赤ちゃんや新生児が寝すぎるのはよくない?原因と知っておきたい病気の知識

生まれてすぐの赤ちゃん・新生児はお肌もプニプニしていて可愛いですよね!今回はそんなとてもかわいい赤ちゃん・新生児の寝すぎについてです!赤ちゃんは寝すぎと思ってしまうくらい良く寝ていると思います!赤ちゃんの寝すぎは赤ちゃんに悪影響が無いのか調べてみました!

目次

  1. 赤ちゃんや新生児が寝すぎはよくない?原因に迫る!
  2. 新生児の赤ちゃんとは?
  3. 赤ちゃん・新生児の特徴
  4. 赤ちゃんと新生児の違い
  5. 赤ちゃん・新生児の平均睡眠時間は?
  6. 赤ちゃん・新生児の寝すぎは何時間睡眠から?
  7. 赤ちゃん・新生児の寝すぎによって病気などの問題はある?
  8. 寝すぎる赤ちゃん・新生児が伝えていることは?
  9. 寝すぎる赤ちゃんへの対策法
  10. 寝すぎの赤ちゃん・新生児は病院へと連れていくべき?
  11. 赤ちゃん・新生児の寝すぎと疑いすぎるのは良くない!
  12. 【まとめ】新生児の赤ちゃんの寝すぎは良くない!病気の知識や原因は?

赤ちゃんや新生児が寝すぎはよくない?原因に迫る!

出典: https://mamari.jp/19662

今回は赤ちゃんと新生児に関するまとめです!

出典: http://www.flashanimtricks.com/

赤ちゃんと言えばとても愛くるしくて可愛いですよね!

出典: https://www.amoma.jp/column/child/babycare/22782.html

今回はそんな赤ちゃんと新生児の寝すぎについて問題があるのかについて迫ってみたいと思います!子育て中のママさん必見です!

新生児の赤ちゃんとは?

出典: http://mphoto.jp/profile/63/plans/106

赤ちゃんは月齢や年齢によって呼び方が変わってきます。「新生児期」「乳児期」「幼児期」があり、これらをまとめて「乳幼児期」と呼んでいます。

出典: http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/baby_kids/kids-02/

赤ちゃんが産まれてすぐからの時期を新生児と言い、新生児期は生後28日までとなっています。産まれてすぐの新生児は体がとても小さく、身長は50cm程で体重は3kg程になります。

出典: http://women.benesse.ne.jp/matome/ca-childcare/childcare013.html

新生児のお肌は大人の皮膚の半分と言われており、とても乾燥しやすく荒れやすい状態です。頭の骨は若干柔らかくなっていて産道を通る際にスムーズに出て来れる様に、おでこの上の頭蓋骨には大泉門と言う隙間があります。視力はほとんど見えていない状態で光を察知する程度です。嗅覚はしっかり発達していて聴力はママのお腹の中に居る時から聞こえているそうです。

出典: http://benesse.jp/kosodate/201604/20160418-2.html

新生児の生活リズムは定まっていない状態で、お腹が減ってしまう間隔は1~3時間置きになります。1日のほとんどを寝て過ごします。排便回数は新生児の体質によっても変わりますが、2~10回と大きく差があります。排尿は15~20回と頻繁に出ます。

赤ちゃん・新生児の特徴

出典: http://healthil.jp/

新生児の赤ちゃんはママやパパを見て感情を出して笑う事は出来ません。新生児期に稀に見かける笑顔は、生理的微笑と言います。

出典: http://baby-fashion.club/baby12/

新生児期の胃の形は筒状で蓋が無い状態なので、ミルクを飲んだ後に吐きやすいのは胃の形が原因なのです。

出典: https://www.amoma.jp/column/child/babycare/24570.html

新生児の間は皮膚が黄色くなっていますこれを「新生児黄疸」と言います。新生児黄疸は2週間程で消えますが、母乳で育てている赤ちゃんは少し長引く傾向があるそうです。また、産まれてすぐの新生児はお腹の中以外の世界を知りません。ウイルスに対しての抵抗力も低く病気になりやすいので外出は避けてあげないといけません。

赤ちゃんと新生児の違い

出典: http://atopytalk.com/akachan/shissin/

新生児と乳児・乳幼児の赤ちゃんとでは、成長している為違いが出てきます。新生児の間は笑ったりする事はありませんが、乳児期に入るとママやパパを見て笑ったりあやして笑う事が多くなります。これを社会的微笑と言います。のどの声帯も少しずつ変化しますので喃語ですが声を出す事も出来てきます。

出典: http://nunoomutsu.4peace.jp/?p=6954

新生児では定まっていなかった生活リズムも、乳児期を過ぎると朝と夜の区別もついてきて、夜まとめて寝る様になったり、昼間に起きている時間が長くなったりします。授乳間隔も定まり一度に飲めるミルクの量も増えてきます。排尿回数はあまり変わりはありませんが、排便をまとめて出せる様になるので排便回数が激減する赤ちゃんも居ます。

出典: http://maternity-march.jp/allergytigai3104/

乳児期から幼児期あたりは膝をついて歩くハイハイやタッチをする時期でもあり、ミルクのみで栄養を取っていた赤ちゃんも離乳食に切り替わる時期にもなります。

出典: https://192abc.com/41883

赤ちゃんは成長するにつれて様々な感情を出すことが出来ます。同じ泣くと言う行為でも、嫌な事・寂しい事等に使い分けて泣き方も変わってきます。この様に外見と共に中身の成長もして行くのです。

赤ちゃん・新生児の平均睡眠時間は?

出典: https://192abc.com/36116

産まれてすぐの新生児の平均睡眠時間は16~18時間と言われています。2~3時間置きに起きて授乳し、オムツ交換をしたらまた寝るといったサイクルになります。

出典: http://ikurich.jp/how-to-get-the-breast-milk/

新生児期を過ぎると少し起きている時間が増えますが、それでも1日の睡眠時間は14~15時間程となっています。生後半年を過ぎた頃で11~12時間睡眠になるそうです。睡眠時間は赤ちゃんによって個人差が大きく違い産まれてすぐの赤ちゃんでも短い睡眠時間の赤ちゃんも居れば、半年経っても寝すぎる程長く睡眠を取る赤ちゃんも居るのです。

出典: http://kamosuke3.info/annminn/

赤ちゃんに良質な睡眠を与える為にも、寝ている周りの環境を整えて下さい。テレビや雑音があると赤ちゃんはうるさく感じ、なかなか寝付ける事ができません。昼寝の時間は陽の光などが当たらない場所で静かに寝かす様に気を付けて下さい。

赤ちゃん・新生児の寝すぎは何時間睡眠から?

出典: https://akachanikuji.com/mukiguse

生後数ヶ月程の赤ちゃんは睡眠時間が長いですが睡眠間隔は短いのが特徴です。育児に慣れていないママは睡眠間隔が短い時期は大変ですが、逆に間隔が空きすぎても心配になる事があると思います。

出典: http://healthil.jp/

基本的に赤ちゃんが4時間以上まとめて寝れる事は、睡眠環境が整っている証拠と言われています。低月齢の赤ちゃんは睡眠時間で健康状態を確認するよりも、体重が増えているかどうかで健康状態を判断して下さい。寝すぎている事によって授乳間隔が空いてしまっても、体重の増え方が平均であれば病気などの問題はないそうです。ですが体重が増えずに寝すぎているのであれば、途中で起こして授乳をする必要があります。体重などの平均値は母子手帳にも載っていますので参考にして下さい。

出典: http://healthil.jp/

育児中の方で寝すぎている赤ちゃんが居れば、朝起きた時にオムツを見ておしっこをしているかチェックをして下さい。授乳量が足りていなければ脱水を起こしてしまうので、おしっこが出ているかの確認が大切なのです。

赤ちゃん・新生児の寝すぎによって病気などの問題はある?

出典: http://ameblo.jp/dolly525/entry-11055617963.html

育児中の方は夜に赤ちゃんが寝すぎと思うくらい寝てくれるのは助かりますね。あまりに寝すぎていると病気等を疑って心配してしまうと思います。育児中のママは赤ちゃんが寝すぎている事で、ママの胸が張ってしまう時があると思います。その場合は赤ちゃんを起こして協力してもらっても良いと思いますが、体重がちゃんと増えている赤ちゃんであれば無理に起こさなくても良いそうです。

出典: http://kurasinomamechisiki.com/2016/01/haruakachanfuku/

新生児期の寝すぎは予兆ですが、「アスペルガー症候群」「新生児黄疸」「発達障害」の病気と言われています。ですが寝すぎだけの特徴では診断出来ないので気になる事があれば、小児科等に一度問い合わせてみて下さい。

出典: http://momcanadababy.blog.fc2.com/?page=0.html

月齢によっても変わりますが、生後3ヶ月頃になると満幅中枢が成長しますので1度の授乳で沢山飲めているからこそ、寝すぎと思う程寝てくれるのです。ある程度の月齢になると寝すぎが病気の原因と言う訳ではありません。

寝すぎる赤ちゃん・新生児が伝えていることは?

出典: https://192abc.com/44999

育児中の方は特に赤ちゃんの寝すぎは気になると思いますが、上記でもある様に寝すぎは性格の一部と思っても大丈夫と思われます。ですがその中でも赤ちゃんがママに対して送っているサインもありますので、良く観察して気付いてあげて下さい。

出典: http://seasonitems.com/archives/1308

赤ちゃんが寝すぎている時にぐったりとしている場合は病気の可能性も有り得ます。発熱時には汗を搔いたりするので脱水を起こさない様に注意して下さい。

出典: http://item.rakuten.co.jp/kiseki-sukusuku/chamel-hada-s/

寝すぎの赤ちゃんに限りませんが寝泣きや寝言を言う赤ちゃんも居ます。その日に受けたストレスや刺激が寝なき等で伝えているそうです。夢を見て寝言を言っている時もあるそうです。

寝すぎる赤ちゃんへの対策法

赤ちゃん・新生児がずっと寝ていてなかなか起きない場合に、もし起こさなければいけない場合は以下の方法を試していると良いと思います!

寝すぎる赤ちゃん・新生児の対策その1「水で濡らしたガーゼで顔を吹いてみる」

出典: https://192abc.com/26509

育児中に赤ちゃんの寝すぎが心配な時に起こす方法は顔を拭いてあげる事です。大人も朝起きて顔を洗うと目覚める事と同じです。

寝すぎる赤ちゃん・新生児の対策その2「足の裏をくすぐってみる」

出典: http://koreshiba.com/diary/5138.html

助産師の方が良く授乳中などに眠ってしまったら「足の裏をくすぐって」と言います。寝すぎている赤ちゃんに試してみて下さい。

寝すぎる赤ちゃん・新生児の対策その3「おっぱいを唇に垂らしたり、近づけてみる」

出典: https://192abc.com/31457

赤ちゃんには吸啜反射が備わっています。口に触れる物に吸い付くので、育児をされているママは寝すぎている赤ちゃんに是非試してみて下さい。

寝すぎる赤ちゃん・新生児の対策その4「声をかけてみる」

出典: http://mamari.jp/13112?page=2

まずは育児されている方が寝すぎてしまっている赤ちゃんを呼んであげてみて下さい。聞きなれた声に反応するかもしれません。

寝すぎる赤ちゃん・新生児の対策その5「眉間や額、唇をくすぐってみる」

出典: http://doc-moba.net/1526.html

寝すぎている時でも触られている感覚はあるので試してみる価値はあります。

寝すぎの赤ちゃん・新生児は病院へと連れていくべき?

出典: https://192abc.com/38003

寝すぎているからと言って病気の原因と断言出来ないので、寝すぎは一人の赤ちゃんの一つの個性としてみてあげて下さい。

出典: https://192abc.com/41778

新生児期の寝すぎは注意が必要です。寝すぎというだけで判断は出来ませんが様々な病気の原因が疑われるので、新生児期に寝すぎが見受けられたら一度病院に連れて行く事をオススメします。

出典: https://192abc.com/33673

新生児を過ぎた乳児期に寝すぎが起きるのであれば様子を見て対応すると良いと思います。

赤ちゃん・新生児の寝すぎと疑いすぎるのは良くない!

出典: http://xn--h9j0a0d2cw236amlwct2l.jp/kaze-byouin

すぐに寝すぎは病気の原因だと決め付けたりせずに、赤ちゃんの性格と思い付き合って行く事も大切だと思います。

出典: http://papimami.jp/29224

「寝すぎだ」と気にしすぎる事は、ママの精神面に大きな負担になる場合もあります。神経質にならずに赤ちゃんが寝すぎている時に、ママも一緒に寝ると良いと思います。

出典: http://childcare-life.net/newborn-too-much-sleep

赤ちゃんが寝すぎていると思ったら「寝る子は育つ」を思い出して、成長している姿を見守ってみるのも良いと思います。

【まとめ】新生児の赤ちゃんの寝すぎは良くない!病気の知識や原因は?

出典: http://akachannenne.com/%E5%A4%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%8C%E7%9C%A0%E3%82%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%84%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E3%81%A8%E6%B9%BF%E5%BA%A6/

赤ちゃんはどの時期でも寝すぎていると勘違いする程良く寝ています。生後数ヶ月経つと昼間に起きている時間が多くなり、夜はまとめて寝る為に寝すぎと思い勝ちになります。平均通りに体重が増えていれば問題はありませんので神経質にならなくて大丈夫です。

出典: http://kamosuke3.info/annminn/

新生児期は特に睡眠時間が長いので常に寝すぎの様な気がしますが、平均睡眠より長ければ、「アスペルガー症候群」「新生児黄疸」「発達障害」などの病気の予兆と言われています。過剰に寝すぎていると感じた際は病院で診察を受けてみて下さい。

出典: https://192abc.com/43272

神経質になってしまう事は育児に影響を与えてしまうので、この記事を参考に育児を楽しんで下さい。気になる事は病院で診察してもらう事で安心を得れますので、お医者さんにも頼る事もオススメします。

赤ちゃんについての関連記事はこちら!

赤ちゃん用日焼け止めのおすすめ人気ランキング!いつから塗るべき? | Pinky[ピンキ-]
ベッドメリーの人気おすすめ!いつからいつまで使える?【赤ちゃん】 | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ