アトピーは遺伝する・しない?どれくらいの確率?遺伝を防ぐ方法は?

誰しもスキンケアを大切にしているこの時代、わが子にアトピーにはなってほしくない!と思うのが親心です。しかし「自分がアトピーだったから子どもにも遺伝するのでは」と不安な方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、アトピーの遺伝と確率や防ぐ方法についてまとめました。

目次

  1. アトピーってどんなもの?
  2. アトピーになる原因とは?
  3. じゃあアトピーが遺伝しない確率は?
  4. アレルギー体質は遺伝しやすい!
  5. 遺伝を防ぐにはどうすればいいの!?
  6. 赤ちゃんの時に保湿するとアトピーを防ぐ確率が上がる!?
  7. 妊娠中から腸内環境を整えることがアトピーを防ぐ!?
  8. 妊娠中は和食を中心に!
  9. もしも子どもがアトピーになってしまっても
  10. アトピーの遺伝と防ぐ方法についてまとめ

アトピーってどんなもの?

@beni_bennyさんの投稿
16789986 113753402485164 2301317535317884928 n

皆さんはアトピー(アトピー性皮膚炎)とはどんなものかご存知ですか?アトピーはスキンケアが足りていないだけ!という単純なものではありません。アトピーというのは、B細胞によって免疫グロプリンEタイプが通常よりも多く作られてしまう、簡単に言えば免疫不全症です。ですので皮膚自体の問題で炎症が起きるのではなく、実際は「免疫」に問題があるのです。

@k.home3さんの投稿
16906158 258281767964012 5392791289391480832 n

見た目に分かる症状は、主に長期に渡る湿疹です。強いかゆみがあり、掻いてしまうことによって患部がジュクジュクします。また乾燥しやすいので、ジュクジュクが治ってもカサカサし、かゆみを感じます。ですので過ごしやすい季節は症状が落ち着いたりもしますが、乾燥の強い冬や、汗を掻き、肌に刺激が多い夏は悪化したりと症状を繰り返し、季節ごとに適切なスキンケアを必要とします。

ココナッツオイルはアトピーやニキビに効果あり?アレルギーや悪化する事はある? | Pinky[ピンキ-]

アトピーになる原因とは?

アトピーの原因は遺伝だけじゃない!

@chanyui_mamaさんの投稿
16906213 140456129808726 4129420783757819904 n

ではアトピーになる主な原因とは何なのでしょうか?皆さんもご存知かと思いますが、1つ目の原因は遺伝です。この場合、生まれ持った体質がアレルギー体質であり、肌のバリア機能がうまく働かないことが原因で肌の炎症を起こします。そして2つ目の原因は生活環境です。食べ物やハウスダスト、ペットが原因で起こることもあります。最近増えているのは、食べ物が原因となるアトピーです。1つ目の原因からわかるように、アトピーは遺伝しないものであるとは言えません。

炭酸水洗顔の効果・やり方!パックにも使えてニキビ跡やアトピーにも効く? | Pinky[ピンキ-]

じゃあアトピーが遺伝しない確率は?

アトピーが遺伝しないことってあり得るの?

@_chakibaby_さんの投稿
17075989 720057251496897 2062100106177413120 n

アトピーが遺伝することは先ほど説明致しました。ではどのくらいの確率で遺伝するのでしょうか?まず、日本人はおよそ10%が「アトピー体質の素因を持つ」とも言われています。さらにアトピーが親から子どもに遺伝する確率は、「両親のどちらかのみがアトピーの場合」およそ30%、「両親のどちらもアトピーの場合」およそ50%と言われています。

@shiiichinさんの投稿
16906601 188088498345441 7720650064741269504 n

最初に述べた通り、日本人はおよそ10%がアトピーの素因を持っているため、両親・祖父母ともにアトピーでなくても、子どもが発症してしまうこともあります。アトピー体質には、様々な原因と複数のパターンがあり、今アトピーでない両親の子どもも、決して遺伝しないというわけではないのです。しかし、発症が100%というわけでもありません。アトピーは、生活環境や食事、遺伝と、多くの要因が密接にかかわって発症するものです。要因のいくつかははっきりしているので、発症しにくい環境を作ることは不可能ではないのです。

アレルギー体質は遺伝しやすい!

アトピーは優性遺伝?

@chanyui_mamaさんの投稿
17076289 100588813805747 2977977765808046080 n

優性遺伝とは、両親の持つ遺伝子が対立した際、実際に発現する確率が高い方の遺伝子の事です。簡単に言うと、遺伝しやすい遺伝子ですね。そしてアトピーの場合ですが、アレルギー体質は遺伝しやすい事から優性遺伝子ではないかと言われています。しかしアトピーの場合は、「一重と二重なら二重の方が優勢遺伝子」とような単純な単純な話ではありません。

@sanakokoroさんの投稿
17076354 971885046279443 5372789828557471744 n

アトピーの遺伝子は1つの遺伝子ではなく、様々な多くの遺伝子が絡み合って生まれる、多因子遺伝であるという説もあり、まだ詳しいことは分かっていません。また、子どもにアトピーが発現しても、どのように症状が現れるかには大きな個人差があるのです。

遺伝を防ぐにはどうすればいいの!?

遺伝するからとあきらめないで

@m_photo09さんの投稿
17077532 1622309241117877 1603014586666057728 n

先ほどの内容からアトピーは遺伝などによって発現しやすいという事が分かりました。そしてアトピーをはじめとするアレルギーは、完治する事は今の医学では難しいです。ですが「どうせ体質で子どもにも遺伝するんだ」なんて諦めないでください。というのも、アトピーは親の産前・産後の努力で、予防できることがあるからです。(人によって差はあります)

@boznewborn007さんの投稿
16908428 1354719547918267 2368865379335274496 n

そもそも、両親がアレルギーだからといって、重症度や発症する時期などが全て子どもに遺伝するかと言うとそうではありません。両親共に重度の喘息やアレルギー、アトピーの症状があっても、子どもは乳幼児期を過ぎれば完治する軽いアトピーのみであったり、反対に親は花粉症のみなのに子どもはアトピーや喘息持ちであるなど、遺伝と言っても発現具合には大きく違いがあります。そしてアトピーを防ぐのに有効と言われる手段もあるのです。

赤ちゃんの時に保湿するとアトピーを防ぐ確率が上がる!?

アトピー遺伝を防ぐにはスキンケアが大切!

@aya_green1010さんの投稿
16908796 1297571826955984 3398751562858758144 n

生まれてすぐの状態から赤ちゃんに保湿剤を塗り、スキンケアし続けると、両親がアトピーの子どもでも発現しないことが多いそうです。しかも3割の確率と、希望を捨てるには惜しい数字…!確実とは言えませんが少しでも望みがあるなら試さない両親はいませんよね?

@upaupa_house_midwifeさんの投稿
16908627 315690248833862 5292163083274289152 n

また、確実でない方法の確率を上げるために、保湿に使用するクリームにもこだわりたいところです。ただ一言に保湿、と言ってもそのためには体を乾燥から保護するスキンケア用クリームが必要です。

@aykkjmさんの投稿
16906299 1818056271793327 5229468921668567040 n

保湿効果が高いスキンケア商品として良く知られているのがワセリンですね。しかしワセリンは乾燥から守ると同時にべたつきが強く、肌に違和感を感じて掻きむしってしまうことがあるようです。石油でできているので毛穴を塞いでしまうのでよくないという意見もありますね。まだ免疫力も高くない子どもの肌です。塗るものはしっかり選んでスキンケアしてあげてください。

妊娠中から腸内環境を整えることがアトピーを防ぐ!?

原因の腸内環境の改善で遺伝しない確率が上がる!?

@carloswakoさんの投稿
17076669 1850548295182981 5445692938447224832 n

アトピーの原因として有力なのは、生活環境であると先ほど紹介しました。特に生活の中で、腸内環境を整えるということが重要だそうです。腸は脳と同じくらいに人体を司る存在だそうで、「腸内環境の乱れ」がアトピーなどのアレルギーの免疫不全の原因になるのだそう。また、新生児の間にできた腸内環境は変えることは難しいと言われています。ですので子どもがお腹にいるときから、お母さんは腸内の環境を良くするように努力しなければいけません。

@izumi.hasudaさんの投稿
16907074 1912476802305151 4747396578275229696 n

腸内環境を整えるのに良いとされているのが「ヨーグルト」ですね。しかし砂糖を取りすぎるのはあまりよくありません。プレーンの物を購入し、はちみつなどを加えて食べることをおすすめします。妊娠する前と妊娠中のお母さんの腸内環境が、子どもが生まれてからの腸内環境にも大きな影響があります。さらにどのようにして産まれたか、質の良い母乳を飲んだか、これらも大変重要になります。

妊娠中は和食を中心に!

アトピーが遺伝しないよう防ぐには和食も効果あり!

@emico.h74さんの投稿
16908383 256330581460955 473355660021465088 n

日本人は古来より、土地の気候や環境に自然と対応した作物を育て、食べてきました。そして腸内細菌は、その自然で育った食べ物を消化吸収できるよう進化してきたはずです。しかし現在、我々が口にするものは抗生物質を使用して保存された肉、汚染物質で溢れた海の魚、遺伝子を組み換えられ、殺虫剤のかかった野菜、キレイに保つ為に混ぜられた食品添加物、自然とは言えない加工食品などです。これらは日本で自然に育った作物を消化吸収してきた腸内細菌を弱める物ばかりです。

@meguhanasoraさんの投稿
17076810 1319473881442483 2723945216347209728 n

これらの食生活は腸内細菌を減らし続ける原因となっており、この先アレルギーを持つ子どもは増えていくと言われています。少しでもそれを回避するには、できるだけ既製品に頼らず、和食中心の食生活を心がけてください。50年前、アレルギーというものはほとんどありませんでした。その頃のような食生活に戻ることができればアレルギーは身近なものではなくなるかもしれませんね。

もしも子どもがアトピーになってしまっても

@chinatsu23_さんの投稿
16908315 1519388804748551 9009987629113933824 n

どれだけ努力しても子どもがアトピーに生まれてしまうことはあります。しかし、それが「自分の遺伝のせいだ」「食生活のせいだ」と責めないでください。今のこの時代で食生活をすべて見直すことは容易ではありませんし、遺伝なんてどうにかできることばかりではありません。それよりも、子どもの症状と向き合い、しっかりケアしてあげてください。

@boznewborn007さんの投稿
16906537 396581654031791 8379290308969496576 n

アトピーは、発症したまま治らずに子どもの時期を過ぎると、完治させるのは難しいです。しかしケアで和らげることはできます。アレルギーの原因になるべく接触させない、スキンケアを徹底し、清潔でうるおいのある状態に保つということが大切です。そのためには部屋をこまめに掃除し、保湿を怠らない、といった配慮が必要になります。両親のケア次第で大人になった子どもの肌質が決まります。発症してからこそ、ふんばりどころなんです。

アトピーの遺伝と防ぐ方法についてまとめ

@akiogaogaさんの投稿
17077224 1329949453734688 4921129886594105344 n

アトピーが親から子どもに遺伝する確率は、両親のどちらかアトピーの場合でおよそ30%、両親がアトピーの場合はおよそ50%と言われており、個人差ではありますが遺伝しやすくなっています。ここまでアトピーと遺伝、防ぎ方についてたくさん書かせていただきました。いろいろ調べ、一番効果が大きいと思ったアトピーの対処法は「腸内環境」をよくすることですね。普段から和食にしたり、ヨーグルトを食べて、日頃からケアしていきましょう!

@blackandwhiteshop_silhouetteさんの投稿
17077403 1833533600303876 5027902421385347072 n

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ