何もしたくないときの原因は病気?解決策まとめ!気分を盛り上げる方法は?

毎日の暮らしの中で、何もしたくないときの原因が病気のうつのときもあれば、そうではなく生活の中に原因があることもあります。このように何もしたくないとき、マイナス志向がプラス志向に替えられる解決策や気分を盛り上げる方法はないでしょうか。

何もしたくないときの原因は病気?解決策まとめ!気分を盛り上げる方法は?

目次

  1. 暮らしの中で何もしたくないときの症状って?
  2. 何もしたくないときってどんな気分?
  3. 何もしたくないときの原因にはどんなものがあるの?
  4. 何もしたくないときの解決策を知りたい
  5. 何もしたくないときの病気ってうつ?
  6. 何もしたくないとき名言集は如何ですか?
  7. 何もしたくないときでも自分で解決策を見つけなければならない場合は
  8. 何もしたくないときの気分の盛り上げ方法は?
  9. マイナス思考は解決策にならない。さあ、立ち上がろうよ!!
  10. 何もしたくないときの原因と解決策方法のまとめ

暮らしの中で何もしたくないときの症状って?

暮らしの中でこのようなことありませんか。やらなけらばならないことは沢山あるが、億劫になり何もしないでいるとできないためにイライラして、さらに何もしたくないと落ち込み、ボーッとして1日過ごしたことありませんか。

夜になると何もしなかった日中のことが思い出され不安になって眠れぬ夜を過ごしすため悪循環を繰り返し、次第に心身の疲れが溜まってしまうことありますよね。明け方に眠りにつき、起床時間になれば、何もしたくない疲れた、起きたくないとお昼近くまで寝てまい、悔やんでみたりすることありませんか。

やろう、頑張ろうと思い仕事に向かっても、何もしたくないと遂に寝てしまい、何もできなかったことはあるはずです。もやもやした気分では何もできないってことの経験はありませんか。何もしたくない、ただボーッとカーテンを閉めた部屋の中に座って何も食べずに1日過ごしてしまったことありませんか。

何もしたくないときってどんな気分?

何もしたくない、食べたくないの症状がどんどんと深くなり、気が滅入り、時には病気かもしれないと疑ってみたり、打ち消してみたりと葛藤が起こるときもあり、不安で落ち着きを失い、どうしてよいかわからない状態に陥ってしまいます。

もっとひどくなって、自分を責め立て一層に落ち込んでしまうこともあります。でも、ちょっと待ってください。どうしてこのようになったのですか。病的なことでなければ、何もしたくないと落ち込むのは何かあるはずです。

何もしたくないときの原因にはどんなものがあるの?

何もしたくないとき、ただじっとうつ向いていても解決しませんよね。あまり深刻にならない間に、原因を考えてみてはいかがでしょう。時が経つに連れ、深刻さが増し、病気のうつにならないようにしたいですね。落ち込んで何もしたくないときは、暮らしの中で誰しもあることです。

思い当たる原因があるはずです。社内での人間関係や家族のこと友とのいいあいなどで悩んでいませんか。暮らしの中に人に話せない悩みや苦しみもあり、自分で何とか解決策を取らなければならないこともあります。

何もしたくないときの解決策を知りたい

暮らしの中の問題では人の力を借りることができる原因も多々にあります。話すだけでも気が楽になるものです。信用できる友や身近な人に相談し、力を借り、原因や解決策と協力をお願いしましょう。困っているとき、手を差し伸べてくれる人が友ではありませんか。

話して解決するようなことが原因ではなく、何もしたくないときは、朝日を浴びるように心がけ、目覚めのリズムを暮らしの中に作ることが、解決策の一つです。何もしたくないとき、例えば、ケーキ大好きとか、香を聴くのが好きとか、音楽を聴くのが好きなどの五感に関しての刺激を暮らしの中に取り入れることもよい解決策でしょう。

動けるようならば、部屋から出て、軽い散歩も気分転換になり、何もしたくない気分を晴らしてくれるでしょう。とかく現代人の暮らしでは、運動が不足がちです。ランニングなどもよい気分転換になり、適度の運動で汗をかき、少しの疲れでさっぱりして快感がえられると、何もしたない気持ちを活気してくれるはずです。

暮らしの中で、お風呂は夜と決まったものではないでしょう。何もしたくないとき、入浴もリフレッシュでき、気分も晴れますのでおすすめします。疲れが原因で何もしたくないときはぬるめのお湯にゆっくり浸かるのがよいでしょう。気分がすっきりしないときは熱めの湯船にさっとはいるか熱めのシャワーがシャキッとして良いでしょう。

暮らしの中で疲れが溜まっているのならば、ビタミンCを摂ることも疲れが取れるといわれていますので、疲れが取れれば精神的にも落ち着けて解決策の一つとなるでしょう。

何もしたくないときの病気ってうつ?

何もしたくないが長く続くようでしたら、これをチェックしてみてはいかがでしょう。あてはまるものに〇をつけてみてください。うつの病気の可能性があるならば、専門医に相談することをおすすめします。色々と気分転換を心がけてもよくならないとき、このような症状が長引くときは、心の病気のうつかもしれません。専門医に相談してみましょう。

うつの病気は、几帳面で、他人との関係を気をつける人がなりやすいといわれます。環境の変化に対応しきれず、融通が利かないなどの人は、病気のうつになりやすいといわれます。さらに進行すると、下記のような症状が起こりやすいといわれます。

特に「どこまでが自分の役割かわからない」とか、「同時にいくつかの役割が割り振られた」という状況では「あれもこれも今やらなければならない」といったことになりがちです。  さらに、それらの悩みを誰にも相談できずに一人で抱え込むと、「まわりのサポート不足」となってしまいます。  その結果、「脳(心)のエネルギー」が不足し、「否定的なものの見方」が顔を出し、普段なら苦にならないことまでが苦になってきます。

うつの病気にとかくみられる否定的なものの見方と、自分を否定的にとらえてしまうことがあります。いつものことで済まされるとは限りません。医療機関に相談することも否定的になり、一層に病気を悪化させてしまうことも起きるといわれます。

うつになることは一般的にあることですから、うつの病状が深刻な状況になる前に、できるだけ早く専門医に相談することをおすすめします。回りが人が気づいたら、解決策として、何もしたくないことに触れず、本人が訴える例えば眠れないなどがあればその治療にと、医療機関の相談をすすめてはいかがでしょう。

何もしたくないとき名言集は如何ですか?

暮らしの中で、ときに何もしたくないなど、いやになったりすることは、誰しも陥ることがあることです。動くのも、出かけることも、鬱陶しく、何もしたくないと部屋に閉じこもってしまいます。そのとき自分が好きだったアニメや名言集をめくってみてはいかがですか。ムーミン一家の名言集を参考になればと思いリンクしてみました。

Thumbムーミン名言集!スナフキンやリトルミイの名言も!【画像・英語】

何もしたくないときでも自分で解決策を見つけなければならない場合は

苦難をしのいだ人の言葉も意味が深いですね。何もしたくないとき、「今もままならダメかなって思たときはもう変わり始めているから」、「大丈夫!キミならできる!」と呟いてみてはいかがです。何もしたくないときこのままで終われるとは思われません。自分しかできないことや解決できないことは、自分を信じ奮い立たなければそこから脱出することはできませんよね。

先のことを考えず、今できることをする気持ちに切り替えることができれば、幸いです。歌の文句ではありませんが「1日1歩、3日3歩、3歩進んで2歩下がる」の心意気で自分を追い詰めないことが肝要ではありませんか。

何もしたくないときの気分の盛り上げ方法は?

暮らしの中で何もしたくないは、むしろ人間らしくていい事ではありませんか。でも、いつまでも何もしたくないでは、また人らしくありませんね。名言でも、歌謡曲でも、詩集でも何でもよいから、「がんばらなくちゃ~」と自分を激励してくれる自分の心の応援歌を持つことをおすすめします。

有り触れているかもしれませんが、「夢」はいつまでも持ちたいものですね。青年時代だけに許されたことではないと思われます。ちょっと背伸びすれば届きそうな夢をもって見てはいかがですか。人とて動物です。1日の生活サイクルは心身の健康維持にも大切なことです。生活習慣を見直し、朝日を浴び朝の目覚めと睡眠のゴールデンタイムの睡眠を心がけ心身の健康を取り戻すようにしましょう。

食習慣も運動習慣も生活に必要なことです。過度のダイエットや偏った食事・ダイエットは、健康に支障を起こしやすく、健康は精神の安定にも影響しやすことといわれています。ですから、食のダイエットより運動によるエネルギー消費で、健康な体つくりと精神力を培うようにすることも必要ではないでしょうか。

マイナス思考は解決策にならない。さあ、立ち上がろうよ!!

悲惨だった東北地方太平洋沖地震のとき、いわれた『頑張れ、ニッポン。』。落ち込んでいても先には進めぬと、このフレーズが誕生。そう、その心意気ですよ。みんな何かの苦労を背負っているものです。晴れ晴れしいオリンピックの舞台に立つ選手の一人一人の葛藤や孤独の苦闘があるからこその姿ではないですか。何もしたくないに留まっていないで立ち上がりましょうよ。

自分だけではないのですよ、一人じゃないってを思い出してください。こんな悩みを抱えるのも一人だけではないし、誰か手を差し伸べてくれる人がいますから、本当に一人ではありませんよ。

何もしたくないときの原因と解決策方法のまとめ

毎日の暮らしの中で、思わぬことで傷ついたり、傷つけたりすることが多々あります。学校へ行きたくない、出勤したくないなど思わない人はいないといっても過言ではないでしょう。一生に一度くらいはこのような何もしたくないときがあるのではないでしょうか。うつの病気にならないように自分なりの解決策を探るきっかけになれば幸いです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-06 時点

新着一覧