冷え性対策におすすめのグッズやサプリから食べ物・飲み物まで!

冷え性は寒い時期は特に辛いですよね。中には季節関係なく年中冷え性に悩まされてる人もいますよね。そんな冷え性対策に効果的な方法とは?どんな対策方法があるの?冷え性対策におすすめのグッズやサプリ・食べ物や飲み物をご紹介します。

目次

  1. 冷え性の原因は?
  2. 冷え性対策しましょう!
  3. 若い人も冷え性対策を!
  4. 冷え性対策におすすめ!体質改善しよう!
  5. 今人気の冷え性対策おすすめグッズ
  6. 冷え性対策おすすめサプリ・美めぐり習慣・金時しょうが粒
  7. 冷え性対策おすすめ飲み物
  8. 冷え性対策に効果的な食べ物
  9. 冷え性対策カイロの効果的な貼る位置
  10. 冷え性対策して寒い季節を乗り切ろう!

冷え性の原因は?

冷え性には性別関係なく悩まされますよね。特に冷え性は女性の人がなりやすいですよね。寒い季節だけでなく夏場でも手足や腰、背中や肩など冷えを感じる人も少なくないですよね。この冷え性の原因を少しみてみましょう。

冷え性の一番の原因は血行の流れが悪い人です。血行の流れが悪いと心臓から遠い手足から冷えてくるのです。次に多いのが自律神経の乱れです。夏場エアコンの効きすぎる部屋にいると自律神経が乱れます。他にも、お風呂はシャワーだけだったり、無理なダイエットで食事制限していたり、冷たいものばかり食べている、運動不足なんかも冷え性の原因だったりします。

運動不足や無理なダイエットは筋肉量を減らしてしまいます。筋肉量が減ってしまうと血行の流れが悪くなります。脂肪燃焼能力も落ちてしますので老廃物もたまりやすくなりセルライトの原因にもなるんです。

冷え性対策しましょう!

冷え性の方は冷え性対策をしましょう。冷えは万病の元と昔から言われているように、冷え性の人はそうでない人に比べて病気になりやすいのです。また病気にかかると治るのも遅い傾向があるようです。また冷え性は身体に不要なものを溜め込んでしまい便秘にもなりやすいですよ。

若い人も冷え性対策を!

若い女性は寒さよりもおしゃれを取りがちで、体を冷やしてしまう傾向があります。特に女性は腰を冷やしてはいけないと言いますよね。これは腰が冷えると卵巣機能が低下してしまうからなんです。卵巣機能が低下すると生理不順になったり不妊になる可能性もあるのです。これからお子さんが欲しいと思っている人は特に腰の冷え性対策はした方がいいですよ。若いから大丈夫!は通用しません。今は何もなくても数年後自分の体に返ってくるのでしっかり冷え対策はしましょう!

冷え性対策におすすめ!体質改善しよう!

まず冷え性対策におすすめなのが体質改善です。体質改善とは普段の日常生活を見直すことで出来ることが多いですよ。例えば食生活の見直しをしてみると、外食やお惣菜、即席のものばかり食べたりしていませんか?また、バランスよく栄養を取れていますか?

無理なダイエットで食事制限をするのも冷え性の原因になってしますのであまりよくありません。1日3食きちんと食べるように心がけてみましょう。疲れやストレスを溜め込みすぎると自律神経が乱れて冷え性の原因になるので睡眠もしっかりとるようにしましょう。お風呂もシャワーだけでなくきちんとお湯に浸かって体を温めることを意識しましょう。夏場でもエアコンの効いた部屋にいると体が冷えてしまいます。生活習慣を見直せば基礎体温が上がるようになります。

基礎体温が上がれば血行も良くなるので冷え性の改善につながります。冷え性改善だけでなく、痩せやすい体質にもなるのでダイエット効果も期待できますよ。基礎体温が上がれば脂肪を溜め込まない身体になるのでダイエット効果も期待できるというわけです。まずはお家でもできる体質改善から挑戦してみてはいかがですか?

今人気の冷え性対策おすすめグッズ

今は冷え性対策としていろんなグッズが販売されています。そこでおすすめの冷え性グッズをいくつかご紹介していきます。

蒸気でホットアイマスク

蒸気でホットアイマスクを利用している人も多いですよね。程よい蒸気を含んだ温熱が心地よく目元を優しく包んでくれます。疲れもとれて安眠効果もあるので疲れている方におすすめですよ。

レッグウォーマー

足首を冷えから守ってくれるグッズですが、今はいろんなデザインのレッグウォーマーがあります。おしゃれなものも多いので足首が冷える方はレッグウォーマーがおすすめです。出先でも家でも使えるのでどこでも冷え性対策ができますよ。

冷え取り靴下

今は冷えとり靴下というなんとも不思議なグッズがあるんです。シルク製のものも多いので肌にも優しいのは嬉しいですよね。冷えとりの健康法の一つとして靴下の重ね履きをする冷えとり靴下。足が冷える方におすすめですよ。

湯たんぽ

冷え性対策にはやっぱり湯たんぽです。寝るとき布団に入れておいたり、リビングで足を温めるのに使ったりと湯たんぽは一つあると何かと重宝しますね。今は持ち歩きできる充電式の湯たんぽなんかもあります。

おなかウォーマー

普通の腹巻きよりもおなかを温めてくれるおなかウォーマーを選ぶようにしましょう。おなかウォーマーは効率よく温めてくれるので夜寝るときや外出時にも着用できるので冷え性対策にもGOOD!服の下に隠せるので周りの目も気になりませんよ。

シルクであったか保湿手袋

素肌に優しいシルクの手袋で、寝ている間の手指をしっとり温かくしてくれるグッズです。寝るとき以外にも朝の出勤の時やお出かけの時にも使えるので手が冷える方におすすめのグッズです。手の乾燥が気になる方にもおすすめですよ。

冷え性対策おすすめサプリ・美めぐり習慣・金時しょうが粒

「美めぐり習慣」は冷え性に悩む女性の声から生まれたサプリのようです。このサプリには巡り成分のオーガニック生姜が配合されていて、安心・安全の有機JAS認定もされているようです。身体を温めるだけでなく1日に必要な鉄分も摂取できるサプリにです。

「金時しょうが粒」は靴下なしでも夜中目が覚めないほどポッカぽかできるサプリのようです。こちらのサプリにはショウガオールをたっぷり含んだ乾燥ショウガを原料としているそうです。ショウガで温まるのはこのショウガオールという成分があるからなんです。そのほかにも女性に嬉しい美容成分も配合されているようです。

冷え性対策おすすめ飲み物

冷え性におすすめの飲み物は単に温かい飲み物を飲めば良いのかというと、そうとも限らないのです。冷え性に効果的な飲み物は温度ではなく入っている成分に気をつけるべきですよ。例えば、利尿作用の高い飲み物・発酵しているもの・体を温めてくれる香辛料が入ったものなどです。利尿作用の高い飲み物でおすすめなのがルイボスティーです。

他にもほうじ茶や白湯や生姜湯なんかも体を温めてくれますよ。白湯なんかはお湯なのですぐ飲むことができるし、経済的でおすすめですよ。白湯の温度は人肌と同じぐらいの温度を目安に調整してくださいね。マカ茶なんかも体を温めてくれるのでおすすめです。朝牛乳を飲む人はホットミルクにして飲めば、体が温まりますよ。温かいスープなんかも寒い朝にはおすすめです。牛乳は体を冷やす飲み物ですが、飲みすぎなければ大丈夫のようですよ。何事も取りすぎにはご用心です。

ちなみに体を冷やすと言われている飲み物には、牛乳・豆乳・清涼飲料水・お酒などがあります。コーヒーも体を冷やしてしまう作用があるいうなので、飲みすぎには注意しましょう。一日に何倍も飲んでしまう人はデカフェ(カフェインゼロ)のコーヒーを選ぶのもおすすめです。夏場はホット麦茶なんかもおすすめです。冷え性の方は冷える飲み物を控えてみるのもいいかもしれませんよ。

冷え性対策に効果的な食べ物

冷えに効果的な食べ物は土に埋まっているにんじんやごぼう、かぼちゃ、たまねぎのようですね。根菜類は体を温めてくれる食べ物が多いので積極的に食べるようにしましょう。温かいうちに食べるのも冷え対策のポイントかもしれませんね。一番おすすめなのが冷え性に効果的な野菜を使った煮物料理ですね。煮物料理はバランズよく栄養が取れるし体も温まるし油も使わないのでダイエットにも効果的ですよ。

冷えが気になる方におすすめしたい食べ物は、にんじん、ごぼう、かぼちゃ、たまねぎなどの野菜です。 基本的にはどれも、火を通して調理し、温かいうちに食べるのが理想的です。

逆に体を冷やしてしまう食べ物はトマトやキュウリやナスなどの主に夏野菜が多いです。りんご、梨、バナナなどの果物も体を冷やしてしまうのでこちらも冷え性の人は食べ過ぎには注意しましょう。夏野菜はなるべく温めてから食べると良いですよ。トマトもそのまま食べるのではなく、スープにしたり、煮込み料理にしてみるのもおすすめです。

レタスやキャベツなどをそのまま野菜として食べるのではなく、温める料理にしましょう。キャベツはスープと一緒に煮込んだり、その他の野菜は温野菜にして温かい野菜にして食べるのもおすすめですよ。

冷え性対策カイロの効果的な貼る位置

冷え性対策としてホッカイロを使う人も多いですよね。皆さんホッカイロの効果的な貼り位置をご存知ですか?ホッカイロを首の後ろに貼ると体が温まりますよ。ホッカイロだけじゃなく、体が冷える時は首の後ろからお湯をかけると体が温まるのでお風呂に入った時は首の後ろからお湯をかける意識もしてみてください。

そのほかにも腰、下腹部、右の胸下あたりにホッカイロを貼るのが効果的と言われています。ぜひ試してみてください。ホッカイロは扱いを間違えるとヤケドするので扱いには注意しましょう。

冷え性対策して寒い季節を乗り切ろう!

冷え性の方はそのまま放っておくと大変なことになりかねませんので、寒い季節こそしっかり冷え性対策をしましょう。冷え性対策をして少しでも冷えに悩む時間を減らしましょう!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ