ワセリンとは

ワセリンという薬を知っていて使っている人、使ったことはないけれど名前は知っているという人、全く知らないという人それぞれいると思います。病院で処方されることの多かったワセリンですが、最近では市販でも購入することができるようになっています。

どこでも購入することができるようになったということは、誰でも簡単に手に入れられるようになったということです。どこでも購入することができれば、わざわざ病院に行って受診や処方までしてもらわなくてもいいので、時間もかけることはありません。

どこにでも手に入ると言ったワセリンですがワセリンとは、どのようなモノからできているのでしょうか。まずは、ワセリンの成分から紹介します。ワセリンは石油から出た炭化水素などの混合物を脱色して作られた薬です。病院では白色ワセリンと言われることもあります。

そんなワセリンですが、どのように使うことが多いのでしょうか。ワセリンの使い方や効果などワセリンについて詳しくみていきましょう。

ワセリンの効果

ワセリンの効果は何でしょうか。ワセリンには、保湿の効果があります。塗り方としては、乾燥しやすい時期である秋や冬などに塗ることが多いです。ワセリンを塗ることによって、ワセリンが保護膜を作ってくれるために水や外気など刺激から守ってくれます。

また、固くなった皮膚などをワセリンを塗ることによって柔らかくして古い角質を剥がしやすくしてくれ、キレイにしてくれます。これらのことから、ワセリンの効果は高い保湿力です。病院で処方される多くも、ワセリンです。ワセリンが1つ家庭にあれば、何かと使えます。

ワセリンの保湿効果はどれくらいあるのか

ワセリンの保湿があるとはいえ、ワセリンの保湿効果はどれくらいあるのでしょうか。ワセリンはつけすぎなければ、十分な保湿の効果があり潤いを補うことができます。

そのために、スキンケアで顔など気になる部分に塗ることがあります。お風呂上がりなど、ワセリン以外で化粧水や乳液など顔などにスキンケアをしている人が多いと思いますが、肌に合わないスキンケアをするよりもワセリンの方が保湿の効果がみられます。

顔などをスキンケアする時に、自分にはどのスキンケアが合っているのかわからないという人は、ワセリンを選ぶと間違いはありません。

ワセリンは、市販でみてみるとわかりますが色々な種類があります。それは、ベビー用から大人用まで様々です。容器が違うものや石油の量など成分量が微量に違うものまであります。子供に使うのであれば、ベビー用のモノを選択しましょう。子供の敏感肌に合うように、ベビー用のワセリンができているので使いやすいです。

ワセリンの副作用

ワセリンには、保湿する効果があることがわかったと思います。どの薬にも効果があれば副作用があります。もちろんそれは、ワセリンにも言えることです。ワセリンの使い方として、保湿が主な効果ということを考えると、ワセリンには副作用は少ないと言ってもいいです。いえ、ほとんどないと言ってもいいです。

ですが、人によってはワセリンの成分に反応して皮膚が炎症を起こしてしまい赤くなってしまったり、痒みが起こってしまったりなどということもあります。日本では、薬に対して安心して使えるという安心感を持っており、病院で処方されれば間違いないという思いになりがちです。

確かに、ほとんどの安全性は保障されていますが全て安心できると言わけではありません。思ったような効果がみられず、副作用が強いという薬も中にはあります。ワセリンは、ほとんど副作用がなく心配することはありません。ワセリンも効果ばかりをみますが、もしかすると副作用があらわれるかもしれないということは頭の片隅にでも、覚えておきましょう。

昔は、ワセリンは石油からできているということでスキンケアや保湿のために顔などに塗った後、日に当たると日焼けしたり色素沈着をしてしまったりということがあると情報が流れたことがありました。ですが、現在では、そのような心配をする必要はありません。

そのワセリンの使い方は合っている?

今、顔などのスキンケアでワセリンを使っている人は自分のワセリンの使い方や塗り方はスキンケアとして合っていると言えますか?ワセリンを使っている人は、自分の塗り方を振り返ってみましょう。

今まで、乾燥を防ぐためにだったりあかぎれなどの予防・治すためだったりで大量にワセリンを塗ればいいと思っていませんか?保湿の効果が高いからとはいえ、大量に塗ればそれだけ保湿されると思っていませんか?

実はその使い方や考え方は違います。間違った塗り方と言えます。ワセリンが副作用が少ないからとはいえ、間違った塗り方をしてしまうと効果がみられなくなってしまい、塗り方が悪いだけなのにワセリンは効果がなかったと勘違いしてしまうことになります。

人がどのように顔などのスキンケアとして、ワセリンを使っているのかはわかりません。ですが、顔などのスキンケアはしっかりしておいた方がいいので正しい使い方や塗り方を覚えましょう。

使い方次第で効果は変わるのか

保湿力があるワセリンですが、使い方次第で効果が変わるのかは気になるところです。スキンケアなど顔に使うこともあるワセリンにも、正しい使い方があります。顔などのスキンケアをするのに、保湿の効果があるからと塗ればいいのでしょうか。ワセリンにも使い方や塗り方があります。

結論から言えば、使い方次第で効果は変わってきます。そのため、正しい使い方や塗り方をきちんと知っておく必要があります。では、正しい使い方・塗り方をみてみましょう。

ワセリンの正しい使い方・塗り方と使い方見本

ワセリンには、保湿効果があるからとただ塗ればいいと言うわけではありません。ワセリンの効果を発揮させる正しい使い方や塗り方があるのを知っていますか?正しいワセリンの使い方と塗り方は、薄く塗ることが大切です。

詳しく説明すると、まずワセリンを手のひらにとって手の体温で温めます。そして、手のひらで厚みが同じくらいになるように延ばし肌に優しくなじませていきます。ワセリンを体温で温めて薄く塗ることで、肌に自然に浸透させることができます。

ワセリンは、全身のスキンケアに役立ちます。カラダに塗る場合には、お風呂上がりなどのスキンケアで一度塗るといいです。普段でも、乾燥など気になる時に数回塗る程度で大丈夫です。顔をスキンケアする場合には、ほんの数量を塗るだけです。顔に塗る塗り方も、先ほど説明したように薄く塗ることが大切です。

初めのうちは、なかなか塗ったというような感覚がなくつけすぎてしまうこともあるかもしれません。ですが、つけすぎることによって肌の新しく生まれ変わろうとする正常な機能が妨げられてしまいます。

一般的なワセリンの使い方

実際、ワセリンを使っている人たちはワセリンをどのように使っているのでしょうか。一般的なワセリンの使い方を考えてみましょう。

一般的には、保湿効果があることからもあかぎれや乾燥している部分に使うことが多いです。その他としては、スキンケアで顔など全身に使うこともあります。

良い使い方と悪い使い方

ワセリンの使い方として良い使い方と悪い使い方は、先ほども紹介したようにスキンケアなどで顔を保湿をしたいからや乾燥している部分があるからといって、気になる部分だけに塗るのではなく全体に薄く延ばしていくことが大切です。

さらに、良い使い方として手のひらで温めますが、手のひらで温めることによって肌になじみすぐに吸収してくれるようにしています。ワセリンの使い方は、つけすぎる肌本来の水分を吸収しすぎてしまうために、逆に乾燥してしまうということもあります。なので、つけすぎには注意した方がいいです。

ワセリンの使い方まとめ

ワセリンについてみてきました。ワセリンの効果や使い方などわかったでしょうか。初めのうちは、塗りすぎてしまったりどのように塗ったらいいのかわからないこともあるかもしれません。

ですが、スキンケアの一つとして使うことのある、ワセリンは顔を含め全身に使うことができます。ワセリンの使い方や塗り方に十分に注意してしっかりと効果のあるスキンケアをしましょう。

ワセリンには、種類があります。ベビー用のモノや柔らかいモノ、やや硬めのモノまで様々です。どのワセリンを選ぶかは、好みでいいです。色々と使ってみて、自分に合ったモノを選びましょう。

関連するまとめ

腰痛改善体操まとめ!ヘルニアや高齢者の人も寝ながら簡単に【動画有】のサムネイル画像

腰痛改善体操まとめ!ヘルニアや高齢者の人も寝ながら簡単に【動画有】

体の中心である腰の腰痛は辛いものです。そこで、少しでも腰痛の改善と予…

NAYAMI

サウナの効果的な入り方とは?サウナのメリット・デメリットのサムネイル画像

サウナの効果的な入り方とは?サウナのメリット・デメリット

みなさんはよくサウナに入りますか?ではサウナをよく利用されている方は…

ヒロシ

親知らずを抜くと小顔になる?タイプ別メリット・デメリットまとめのサムネイル画像

親知らずを抜くと小顔になる?タイプ別メリット・デメリットまとめ

親知らずはタイプにより放っておくと痛みや顔を大きく見せてしまう効果が…

ha1103.823

レモン水の効果と作り方まとめ!ダイエットやデトックスに効果的!のサムネイル画像

レモン水の効果と作り方まとめ!ダイエットやデトックスに効果的!

レモン水は、口にしたことがある方もいると思います。そのレモン水が今、…

kokoro

太らないお菓子を選ぶポイントは?コンビニや手作りお菓子のおすすめまとめのサムネイル画像

太らないお菓子を選ぶポイントは?コンビニや手作りお菓子のおすすめまとめ

ダイエット中も安心して食べられるおすすめの太らない人気お菓子をご紹介…

kon_w

シミを消す化粧品はある?市販の薬やプチプラ化粧品も紹介!のサムネイル画像

シミを消す化粧品はある?市販の薬やプチプラ化粧品も紹介!

化粧水などでスキンケアしてても知らないうちにシミって出来ますよね!シ…

haru

ブルガリアンスクワットで効果的にヒップアップ!女性におすすめダイエット!のサムネイル画像

ブルガリアンスクワットで効果的にヒップアップ!女性におすすめダイエット!

おしりにとても効果的なブルガリアンスクワットというトレーニングを知っ…

Chi_

アットノンの効果は?口コミを調査!やけど・傷跡・虫刺され跡が消える?のサムネイル画像

アットノンの効果は?口コミを調査!やけど・傷跡・虫刺され跡が消える?

暖かい時期になるとドラックストアなどでよく見かけるアットノン。薄着に…

秋野 もみじ

【ヘアスタイル】メンズのパーマがワイルド!ビジネスにもOK?のサムネイル画像

【ヘアスタイル】メンズのパーマがワイルド!ビジネスにもOK?

メンズヘアではおしゃれなパーマスタイルが話題です。でもどんなヘアスタ…

卯月茉莉華

ほうれい線はヒアルロン酸が効果的?値段や口コミを調査!失敗も注意?のサムネイル画像

ほうれい線はヒアルロン酸が効果的?値段や口コミを調査!失敗も注意?

女性なら年齢と共に悩みが尽きないほうれい線。ほうれい線に、効果的だと…

yuu3701

夏のダイエットにはこれがおすすめ!効果的に痩せる方法や注意することは?のサムネイル画像

夏のダイエットにはこれがおすすめ!効果的に痩せる方法や注意することは?

女性のみなさんは夏に向けてダイエットを考えているのではないでしょうか…

ヒロシ

眉毛脱色にはエピラットとジョレンどっちが人気?市販脱色剤のやり方まとめ!のサムネイル画像

眉毛脱色にはエピラットとジョレンどっちが人気?市販脱色剤のやり方まとめ!

ゆるふわメイクに欠かせないふんわり眉毛。セルフ脱色をする人も増えてき…

卯月茉莉華

オロナインの二重のやり方と危険性【効果・方法・パック・塗り方】のサムネイル画像

オロナインの二重のやり方と危険性【効果・方法・パック・塗り方】

オロナインで二重になれるという噂が広まりましたがご存じでしたか?オロ…

りぼん

大根ダイエットって?生大根・スティック大根など痩せた方法を徹底調査!のサムネイル画像

大根ダイエットって?生大根・スティック大根など痩せた方法を徹底調査!

大根ダイエットってご存知ですか?一部では生大根ダイエットと呼ばれてい…

めぐみ

腹筋女子になりたい!食事内容や鍛え方をチェックして腹筋をGET!のサムネイル画像

腹筋女子になりたい!食事内容や鍛え方をチェックして腹筋をGET!

昨今世間では、腹筋女子が注目されています。インスタグラムやブログには…

ha1103.823

ドライマンゴーのカロリーや栄養素、効能は?ダイエットに良い食べ方やレシピを紹介のサムネイル画像

ドライマンゴーのカロリーや栄養素、効能は?ダイエットに良い食べ方やレシピを紹介

スーパーなどでもよく見かけるドライマンゴー。そんなドライマンゴーの栄…

zizi

寝る前のプロテインは太る?痩せる?効果の出るおすすめの飲み方を紹介!のサムネイル画像

寝る前のプロテインは太る?痩せる?効果の出るおすすめの飲み方を紹介!

運動後に飲むといいとされているプロテインですが寝る前に飲むといいとい…

zizi

頭皮のにおいが臭い?女性でも頭皮が臭くなる原因と対処法まとめ!のサムネイル画像

頭皮のにおいが臭い?女性でも頭皮が臭くなる原因と対処法まとめ!

頭皮のにおいが臭い方の原因と改善策についてご紹介します。ほとんどの女…

daisuke_dan

ジョギングの効果は痩せるだけじゃない!体に嬉しいその効果とは?のサムネイル画像

ジョギングの効果は痩せるだけじゃない!体に嬉しいその効果とは?

だんだん暖かくなってくるこの季節はジョギングを行うにも最高の季節でも…

ran2016

ハトムギ化粧水のニキビの口コミまとめ!思春期ニキビ・ニキビ跡にも効果的?のサムネイル画像

ハトムギ化粧水のニキビの口コミまとめ!思春期ニキビ・ニキビ跡にも効果的?

思春期になると、気になるのはニキビです。ニキビになると、治すために化…

chi018.hi58

関連するキーワード

chi018.hi58

観覧ありがとうございます。0歳と8歳の子供がいるママです。
記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

アクセスランキング

昨日の「美容」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ