プラバンの着色方法まとめ!ポスカや色鉛筆でも着色できる?

あなたは昔プラバン遊びをした記憶がありますか?プラバン遊びと言うと、油性ペンで線を描いて着色してというイメージだったと思いますが、今は様々な着色方法がされるようになってきています。大人かわいいアクセサリーにも使えるプラバンの新しい着色方法をまとめてみました。

目次

  1. 従来のプラバンの着色
  2. どんな物がプラバンに着色出来るの?
  3. 基本の油性ペンでもプラバンになるべく綺麗に着色する方法
  4. くっきり発色するポスカはプラバンでも大活躍
  5. プラバンを焼いてから着色するアクリル絵の具
  6. プラバンにヤスリをかけて、さらに多くの着色方法が可能に
  7. グラデーションの着色がしやすい色鉛筆
  8. おしゃれアイテムはパステルでの着色も人気
  9. プラバンの仕上げにレジンを使えばかわいさアップ
  10. プラバンの着色方法を勉強して、かわいい作品を作りましょう

従来のプラバンの着色

あなたはプラバンと言うとどんなイメージをお持ちでしょうか。子供が遊ぶ物で、簡単なキーホルダーを作るくらいなら良いけど、大人は持てないなんて思っていませんか?

@nn._.mnさんの投稿
12424539 1516476438647775 450789094 n

たしかに、今大人のあなたが小さい頃は、油性ペンのみでの着色が主流で、出来上がりもチープな物が多かったかもしれません。やっぱり、大人かわいい物とは程遠いですよね。

@yumeyasanさんの投稿
16465109 1847054998903790 4530989196457803776 n

しかし、最近はハンドメイド作家さんの試行錯誤などによって、どんどん新しい着色方法が出来るようになってきました。そこで、今回はプラバンへの着色方法やコツについてまとめてみたいと思います。

どんな物がプラバンに着色出来るの?

プラバンにいろんな物で着色出来るようになったのはわかったけど、いったい、どれほどの着色方法があるのでしょうか。

@bushman_sanchaさんの投稿
16585235 735825039906715 6957267271949484032 n

まず代表的なものがやっぱり油性ペンですよね。マッキーなどもこれになります。ポスカも油性ペン同様に使うことが出来ます。特にポスカはっきりした発色なので、ポップな作品などを手作りしたい時におすすめの着色方法です。

@namikoaozoraさんの投稿
16789189 420574151620550 820975074415738880 n

そして、使った事がない人も多いであろう着色方法が、色鉛筆やパステルなどです。子供達が塗り絵などに使う画材でもプラバンの着色が出来てしまうのです。子供の絵がそのままプラバンになったら嬉しいですよね。淡い色づきなので、グラデーションに着色したい時などに便利です。ふんわりと柔らかい色合いの作品を手作りする時におすすめの着色方法です。

@craft_beadsfunさんの投稿
10979547 782991828449759 673327534 n

せっかくプラバンを作るのでしたら、どんな着色方法があるか、どれを使えば好みの仕上がりになるかなど知っておくのが、自分好みのかわいい作品に仕上げるコツです。色鉛筆などが使えるように加工したプラバンでは水性ペンでも着色できてしまいます。

基本の油性ペンでもプラバンになるべく綺麗に着色する方法

@ikestanmさんの投稿
16585542 214326839042858 7344216767025119232 n

では、各着色方法のコツなどを交えながら着色方法をお伝えしたいと思います。まずは油性ペンです。油性ペンは最初にも書きましたが、チープな雰囲気に仕上がりやすいです。原因は塗りつぶしにあります。油性ペンでは塗りつぶすとどうしても塗りムラが出来やすいので、いかにも手作り感が出てしまいます。

@illustrator2510さんの投稿
16464618 1874871036128764 4817825460584972288 n

今回は他にもたくさんの着色方法をご紹介するので、一回油性ペンで着色するという考えは置いておきましょう。油性ペンでは輪郭だけ書くのがポイントです。輪郭だけ描いてオーブントースターで焼き、そのご裏面からアクリル絵の具などで着色すると、仕上がりのレベルが格段にアップします。

@yuu_hrmさんの投稿
16584903 1254744147976855 924989772051513344 n

くっきり発色するポスカはプラバンでも大活躍

@dai900さんの投稿
16906162 1264268583668955 3908175430519095296 n

学校のイベントなどで使った事がある人も多いポスカ。ポスカはプラバン作りでも大活躍します。ポスカは油性ペンに比べて色ムラが少なく、はっきりとした発色が自慢ですので、ポップな作品を手作りする時には欠かせません。

カラフルでポップな作品を作れるポスカですが、ポスカも塗りつぶしはなかなか難しいようで、塗りすぎるとプツプツが出来たり、仕上げのコーティングの時に滲んでしまうことがあるようです。

@erikashi1129さんの投稿
16583479 480054789048680 4205505021304897536 n

あえて白だけの作品もなかなか不思議な魅力があります。

@ann_sonicさんの投稿
11856611 1480050985631704 1727942459 n

仕上げのコーティングに、マニキュアのトップコートやニス、レジンなどを使うのが着色を取れにくくするのと、かわいい仕上がりにするコツです。どんな作品を作りたいかにもよりますが、ぷっくりさせる事で、プラバン感がなくなり、手作りとは思えない仕上がりに近づきます。

プラバンを焼いてから着色するアクリル絵の具

@k_photo52さんの投稿
16906386 952840558179733 2322739676844130304 n

プラバンへの着色方法の一つアクリル絵の具。アクリル絵の具は乾くと耐水性があるので、プラバンにも使えます。絵の具なので、色の微妙な加減が出来るのが魅力です。水で薄めてしまうとプラバンが絵の具を弾いてしまうので、なるべく薄めずに使うのがコツです。

@nmhh1218さんの投稿
16583131 1248512915229280 6898602773214920704 n

プラバンにアクリル絵の具で着色するのは、他の着色方法とタイミングが異なります。基本的には焼く前に着色するプラバンですが、アクリル絵の具の場合は焼いてから塗るので、小さくなった状態の物に塗らないといけません。この作業が苦手という人もいるそうです。

@yu11ki14さんの投稿
16464007 1447272858639189 1315834729450176512 n

アクリル絵の具で着色する方法を実践している動画あったので参考にしてください。アクリル絵の具での着色の良いところは、焼いた後に色を乗せているので、焼いた加減で変色しないと言うのがメリットです。アクリル絵の具で着色した後はニスなどでコーティングを忘れないようにしましょう。

プラバンにヤスリをかけて、さらに多くの着色方法が可能に

プラバンと言うと、基本的には両面がツルツルの物が多いですよね。最近では半透明のフロストタイプと言うもの販売されていて、このフロストタイプのプラバンだと、細かい傷がある状態なので、今までは使えなかった色鉛筆などを使って、プラバンに着色が出来るようになりました。このフロストタイプのプラバンを使うことで、最近話題の大人かわいいプラバンアクセサリーが手作り出来るようになったのです。

フロストタイプのプラバンをわざわざ買わずに、今持っているプラバンを加工することで、フロストタイプのプラバンのように使うことが出来ます。やり方は簡単です。ヤスリで軽く片面を削って表面に細かい傷を付けるだけです。そうする事で着色方法の幅が広がるなんて、いろいろ作りたくなってしまいますね。

@hisashihidanoさんの投稿
16230300 633959693450144 7892454885499600896 n

紙ヤスリは表示されている数字が低いほど荒く、数字が高くなるほど細かくなります。例えば、プラバンに着色するために紙ヤスリを使うのであれば、目が粗い物より、目が細かい方が着色がしやすいですよね。ホームセンターなどで選ぶ時の参考にしてみてください。紙ヤスリを使うときはムラを作らないように丁寧に作業するのがコツです。またメーカーによって同じ数字でも粗さが違ったりするようなので、お気に入りの紙ヤスリを見つけると良いかもしれません。

グラデーションの着色がしやすい色鉛筆

@kmgi_00さんの投稿
16907055 756416261175663 8078217658480197632 n

プラバンに傷をつけたら、さっそく新しい着色方法を試してみましょう。傷をつけた面に色鉛筆で着色していきます。傷に色を入れるイメージですプラバンに色鉛筆で着色するなんて、子供の頃は思いも付きませんでした。

@ryukikyoさんの投稿
15876485 922037327895943 8948037454628126720 n

大体の色が着色できたら、ブラシなどで色鉛筆の粉を払います。もっと柔らかい雰囲気にしたい場合は塗った面をティッシュなどで擦るのがコツです。色がぼやけて、綺麗なグラデーションを作ることが出来ます。

色鉛筆で着色したプラバンは、焼いて縮むと少し色が濃くなることを考えて着色するのがコツです。これはプラバンの難しさでもあり、思ってもいなかった素敵な作品が出来る楽しみもありますね。

おしゃれアイテムはパステルでの着色も人気

@craft_beadsfunさんの投稿
13248895 1199397380110619 996157163 n

パステルも色鉛筆同様、柔らかい色使いが出来るプラバンの着色方法です。着色するときには白い紙の上などですると、どのように着色できているか確認しながら塗っていくことが出来ます。

@bono30さんの投稿
16789525 628577180684427 3795595374094188544 n

プラバンをヤスリで削るところから着色の方法までを紹介している動画です。油性ペンやポスカなどでは出せない色合いですよね。焼く前に自分の思っている色の濃さにしてしまうと、焼きあがったとき色が濃くなりますので、そこを頭に入れておきましょう。

プラバンの仕上げにレジンを使えばかわいさアップ

@mee__unieさんの投稿
16908016 257193454735552 4916475533614645248 n

子供の頃にやっていたプラバンは油性ペンで着色して、穴を開けて、焼いたら紐を通して完成ではなかったですか?最近の手作りのレベルをアップさせているのがレジンです。このレジンを使うことがかわいい作品を作るコツです。

@handmade2018さんの投稿
16906661 659835057534361 967926255166947328 n

通常のプラバンを手作りするより材料は増えますが、格段に仕上がりが良くなるので、おすすめの方法です。材料はUVレジンとUVライトです。

@sorapuriさんの投稿
15259043 1826807660868211 2730697544886648832 n

焼きあがったプラバンの表面にまんべんなくレジンをコーティングします。かわいく仕上げるにはぷっくりたっぷり乗せるのがコツです。ただし、溢れてしまわないように注意しましょう。レジンを乗せたら、UVライトの中にいれ、レジンの使用方法に書かれている指定の分数固めます。

@piyo8960さんの投稿
16789570 248959758894403 1916434774210117632 n

そうすることで、今までのプラバンと一緒の手作りとは思えない程の出来栄えになります。ちょっと本格的プラバンに挑戦してみたいと思っている人は思い切って揃えてみても良いかもしれません。ネットだとUVレジンがセットでも1万円あれば揃います。

プラバンの着色方法を勉強して、かわいい作品を作りましょう

@hiviraさんの投稿
16584030 177792732714721 7099370126113243136 n

今回はプラバンの着色方法についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。プラバンは子供がキーホルダーを作るための物と思っていた物が、今では大人かわいいアクセサリーまで作れるような万能商品となりつつあります。フロストタイプのプラバンでは今回ご紹介した以外にも、水性ペンやクレヨンなどでも着色が可能です。是非お気に入りの着色方法を見つけて、プラバンを手作りしてみてくださいね。

もっとプラバンについて知りたいアナタへ!

プラバンのデザインが凄すぎる!インスタで見つけたおしゃれな作品まとめ | Pinky[ピンキ-]
プラバンに印刷が出来る?自宅のプリンターやヘアスプレーでも可能? | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ