話題の腸内フローラとは?

テレビや雑誌で取り上げられ、何かと話題の腸内フローラ。ダイエットに効果があるらしいと話題ですよね。言葉は知っていても、詳しくは分からない人も多いのではないでしょうか。人間にとって、腸は単なる消化器官ではありません。「第二の脳」とも言われ、たくさんの神経が集中しているため、人体や心に様々な影響を与えるのです。そんな大事な腸内フローラについて、まとめてみました。ダイエットの効果についても紹介します。ぜひ参考にしてください!

健康と美容の基本は「腸内細菌」にある

人間の腸の中には、多種多様な細菌が常に繁殖し続けています。その数は、100兆匹以上、数百種類以上だといわれています。これらの細菌を「腸内細菌」と呼びます。そして、それぞれの菌が集まって、複雑な生態系を形成しているのです。この微生物群を「腸内フローラ」といいます。腸内フローラは、生活習慣や食事、人種や年齢によって異なり、人それぞれなのが特徴です。この腸内フローラによって、人の免疫力や、体形、体質に大きな影響を与えているのです。

腸のお花畑と言われる、腸内フローラ

小腸から大腸にかけて、様々な種類の腸内細菌のグループが腸壁にびっしりとついています。顕微鏡でのぞくと、その様子はまるで、植物が群生しているように見えることから、お花畑(flora=フローラ)と呼ばれるようになりました。腸内フローラが、腸のお花畑と呼ばれる理由はこのことです。少しでも美しいお花畑であることが、美と健康の秘訣なのです。

ダイエットと腸内フローラの深い関係

ダイエットをするのに、まず大事なのが便秘の解消ですね。腸の動きをよくすることが大切だとよく言われています。腸内細菌は、存在は知られていたのですが、その実態は、実は今まであまりよく知られていませんでした。しかし、ここ最近の科学の進化によって、腸内解析の技術が飛躍的に上がり、腸内細菌の、具体的な影響が調べられるようになりました。便秘の解消はもちろん、がんや動脈硬化、糖尿病、うつ病、アレルギーなどのほか、老化や太りやすさにまで関係していることが分かりました。腸がダイエットに大きく関わっているということですね。

健康も気になりますが、アンチエイジングや、ダイエットに関係してるとなれば、世間の注目を集めるのもよく分かります。今後はさらに、腸内細菌の種類と効果が明らかになり、医学を大きく進歩させると期待されています。ダイエットについての効果も、これからまだまだ研究が進むのかもしれません。ダイエットに悩む人たちにも大きな影響がありそうですね。

太りやすい人、太りにくい人

女性にとってダイエットは重要なテーマですよね。それなのに、全くダイエットとは無縁に感じる人がいるのはなぜでしょうか?同じ年齢や条件で、同じものを食べていても、なぜか太る人と、そうではない人がいますよね。運動量も、さほど変わらないはずなのになぜ?と、羨ましく思ってしまいます。太りやすい人と太りにくい人では、腸内フローラの、バランスが関係している可能性があります。

腸内フローラには、ヤセ菌とデブ菌がいて、そのどちらが多いかによって、太りやすさが決まってしまうのです。いくら頑張ってダイエットしても、なかなか痩せないと感じてる人は、腸内フローラの改善がカギになるかもしれません。うまくヤセ菌を増やすことができれば、ダイエットは成功するでしょう。

太りにくい体質の秘密は腸内フローラ

ダイエットに大事なのは、体重を減らすことはもちろんですが、太りにくい体質にすることもダイエットの重要なポイントになります。体質なんて、そう簡単に変わらない!と思うかもしれませんが、腸内フローラを改善すれば、ダイエットして太りにくい体に改善することができるのです。

ポイントは日和見菌にあり!

腸内細菌は3種類に分けることができます。善玉菌と悪玉菌。そして日和見菌です。これらの理想のバランスは、(善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7)とされていますが、体調や食べ物、年齢やストレス、または薬(抗生物質)などによって簡単にバランスが変化してしまいます。

腸の中では、善玉菌と悪玉菌がそれぞれ数を増やそうと、常に争っています。一番数の多い日和見菌は中立の立場なのですが、環境によってどちらにもなれる性質があります。優勢なほうに同調するため、善玉菌が多ければ善玉菌に、悪玉菌が多ければ悪玉菌になってしまう少し厄介な菌です。善玉菌を増やして、腸内フローラを正常に戻せば、ダイエットも成功し、太りにくい体質になれるのです。

腸内フローラを改善しよう!

腸内フローラを改善すると、体に様々な素晴らしい影響がでてきます。まず分かりやすいところでは、便秘が解消されます。乳酸や酢酸が腸を刺激してお通じがよくなることで、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。さらに、肥満を予防してます。食物繊維を分解する時にできる、短鎖脂肪酸が、肥満細胞に余計な脂肪がため込まれるのを防ぐ働きをしてくれるからです。これによってダイエットにも効果があり、さらに太りにくい体になることができるのです。

口臭や体臭の改善にも

ほかにも、口臭や体臭が改善するという効果もあります。悪玉菌が生産する、アンモニアや硫化水素が腸内フローラを改善することによって、減少するからです。また、腸内細胞が7割を占めていると言われる、免疫力のアップやガンのリスクが低下するなどと言われています。腸内フローラを改善することで、快適で健康な日々を手に入れることができるようですね。

腸内フローラ改善には善玉菌を増やす!

善玉菌を増やすための栄養素

ダイエット成功のカギを握る、腸内フローラを改善するには、腸内の善玉菌を増やさなければなりません。まずはもともと体内にいる、善玉菌の栄養源である成分を摂ることが大切です。代表的なものが、食物繊維とオリゴ糖です。食物繊維は腸を刺激して蠕動運動を活発にして便通を正常してくれます。またオリゴ糖は、大腸まで届き、善玉菌の栄養源となってくれるのです。

体内の善玉菌を増やすことはもちろんの事、外から善玉菌を摂取することも大切です。ヨーグルトや発酵食品に含まれている、乳酸菌は善玉菌が豊富に含まれているので、できれば毎日続けて摂取したいものです。ほかにも、乳酸菌ドリンクや、サプリメントなども効果的に善玉菌を補充することができます。善玉菌を増やすことによって、腸内環境が整いダイエットにも効果がでやすくなります。

腸内フローラを改善するために、ストレスをなくそう!

腸とストレスは一見関係ないように感じますが、実は腸内環境に大きな影響を与えています。ストレス社会に生きる現代の人々は、大きなストレスにさらされることによって、悪玉菌を増やしてしまうのです。悪玉菌が増えて腸内フローラが悪化すると、便秘や肥満、そして動脈硬化や糖尿病、アレルギー、老化、ガンなどの要因になります。

さらには、うつ病などの精神病にもかかわっています。代謝が悪くなり、巡りの悪い体になることで、ダイエットしてもあまり効果がでないのも、ストレスが関係しています。規則正しい生活や、バランスのとれた食べ物、適度な運動や睡眠など、少しでもストレスをためないような健康的な生活を心がけましょう。

食生活改善でダイエット!

今まで、ダイエットに挫折したり、太りやすいと悩んでいた人も、腸内フローラを正常にすることで、ダイエットに効果がでるでしょう。腸内環境を整えることが、ダイエットの成功に大きく関わっているのです。まずは、腸内フローラを正常にするための善玉菌の栄養素と食べ物についてみていきましょう!

腸内フローラ改善でダイエット①食物繊維の働き

食物繊維は腸のお掃除屋さんと言われ、ダイエットに大きくかかわっています。消化しきれない食べカスなどを、体外に排出するとして知られてきましたが、近年、食物繊維が腸内細菌にもたらす様々な健康効果が分かってきました。食物繊維を豊富に含む食べ物を多く食べることで、便秘になりにくく、ダイエットだけじゃなく、大腸がんなどのリスクを減らすことができます。現代の日本人の食事では、食物繊維が不足している傾向にあり、腸内環境の悪化に拍車をかけています。

食物繊維が便秘にいい!というのはダイエットに興味を持ったことがある人なら、ほとんど知っていると思います。しかし、食物繊維の効果はそれだけではありません。腸内で食物繊維が分解されるときにできる、短鎖脂肪酸が腸内でブドウ糖を作り出すことが分かったのです。これによって、血糖値の急激な変化を抑えることができ、食欲を抑えることができるのです。結果、ダイエットにもつながることになるのです。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維

水に溶ける水溶性食物繊維は、果物、野菜、海藻などに多く含まれ、糖の吸収を緩やかにし、血糖値の急激な上昇を抑えます。またコレステロールなどの余分な脂質を体外に排出したり、腸内の善玉菌を増やす働きもあります。これに対して、不溶性食物繊維の働きで、もっとも代表的なのが腸内を正常にすることと、デトックス効果です。水に溶けない、不溶性食物繊維は胃や腸で水分を吸収し膨らみます。それによって、便の量を増やしたり、腸を刺激して蠕動運動を活発にしたりします。体にとって有害な物質を排泄する、デトックス効果が期待できるのです。

腸内フローラを改善・食物繊維を多く含む食べ物

水溶性食物繊維が多く含まれる食べ物は、らっきょうやわかめ、昆布などの海藻類、切り干し大根や干しシイタケ、アボガドやイチジクなどの果実、もち麦や納豆などです。また、不溶性食物繊維はごぼう、タケノコなどの野菜、豆類、イモ類、きのこ類に多く含まれています。どちらも健康には大切ですが、ダイエットの効果を求めるのなら、水溶性食物繊維を意識して多く食べるようにしましょう。

腸内フローラ改善でダイエット②善玉菌のエサになるオリゴ糖

お腹の調子を整えることで知られているオリゴ糖ですが、ダイエットにも効果があるようです。オリゴ糖は腸内の善玉菌である、ビフィズス菌のエサになってくれます。善玉菌が正常な働きをしてくれると、腸内環境も改善され健康的になり、ダイエットも順調にすすみます。便秘が解消されることにより、老廃物の排出がスムーズになるうえ、むくみなどが解消されます。新陳代謝もよくなり、ダイエットに効果がでてくるでしょう。むくみや老廃物をため込んでいる人は、一週間で2~3キロほど体重が減る場合もあります。

腸内フローラを改善・オリゴ糖でダイエットの方法

オリゴ糖は、甘い糖類ですが体に入っても消化吸収されないのでダイエットに向いています。そのまま体外へ排出されるので、余計な脂肪になりません。オリゴ糖を使った簡単なダイエット方法は、普段使っている砂糖を、オリゴ糖に変えるだけです。飲み物や料理などに甘味料として、オリゴ糖を使えば、無理な食事制限もしないでダイエットできます。また、ヨーグルトに入れれば、相乗効果で素晴らしいダイエット効果が得られるのでおすすめです。

ポイントは人工甘味料を使っていない、純度の高いオリゴ糖を選ぶことです。様々な商品がでていますので、よく確認してから使うことをおすすめします。オリゴ糖を多く含んだ食べ物は、玉ねぎ、リンゴ、バナナ、アスパラガスなどがあります。また、オリゴ糖は、一度にたくさん摂りすぎると、お腹がゆるくなる可能性もありますので、注意が必要です。液体や粉末でスーパーなどでも手に入ります。ダイエットに役立ててみてもいいでしょう。

腸内フローラ改善でダイエット③発酵食品を食べよう

発酵食品がダイエットや体にいいらしいという話は、結構知られていますね。しかも低カロリーなものが多く、ダイエットには心強い味方になってくれます。発酵食品にはアミノ酸、ビタミン、酵素が多く含まれていて、脂肪が溜まりにくく、エネルギーの代謝を促してくれます。

そもそも発酵食品とは、微生物の働きで食べ物の中の、でんぷんやたんぱく質が分解され、体にいい成分が作り出された状態の食べ物です。発酵することで作り出された乳酸菌は、腸の中の善玉菌を助けてくれます。ヨーグルトはその代表とも言えます。悪玉菌の繁殖を抑えて、腸内フローラの改善に役に立ってくれるのです。ダイエットにも効果があるのは納得ですね。お手軽に乳酸菌を摂れるヨーグルトはダイエットの強い味方といえそうです。

腸内フローラを改善・ダイエットにいい発酵食品の組み合わせ

発酵食品の代表といえば、納豆、みそ、しょうゆ、キムチなどですかね。あとはヨーグルトやチーズなんかもそうですね。最近は甘酒も流行してますね。これらの発酵食品を効率的に摂取するための組み合わせがあるのです。まず、みそは、家庭でも定番のおみそ汁で使います。この時にしめじやエリンギなどのきのこ類を具材に使うことで、相乗効果が得られます。次におすすめなのは、納豆キムチです。キムチに含まれる乳酸菌が、納豆菌をエサにすることで、善玉菌が増え、腸内フローラを正常にします。また、キムチに含まれるカプサイシンは、脂肪燃焼効果もあるので、ダイエットには最適です。

ヨーグルトは果物やはちみつと合わせるといいでしょう。食物繊維やビタミンがとれる上に、はちみつにはオリゴ糖も含まれています。ヨーグルトの乳酸菌は、毎日摂ることで腸内環境の改善にとても役立ちます。ダイエットの他にも、お通じがよくなり美肌効果があるなど、ヨーグルトは嬉しいことばかりです。発酵食品は案外身近にたくさんあるので、工夫しながら毎日食べると、腸内フローラの改善に役立ち、ダイエットにも効果がでるのです。

ダイエットには和食がおすすめ

コンビニやファミレスなどついついお手軽でおいしい食べ物につられてしまいますが、ダイエットを考えるなら断然、和食がいいです。和食のダイエット効果は、海外からも注目されていて、今は日本の昔からある、和食が人気を集めているのです。

一汁三菜がダイエットの基本です

毎日の食事を和食にして、一汁三菜(ごはん・みそ汁+主菜1と副菜2)を取り入れるだけです。日本人にとっては特別なことではないのですが、近年欧米化が進み、昔ながらの一汁三菜を毎日続けるのは難しいようです。しかし、和食は洋食よりも油を使ったメニューが少なく、カロリーも抑えられるのでダイエットに向いています。また野菜の煮物やぬか漬けなど、食物繊維や発酵食品もバランスよく食べることもできます。腸内フローラを改善するためにも、食べ物を意識して和食に変えていことで、ダイエットにも効果がでてくるでしょう。

腸内デトックスでダイエット

ダイエットにはデトックスがいいと最近あちこちで言われていますね。その方法は色々あるようですが、正しい方法でぜひ、ダイエットを成功させましょう。デットクスには「解毒・解毒作用」という意味があり、体にため込んでしまった、老廃物や有害物質を体外に出すことをいいます。人は知らず知らずに、様々な有害物質や余計な物を体にためてしまっているのです。定期的にデトックスすることでスッキリとした体で、ダイエットもスムーズにできるでしょう。

腸内フローラは、悪玉菌の増加のほかに、体調不良やストレスが影響して、正常な働きをしなくなったりと、様々な要因で働きが悪化することが分かっています。体内に溜まった毒素の75パーセントが便から排出されることから、腸内デトックスは、腸内フローラを正常にするためにも、有効だといえるでしょう。キレイな腸を手に入れて、ダイエットを成功させましょう。

正しいデトックスのやり方

基本はまず、水分を十分にとって運動することです。運動は腸の働きを促進し、便秘の予防改善につながります。また、腸の血流をよくして筋力をアップすることができます。さらに体を動かすことにより、スッキリとし、自律神経を正常に働かせます。そのほか食物繊維とヨーグルトなどの発酵食品を意識して摂る、オメガ3系の油をとることも必要です。デトックスで腸が正常な働きをすることによって、ダイエット効果も高まるのです。

ファスティング(断食)を行う時は注意が必要です。週に一日だけのプチ断食なら、食べ物は食べず、水や酵素ドリンク、自家製の野菜ジュースなどを飲みながら行うことができます。長期間の断食や、水しか口にしない断食などは、危険ですので自己判断で行わないようにしましょう。専門家のきちんとした指導の元で行ってください。また、腸内洗浄でデトックスする場合も、きちんとクリニックで行いましょう。

続けることで効果を実感!腸内フローラダイエット

腸内フローラを改善することによって、ダイエットの効果が得られるのは、腸内環境が正常になって、便秘が解消され、代謝も上がることが理由なのですね。また太りにくい体質に、変わることができるともいわれています。今まで、ぜんぜんダイエットの効果がでなかった人も、体質が改善されれば痩せることもできますね。ただし、腸内フローラは、生活習慣や食事で簡単にバランスが崩れてしまいます。継続することで始めてダイエットの効果を実感できるようになるのですね。

腸内フローラで健康で美しく

腸内フローラが美しく、お花畑と言われるのは、腸内細菌のグループが腸壁で縄張りを作っているからです。外からきた侵入者を攻撃し、グループ同士の連携をとって免疫力を活性化し、新たな病原菌などの侵入を防いでいるのです。腸内フローラを形成している細菌たちは、人間の体を病気から守ってくれているのです。もし、腸内フローラのバランスが崩れてしまうと、「万病を引き起こす」とさえ言われています。

腸内フローラ改善でダイエット!まとめ

腸のお花畑である、腸内フローラを正常にし、育てていくことでダイエットにも成功し、健康と美しさを手に入れることができるのですね。まずは食事や生活習慣を意識して、腸内フローラを改善してみましょう。ダイエットしながら、太りにくい体質に変えていくこともできます。健康でいつまでも若々しくいるために、今日から腸内フローラをきれいにしましょう!

ダイエット関連記事

関連するまとめ

脂肪燃焼スープダイエットの基本レシピからアレンジレシピまで紹介!のサムネイル画像

脂肪燃焼スープダイエットの基本レシピからアレンジレシピまで紹介!

必ず1週間で痩せられると話題の脂肪燃焼スープ。そんな脂肪燃焼スープの…

zizi

日本美肌県ランキング!美肌グランプリに輝いたのは何県?47都道府県順位発表!のサムネイル画像

日本美肌県ランキング!美肌グランプリに輝いたのは何県?47都道府県順位発表!

POLAが実施している美肌県ランキングというものがあります。都道府県…

zizi

カツ丼のカロリーや栄養成分は?ダイエット中におすすめの太りにくい食べ方のサムネイル画像

カツ丼のカロリーや栄養成分は?ダイエット中におすすめの太りにくい食べ方

カツ丼はカロリーが高くダイエット中は避けがちですよね。でもしっかりと…

kon_w

黒髪ボブアレンジまとめ【ストレート・前髪なし・前髪あり・丸顔・面長】のサムネイル画像

黒髪ボブアレンジまとめ【ストレート・前髪なし・前髪あり・丸顔・面長】

秋冬に注目のヘアスタイルになっているのが黒髪ボブ。清楚な印象を与える…

kurage31

スクワランオイルの効果や使い方まとめ!おすすめオイルの口コミは?のサムネイル画像

スクワランオイルの効果や使い方まとめ!おすすめオイルの口コミは?

スクワランオイルというのスキンケアアイテムを知っていますか?スクワラ…

はこあこ

クレアチンの効果と飲み方について。おすすめのタイミング教えます!のサムネイル画像

クレアチンの効果と飲み方について。おすすめのタイミング教えます!

「クレアチン」は、筋肉を鍛えている人達に、今注目のサプリメントです。…

entaenteko

デトックスウォーターの作り方・レシピまとめ!脂肪燃焼・美肌にOK!のサムネイル画像

デトックスウォーターの作り方・レシピまとめ!脂肪燃焼・美肌にOK!

数年前から話題のデトックスウォーター。よく耳にするけど作り方・レシピ…

ayumihato

女性の顔そりの正しいやり方!効果的に透明感をアップさせる方法とは?のサムネイル画像

女性の顔そりの正しいやり方!効果的に透明感をアップさせる方法とは?

女性の顔そりには透明感をアップさせる効果があります。意外と知らない正…

234

筋肉痛でも筋トレはOK?NG?超回復で強くなるしくみを徹底解説!のサムネイル画像

筋肉痛でも筋トレはOK?NG?超回復で強くなるしくみを徹底解説!

筋トレをしたら筋肉痛になったという経験はありませんか?筋トレで筋肉痛…

zizi

ジョギングを初心者でも続ける方法!ペースや距離の伸ばし方は?のサムネイル画像

ジョギングを初心者でも続ける方法!ペースや距離の伸ばし方は?

美ジョガーという言葉が出来たほど、女性の間でジョギングが流行っていま…

たんたん1021

どくだみ化粧水の作り方から効果・効能まとめ!シミ消しに最適?のサムネイル画像

どくだみ化粧水の作り方から効果・効能まとめ!シミ消しに最適?

どくだみ茶は以前から有名ですが、どくだみからは化粧水が作れるのを知っ…

furiji

腹斜筋の鍛え方にはダンベルが効く!内腹斜筋を鍛えてくびれを作ろう!のサムネイル画像

腹斜筋の鍛え方にはダンベルが効く!内腹斜筋を鍛えてくびれを作ろう!

健康的で美しい女性らしいラインといえばくびれです。美容的に言うところ…

まりあぐらちあ

ドラゴンフラッグで腹筋を鍛える!その効果と自宅での筋トレのやり方のサムネイル画像

ドラゴンフラッグで腹筋を鍛える!その効果と自宅での筋トレのやり方

ドラゴンフラッグというトレーニング法をご存知ですか?ドラゴンフラッグ…

nebyo13

シミを消すにはどうすればいい?簡単な食事法・スキンケアの方法を調査!のサムネイル画像

シミを消すにはどうすればいい?簡単な食事法・スキンケアの方法を調査!

女性の肌の悩みで必ずと言ってもいいほど出てくるものが、シミです。鏡を…

nobii

洗顔しても毛穴の汚れが気になる?黒ずみや詰まりの原因・解決方法まとめのサムネイル画像

洗顔しても毛穴の汚れが気になる?黒ずみや詰まりの原因・解決方法まとめ

洗顔したのに残っている毛穴の黒ずみって気になりますよね。黒ずみの多く…

manami ha

毛穴パックの正しい使い方まとめ!効果やおすすめのパックもご紹介!のサムネイル画像

毛穴パックの正しい使い方まとめ!効果やおすすめのパックもご紹介!

美容のために、毛穴パックを使うことがあると思います。では、使っている…

chi018.hi58

ハイライトとローライトでこなれ髪へ!入れ方は?ヘアカタログ集♡のサムネイル画像

ハイライトとローライトでこなれ髪へ!入れ方は?ヘアカタログ集♡

サロンで出来るメニューは、色々ありますし、どんどん増えていっています…

kokoro

長い首の美人になる方法はある?綺麗な憧れの首は誰にでもできる?のサムネイル画像

長い首の美人になる方法はある?綺麗な憧れの首は誰にでもできる?

憧れの美人には首の長い女性が多いですよね。首が長いと美人に見えるのに…

MarSali

ウユクリームの口コミは?効果は?危険な成分があるって本当?のサムネイル画像

ウユクリームの口コミは?効果は?危険な成分があるって本当?

韓国コスメのウユクリームをご存じでしょうか?塗ったとたんに、肌が白く…

りぼん

足を長くする方法はある?ストレッチや筋トレがいいって本当?のサムネイル画像

足を長くする方法はある?ストレッチや筋トレがいいって本当?

足が短いとコンプレックスをお持ちの方はいませんか?できることならモデ…

ukana

関連するキーワード

ゆう/coco

旦那と子供2人の4人家族とうさぎ一匹。毎日楽しく暮らしてます。みんなの役に立つ記事を書いていきたいと思っているので、よろしくお願いします。

アクセスランキング

昨日の「美容」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ