com/service/050plusw_mode/basic

IP電話なら音声をデジタルデータにして、料金を安く利用できる

IP電話は音声をデジタルデータにして小分けに送るため、回線を複数の人で共有でき、料金を安く利用できます。しかし、固定回線に比べると音質が低くなることや、回線状況が不安定な場合があるデメリットが存在します。固定電話の別の形と言えますが、安易に料金の安さで電話線を使った方を解約するよりも、IP電話のメリットとデメリットも把握しておいた上で、解約するかを考えましょう。

固定電話のメリット

出典: http://kakaku.com/item/K0000644129/images/page=ka_1/

電話機自体で着信拒否することは可能

機種によって着信拒否が10件ほどしか登録できないものもあれば、200件以上迷惑電話を登録できるものもあります。なんと、先に相手に名前を名乗ってもらうようにメッセージを設定することもでき、知らない人ならその時点で拒否ボタンを押せば応答せずに済むという機能もあります。

出典: http://kakaku.com/item/K0000644130/images/

録音機能も能力が高い

固定電話の機種によっては、録音ボタンを押すと10分前からさかのぼって録音することもできます。つまり、会話していて「この人変な人だな」と思ったら、10分前からの会話を残して警察に確認してもらうなんてこともできるんです。

出典: http://sekatabi.net/2014/11/20/travel-050plus/

国際電話が安価な場合がある

かつてほど固定電話で国際電話をかけたほうが安価ということは無くなりましたが、それでも固定電話から国際電話をかけるほうが料金は安くつく場合が多いようです。

出典: http://illustcut.com/?p=680

FAXを普段から使うなら、固定電話は欠かせない

メールやPDFなどで文章のやりとりが簡単に行える暮らしが普通になりましたが、いまでもFAXを日常の暮らしで利用する場面は多いです。相手側に自動で印刷されるので、相手に印刷してもらう手間も省けますし、固定電話をFAXのために置いておくのは十分なメリットといえるでしょう。

出典: http://www.narinarissu.net/entry/20150822/1440249700

緊急時の電話は固定電話の方が強い

固定電話を解約して一番困ると言われているのが、緊急時の連絡手段とされています。固定電話は緊急の停電においても利用できる場合が多く、固定電話を解約して携帯しかないと、電波が通じない、混線しているときに連絡がつかない場合が出てしまうのです。また携帯電話が壊れてしまっては連絡が出来なくなりますし、解約せずに緊急時用の連絡手段として、固定電話を解約しないほうが良いかもしれません。

固定電話を解約した場合のデメリット

出典: http://setuyaku-web.com/number-announcement136

連絡の手段が減ってしまう

固定電話を解約してしまうと、1つ連絡手段が完全になくなってしまうのです。固定電話が解約していないからこそ、携帯電話で電話会社を気軽に変えたり、迷惑電話に対して電話番号を変えるなどの手段を取れるといえるのです。固定電話を解約してしまうと携帯の番号が変えにくくなるというデメリットは確実に存在します。

出典: http://smartload.seesaa.net/article/419232269.html

FAXの送受信が行えなくなるデメリットがある

メリットの点でも紹介しましたが、固定電話のFAXは案外重宝するものです。自分が送らなくても、相手が送って来る可能性もありますし、解約してしまうとその代用を考えるのは非常に手間といえるでしょう。自営業などに携わる場合は固定電話を解約しないほうがいいかもしれませんね。また、再契約自体も面倒な場合が多いので、安易に解約しないことをおすすめします。

出典: http://www.seoenjoy.com/useful/image_search/data/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89.html

クレジットの審査が不利という噂も

クレジットカードの審査が厳格なカード会社では、固定電話を解約している場合不利になる場合があるそうです。これは所在の確認が確実にできないことが原因とされています。また、固定電話の設置に関して個人情報のチェックが厳しいことから、固定電話を設置できているなら、個人情報がしっかりとしていると判断されているようです。しかし、解約をしているからといって、そこまで不利にはならないというのが実際のところのようです。

出典: http://card-professor.jp/entry-116/

古くからの友人と連絡を取れなくなる可能性がある

かつては固定電話しかない暮らしをしていたころは、電話番号が変わるということは少なく、10年経っても昔の番号にかけて連絡を取れるということがありました。固定電話を解約してしまうと、古い友人との連絡を取る手段がなくなってしまうデメリットが考えられます。

節約を考えるなら固定電話は解約しない選択肢も

出典: https://m3q.jp/t/1361

複数の人と通話するなら節約を考えて固定電話を解約しないでおこう

仕事などで、複数の人に日常的に電話をかけるなら固定電話の解約はおすすめしません。例えば家族や恋人など特定の人と通話する料金を節約するサービスは存在しますが、不特定多数の人となると固定電話のほうがどうしても節約できるといえるでしょう。

出典: http://www.j-com.co.jp/biz/solution/skygateway.html

フリーダイヤルが使えない場合がある

固定電話を解約していると、フリーダイヤルを利用できない場合があります。よく、宅配便の不在通知を見ると『携帯からはこちらの番号をご利用ください』などと書かれており、通話料を取られてしまうのです。解約しておらず固定電話があればフリーダイヤルはすべて利用できるので、普段の暮らしでフリーダイヤルを書ける機会が多ければ解約しないほうがいいかもしれません。

自分の生活スタイルに合わせて固定電話を解約するか考えましょう

出典: http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2012-04-10

緊急時のための保険として、解約しないという選択肢を検討しよう

固定電話の存在は、さまざまな緊急時においての保険といえる存在かもしれません。災害のときのことを考えられば解約しないほうがいいかもしれませんし、仕事でFAXを使う人は解約するべきではありません。自分の生活スタイルに合わせて、固定電話を解約するかをもう一度見直してみることをおすすめします。

固定電話の必要性とは?子供が小学校に入る際に必要って本当? | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ