2017年のトレンドカラー「グリーニー」をインテリアに取り入れる!

毎年発表されるトレンドカラー。ファッションやインテリアの分野でトレンドカラーを取り入れることでおしゃれ度が格段にUPします。今回は2017年のカラー・オブ・ザ・イヤーに選出された「Greeny(グリーニー)」を使ったインテリアをご紹介していきましょう。

2017年のトレンドカラー「グリーニー」をインテリアに取り入れる!

目次

  1. 2017年のカラー・オブ・ザ・イヤーは「Greeny(グリーニー)」
  2. 存在感を出すならソファを「グリーニー」に
  3. 「グリーニー」色のチェアを置いてみる
  4. ダイニングチェアをトレンドカラーに
  5. ほかにもこんな大物に
  6. 「グリーニー」を取り入れたキッチン
  7. 海外ならでは?「グリーニー」な壁のあるインテリア
  8. リラックスできる「グリーニー」をベッドルームに
  9. バスルームにもトレンドカラーを
  10. クッションで「グリーニー」を取り入れる
  11. 「グリーニー」カラーのカーテンを使ったインテリア
  12. トレンドを小物で取り入れる
  13. こんなところにもなじむ「グリーニー」
  14. トレンドカラーをインテリアにも

2017年のカラー・オブ・ザ・イヤーは「Greeny(グリーニー)」

色見本を制作している「Pantone(パントン)」

アメリカに本社がある「Pantone(以下、パントン)」は、世界各国で使われている色見本を作成しています。「パントン」は毎年「カラー・オブ・ザ・イヤー」をはじめ、そのシーズンのトレンドカラー発表しています。

2017年のカラー・オブ・ザ・イヤー

2017年のカラー・オブ・ザ・イヤーは「Greeny(以下、グリーニー)」。「グリーニー」はさわやかな黄緑色です。緑は自然を象徴する色。中でも「グリーニー」の黄緑は新鮮なエネルギーを感じさせてくれるでしょう。

インテリアにトレンドカラーを使う

海外では「パントン」が発表するトレンドカラーをインテリアに取り入れる方が多くいます。今回は「グリーニー」を使った海外のインテリアをご紹介していきましょう。

存在感を出すならソファを「グリーニー」に

トレンドカラーを大きな面積に使う

トレンドカラーをインテリアに取り入れる方法は2種類あります。1つはお部屋の中で大きな面積を占めるものをトレンドカラーにする方法。大きな家具や壁、カーテンなどを「グリーニー」にすることで、一気にトレンド感がUPします。まずは、「グリーニー」色のソファを置いたインテリアを見ていきましょう。

ヴィヴィッドカラーでも花の色ならOK

「グリーニー」にヴィヴィッドなカラーを合わせるとファッショナブルな雰囲気に。ピンクやイエロー、パープルなどは、お花にもある色。”自然つながり”でなじみやすいのです。ソファを「グリーニー」にするなら、クッションや周囲にデコレーションするオブジェ、花瓶のお花などにヴィヴィッドカラーを取り入れて。

本物のグリーンとの共演

シンプルなフォルムの「グリーニー」カラーのソファが置かれたリビングルーム。こちらには大きめサイズの観葉植物がいくつも置かれています。本物のグリーンとトレンドカラー「グリーニー」の共演といったところでしょうか。リラックスできる空間を作り上げていますね。

ナチュラルなインテリアにも似合う色

自然の若葉の色である「グリーニー」は、ナチュラルなインテリアにもなじみますね。無垢材を使ったローテーブルと「グリーニー」色のソファとの組み合わせです。テーブルの上のオブジェや器もナチュラル・テイストのものをチョイスして。

サイドテーブルとのハーモニー

「グリーニー」と相性のいいナチュラルな無垢材のサイドテーブル。テーブルの上にも「グリーニー」色のガラスの花瓶を置いて、新鮮な葉のついた枝物を無造作に投げ入れて。色が生み出すハーモニーを楽しむコーナーの完成です。

「グリーニー」色のチェアを置いてみる

おしゃれなサボテンチェアー

大きなソファを買い替えたりカバーのファブリックを取り替えたりするよりも、もう少し手軽な方法もあります。それは、チェアを「グリーニー」にする方法。インテリアのアクセントになるようなかわいいデザインのチェアやスツールならお値段的にも手ごろですね。こちらはサボテンデザインのワイヤーチェア。ポップな雰囲気がプラスされます。

モダンなチェアにも「グリーニー」を

こちらはミッドセンチュリーを代表する家具デザイナーであるイームズの「シェルチェア」を復刻したプロダクト。「グリーニー」色のシェルと白木の脚の組み合わせが、とってもナチュラルですね。

1人用のリクライニングソファも

こちらはアメリカ・ノースカロライナを本拠地にしている「Jessica Charles」の1人用リクライニングソファ。お休みの日にのんびりすごせるスペースに自然の色が使われていると、よりリラックスできそうです。

無地とダマスク柄を組み合わせて

こちらのチェアは無地のファブリックとエレガントなダマスク柄とを組み合わせたデザイン。深みのある木の脚をつけて、シックな雰囲気に。

ダイニングチェアをトレンドカラーに

モダンなモノトーンインテリアに

1脚でもインテリアのポイントになってくれるトレンドカラーのチェア。ここでは、ダイニングチェアを「グリーニー」でそろえたインテリアをご紹介していきましょう。こちらはモダンなモノトーンインテリアでまとめたダイニング。レザー張りのダイニングチェアは鋲が使われたクラシカルなデザイン。天井からつるしたカーテンもグリーンでそろえたスタイリッシュな空間です。

白い空間に「グリーニー」なチェアを

こちらは白でまとめたダイニングに、「グリーニー」色のファブリック張りのチェアを合わせたインテリア。モダンなデザインのテーブルやチェアに、クラシカルなシャンデリアやミラーをミックスしたスタイリッシュなスペースです。シンメトリーに置いた観葉植物の葉色も「グリーニー」。

木をふんだんに使ったキッチン・ダイニング

無垢材を壁や天井にたっぷりと使ったナチュラルなキッチン・ダイニング。6人掛けのダイニングテーブルは、脚にメタルを組み合わせたモダンなデザイン。「グリーニー」色のダイニングチェアがアクセントになっています。キャビネットやカウンターは明るいグレーにしてバランスを。

モダン・クラシックなダイニング

アクリルとファブリックを組み合わせたダイニングチェア。ボール度なストライプ柄の壁紙やアート作品のような照明など、モダン・クラシックな空間に「グリーニー」がナチュラルな雰囲気をプラスしています。

ほかにもこんな大物に

「グリーニー」のラグを敷いて

玄関前の廊下に「グリーニー」なタテ長ラグを敷いて。エキゾチックなデザインとナチュラルな色味が、ダークな床色とマッチしています。

カーペットにも

こちらは面積の大きなカーペットを「グリーニー」にしているリビング。「グリーニー」に白でステッチラインが描かれたデザインがポップな雰囲気ですね。

コンソールテーブル

こちらはコンソールテーブル。白い壁に明るい「グリーニー」が映えますね。コンソールテーブルに飾られたオブジェやテーブルランプなどはナチュラルな素材を集めて。

作り付けの本棚

こちらも海外らしいインテリア・アイデア。天井までの高さの作り付けの本棚を「グリーニー」カラーにペイントしています。1人掛けのチェアはクラシカルなデザインで重厚感がありますね。

「グリーニー」を取り入れたキッチン

「グリーニー」のアクセント使い

ここではキッチンに「グリーニー」を使っているインテリアをご紹介します。まずは、キッチンカウンターのセンターにある窓枠を「グリーニー」にしているアイデア。白を基調にしているので、さわやかで明るい空間に。

バックスプラッシュに「グリーニー」

キッチンのシンクやグリル側の壁をバックスプラッシュと呼びます。こちらのキッチンは、バックスプラッシュを「グリーニー」にし、シルバーやホワイトと組み合わせることでモダンなスペースに。

クラシカルなオーブンセット

こちらはクラシカルなデザインのオーブンセット。バックスプラッシュやシェードも含め「グリーニー」で統一したセットと、白でまとめた引き出しや収納とがさわやかなバランスに。キッチンフロアは無垢の床材に「グリーニー」で市松柄にペイントをプラスしてポップな印象も生み出しています。

「SMEG」の冷蔵庫

ポップでレトロなデザインが人気のイタリア家電メーカー「SMEG」。トレンドカラーの「グリーニー」の冷蔵庫もラインナップ。丸みを帯びたフォルムがかわいい冷蔵庫がキッチンのポイントになりますね。

カントリースタイルのキッチン

モダンな印象のある「グリーニー」を使ったキッチンですが、こちらはカントリーテイスト。「グリーニー」と白のギンガムチェックを天井にあしらい、キッチンカウンターの引き出しキャビネットにも「グリーニー」にペイント。正面の壁にもグリーン系のプレートをデコレーションしてほっこりと。

キッチンキャビネットや換気扇フードまでも

こちらのキッチンは、パントリー(食品庫)や食器棚の役目を果たすキャビネット、オーブンセット、換気扇のフード、そしてバックスプラッシュと一面を「グリーニー」でそろえています。床や壁、手前に見えるアイランド式カウンターや階段は無垢材を素材にしてナチュラルモダンな空間に。

白と組み合わせたカントリースタイル

クラシカルなカントリースタイルのキッチンも、キャビネットや壁面を「グリーニー」にすると明るくポップな雰囲気に。白との組み合わせがさわやかなキッチンです。

海外ならでは?「グリーニー」な壁のあるインテリア

シンプルモダンな北欧家具と

自宅のリノベーションをセルフでする方も多い海外。最近は日本でも「Re壁プロジェクト」が人気を集めていますね。壁の1面のみをトレンドカラーにペイントし、アクセントウォールを作るとおしゃれな空間を演出できます。

廊下の壁を「グリーニー」に

廊下の壁を「グリーニー」にペイントした空間。突き当りに白いシェルフを設置してディスプレイを楽しむコーナーに仕上げています。ドアも白でそろえてさわやかに。

アートを飾ってギャラリーウォールに

無垢材の床板や木材が使われた家具、小物が置かれたリビングの一画。白い窓枠とバランスの良い「グリーニー」な壁色がさわやかです。アート作品を大小のサイズで飾った壁は、ギャラリーウォール。テーブルの上の本の背表紙と合わせてカラフルに。

壁紙を使った「グリーニー」な壁

こちらはペイントではなく壁紙を使ったアイデアです。「グリーニー」と白を組み合わせた壁紙のデザインに合わせてプランターやスタンドなども白で統一。小さめのラグマットや観葉植物などで「グリーニー」もリピート使いして統一感のある空間に。さりげなく置かれたゴールドの象がポイントに。

リラックスできる「グリーニー」をベッドルームに

ベッドリネンに「グリーニー」

ベッドルームに「グリーニー」を取り入れると、さわやかで落ち着きのある空間を演出することができます。一番手軽な方法は、ベッドリネン。無地のピロ―ケースやコンフォートカバーを「グリーニー」に変えるだけで、ベッドルームのトレンド感が一気に高まります。

トータルコーディネートで作るリラックス・スペース

「グリーニー」な花柄デザインの壁紙のあるベッドルーム。ヘッドボードが高いクラシカルなベッドには、白にグリーニーのラインがあしらわれたシンプルなベッドリネンを合わせて。クッションやスローにも「グリーニー」をリピート使いしたトータルコーディネートが美しいですね。

ネイビーと組み合わせたエレガント・スタイル

こちらのベッドルームはベッドリネンを白でまとめ、カーテンボックスやベッドのヘッドボードをネイビーにすることで、エレガントな雰囲気を演出。カーテンとクッションに「グリーニー」を使ってトレンド感をプラスした、上質な大人インテリアです。

「グリーニー」カラーでペイントしたベッドルーム

こちらのベッドルームは壁を「グリーニー」にペイントしています。腰高のように貼り付けた壁板は、ダークブラウン。ナチュラルなウッディ素材と、モダンなアートやシャンデリア、レトロポップなテーブルランプなどさまざまなテイストがミックスされたおしゃれ空間です。

もふもふ感がうれしい毛布

白でまとめたベッドルームに、もふもふした手触りが楽しめる「グリーニー」カラーの毛布を合わせて。リラックスできるインテリアになっていますね。

バスルームにもトレンドカラーを

1日の疲れをいやしてリラックス

ベッドルームに続き、バスルームやトイレもリラックス・スペースですね。特にバスルームは、1日の疲れを癒す大切な場所。「グリーニー」の持つナチュラルでさわやかな落ち着きがぴったりです。

タイルで作る「グリーニー」なバスルーム

こちらは小さめのモザイクタイルが使われた「グリーニー」なバスルーム。窓からの日も差し込み明るい空間に。

タオルで手軽にトレンドカラーを

バスルームにトレンドカラーを取り入れる手軽なアイテムが、タオル。インテリアのアクセントにもなりますね。壁紙はキュートなサボテン柄です。反対側の棚板シェルフには本物のグリーンも並べてトータルにコーディネート。

スモールスペースにもラグでトレンド感を

こちらはスモールスペースのバスルーム。正面のシェルフに垂れ下がるグリーンを置いて、視線をタテに流し圧迫感をおさえています。足元のラグに「グリーニー」をチョイスしてトレンド感をプラス。ユニットバスでも取り入れられるアイデアですね。

海外らしいおしゃれなバスタブ

「グリーニー」色のバスタブもあります。海外のバスルームは日本とは違い、あまり密閉感がありません。ですから、家具やアートなどを置いてバスルームのインテリアを楽しむことができるのです。

洗面スペースは白でさわやかに

壁を「グリーニー」にペイントした洗面所。キャビネットシェルフは曲線を活かした美しいシルエット。タオルや飾っているお花も白でまとめて「グリーニー」とのさわやかなハーモニーを楽しんで。

クッションで「グリーニー」を取り入れる

トレンドを手軽に

続いてリビングルームに「グリーニー」を取り入れたインテリアをご紹介していきましょう。すでにソファやチェアに「グリーニー」を使ったインテリアを見てきましたが、ここからはアイテムごとにアイデアを見ていくことにします。まずは、クッションから。クッションカバーは気軽にトレンドカラーをインテリアに取り入れることができるアイテムです。

ナチュラル・モダンなインテリアに

白と白木でまとめたナチュラル・モダンなインテリアに、ポンッと1つクッションを置くだけでトレンド感が生まれます。「グリーニー」カラーのクッションのほかに、スローも見えていますね。

グリーンをリピートしたリビング

無地の「グリーニー」カラーのクッションと白地に「グリーニー」で描かれたデザインのクッションをミックスしておいたアイデアがこちら。コーヒーテーブルの上にもグリーニーの花瓶や器などを置いて。大きく広がった器には青リンゴをたっぷり盛り込んでナチュラル感を演出。室内には大きなグリーンの葉やアートなどをデコレーションして、グリーンをリピート。

いろいろなグリーンのトーンを重ねて

白を基調にしたリビングに、「グリーニー」カラーのクッションと、トーン違いのスロー、さまざまな色合いのグリーンを並べて。グリーンの濃淡が白い空間をエレガントに魅せてくれます。

「グリーニー」カラーのカーテンを使ったインテリア

空間に落ち着きと癒しを

続いてご紹介するアイテムは、カーテン。閉めた状態ではかなりの面積を占めることになりますね。開けた状態でも、インテリアのアクセントとしてその魅力を発揮してくれます。

カーテンボックスもソファも

リビングのカーテンを「グリーニー」にするだけでなく、カーテンボックスや家具、小物も「グリーニー」で統一しているインテリアがこちら。天井から床までのロングサイズのカーテンがエレガントですね。

クッションとカーテンを「グリーニー」で

こちらのリビングでは、白いソファに「グリーニー」カラーのクッションを並べ、背後の窓にかかっているカーテンも「グリーニー」で統一しています。大きな窓からの明るい日差しと共に、さわやかなリビングが演出されています。

シャッターでも

こちらはカーテンではなくシャッターがチョイスされたリビング。格子戸風のデザインのシャッターは、隙間から光が美しく差し込みます。ソファやチェアにも「グリーニー」カラーのクッションをセットして統一感も。

トレンドを小物で取り入れる

手軽に作る小さなコーナー

トレンドカラーを小物で取り入れると、手軽にオシャレなコーナーを作ることができますね。ワンルームマンションなどのコンパクトなスペースでも、玄関の靴箱の上やデスクの上、ベッドサイドなどに「グリーニー」カラーの小物を置くだけで、インテリアのアクセントに。

キャンドルをファッショナブルに

海外のおしゃれブロガーたちは、キャンドルの使い方がとても上手。こちらの画像では火が灯っていますが、置いておくだけでもかわいいアクセントになります。サイズやフォルムなどいろいろなタイプのキャンドルを並べるとおしゃれに。キャンドルスタンドをクリスタルやガラス製にそろえると、「グリーニー」がより映えますね。

プレゼントにも喜ばれるマグカップ

マグカップでトレンドを取り入れるのもおすすめです。「グリーニー」カラーに白のドット柄のマグカップはギフトにしても喜ばれそうです。

アフタヌーンティーを楽しむセット

優雅なアフタヌーンティーを楽しむお皿やケーキスタンド、カップなどを「グリーニー」でそろえたコーディネートも。さわやかな雰囲気でおいしい時間を楽しんで。

キッチンリネンやランチョンマット

こちらもギフトにおすすめのアイデア。キッチンリネンやランチョンマットなどを「グリーニー」で。

花びんとランチョンマット

フエルト地のランチョンマットにグリーンのボーダー柄の花瓶を合わせたコーナー。ボーダーの中には「グリーニー」も含まれています。グラスには清楚なスノードロップを生けて。

ガラス製の花瓶

こちらは緑の色ガラスで作られた花びんたち。日の光を受けて「グリーニー」に輝きます。若々しい葉のついた枝物を生けて。

「グリーニー」なスローでほっこりと

「グリーニー」カラーのスローを無造作にチェアに置いて。ほっこり感のあるスローはインテリアをこなれた雰囲気にしてくれます。

こんなところにもなじむ「グリーニー」

ベビールーム

最後はいろいろな場所で使われている「グリーニー」をご紹介します。こちらはベビールーム。シンプルなベビーベッドを「グリーニー」に。

子ども部屋

こちらの子ども部屋は、壁の下3分の1を「グリーニー」に。カラフルなベッドカバーやチェアとのバランスもいいですね。

階段の手すりに

白い空間に「グリーニー」カラーの手すりが映える空間。奥の壁につけられたバーも「グリーニー」です。

ガーデン

芝生のあるガーデンに置かれたガーデンセットに「グリーニー」のクッションを合わせたエクステリア・アイデア。鮮やかなカラーはアウトドアにフィットします。

トレンドカラーをインテリアにも

いかがでしたでしょうか。パントンが発表した2017年のカラー・オブ・ザ・イヤー「グリーニー」を使った海外のインテリア・アイデアをご紹介しました。大きな家具や壁の色をトレンドカラーにすることは簡単ではありませんが、小物やクッションカバーなど手軽に取り入れられるものから挑戦してみませんか。インテリアのおしゃれ度がぐっとUPするはずです。

インテリア関連記事

Thumb貝殻でインテリアを手作りしてみよう!簡単な作り方の方法は?
Thumb男前インテリアにDIYするなら100均が活用できる!【画像あり】
Thumb無印のスタッキングシェルフで素敵なインテリアに!使用例を紹介
Thumbおしゃれな本棚で素敵なインテリアに!ひと味違う本棚の選び方!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-03-08 時点

新着一覧