ワセリンの正しい使い方・塗り方を調査!保湿効果はどれくらい?

ワセリンという薬を知っていますか?ワセリンを知っている人は、保湿が高いと聞いたことがあると思います。では、ワセリンを持っている人は、どのような使い方をしているのでしょうか。ワセリンの正しい使い方や塗り方、保湿の効果を紹介します。

目次

  1. ワセリンとは
  2. ワセリンの効果
  3. ワセリンの保湿効果はどれくらいあるのか
  4. ワセリンの副作用
  5. そのワセリンの使い方は合っている?
  6. 使い方次第で効果は変わるのか
  7. ワセリンの正しい使い方・塗り方と使い方見本
  8. 一般的なワセリンの使い方
  9. 良い使い方と悪い使い方
  10. ワセリンの使い方まとめ

ワセリンとは

ワセリンという薬を知っていて使っている人、使ったことはないけれど名前は知っているという人、全く知らないという人それぞれいると思います。病院で処方されることの多かったワセリンですが、最近では市販でも購入することができるようになっています。

@yumi1228nさんの投稿
17077361 1621786454504603 2612411718898286592 n

どこでも購入することができるようになったということは、誰でも簡単に手に入れられるようになったということです。どこでも購入することができれば、わざわざ病院に行って受診や処方までしてもらわなくてもいいので、時間もかけることはありません。

@k11014さんの投稿
16906600 1811802392403264 3739763251672514560 n

どこにでも手に入ると言ったワセリンですがワセリンとは、どのようなモノからできているのでしょうか。まずは、ワセリンの成分から紹介します。ワセリンは石油から出た炭化水素などの混合物を脱色して作られた薬です。病院では白色ワセリンと言われることもあります。

@ayannu61さんの投稿
17076080 1635641069785487 807459585429340160 n

そんなワセリンですが、どのように使うことが多いのでしょうか。ワセリンの使い方や効果などワセリンについて詳しくみていきましょう。

ワセリンの効果一覧!乾燥対策・保湿にピッタリ!副作用もある? | Pinky[ピンキ-]

ワセリンの効果

ワセリンの効果は何でしょうか。ワセリンには、保湿の効果があります。塗り方としては、乾燥しやすい時期である秋や冬などに塗ることが多いです。ワセリンを塗ることによって、ワセリンが保護膜を作ってくれるために水や外気など刺激から守ってくれます。

@grandir1024さんの投稿
17126148 593680330838258 1403729289542631424 n

また、固くなった皮膚などをワセリンを塗ることによって柔らかくして古い角質を剥がしやすくしてくれ、キレイにしてくれます。これらのことから、ワセリンの効果は高い保湿力です。病院で処方される多くも、ワセリンです。ワセリンが1つ家庭にあれば、何かと使えます。

ワセリンは顔に塗ってもOK?保湿効果から正しい使い方まで徹底調査! | Pinky[ピンキ-]

ワセリンの保湿効果はどれくらいあるのか

ワセリンの保湿があるとはいえ、ワセリンの保湿効果はどれくらいあるのでしょうか。ワセリンはつけすぎなければ、十分な保湿の効果があり潤いを補うことができます。

@zuzumi333さんの投稿
17125616 725546794290293 2600153817810993152 n

そのために、スキンケアで顔など気になる部分に塗ることがあります。お風呂上がりなど、ワセリン以外で化粧水や乳液など顔などにスキンケアをしている人が多いと思いますが、肌に合わないスキンケアをするよりもワセリンの方が保湿の効果がみられます。

@amoi1303さんの投稿
16906381 262472784208543 7952786230976970752 n

顔などをスキンケアする時に、自分にはどのスキンケアが合っているのかわからないという人は、ワセリンを選ぶと間違いはありません。

@moriyu0626さんの投稿
17125450 183011838866214 3447075463971733504 n

ワセリンは、市販でみてみるとわかりますが色々な種類があります。それは、ベビー用から大人用まで様々です。容器が違うものや石油の量など成分量が微量に違うものまであります。子供に使うのであれば、ベビー用のモノを選択しましょう。子供の敏感肌に合うように、ベビー用のワセリンができているので使いやすいです。

ワセリンは赤ちゃんに塗ってもOK?乳児湿疹への効果を調べてみた | Pinky[ピンキ-]

ワセリンの副作用

ワセリンには、保湿する効果があることがわかったと思います。どの薬にも効果があれば副作用があります。もちろんそれは、ワセリンにも言えることです。ワセリンの使い方として、保湿が主な効果ということを考えると、ワセリンには副作用は少ないと言ってもいいです。いえ、ほとんどないと言ってもいいです。

@kunnapiapenさんの投稿
16908668 1942246389338384 4681041266287312896 n

ですが、人によってはワセリンの成分に反応して皮膚が炎症を起こしてしまい赤くなってしまったり、痒みが起こってしまったりなどということもあります。日本では、薬に対して安心して使えるという安心感を持っており、病院で処方されれば間違いないという思いになりがちです。

@makikoreaさんの投稿
17076186 1857663604516208 3361026558700552192 n

確かに、ほとんどの安全性は保障されていますが全て安心できると言わけではありません。思ったような効果がみられず、副作用が強いという薬も中にはあります。ワセリンは、ほとんど副作用がなく心配することはありません。ワセリンも効果ばかりをみますが、もしかすると副作用があらわれるかもしれないということは頭の片隅にでも、覚えておきましょう。

@12hknさんの投稿
17075785 259770401146445 9115330652760178688 n

昔は、ワセリンは石油からできているということでスキンケアや保湿のために顔などに塗った後、日に当たると日焼けしたり色素沈着をしてしまったりということがあると情報が流れたことがありました。ですが、現在では、そのような心配をする必要はありません。

日焼けが痛いときの対処法まとめ!赤みや痛みにはオロナイン・ワセリンが効く? | Pinky[ピンキ-]

そのワセリンの使い方は合っている?

今、顔などのスキンケアでワセリンを使っている人は自分のワセリンの使い方や塗り方はスキンケアとして合っていると言えますか?ワセリンを使っている人は、自分の塗り方を振り返ってみましょう。

@abe_happyさんの投稿
12424898 187940828253858 1087652964 n

今まで、乾燥を防ぐためにだったりあかぎれなどの予防・治すためだったりで大量にワセリンを塗ればいいと思っていませんか?保湿の効果が高いからとはいえ、大量に塗ればそれだけ保湿されると思っていませんか?

@umettotoさんの投稿
17127098 1702712123351994 4651688063922077696 n

実はその使い方や考え方は違います。間違った塗り方と言えます。ワセリンが副作用が少ないからとはいえ、間違った塗り方をしてしまうと効果がみられなくなってしまい、塗り方が悪いだけなのにワセリンは効果がなかったと勘違いしてしまうことになります。

@allinonegelさんの投稿
16906760 690190697820736 985432722254069760 n

人がどのように顔などのスキンケアとして、ワセリンを使っているのかはわかりません。ですが、顔などのスキンケアはしっかりしておいた方がいいので正しい使い方や塗り方を覚えましょう。

ワセリンのリップの効果は?唇に塗っても大丈夫?乾燥に負けない唇に! | Pinky[ピンキ-]

使い方次第で効果は変わるのか

保湿力があるワセリンですが、使い方次第で効果が変わるのかは気になるところです。スキンケアなど顔に使うこともあるワセリンにも、正しい使い方があります。顔などのスキンケアをするのに、保湿の効果があるからと塗ればいいのでしょうか。ワセリンにも使い方や塗り方があります。

@renamatui27さんの投稿
16230241 194744277672091 460276058676002816 n

結論から言えば、使い方次第で効果は変わってきます。そのため、正しい使い方や塗り方をきちんと知っておく必要があります。では、正しい使い方・塗り方をみてみましょう。

ワセリンの正しい使い方・塗り方と使い方見本

ワセリンには、保湿効果があるからとただ塗ればいいと言うわけではありません。ワセリンの効果を発揮させる正しい使い方や塗り方があるのを知っていますか?正しいワセリンの使い方と塗り方は、薄く塗ることが大切です。

@kiiico.4everさんの投稿
17125682 346596015735558 1635976119905681408 n

詳しく説明すると、まずワセリンを手のひらにとって手の体温で温めます。そして、手のひらで厚みが同じくらいになるように延ばし肌に優しくなじませていきます。ワセリンを体温で温めて薄く塗ることで、肌に自然に浸透させることができます。

@erinren_さんの投稿
17125553 258924424565420 4810429153239105536 n

ワセリンは、全身のスキンケアに役立ちます。カラダに塗る場合には、お風呂上がりなどのスキンケアで一度塗るといいです。普段でも、乾燥など気になる時に数回塗る程度で大丈夫です。顔をスキンケアする場合には、ほんの数量を塗るだけです。顔に塗る塗り方も、先ほど説明したように薄く塗ることが大切です。

@5pijohnhiiiiさんの投稿
17077389 189809678175888 2260986061536624640 n

初めのうちは、なかなか塗ったというような感覚がなくつけすぎてしまうこともあるかもしれません。ですが、つけすぎることによって肌の新しく生まれ変わろうとする正常な機能が妨げられてしまいます。

一般的なワセリンの使い方

実際、ワセリンを使っている人たちはワセリンをどのように使っているのでしょうか。一般的なワセリンの使い方を考えてみましょう。

@n_x_zさんの投稿
17076946 416890388648954 2074853586361122816 n

一般的には、保湿効果があることからもあかぎれや乾燥している部分に使うことが多いです。その他としては、スキンケアで顔など全身に使うこともあります。

良い使い方と悪い使い方

ワセリンの使い方として良い使い方と悪い使い方は、先ほども紹介したようにスキンケアなどで顔を保湿をしたいからや乾燥している部分があるからといって、気になる部分だけに塗るのではなく全体に薄く延ばしていくことが大切です。

@megumumatsuhashiさんの投稿
17267436 1818712611728080 4533952333050019840 n

さらに、良い使い方として手のひらで温めますが、手のひらで温めることによって肌になじみすぐに吸収してくれるようにしています。ワセリンの使い方は、つけすぎる肌本来の水分を吸収しすぎてしまうために、逆に乾燥してしまうということもあります。なので、つけすぎには注意した方がいいです。

ワセリンの使い方まとめ

ワセリンについてみてきました。ワセリンの効果や使い方などわかったでしょうか。初めのうちは、塗りすぎてしまったりどのように塗ったらいいのかわからないこともあるかもしれません。

@quill0630さんの投稿
16229390 1855399558040586 3370321971735691264 n

ですが、スキンケアの一つとして使うことのある、ワセリンは顔を含め全身に使うことができます。ワセリンの使い方や塗り方に十分に注意してしっかりと効果のあるスキンケアをしましょう。

@bling2sakuraさんの投稿
16123732 648289302046180 1916529821836378112 n

ワセリンには、種類があります。ベビー用のモノや柔らかいモノ、やや硬めのモノまで様々です。どのワセリンを選ぶかは、好みでいいです。色々と使ってみて、自分に合ったモノを選びましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ