転勤族の妻は仕事どうしたらいい?おすすめの仕事や探し方を紹介!

転勤族と結婚したら、妻は仕事をどうすれば良いか?転勤族の妻におすすめの仕事はあるのか、探し方はどうすればいいのか、転勤族の妻の目線で悩みの解決方法をご紹介します。これからお仕事をしたいと考えている転勤族の妻、必見の情報です。

目次

  1. 夫が転勤族の妻の現実
  2. 結婚後に夫が転勤族の仲間入りをしたら
  3. 妻の仕事への影響
  4. 転勤族の妻におすすめの仕事
  5. 転勤族妻が仕事探しを楽にするコツ
  6. 結局は働くのは自分!転勤族の妻は仕事どうしたらいい?まとめ

夫が転勤族の妻の現実

出典: http://home-onayami.com/jutaku-loan-tenkin-00054/

夫が転勤族だと、その妻や子供など家族も同様に引っ越しをするのが大半なので家族は転勤の度に知らない街に移り住まなくてはなりません。特に妻にかかる負担は想像以上でしょう。

出典: https://sumaiweb.jp/archives/378

妻自身が人見知りしないタイプで新しい環境にも対応しやすい性格であれば特に問題もありませんが、妻が人見知りだと環境に慣れるのにかなり時間がかかります。転勤して新しい仕事場で疲れている主人に愚痴をこぼすわけにもいかず、ただ我慢するだけの妻も多いと思います。

出典: https://tamagoo.jp/lifestyle/work-in-transfer-of-husband/

転勤族の妻の場合、最初から転勤族だとわかって結婚したのであれば心構えが足りないのではないのか?と厳しい目で見られることも多くあります。同じような環境の妻同士の会話でも転勤に慣れている妻と不慣れな妻では新しい場所での順応力にも大きな差が出てしまい、その差が元で厳しい発言を受ける事もないとは言えません。

出典: http://apparelkyujin.org/taigu/03.html

夫は新しい仕事でてんてこまい、妻も新しい環境にてんてこまい。自然と愚痴も増えてしまい、ため息も多くなったり。そんな時にお互いが励まし合えれば良いのですが、心に余裕がないとなかなかうまくいかないものです。夫と妻の二人家族であれば大人だけの問題なのである程度の我慢も必要だと割り切れますが、子供がいると我慢と言う言葉で済ませるわけにはいきません。そこが母親である妻の苦しい部分です。

結婚後に夫が転勤族の仲間入りをしたら

出典: http://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00012/

結婚する前も結婚してからも転勤族とは無縁の生活をしている家庭が、突然転勤族の仲間入りをする可能性もあります。会社の経営方針の変化、部署移動や部署の廃止統合など、会社内での色々な問題が突然夫婦に降りかかってくる事もあります。

出典: https://p.cdnanapi.com/r/2014/03/12/17/20140312172453_532019d5557df.jpg?quality=85&size=650

子供が内々家族の場合は大人だけの転勤なのですが、子供がいると子供に関わる手続きも大変です。幼稚園や学校の手続きに関しては特に問題が生じやすくなります。例えば、小学校の場合、次に通う小学校の情報が全くない状態で学校手続きをスタートするので子供も親も不安が大きいです。学区制の問題があるので公立の場合は自分で通う学校を選べないのが最大の不安要素だと思います。

出典: http://cataso.jp/idea/1282/

結婚生活を送る中で転勤族の仲間入りをした場合、自分が思う結婚生活は恋愛時代から大きく変化してしまいます。結婚して夫婦生活をスタートさせて、落ち着いた生活をしていた矢先に転勤族の仲間入りになるケースは特にショックも大きくなると思います。

出典: https://www.wofs.jp/629.html

恋愛時代から転勤族だとわかっていれば心構えもできたでしょう、しかし結婚後に転勤族になってしまった場合はそうはいきません。だからと言って結婚生活をそこで終了と言う事も不可能な話ですので夫婦でよく話し合って出産や妻の仕事に関しても今後どのようにしていくべきか?明確にしておくのが無難でしょう。

妻の仕事への影響

出典: https://toranet.jp/contents/career_skill/work_woman/10986/

転勤族の妻の大半は主人の転勤タイミングで仕事を辞めているのが現実です。恋愛をしていたころからずっと同じ仕事をしている場合だと自分だけ仕事を辞めると言う選択に悩む妻も多いと思います。

出典: http://storio-inc.com/blog/women/message/

転勤族の妻は仕事を探して採用される率が決して高いとは言えません。しかし、転勤族と言ってもその頻度はまちまちですので、転勤から次の転勤までの年数が短ければ短いほど就職はかなり厳しくなります。特に正規社員での就職が厳しいでしょう。

出典: http://josei-bigaku.jp/putikintore12183/

転勤族である事を隠して仕事に就くのはお勧めの方法ではありません、しかし転勤族だと採用してもらえる確率が下がってしまうのも現実なので、採用されやすい仕事を探す工夫が必要です。

転勤族の妻におすすめの仕事

出典: https://allabout.co.jp/gm/gc/466387/

仕事の探し方としては、保育士、看護師、介護福祉士、美容師、調理師など資格が武器になる職業の場合は転勤族だと言う部分をカバーできます。あとは、経験がある職種に応募することも採用への近道です。

出典: https://careerpark.jp/68998

期間限定の仕事をするのも探し方の一つです。短期単発の仕事をするなど長期の就業を求められない仕事をすれば良いと思います。例えば、スーパーで試食試飲販売の仕事、この仕事は単発の仕事ですから一日単位で就業可能です。試験会場の仕事や引っ越し、工場の簡単な作業、コンサート会場やイベント会場の仕事も短期募集が多くあります。

出典: http://www.chiwata.jp/tour.html

資格を持っている人でも転勤族の妻だと言う部分で採用が正規社員ではなくパートタイマーになる可能性はあります。しかし、急に仕事をやめる可能性がある部分は変える事が出来ない事実なので、無理をして正規社員にこだわらず、できる環境で仕事をするという気持ちでいるほうが自分自身が楽だと思います。

出典: https://asajikan.jp/article/80866

転勤族の妻にお勧めの仕事は日本全国どこでも出来る仕事です。極端に言えば自宅でも出来る仕事です。自宅で出来る仕事の一例はお料理教室や着付け教室など教える仕事です。夫婦で話し合って結婚生活に支障がない範囲で自宅で何かを教える仕事をしても良いかもしれません。

出典: https://woman.mynavi.jp/article/151116-25/

おすすめのお仕事は他にもあります。自分で起業してしまうのです。会社の社長になって仕事は他の人に任せる形でも良いと思います。お店のオーナーになってお店は人を雇って展開する、自分は社長として月に一度なりお店を見に行くなど、工夫すれば自分が動かずして仕事を成立させることも可能なのです。

転勤族妻が仕事探しを楽にするコツ

出典: http://gahag.net/007781-hands-laptop/

仕事探しは転勤族の妻には大変な作業です。特に引っ越したばかりだと土地勘も無いので仕事を探す時も面倒が増えます。そこで仕事探しに役立てたいのが地図アプリと乗換案内アプリです。仕事場の住所をチェックして通勤にかかる時間を計算したり、最寄駅から何分電車に乗るのか計算したり、交通費の計算にも使えます。持っていると便利なのでスマホやパソコンにダウンロードしておきましょう。

出典: http://kutikomi-job.com/ranking/childminder/female-worry

子供の幼稚園や学校などで交流がある親に仕事を探していることを話してみる。転勤族なので仕事が探し辛い事を前提に相談してみたり、何かお仕事があれば教えてほしいと声をかけておくと良いでしょう。

出典: http://gabrielascherer.com/hoiku.php

まだ転勤族の妻になる前に就いていた仕事が再就職の武器になる場合も有ります。実際に若いころ遠距離恋愛をしていて寂しさを解消するために勉強をして国家資格を取得した人がいました。その後、転勤族の妻になってからは資格を活かして仕事をしていました。過去の経験が生かせる仕事に付ける可能性もあるので職務経歴をさらりと周りに話しておくのもおすすめの方法です。

結局は働くのは自分!転勤族の妻は仕事どうしたらいい?まとめ

出典: http://love-university.com/hoikushi-kanozyo/

転勤族の妻になり働くと言う行為は決して楽ではありません。しかし、全く無理な話でもありません。やりたい仕事ができることが一番だと思いますので、最初からあきらめずに色々な視点からチャレンジしてみて下さいね。例え希望のお仕事につけなくても、次の転勤先でチャンスがあるかもしれません。前向きに捉えて頑張っていきたいですね。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ