妊娠初期とは

妊娠、それは待ちに待った、待望の赤ちゃんとの出会いです。妊娠してからは、産まれるまで約10か月あります。約10か月あるとはいえ、産まれるまでに母親は様々な状態になり耐えながらお腹の中で、大切な赤ちゃんを育てていきます。

母親は、毎日の体調の変化に対応しながら子供を育てているため赤ちゃんが生まれるまでに強くなっていきます。妊娠には、妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期と分かれています。名前をみれば大体わかる人もいるかと思います。

妊娠初期は、病院に行き妊娠を確認したころ(大体1か月ごろ)から4か月ごろです。妊娠中期は5か月ごろから7か月ごろまでです。妊娠後期は、8か月から10か月ごろまでです。今回は、妊娠初期のことについて紹介していきます。

妊娠初期の症状

妊娠初期には、どのような症状が出てくるのでしょうか。妊娠初期に症状があらわれるかどうかは、人によって様々です。人によっては、妊娠初期の症状があらわれることもあれば、あらわれないこともあります。

妊娠初期の症状があらわれる人は、妊娠初期になった時点で症状があらわれたり妊娠初期からしばらくしてから症状があらわれたりします。妊娠初期の症状が、全く現れず妊娠していたことに気付かなかったなど色々な人がいます。

妊娠してから、病院に行きますがいつ妊娠したかは最初は気付きにくいです。生理が遅れ、つわりという吐き気を感じて妊娠したのかもと思い自分で検査したり、病院で診てもらったりすることで妊娠していることに気付きます。

妊娠初期の症状には、どのような症状があるのでしょうか。主な症状として、貧血や吐き気、胸のはり、腰痛、味覚が変わったり、胃が痛くなったり頭痛などがあります。全ての症状があらわれるわけではありません。貧血と吐き気しかなかったなどということもあります。

その他、便秘や眠気など起こることもあります。妊娠初期の症状には注意が必要なこともあるので、妊娠したかなと思ったら早めに病院に行きましょう。

貧血とは

妊娠初期には、貧血という症状があるといいました。では、まず貧血とはどのような状態なのでしょうか。貧血について知っておきましょう。

貧血とは、簡単に言えば全身の血液が薄くなった状態と言えます。貧血になると、耳鳴りがしたりめまいやカラダが疲れやすかったり、頭痛や顔色が悪くなったり、普通の人よりも寒さを感じたりと様々な状態となります。

酷い場合には、意識を失ってしまう可能性があります。貧血になる原因としては、カラダの中の鉄が不足していることや出血、なんらかの影響で出血しているなど病気ということがあげられます。鉄が不足しているのであれば、食生活を整えたりサプリメントや病院で薬を処方してもらったりと何か改善する対策を考えなくてはいけません。

貧血の原因が出血であれば、出血の原因を明確にして出血の状態によって対策をしなくてはいけません。例えば、生理で出血が多い場合には水分補給をしっかりしたり、食事に気をつけたりした方がいいです。ですが、怪我などで出血している場合には出血の量にもよりますが、病院で手当てしてもらい薬や点滴などで改善するように対策をしてもらわなくてはいけません。

女性は特に、貧血になりやすいために悩まされている人も多いのではないでしょうか。また、病気で貧血になっている場合にも早めに病院に行き原因を見つけてもらい、改善するように対策をしてもらわなくてはいけません。貧血というのは、ただ血が薄くなってしまったり足りなかったりするだけではなくちゃんとした病気なのです。

今は貧血と言っても、軽い症状なので気にするほどではないと自分で勝手に判断してしまいそうです。ですが、酷くなる前に早いうちから貧血の原因を知り、改善の対策をしなくてはいけません。

妊婦と貧血

妊娠初期の症状に、貧血とありました。では、妊娠と貧血はどのような関係があるのでしょうか。妊娠中、妊娠初期に起こる貧血はカラダの中に含まれている鉄が不足することによって起こります。お腹の中にいる赤ちゃんに成長するために必要な、栄養を母親よりも先に必要なだけ送っていることやつわりなど吐き気によって、食事が思うように食べられず、必要な栄養をとれないことが主にあげられます。

妊婦と貧血は関係ないように思えて実は重大な関係があるのです。妊娠すると、早い人は妊娠初期から病院に行くようになります。病院に行くと定期的に採血をして、貧血の様子をみてくれます。状態も聞かれますが、不安なこと体調のことは我慢せずに全て相談しましょう。

妊娠初期で貧血

週数が経ち、お腹の赤ちゃんが大きくなると貧血が関係してくるのかと思うかもしれませんが、妊娠初期から起こる可能性の高い症状が貧血です。貧血を甘くみてはいけません。

妊娠初期で、貧血であっても症状がなければあまり心配することはなく、病院に行っても注意しましょう。というくらいです。ですが、妊娠初期で動悸や息切れ、カラダのだるさやめまいなど体調がよくない時には、早めに病院に相談しましょう。

妊娠初期の貧血で病院に行った方がいいのか

「まだ妊娠初期だし、これくらいの貧血で病院に行っても…」と、思ってしまうかもしれません。ですが、貧血も体調の変化の1つです。早めに改善するように対策をすることが大切です。妊娠初期の頃には、毎週1回は行くような妊娠後期のように頻回に病院には行きません。

妊娠初期のうちは、経済的にも負担がかかるので次の受診日でいいと思う人もいるかもしれません。確かに、補助券が使える前だとある程度のお金もかかりますし病院に行って受診するという時間もとられてしまいます。必ずしも病院に行く必要はないかもしれません。だからと言って、自己判断をしてはいけません。原因を追究してもらうことも妊娠中には、必要です。

妊娠初期の貧血と吐き気

妊娠初期の症状には、貧血がありました。最初の頃にもあげましたが妊娠初期の症状は、それだけではありませんでした。つわりと言われる吐き気があります。

貧血も辛いですが、吐き気も妊婦にとってとても辛いことです。吐き気は、少しの臭いでも気持ち悪くなってしまったり、食事中にも少し食べるだけでも気持ち悪くなってしまったりということが起こります。かと言って、何も食べないことは栄養が不足してしまうのでいけませんが、あまりにも何も食べられないようであれば、病院で相談してみましょう。

妊娠初期の貧血と吐き気の原因は?

妊娠初期に貧血と吐き気が、起こると言いました。では、なぜ妊娠初期に貧血と吐き気が起こるのでしょうか?貧血は、お腹の赤ちゃんに栄養をあげるために起こることがわかったと思います。

さらに、貧血を起こすと母親のカラダに必要な血液が少なくなり血行がわるくなってしまいます。すると、胃に負担がかかってしまい気持ち悪くなります。そして、吐き気が起こるのです。

また、貧血は悪阻が始まるために気持ち悪くなったりストレスだったりなどの原因から吐き気が起こることもあります。なにが原因なのかは人によって違うのでわかりませんが、無理をせずになにかあればすぐに病院に行きましょう。

妊娠初期の貧血と吐き気の改善と対策は?

妊娠初期の貧血と吐き気の原因がわかったところで、改善と対策を紹介します。貧血は、食事で気をつけることができます。食事が思うように食べられないようであれば、飲み物や病院で薬を処方されることもあります。もしも、吐き気や食欲がなく食事などから鉄がとれないようであれば、病院で点滴を打ってもらうことになります。

もしも、貧血が酷いようであれば入院をするようになります。入院をするような状態になることは、滅多にありません。

妊娠初期の貧血と吐き気のまとめ

妊娠初期には、貧血や吐き気など色々な症状がみられることがわかったと思います。どのような症状があらわれるのかは、人によって違います。ですが、貧血の状態だと母親だけではなくお腹の赤ちゃんにも影響が起こることもあります。

お腹の赤ちゃんがまだ小さいし、このくらいの貧血は大丈夫と自分は我慢できるからと我慢していてはいけません。お腹の赤ちゃんには、些細なことではありません。貧血にならないように、前もって対策をしたり貧血になったとしても早めに対策をしたりしましょう。早めに病院に行き原因を探してもらい、改善するようにし対策をしてもらいましょう。

関連するまとめ

2歳児におすすめのおもちゃまとめ!男の子・女の子に人気の商品は?のサムネイル画像

2歳児におすすめのおもちゃまとめ!男の子・女の子に人気の商品は?

2歳児はとても活発に遊びまわる年頃ですね!今回はそんな2歳児におすす…

tomo0923

妊娠中の便秘解消法を知りたい!簡単に改善できる方法はある?のサムネイル画像

妊娠中の便秘解消法を知りたい!簡単に改善できる方法はある?

妊娠中にはつわりなどでストレスも溜まってしまうものですが、便秘も悩み…

秋山ナオ

子育て中にイライラ!怒ってばかりという悩みを持つママに贈る対処法は?のサムネイル画像

子育て中にイライラ!怒ってばかりという悩みを持つママに贈る対処法は?

子育て中にイライラする!これって子育てママの大半が経験する事。いつも…

めぐみ

赤ちゃんのストローベビーマグまとめ!漏れないおすすめの人気商品は?のサムネイル画像

赤ちゃんのストローベビーマグまとめ!漏れないおすすめの人気商品は?

月齢が進んだ赤ちゃんはミルク以外にお茶やお水を飲むようになりますよね…

aeca

子育てにストレスは付きもの?悩みを解決してストレス発散する方法は?のサムネイル画像

子育てにストレスは付きもの?悩みを解決してストレス発散する方法は?

育児をしている上でストレスはつきものです。子育て中はストレスが溜まり…

bonbon.m

夢占いで赤ちゃんが出てくる意味や心理とは?抱っこや産むのは吉夢?のサムネイル画像

夢占いで赤ちゃんが出てくる意味や心理とは?抱っこや産むのは吉夢?

赤ちゃんが出てくる夢を見たことがありますか?赤ちゃんが出てくる夢とい…

美海

入学の準備はもう済んでる?定番の名前シールや文房具などのグッズをまとめましたのサムネイル画像

入学の準備はもう済んでる?定番の名前シールや文房具などのグッズをまとめました

春になったら一年生!年長さんの親子は、小学校の入学を心待ちにしている…

snow_lily

新生児のミルクの量は?あげる目安や回数、飲ませるコツをまとめ!のサムネイル画像

新生児のミルクの量は?あげる目安や回数、飲ませるコツをまとめ!

初めての赤ちゃん、可愛いですが育児は大変ですよね。新生児だと全く分か…

dama

産後ダイエットを成功させるには?失敗しない効果のある痩せ方まとめのサムネイル画像

産後ダイエットを成功させるには?失敗しない効果のある痩せ方まとめ

出産した後もきれいな体型をキープできる産後ダイエットについてまとめま…

kon_w

鼻水吸引器は電動がおすすめ?赤ちゃんに使える人気の商品徹底比較のサムネイル画像

鼻水吸引器は電動がおすすめ?赤ちゃんに使える人気の商品徹底比較

赤ちゃんの鼻水の吸引器は電動がおすすめ?赤ちゃんのうちは自分で鼻水を…

みんみん

赤ちゃんに白湯はいつから?作り方や飲ませ方、量についてまとめのサムネイル画像

赤ちゃんに白湯はいつから?作り方や飲ませ方、量についてまとめ

赤ちゃんにいつから白湯を飲ませられるか、育児に役立つ方法をまとめまし…

kon_w

赤ちゃんの洗濯ものはいつまで別がいい?洗剤・柔軟剤の選び方解説のサムネイル画像

赤ちゃんの洗濯ものはいつまで別がいい?洗剤・柔軟剤の選び方解説

赤ちゃんのデリケートな服は大人と一緒に洗濯するより別で洗うと生地を傷…

234

赤ちゃんの温泉はいつから大丈夫?注意点や入れ方のコツをまとめのサムネイル画像

赤ちゃんの温泉はいつから大丈夫?注意点や入れ方のコツをまとめ

赤ちゃんがいると温泉って行けないのか?と気になる方も多いかと思います…

だいごろう

両親学級って知ってる?通う時期・詳しい内容やその目的を知ろうのサムネイル画像

両親学級って知ってる?通う時期・詳しい内容やその目的を知ろう

両親学級が自治体や病院などで開催されています。両親学級って聞きなれな…

木漏れ日

赤ちゃんの水分補給のタイミングは?量の目安と飲まない時の対処法のサムネイル画像

赤ちゃんの水分補給のタイミングは?量の目安と飲まない時の対処法

赤ちゃんは母乳やミルクを飲むというイメージがありますが、徐々にそれ以…

aeca

男の子の名前で良い画数・字画はある?姓名判断も使って良い名前に!のサムネイル画像

男の子の名前で良い画数・字画はある?姓名判断も使って良い名前に!

男の子の名前で良い画数や字画はあるのか?一生使う名前だから姓名判断を…

めぐみ

チャイルドシートは法律上何歳まで?義務違反・免除の条件まとめのサムネイル画像

チャイルドシートは法律上何歳まで?義務違反・免除の条件まとめ

赤ちゃんや幼児を車に乗せる時にはチャイルドシートを使うことが、法律で…

木漏れ日

赤ちゃんが歩く時期はいつごろ?前兆のサインや練習法について調査のサムネイル画像

赤ちゃんが歩く時期はいつごろ?前兆のサインや練習法について調査

赤ちゃんが1歳を過ぎると、周囲から「歩くようになった?」などと聞かれ…

aeca

妊娠初期に運動してもいいの?ストレッチ・ウォーキング・ヨガのやり方のサムネイル画像

妊娠初期に運動してもいいの?ストレッチ・ウォーキング・ヨガのやり方

妊娠初期の運動とそのやり方についてまとめたみましたが、自分に合う運動…

美希

妊娠初期における流産の症状や兆候、原因について。確率はどのくらい?のサムネイル画像

妊娠初期における流産の症状や兆候、原因について。確率はどのくらい?

妊娠初期の流産の原因って何?どんな症状や兆候があるの?など、妊娠初期…

藤本有紗

関連するキーワード

chi018.hi58

観覧ありがとうございます。0歳と8歳の子供がいるママです。
記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ