アイライナーはペンシルがおすすめ!リキッドとの違いも比較してみた!

あなたはアイライナーを描くとき、ペンシルを使いますか?それともリキッド派ですか?実はアイライナーにはペンシルがおすすめなんです。そこで今回はリキッドライナーとの違いも比較しながら、ペンシルアイライナーについてご紹介してきます。

目次

  1. アイライナーの種類
  2. ペンシルアイライナーの特徴
  3. ビギナーさんにはペンシルアイライナーがおすすめ
  4. ペンシルアイライナーの基本の引き方
  5. リキッドアイライナーの基本の引き方
  6. ペンシルアイライナーで目元に差をつけよう!
  7. 目の形別、ペンシルアイライナーで引き方をマスター
  8. ペンシルアイライナーが落ちないコツ
  9. ペンシルアイライナーとリキッドを比較してみると…
  10. ペンシルでまずは練習あるのみ!

アイライナーの種類

@rikacosgramさんの投稿
16464571 1171410256305835 4403325824774701056 n

コスメ用品の中で重要なアイテムの1つであるアイライナー。アイライナーは主にペンシルとリキッドがありますが、最近のコスメ売り場にはクリームタイプやジェルライナーも増えてきました。比較するにしても種類が豊富なので、どれが1番使いやすいのか、何を買えばいいのか迷います。

ペンシルアイライナーの特徴

ペンシルタイプのアイライナーには鉛筆状になったものと、カートリッジになった2種類があります。見ての通り塗ると言うよりは描くのに適しています。鉛筆タイプは削った細さによってアイライナーの太さを変えることが出来ますが、こまめに削らないといけません。

@miyoshi913さんの投稿
16583304 1935903799970706 5083052627554467840 n

コスメ売り場にシャープナーも売っていますし、プロのメイクアップアーティストは好みに合わせて自分で削っているようですが、一般人の私達にはカートリッジの方がラクなのでおすすめです。

芯の固さも比較してみよう

@aconekoさんの投稿
16583622 1541075859266149 4409822164673363968 n

ペンシルアイライナーは芯をまぶたに当てて優しく引いていきます。ペンシルなので紙に字を書くような感覚で描きやすいでしょう。その際芯の固さも分るはずです。硬いタイプと柔らかいタイプがあるので、比較してどちらが使いやすいか決めても良いでしょう。初めてコスメ用品を買ったような初心者さんは、柔らかいタイプが描きやすいのでおすすめです。

崩れに注意

ペンシルアイライナーは時間が経つと崩れやすいのですが、修復もしやすいのが特徴です。よれたり滲んでも綿棒などで拭き取れます。ただアイライナーを塗り過ぎてしまうとパンダ目になってしまうのでご注意を。

ビギナーさんにはペンシルアイライナーがおすすめ

@kiyoberryさんの投稿
17076410 479464469110260 4706234595257876480 n

描きやすさに重点をおくならペンシルアイライナーが圧倒的におすすめです。前述の通り修正もしやすいですし、何と言っても描きやすいのが一番。最近では丸い鉛筆の芯の形の他に、更に描きやすくなった平たい形状になった芯もコスメ売り場で販売されています。

ペンシルアイライナーの基本の引き方

実は私もペンシルアイライナー派です。メイクを覚えたての頃はまさに、柔らかい芯の鉛筆タイプを愛用していました。コスメアイテムをお店で見ているときも、やはりペンシルばかり選んでいました。現在はカートリッジタイプで芯が固い方が使いやすくなりました。

shchonn0604さんの投稿
19367833 252282731842989 6935624162945794048 n

ペンシルアイライナーはアイラインを引いている最中にずれたり、ガタガタになってしまってもアイシャドウでぼかしたり、綿棒で簡単に馴染ませられるのがおすすめポイントです。失敗しにくいのが良いですよね。リキッドと比較すると仕上がりが自然でふわっとした女性らしい印象になります。

リキッドアイライナーの基本の引き方

リキッドライナーは筆ペンのようになっていて、インクのような液体でアイラインを描いていきます。そのためくっきりしたシャープな瞳にしたい時に向いています。リキッドタイプのアイライナーは筆先が細くなっているので、細いラインも重ねて太いラインにもすることが出来ます。

@rururunpapapaさんの投稿
17076445 407367412951124 4772214759032356864 n

太さを好きなように変えられるので、メイクをするのが楽しくなります。それにペンシルアイライナーと比較すると、崩れにくいのが最大の特徴で、汗や雨に当たっても滲みにくく落ちにくいのが心強いですね。

ペンシルアイライナーで目元に差をつけよう!

hinanoyoshikawaさんの投稿
19122341 432249597143349 2383728483030269952 n

目元は顔の印象を決める大事な箇所です。目元を変えるだけでかなり印象が変わります。例えば切れ長風にしてみたり、タレ目のデカ目にメイクしたりいろいろなバリエーションが出来ると、いつもと違った自分を比較したりできるので気分も変わり楽しいですよ。

小悪魔キャットライン

目尻のアイラインを跳ね上げて引いたキャットライン。今トレンドになっているアイメイクです。タレ目の人がキャットラインに仕上げると小悪魔風になってイメチェン度大です。また目尻をキュッと上げるだけで小顔効果もあるのでおすすめです。よりキャットラインを強調したい時は、目尻に付けまつ毛を付けると華やかになります。目元全体のボリュームの出るので目ヂカラもアップしますね。

@mero5332さんの投稿
17126675 193025157849646 7991029745061986304 n

このキャットラインを描くときは、黒目から目尻に向けて少しアイリアンを太くしていくのがコツです。目尻から5㎜~8㎜の間が跳ね上げポイントです。キャットラインを作る時はペンシルアイライナーよりは、跳ね上げラインがはっきり見えるようなリキッドアイライナーがおすすめです。

タレ目風アイメイク

愛らしい印象にしたいなら断然タレ目ラインがおすすめ!特に目が吊り上がっている人や切れ長の目の人がすると、クールな印象から一転優しく柔らかい印象に変化します。それにデカ目効果もあるので人気のメイク法になっています。まつ毛の隙間はしっかりアイライナーで埋めていきましょうね。

@mimimimimi31さんの投稿
15803772 665006477015215 8380717410637840384 n

タレ目ラインを引くときは、目頭から黒目まで少し太く描き、黒目から目尻に向かって細くしていき目尻から下は3㎜~4㎜ほど下へ下ろします。タレ目ラインのコツはキャットラインの反対で、目尻から跳ね上げないで下向きに引くことです。

クールな切れ長ライン

アジアンビューティーな切れ長の目元は涼し気でとってもクールですよね。そんな大人っぽい雰囲気にしてくれる切れ長ラインは、まずアイライナーでまつ毛の隙間を埋めて描いていきます。その後目頭から目尻のラインまでを引いて、目尻から3㎜~5㎜ほど引き伸ばし少しだけ上向きになるように引きます。

@tsubakian_mamiさんの投稿
11850304 451493658370300 644781461 n

そして下まぶたにも目尻の3分の1までラインを引いて上まぶたの目尻ラインと繋げます。一重や奥二重の方がすると一番似合う目元と言えます。上まぶたはリキッドライナーで下まぶたのラインはペンシルアイライナーがおすすめです。

目の形別、ペンシルアイライナーで引き方をマスター

二重の場合

@ri__naa5さんの投稿
12545302 1182867061740611 417709541 n

二重の方はそのままでも目ヂカラがあるため、黒のアイラインを強く引き過ぎてしまうと一気に化粧の濃い顔に見えてしまいます。そのためグレーやブラウン系のアイライナーがおすすめです。特にペンシルアイライナーで控えめにアイラインを引くのが好印象。また上まぶたの目尻の3分の1だけにアイラインを入れるだけで、目元がぱっちりして顔の印象が明るくなります。

奥二重の場合

@fiore.misakiさんの投稿
17125902 1829258497315212 3071632912131555328 n

奥二重の人が目を大きく魅せようとアイラインを太く入れてしまうと、逆に二重のラインが埋まって目が小さく見えてしまいます。このためアイラインを入れる時はまつ毛の際に沿ってすき間を埋めるように細目のラインを入れていくと良いでしょう。

一重の場合

一重の人が目を大きく魅せたい時は、アイラインの太さが肝心です。細いラインから始めて徐々に太くしたり長く伸ばしていきましょう。一重の方はまぶたに厚みがあるので細いアイラインだとまぶたに埋もれてしまいます。少しずつ太く調節しながら仕上げていきましょう。

@nun1112voさんの投稿
17075761 146881589164115 8165137853701947392 n

どれだけの太さが理想かと言うと、目を開けた時瞳全体にアイラインがかすかに見えるくらいがベストな太さです。目尻は跳ね上げずタレ目にもせず、目尻から1㎜~2㎜くらい長く描きます。またまぶたの重さでアイラインが崩れやすいため、ウォータープルーフのペンシルアイライナーがおすすめです。

ペンシルアイライナーが落ちないコツ

@asakohanazawaさんの投稿
17267566 379671119098788 4840753722587873280 n

アイラインがよれたり滲むと、せっかくの綺麗な顔が残念になってしまいますよね。アイラインを落ちにくくするためには、引く前にまぶたの油分や水分をしっかり拭き取っておくことです。乳液や下地などの油分がまぶたに残ったままだと、アイラインが滑って上手く引けなくなり崩れる原因になります。

ペンシルアイライナーとリキッドを比較してみると…

ペンシルアイライナーは描きやすく、崩れても修正が簡単に出来ることが特徴でした。多少崩れやすい点もありますが、ウォータープルーフのペンシルアイライナーなら問題ありません。初心者さんには絶対おすすめしたいペンシルアイライナーです。

@yukimudiaryさんの投稿
14597322 610178962488180 2149528391735312384 n

リキッドアイライナーは初心者だと引きにくいですし、ずれたりよれても直しにくいのが難点です。ただし崩れにくいのが最大のポイント。そのため柔らか芯のペンシルアイライナーである程度練習してから、リキッドを試してみる方がおすすめです。

@sabamarikoさんの投稿
15624548 218074748601932 8911405876129038336 n

メイクに限らず何事も練習あるのみ。アイライナーも何度も描いて練習することで段々上達していきます。私はずっとペンシルアイライナーを愛用していますが、両方使えるとアイメイクのアレンジが増えてメイクが楽しくなりますよ。それにコスメを選ぶのも楽しくなりそう!

ペンシルでまずは練習あるのみ!

ペンシルアイライナーとリキッドタイプを比較しながら、ペンシルアイライナーの長所をご紹介してきました。アイラインはその太さや長さだけで顔の印象をガラッと変えられるのが最大の魅力。

@yuna_natsuseさんの投稿
16908148 1813669335625101 117602436562026496 n

まずはペンシルアイライナーをコスメ店でゲットしましょう!場数をこなせばコツが分かり自分のなりたい目元になれるはずです。ペンシルアイライナーの基本の引き方をマスターして、あなたに合うアイライナーを探求してみてくださいね!

アイライナーおすすめランキング♡落ちないリキッドタイプは初心者向け♪ | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ