安野モヨコの著書一覧!『働きマン』で話題な彼女の現在に迫る!

人気漫画『働きマン』でお馴染みの『安野モヨコ』について迫っていきます。他にも映画化した『さくらん』や『シュガシュガルーン』など人気作が数多くあります。安野モヨコの魅力について迫るとともに現在の安野モヨコについても調査していきます!

目次

  1. 『働きマン』で人気の安野モヨコの現在は?
  2. 安野モヨコの素顔
  3. 安野モヨコは美人顔と話題に!
  4. 安野モヨコの著書『漫画編』
  5. 安野モヨコの著書『エッセイ・イラスト集編』
  6. 安野モヨコのデビュー20周年記念活動
  7. 2016年に個展が開催されていた?
  8. 安野モヨコのイラスト集!
  9. 安野モヨコは海外でも注目の的になっています!
  10. 【まとめ】安野モヨコの現在について

『働きマン』で人気の安野モヨコの現在は?

出典: http://morning.moae.jp/lineup/11

人気の『働きマン』

人気漫画『働きマン』で馴染みのある『安野モヨコ』が注目されています!安野モヨコの現在はどのようなものなのか、迫っていきたいと思います。

出典: http://gozzip.jp/5739/

菅野美穂主演ドラマ『働きマン』

2006年には、テレビで深夜アニメとして放送され注目を集めた『働きマン』ですが、翌年の2007年に菅野美穂主演でドラマ化され、平均視聴率も12.1%と注目を集めました。

出典: http://lineblog.me/annomoyoco/archives/1035987101.html

『働きマン』とは?

都会での仕事をテーマとした作品で、2004年から講談社『モーニング』にて連載を開始し、2008年からは安野モヨコの体調不良を理由に連載を休止しています。『働きマン』は、イギリスの『タイムズ』で『「働きマン」は日本の男女不平等を覆せるか』というテーマで取り上げられたこともあります。

安野モヨコの素顔

出典: http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=5861

安野モヨコのプロフィール

安野 モヨコ(あんの もよこ)
生年月日:1971年3月26日
年齢:45歳
出身:東京都杉並区、多摩市育ち
出身高校:聖徳学園高校
活動期間:1989年ー現在
ジャンル:少女漫画、女性漫画、青年漫画
別名義:安野 百葉子(あんの もよこ)

出典: http://tibicoro.com/5334.html

安野モヨコの夫は映画監督の庵野秀明

2002年3月26日に大人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』などの監督で有名の庵野秀明と結婚しました。安野モヨコは新婚生活を題材にしたエッセイ漫画『監督不行届』が2014年にアニメ化されました。2012年4月6日に、夫である庵野秀明の名前をつけた小惑星『庵野秀明』に続き、火星と木星の軌道の間にある小惑星を『安野モヨコ(Moyocoanno)』と命名しました。

安野モヨコは美人顔と話題に!

出典: https://matome.naver.jp/odai/2134188510800118201

安野モヨコは、『美人すぎるお顔』としても話題を呼んでいます。女性漫画家でお顔を拝見する機会はなかなかないですが、和装もとてもお似合いです。

出典: https://mobile.twitter.com/anno_moyoco/status/683280088884850688

『ハッピー・マニア』顔ダンス

安野モヨコの作品『ハッピー・マニア』では、『顔ダンス』なるものが紹介されています!顔のたるみを防ぐ効果があるんだそうです。安野モヨコの美の経験が作品に反映してるとなれば、『顔ダンス』試してみる価値があると言えそうですね!

安野モヨコの著書『漫画編』

出典: https://www.amazon.co.jp/ハッピーマニア-TVサントラ/dp/B00005GXN8

ハッピー・マニア

安野モヨコは、1989年の高校在学中に『別冊少女フレンドDXジュリエット』7月号に『まったくイカしたやつらだぜ!』が掲載されてデビューしました。連載を持つまでは、岡崎京子のアシスタントをしていたそうです。1995年から『FEEL YOUNG』で『ハッピー・マニア』の連載を始めて、1998年7月にはドラマ化されました。

出典: http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063720785

ジェリービーンズ

1999年の作品で、2005年に単行本が発売されました。デザイナーを目指すオシャレ&ラブコメディ作品に仕上がっていて、読むだけでオシャレになると話題です。

出典: http://blog.livedoor.jp/sadsong/archives/50222589.html

花とみつばち

2000年に『週刊ヤングマガジン』で連載の安野モヨコ初めての男性が主人公の漫画です。

出典: https://prcm.jp/album/ymok/pic/9280996

シュガシュガルーン

2005年6月には少女漫画誌『なかよし』に連載された『シュガシュガルーン』で第29回講談社漫画賞児童部門を受賞し、2005年7月にアニメ化されました。

出典: http://blog.livedoor.jp/yamato26840/archives/51257774.html

働きマン

2006年10月には、『モーニング』にて連載の『働きマン』がアニメ化し、2007年10月にドラマ化もされました。

出典: http://blog.goo.ne.jp/jpoohdragon/m/200703

さくらん

2007年2月に、『イブニング』で連載された『さくらん』が、蜷川実花監督により土屋アンナ主演で実写映画化されました。

出典: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000233.000002734.html

監督不行届

安野モヨコと大人気アニメ『新世紀エヴァンゲリヲン』の監督で有名の庵野秀明のアンノ夫妻の結婚生活を元にしたエッセイコミックです。

出典: https://www.amazon.co.jp/オチビサン-1巻-安野-モヨコ/dp/4022504641

オチビサン

2007年4月には、ショート漫画『オチビサン』の連載を開始しましたが、2008年3月、安野モヨコの体調不良による休養のため『オチビサン』以外の漫画連載を休業することを発表しました。

出典: https://magnet.vc/v/2c3nk2ps

鼻下長紳士回顧録

2013年には、5年8カ月ぶりに新連載『鼻下長紳士回顧録』で復帰することが発表されました。

安野モヨコの著書『エッセイ・イラスト集編』

出典: https://cinemagene.com/post-3148/

美人画報

ファッション誌『VOCE』にて、『女性の美を追求する』という企画で連載され、2004年に安野モヨコとしては珍しいエッセイ著書が出版されました。読むだけで女子力が上がる!と話題になっています。人気によりシリーズ化され、『美人画報ハイパー』、『美人画報ワンダー』と3弾にわたって『美』について描かれた著書となっています。

出典: https://7net.omni7.jp/detail/1101997465

安野モヨコ対談集ロンパースルーム

様々なアーティストたちとマンガ製作秘話からプライベートまで、語り合い尽くした対談集です。

出典: http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167777029

くいいじ

2006年8月には『週刊文春』にて、食べ物を題材としたエッセイ著書『くいいじ』を連載を始め、2009年11月に単行本として発売されました。

出典: https://www.amazon.co.jp/オチビサンの-ひみつの-はらっぱ-講談社の創作絵本-松田/dp/4061325752

オチビサンのひみつのはらっぱ

人気漫画『オチビサン』が安野モヨコ書き下ろしで絵本になりました。

安野モヨコのデビュー20周年記念活動

出典: https://mobile.twitter.com/anno_moyoco

安野モヨコのデビュー20周年を記念した個展

2009年に安野モヨコのデビュー20周年を記念して様々なアーティスト活動をします。主に個展を開催しました!

出典: http://natalie.mu/comic/news/15678

『安野モヨコ展』

2009年5月に安野モヨコの初の個展となる『安野モヨコ展』を大阪のギャラリー・センティニアルにて開催しました。展覧会では、「オチビサン」の原画やスケッチ、ポショワール技法による描き下ろし作品など、未公開イラストを中心におよそ20点が展示されました。

出典: https://www.amazon.co.jp/安野モヨコ対談集-ロンパースルーム-安野-モヨコ/dp/486052022X

『季刊Prints21 2009年秋号:安野モヨコ デビュー20周年記念号』

『季刊Prints21 2009年秋号:安野モヨコ デビュー20周年記念号』が発売されました。20周年を記念しヒット作品の特集や安野モヨコの20年の軌跡を振り返る特集、そして宮崎駿をはじめ、蜷川実花、中川翔子など安野モヨコファンによるクロスレビューの模様など掲載されています。

出典: http://www.afpbb.com/articles/-/2604422

シュウ ウエムラと安野モヨコがコラボした『Tokyo Kamon Girls』

7月には化粧品ブランド『シュウ ウエムラ』と安野モヨコのコラボレーションによるコレクション“Tokyo Kamon Girls”が全世界で発売され、表参道ヒルズで特別展覧会も開催されました。

出典: http://ueno.keizai.biz/photoflash/274/

『夜の提灯』SAKURAKO

“Tokyo Kamon Girls”の中の『SAKURAKO』という女の子をイメージした作品『夜の提灯』も制作されました。

出典: http://atelierrusses.jugem.jp/?eid=292&guid=ON&view=mobile&tid=7

『安野モヨコ展 レトロモダンな世界』

10月には、東京初となる個展『安野モヨコ展 レトロモダンな世界』が弥生美術館にて開催されました。

出典: http://ameblo.jp/milk-white-snow/entry-11531608464.html

『蔦と鸚鵡 -安野モヨコ紙版画集-』

同じく10月に個展の展示作品を収録した『蔦と鸚鵡 -安野モヨコ紙版画集-』が発売され、作品のところどころに鸚鵡のモチーフが描かれています。

2016年に個展が開催されていた?

出典: http://animeanime.jp/article/img/2016/09/01/30281/95342.html

安野モヨコ展『STRIP!』

2016年9月に池袋パルコで安野モヨコの個展が開催されました。新装オープンのパルコギャラリーでのこけら落としとなった今回の安野モヨコ展は、『STRIP!』という名で、安野モヨコとしては初めての原画集で貴重な一冊となっています。

出典: http://animeanime.jp/article/img/2016/09/01/30281/95340.html

安野モヨコ展も人気作の『働きマン』『さくらん』『シュガシュガルーン』『ハッピー・マニア』が完成原稿になる前の写植原稿で見れるというファンにとっては貴重な個展となっています。

出典: https://www.fashion-press.net/news/gallery/24936/442398

単行本には載らなかった『幻の』原稿とも言える『さくらん』の第2部の原稿も展示されました。

出典: http://www.imgrum.net/tag/安野モヨコ展strip

1995年から連載が始まった『ハッピー・マニア』に始まり、現在も連載している『オチビサン』『鼻下長紳士回顧録』までの『安野モヨコの全てをさらけ出した』画集が『STRIP!』です。漫画の中で現在の女性たちの本音や悩み、ファッション、時代の空気、美意識など共感を得るものが多いのも安野モヨコの魅力であり、人気の秘訣なんだと思います。

安野モヨコのイラスト集!

出典: http://masi-maro.com/det/7080

安野モヨコのイラスト①

出典: http://annomoyoco.com/news/page/6/

安野モヨコのイラスト②

出典: http://matomame.jp/user/yonepo665/665506b7580f2874766a?page=3

安野モヨコのイラスト③

出典: https://candypot.jp/summaries/3580

安野モヨコのイラスト④

出典: http://annomoyoco.com/news/page/15/

安野モヨコのイラスト⑤

安野モヨコは海外でも注目の的になっています!

出典: http://atelierrusses.jugem.jp/?eid=292

モダンレトロ

安野モヨコの作品はファッション誌などでも取り上げられるなどファッション業界からも一目を置かれる存在です。ファッションデザイナーが安野モヨコの作品の魅力に影響を受けているということです。

出典: https://mobile.twitter.com/glover_y

和装

アメリカのハワイ州ホノルル美術館にて、『さくらん』の2作品が所蔵されているということです。

【まとめ】安野モヨコの現在について

出典: https://cinemagene.com/post-4358/

高校時代から漫画家として数々のヒット作を生み出し、アニメ化やドラマ化、実写映画化までされるなど、1つでも耳にしたことのある著書ばかり描き進めてきた安野モヨコですが、2008年に当時連載していた全てのストーリー漫画を連載休止にしてしまいました。その理由は、過労による慢性疲労症候群とうつ病でした。しかしインタビューの中で『漫画を生み出すことに疲れた私は、漫画を描くことで元気になれた』と語るほど漫画を愛する方なんだと思います。

出典: https://cakes.mu/series/3513

オチビサン

体調が悪い中でも唯一連載をやめなかったのが、新聞で1ページ連載していた『オチビサン』でした。描くことで癒されていたそうです。

出典: http://lineblog.me/annomoyoco/archives/2015-11.html?p=8

安野モヨコは連載を一部再開!

現在は「AERA」で『オチビサン』、「FEEL YOUNG」で『鼻下長紳士回顧録』を連載しています。『安野モヨコ展』を開催するなど現在でも勢力的に活躍する安野モヨコに今後も目が離せません。安野モヨコは、オフィシャルブログも更新をしていて安野モヨコの著書に登場するヒロインを使って顔の印象が変わるメイクのポイントを紹介するなどいろんな分野で女性の気になる部分に迫っていて多方面で活躍する安野モヨコの今後の活躍にも注目していきましょう!連載も楽しみですね!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ