我が子の歯ぎしり治療してる?子供や赤ちゃんに適した治療方法まとめ

子供や赤ちゃんが歯ぎしりしているところを見てビックリしませんでしたか?治療した方が良いのか不安になりますよね。子供や赤ちゃんにも歯ぎしりはあります。基本的には自然とおさまるのですが、治療が必要な場合もあるので、確認してみましょう!

目次

  1. 子供や赤ちゃんも歯ぎしりするの?
  2. 子供や赤ちゃんの歯ぎしりが出始めたら、治療が必要なの?
  3. 子供や赤ちゃんの歯ぎしりは治療不要な事が多い
  4. 子供や赤ちゃんの歯ぎしりの原因は何か
  5. 子供や赤ちゃんの歯ぎしり、他に原因はあるの?
  6. 歯医者での治療が必要なケースもある
  7. 歯ぎしりの治療はどんな事をするの?
  8. 子供や赤ちゃんの歯ぎしりに、今日からできる自宅ケア
  9. 歯医者で子供や赤ちゃんの歯ぎしりは相談できる?
  10. 子供や赤ちゃんとの暮らしを楽しみましょう

子供や赤ちゃんも歯ぎしりするの?

子供や赤ちゃんの成長

出典: http://www.koreiku.jp/nyumon/02.html

赤ちゃんのいる暮らし、毎日がドタバタであっという間に過ぎていきます。そんな暮らしの中で、毎日成長する赤ちゃんの様子に注意していますか?小さい手足はだんだん大きくなり、体重もあっという間にうまれた時の倍になり、歯も生えてきます。

出典: https://akachanikuji.com/ha

ちょこんと生えた歯はとってもかわいくて、育児の楽しみの一つですよね。赤ちゃんの最初の乳歯は、下の中央2本から生えてくることが多いようです。

出典: https://feature.cozre.jp/72055

こんな写真を撮れるのも育児の楽しみの一つですよね。

出典: http://www.kheaamarketplace.com/?p=131

隙間だらけの歯での笑顔の写真も、良い記念になります。

子供や赤ちゃんの歯ぎしりはあります

出典: http://da-inn.com/hagisiri-16797/

子供や赤ちゃんにも歯ぎしりはありえます。10歳までの40%の子供が歯ぎしりを経験すると言われているほどなので、特別なことではないようです。

子供や赤ちゃんの歯ぎしりが出始めたら、治療が必要なの?

出典: https://192abc.com/10606

あなた育児をしている中で、子供や赤ちゃんが歯ぎしりをしているのに気づいていますか?歯ぎしりというと、大人になってからのイメージがありますが、実は大人だけのもではなく、子供や赤ちゃんにも歯ぎしりはありえるのです。歯医者で治療した方が良いのでは!?と育児中の不安もあると思いますが、今回は子供や赤ちゃんの歯ぎしりについて、治療、自宅ケアなどをご紹介したいと思います。

出典: https://akachanikuji.com/hagisiri

育児に慣れ始めた生後6ヶ月くらいから歯が生え始めてくる子がいます。ちょこんと生えた歯はとてもかわいらしい物。しかし、気づくとキリキリ音がする!まさか歯ぎしり?と思ったことはありませんか?まだ言葉で言えない赤ちゃんのストレスの表現なのか?歯の生え方に支障がない?治療は必要?などいろいろ気になりますよね。

子供や赤ちゃんの歯ぎしりは治療不要な事が多い

出典: http://moomii.jp/baby/bruxism-of-baby.html

子供や赤ちゃんの歯ぎしりは、決して珍しいものではありません。なので、歯ぎしりをするからといってすぐに治療が必要なわけではないのです。成長過程と思い、ゆっくり見守りましょう。

子供や赤ちゃんの歯ぎしりの原因は何か

出典: https://192abc.com/10468

子供や赤ちゃんが歯ぎしりをしたからといって、すぐに治療を考える必要ありません。歯ぎしりは成長過程ということ前提に、いくつか暮らしの中の歯ぎしりの原因をご紹介したいと思います。

大人と子供や赤ちゃんの歯ぎしりの違い

出典: https://akachanikuji.com/hagisiri

大人が歯ぎしりしていると、ストレスが溜まっているのかな?と考えがちですが、1歳にならない赤ちゃんがストレスで歯ぎしりをする事は無いと考えられています。

出典: https://192abc.com/15383

赤ちゃんの歯ぎしりの原因と考えられているのは、自分の歯を確認している事と考えられています。そのため、上下の歯ををこすり合わせたりして、キリキリと音が聞こえてくるのです。

出典: http://moomii.jp/baby/bruxism-of-baby.html

歯ぎしりは顎の成長や、これから生えてくる歯の成長のための刺激とも考えられています。個人差はありますが、2歳半頃に乳歯が生えそろうので、その頃には赤ちゃんの歯ぎしりは無くなっていくと考えられていますので、赤ちゃんが歯ぎしりをしたからといって、すぐに治療を焦る事はありません。

子供や赤ちゃんの歯ぎしり、他に原因はあるの?

出典: http://maykies-media.com/childcare/2695/

赤ちゃんの歯ぎしりは、これからの成長のために必要なものだったんですね。

出典: http://www.kayou-dental.jp/images/pedo03_1.jpg

では、乳歯が生えそろったあとも歯ぎしりが続く、または歯ぎしりが始まったという場合はどうなのでしょうか。

出典: http://maternity-march.jp/nyushi-hozon68456/

子どもの歯ぎしりの原因は、乳歯のかみ合わせが悪かったりすると、それを自己修復しようとして歯を整えようとする行動なんだとか。乳歯が永久歯に生え変わる頃には歯と歯の間に隙間ができているので、歯ぎしりをしやすい傾向にあるといいます。

出典: http://www.sakura-haisha.com/blog/child/2015/07/

乳歯から永久歯に生え変わるとき、歯ぎしりをしても大丈夫なのですが、その歯ぎしりが寝ている時だけ起こる事があります。睡眠中だけ歯ぎしりがあるという場合には、ストレスが原因となっている事があるようです。

出典: http://xn--1lq27dw5nf1cb5l69c.tokyo/img/20150728_01.jpg

歯ぎしりの原因がストレスかも?と感じたら、家での生活習慣、保育園や幼稚園での人間関係日々の暮らしを一度確認してみましょう。強い力で歯ぎしりを続ける事はいずれ治療が必要になるかもしれません。

歯ぎしりって治療で治るものなの!?

出典: https://feature.cozre.jp/72062

自然に治っていけば良い歯ぎしりですが、あまり続くようだと歯や顎の発達などに影響が出てきてしまいますので、治療も考えなくてはなりません。次は歯医者で治療が必要なケースについて確認していきましょう。

歯医者での治療が必要なケースもある

出典: http://papimami.jp/71206

基本的には子供や赤ちゃんの歯ぎしりは成長過程によるものなので心配は必要ないですが、中には歯医者で相談や治療した方が良い歯ぎしりもありますので、ご紹介します。

治療も検討しましょう

出典: http://sk-imedia.com/randoseru-3118.html

歯がそろっていない状態のときの歯ぎしりは成長段階であっても良いのですか、永久歯が生えそろう6歳頃になっても歯ぎしりが続いている場合には、一度歯医者への相談をしてみましょう。

出典: http://kodomo-byouki-iroha.com/category/dentistry/gnashing

歯ぎしりがひどい場合にも一度歯医者への相談をおすすめします。あまりに強い力で歯ぎしりを続けると、歯の神経に悪影響が出ます。歯の神経の炎症や壊死が起こり、細菌感染などで歯茎が腫れたり痛みが出てくる場合があります。

出典: http://www.shimizudc.jp/support/bruxism.php

治療が必要です

出典: https://mammami-a.club/?p=17759

歯ぎしりは、顎(がく)関節に大きな負担になります。長期間強い力で歯ぎしりをすると顎関節症になる場合があるので、その場合歯医者での治療が必要になります。

出典: http://www.dental-sozai.com/illust.html?illust_id=2110

強い歯ぎしりで、歯に負担を与え続けると歯がすり減ったり、ぐらつきが出たりします。こうなると、自然には治りませんので、歯医者で治療してもらう必要があります。

出典: http://hanoblog.com/bruxism-cause-9382

強く歯ぎしりをすることで、大切な歯が欠けてしまうなんてかわいそうですよね。早めに治療を始めましょう。

歯ぎしりの治療はどんな事をするの?

出典: http://www.gan-info.com/menu10.html

いざ、歯医者で治療をしようと思うと、気になるのが治療費ですよね。保険適用されるのか、実費負担がどのくらいなのか確認しておきましょう。

出典: http://review.rakuten.co.jp/item/1/193677_10000271/1.1/a4-mf1/

マウスピース

歯ぎしりの治療や予防に使われるのが、マウスピースです。健康保険が適用されれば、5000円程度で子供にあった物を作ってくれるそうです。

出典: http://www.yamashika.com/blog/63.html

自宅ケア用品として市販でも売っていますが、子供の将来の事を考えるのであれば一度歯医者で治療して、専用の物を作ってもらったほうが良さそうですね。ちなみに保険適用外だと10万円ほどするらしいです。

出典: http://www.tashiro-dental.com/orthodontic.html

歯列矯正という治療もあります。この治療法は歯並びが原因で歯ぎしりを起こしている場合に有効です。歯列矯正は高いイメージがありますが、大人になってから治療するよりは治療費は抑えられるようです。

出典: http://www.kondo-sika.com/footer/kyosei_shouni.html

6歳から10歳くらいまでは、顎と骨格の矯正がメインの治療になります。金額はおよそ10~40万円程度で、大人の歯列矯正の治療と比べると子供の歯列矯正は安価になります。顎変形症と診断された場合には保険適用になります。しかし、実際には歯列矯正の治療はほとんどは保険適用外です。

出典: http://www.sozai-library.com/sozai/4960

子供や赤ちゃんの歯ぎしりに、今日からできる自宅ケア

出典: http://moomii.jp/kosodate/toothsound-sleeping.html

自宅ケアとして、毎日の習慣にしたいのが、食べ物をよく噛むことです。よく噛む事で顎の成長につながり、噛み合わせにも良いといわれています。柔らかいものだけではなく、よく噛む必要があるメニューを取り入れるのも良い事です。

出典: http://trenddailynews.com/archives/222.html

正しい姿勢で食べることも自宅ケアの一つです。猫背になってしまうと、口を開けるための筋肉が使いにくく、子供の顎の発達に悪影響が出ます。また、ソファーにもたれながら食べるのも、うまく力が入らないためおすすめできません。

出典: http://fujimura-masanori.com/why-children-raised-overseas-are-more-independent

子供の世界にも人間関係が存在します。大人は自分で息抜きもできますが、子供はなかなか自分のタイミングで息抜きをすることができません。暮らしの中でストレス発散できるようにしたり、あまり監視せずリラックスできる環境を与えてあげるのも歯ぎしりに対する自宅ケアと言えるかもしれません。

出典: http://trend-torisetsu.com/wp-content/uploads/2015/06/30a72e5625401460fcac0a751cb71b45_s-1-500x333.jpg

寝る前にできる自宅ケアもあります。それはリラックスさせてあげること。スマホがお気に入りの子もいるかもしれませんが、スマホの光は脳が刺激され興奮状態になってしまいます。そうなるとストレスから歯ぎしりにつながりやすいと言います。子供や赤ちゃんの大切な目を守るためにも、育児中のスマホの使い方は注意したほうが良いでしょう。

歯医者で子供や赤ちゃんの歯ぎしりは相談できる?

出典: http://www.horiishika.jp/

歯医者では歯ぎしりの治療についての相談を受け付けています。小児科に行ったついでに治療が必要かどうかアドバイスがもらえる場合があります。

歯医者での治療は?

出典: http://www.aoki-dc.com/

赤ちゃんの歯ぎしりについては成長過程で、自分の歯を確認する行為であったり、歯や顎の発達のために必要な行為でした。実際に歯医者で治療の相談を行く時期は、6歳頃で永久歯が生えそろった時、そして歯ぎしりが続いている場合です。実際の治療については金額のこともあるので、検討してどの治療法にするか決めましょう。

子供や赤ちゃんとの暮らしを楽しみましょう

出典: https://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11004105351&GroupCD=0

子供や赤ちゃんの歯ぎしりについて、見守る時期、注意する時期、治療の内容などをお伝えしました。子供や赤ちゃんにとって、やはり一番頼れるのは親なのです。もし、治療が必要と判断されれば早く治療を始めた方が経済的です。そのためには、身近にいるお父さんお母さんがしっかりと子供や赤ちゃんと向き合い、楽しみながら健康チェックも怠らないことが大切です。

出典: https://matome.naver.jp/odai/2136548066558478101

育児をしながら暮らしていると、心配事が尽きません。しかし、それよりも子供や赤ちゃんの笑顔や行動に、癒されたり救われる事の方が多いのではないでしょうか。

出典: http://ixil.info/archives/17874

育児というものは、子供が小さいうちは毎日が大変です。しかし、終わってみるとあっという間だったという事もよく耳にします。大きくなるまでには病気もするかもしれません。今回は歯ぎしりについてでしたが、子供や赤ちゃんはまだうまく痛みなどを口にすることはできませんので、一緒に暮らしている大人が注意して、必要であれば病院での治療や自宅ケアをしていくようにしましょう。

出典: https://h-navi.jp/column/article/486

もっと歯ぎしりについて知りたいアナタへ!

歯ぎしりの原因は睡眠の質が問題?ストレスも歯ぎしりの理由になるのか調べてみた | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ