冨田真由の現在の姿や容態と犯人・岩埼友宏との関係性を振り返る

犯人の狂気で日本中を恐れさせた冨田真由さん刺傷事件。逮捕された犯人の岩埼友宏被告は芸能活動を行なっていた冨田真由さんに目をつけて、執拗にストーカー行為を繰り返した上で犯行に及んだそうです。今回は冨田真由さんの現在の容態や岩埼友宏被告との関連性を掘り下げます。

目次

  1. 世にも残酷!冨田真由さん刺傷事件
  2. 事件当時芸能活動をしていた冨田真由さん
  3. 冨田真由さんは「アイドル活動の経験のある芸能人」
  4. ギターを持って歌手を目指した冨田真由さん
  5. 芸能事務所を転々とした末にフリーになった冨田真由さん
  6. 芸能活動をしていた冨田真由さんを刺した犯人の岩埼友宏被告
  7. 岩埼友宏被告に刺されて重傷を負い、容態も悪化していた冨田真由さん
  8. 事件前から冨田真由さんに目をつけていた犯人の岩埼友宏被告
  9. まさに狂気!冨田真由さんを追い込んだ犯人の岩埼友宏被告のTwitter
  10. ありえない!岩埼友宏被告が冨田真由さんに行なったプレゼント攻撃!
  11. 狂気は幼少期から?犯人の岩埼友宏被告の生い立ちに迫る!
  12. これぞ執念?犯人の岩埼友宏被告が初公判で冨田真由さんに見せた目つき
  13. これは富田真由さん?治療中の冨田真由さんと見られる写真を公開
  14. 現在の容態はどうなっているの?治療中の冨田真由さんの現在の容態
  15. 現在も容態が安定しない冨田真由さんは果たして復帰できるのか?
  16. 懲役14年6ヶ月を求刑された犯人の岩埼友宏被告の最終的な刑期は?
  17. 死刑・無期懲役は無理?岩埼友宏被告への極刑の可能性
  18. 一生苦しむ!?冨田真由さんに今後降りかかるであろう災難
  19. 岩埼友宏被告は再犯する?釈放後の行動制限について
  20. 冨田真由さんの現在の容態と岩埼友宏被告との関係についてのまとめ

世にも残酷!冨田真由さん刺傷事件

2016年5月21日の夕方に東京都小金井市のライブハウスで発生した芸能人の冨田真由さんに対するファンによる刺傷事件。「ファンが芸能人を刺した」という特殊な事例であるためか、この事件は芸能界のみならず様々な方面から様々な議論が行われました。

2016年5月21日、芸能人の冨田真由さんは自身が出演するライブイベントの準備のため、東京都小金井市にあるライブハウスにいたところ、待ち伏せしていたファンに刃物で襲われて、そのまま重体におちいりました。

自身が出演するライブイベントの準備のために東京都小金井市のライブハウスにいたところ、待ち伏せしていたファンに刃物で襲われて、重体におちいった冨田真由さん。冨田真由さんが襲われた時、冨田真由さんの体は首や胸などを中心に20箇所以上も刺されていたようです。首や胸を中心に20箇所も刺されるのであれば、重体になるのもやむおえないでしょう。

「アイドルの冨田真由さん」と報道され、アイドル産業にも悪影響

東京都小金井市のライブハウスでライブイベントの準備の最中にファンに刃物で刺されて重体におちいった冨田真由さん。事件が発生した当初は「富田真由さんはアイドルである」という報道をされていました。

近年ファンとの距離が近いライブイベントを中心に活動をする形式のアイドルが増加していることから、冨田真由さんの事件はアイドル産業そのものにも目線が注がれ、悪影響を及ぼしました。

【最新情報】冨田真由の現在まとめ。刺された目の容態と画像は? | Pinky[ピンキ-]

事件当時芸能活動をしていた冨田真由さん

先程述べたように、自身が出るライブイベントの準備のさなかにファンに刺されて重傷を負った冨田真由さんは芸能人でした。そして富田真由さんは事件が起きるまで様々なライブイベントに参加していて、芸能活動を行なっていたようです。

こちらは冨田真由さんが刺されて重体におちいった日に出演する予定だったライブイベントのチラシです。冨田真由さんだけでなく、何人かの女性アーティストが出演しており、アットホームな目線で楽しめるイベントだったようです。

冨田真由さんは「アイドル活動の経験のある芸能人」

芸能活動をしていた冨田真由さんが東京都小金井市のライブハウスで刺されて重体におちいった際に「アイドルがファンに刺された」という報道があったことから、アイドル産業にも目線が注がれ、悪影響が及んだのは先程述べました。しかし、冨田真由さんは「アイドル」ではなかったようです。

冨田真由さんのキャリアの始まりはモデル!

1995年生まれの冨田真由さんは元々中学校に通っていた頃に若年層向けのモデル雑誌「セブンティーン」のモデルオーディションに出ていたようです。残念ながらモデルオーディションには通りませんでしたが、このモデルオーディションが冨田真由さんの芸能界入りのきっかけの1つになったようです。

人気特撮番組「仮面ライダー」シリーズで2011年に放映された「仮面ライダーフォーゼ」の第1話にも冨田真由さんは出演していたようです。この出演があったためか、一時期翌年に放映された戦隊もの「特命戦隊ゴーバスターズ」への出演も噂されていたようです。

アイドル「シークレットガールズ」になった富田真由さん

人気ファッション雑誌「セブンティーン」のモデルオーディションを皮切りに様々な活動を行なっていた冨田真由さん。そんな冨田真由さんは2011年ごろから人気まんが雑誌「ちゃお」との連動企画である「シークレットガールズ」というアイドルグループに所属することとなりました。

上の画像の一番右のサイドポニーの女性がシークレットガールズに所属していた頃の冨田真由さんです。

ギターを持って歌手を目指した冨田真由さん

人気ファッション雑誌「セブンティーン」のファッションモデルオーディションを皮切りに芸能界に入った冨田真由さんはロックバンドのプロモーションビデオへの出演やアイドルグループ「シークレットガールズ」での活動を経て、最近ではギターを片手に歌を歌い、シンガーソングライターを目指していたようです。

ゆえに、冨田真由さんは「アイドル出身でシンガーソングライターを目指していた芸能人」というのが正しいようです。

芸能事務所を転々とした末にフリーになった冨田真由さん

応援してくださる皆様へ|冨田真由オフィシャルブログ「Living.」

しかし、そのマージへの所属も”名ばかり”のようなものであり、殆ど「フリー(芸能事務所に所属しない形)」での芸能活動と言っても過言ではなかったようです。事件を振り返った芸能関係者の中には、「フリーランスであるために芸能事務所にあるような管理耐性がなかったことが事件の遠因になった」と述べる方もいました。

「フリー」が悲劇招いた 芸能事務所ではプレゼントに一定のルール…冨田真由さん刺傷事件 : スポーツ報知

芸能活動をしていた冨田真由さんを刺した犯人の岩埼友宏被告

ライブイベントの準備を行なっていた冨田真由さんを待ち伏せして急に刃物で襲いかかり重体に追いやった犯人が上の画像にいる岩埼友宏被告です。犯人の岩埼友宏被告はライブイベントの情報に目を通した上で、事件当日に計画的に待ち伏せを行なっていたようです。

犯人の岩埼友宏被告は事件当時は京都府に住んでいたそうですが、かねてから冨田真由さんにストーカー行為を繰り返しており、事件当日からわざわざ京都から東京にまで出向き、犯行に及んだようです。

しかし、岩埼友宏被告の犯行に至るまでの一連の行為について冨田真由さんから相談を受けていた警察が事件の発生防止に努めなかったことから、犯人の岩埼友宏被告のストーカー行為に対する警察側の不手際にも注目が集まりました。

岩埼友宏被告に刺されて重傷を負い、容態も悪化していた冨田真由さん

事件前から冨田真由さんに目をつけていた犯人の岩埼友宏被告

犯人の岩埼友宏被告は冨田真由さんがギターを持ってシンガーソングライターを目指し始めた時期に冨田真由さんが出演するライブイベントに通い始めて、冨田真由さんとの接点を持ち始めたようです。最初は至って普通な「芸能人とファンの関係」が犯人の岩埼友宏被告と冨田真由さんとの間で成り立っていたようです。

しかし、冨田真由さんに「結婚を申し込みたい」と思っていた犯人の岩埼友宏被告は徐々に冨田真由さんに本性をさらけ出すようになり、冨田真由さんが嫌がる行為を執拗に繰り返しました。そして冨田真由さんに対する嫌がらせは日に日にエスカレートして、犯行の日に至りました。

冨田真由の殺人未遂で逮捕された岩埼友宏容疑者のツイッターがヤバイ! | Pinky[ピンキ-]

まさに狂気!冨田真由さんを追い込んだ犯人の岩埼友宏被告のTwitter

犯人の岩埼友宏被告が冨田真由さんに対する迷惑行為をエスカレートさせた要因の1つにTwitterがあると言われています。冨田真由さんはファンに向けて自らの私生活やライブ・出演情報を発信するため、Twitterアカウントを設けていました。

「ファンもアカウントを設ければ芸能人とメッセージを送ることができる」というTwitterの特色が犯人の岩埼友宏被告のストーカー行為をエスカレートさせたそうです。

上のTwitterアカウントは犯人の岩埼友宏被告が冨田真由さんと関わるために設けたTwitterアカウントとされるものです。犯人の岩埼友宏被告はこのアカウントを使って冨田真由さんに執拗にメッセージを送っていたようです。「君を嫌いなやつはクズだよ。」というアカウント名からして、不気味な雰囲気を醸し出しています。

日に日にTwitterでのメッセージが攻撃的なものへと変化していった岩埼友宏被告に対して、ますます不信感を抱いた冨田真由さんは遂に岩埼友宏被告が運営していたアカウントをブロックしたようです。

ブロックにより岩埼友宏被告は冨田真由さんのTwitterアカウントが見れなくなりましたが、不幸にもこのブロックが岩埼友宏被告の冨田真由さんに対する敵対心をエスカレートさせて犯行に至らせたとされています。

ありえない!岩埼友宏被告が冨田真由さんに行なったプレゼント攻撃!

犯人の岩埼友宏被告がTwitterで冨田真由さんへのメッセージを攻撃的にさせていった要因の1つが現在アイドルイベントなどで頻繁に行われている「ファンから芸能人へのプレゼント」という制度だと言われています。岩埼友宏被告は冨田真由さんと接点を持ち、ライブに足繁く通う中で冨田真由さんに様々なプレゼントを送っていたようです。

犯人の岩埼友宏被告は花束や食べ物のようなありふれたものだけでなく、時には上の写真にあるような4℃という高級ブランドの商品も冨田真由さんにプレゼントしていたようです。しかし、プレゼントの頻繁さと執拗さを不審がった冨田真由さんは「プレゼントを岩埼友宏被告に送り返す」という行動に出たようです。

そして、この行動に岩埼友宏被告が怒りを覚えたことも後に冨田真由さんへの凶行に至らせるきっかけとなったようです。

狂気は幼少期から?犯人の岩埼友宏被告の生い立ちに迫る!

SNSでのメッセージのやりとりやライブ会場でのプレゼント行為で冨田真由さんから反感を買ったことで怒りをつのらせて残忍な犯行に及んだ岩埼友宏被告。そこで、このような残忍な犯行を行なった岩埼友宏被告の生い立ちを見ていきたいと思います。

熊本と橋本愛|惨めさの中で世界を笑う

これぞ執念?犯人の岩埼友宏被告が初公判で冨田真由さんに見せた目つき

先日冨田真由さん刺傷事件の初公判が行われました。犯人の岩埼友宏被告は現在でも冨田真由さんへの歪んだ感情を抱き続けているようで、現在でも容態が悪い中でかろうじて証人としてやってきた冨田真由さんに執念とも言えるような行動を取ったようです。

これは富田真由さん?治療中の冨田真由さんと見られる写真を公開

上のツイートは真相は定かで無いですが、冨田真由さんが岩埼友宏被告の襲撃を受けて、治療を受けている時の写真と言われています。現在は命に別状がないものの、一時期は重体におちいるほどに容態が悪化していた冨田真由さんだけあって、この写真の信憑性も高いと思われます。

現在の容態はどうなっているの?治療中の冨田真由さんの現在の容態

現在も容態が安定しない冨田真由さんは果たして復帰できるのか?

首や胸を中心に全身で20箇所以上刺されて、一時期は重体に陥るほど容態が悪化した冨田真由さん。現在でも精神面・物理面で様々な後遺症に悩まされて、容態が安定しない冨田真由さんが芸能界に復帰できる可能性は現在どれくらいあるのでしょうか?

先ほども述べたように冨田真由さんは現在でも事件の後遺症に悩まされており、容態も安定しないこともあってか、芸能活動への復帰どころではないようです。先日行われた岩埼友宏被告の初公判でも「顔に傷があって女優への道は絶たれたようなもの」と述べており、女優やモデルの方面で活動する可能性は少ないと思われます。

また冨田真由さんは事件の時までシンガーソングライターを目指して、歌手活動も行なっていました。ただ、音楽活動への復帰を目指して様々な準備に取り掛かろうとしても事件のことが頭によぎり、現在でも悩まされているようです。

懲役14年6ヶ月を求刑された犯人の岩埼友宏被告の最終的な刑期は?

現在東京地裁での初公判を終えた段階で岩埼友宏被告は14年6ヶ月の懲役を求刑されています。しかし、この判決すらも不服に思った岩埼友宏被告は控訴を行い、判決は東京高裁に持ち込まれることとなるようです。

小金井の女子大生刺傷、岩崎被告が控訴 - 共同通信 47NEWS

死刑・無期懲役は無理?岩埼友宏被告への極刑の可能性

事件の恐ろしさゆえか、犯人の岩埼友宏被告への死刑や無期懲役を望む声が多い冨田真由さん刺傷事件。しかし、岩埼友宏被告に極刑が言い渡される可能性は少ないようです。岩埼友宏被告は現在殺人未遂罪で裁判を行なっています。

しかし、殺人未遂罪は死刑よりも刑罰が軽く、死刑や無期懲役になる可能性は低いようです。残忍な事件であるにもかかわらず、「殺していないのであれば罪は軽くなる」のが現在の司法制度のようです。

また弁護側は「岩埼友宏被告は衝動的な行動をとっただけで、計画的な殺意がない」と主張しており、この主張が高裁で通れば、岩埼友宏被告の刑罰は現時点の懲役14年6ヶ月よりも軽くなると思われます。

冨田真由さんは犯人の岩埼友宏被告に対して、「一生刑務所に入ったまま出ないで欲しい」という心情を持っているようです。しかし、現行の司法制度ではそのような心情が通る余地は少ないようです。

一生苦しむ!?冨田真由さんに今後降りかかるであろう災難

現在は命に別状はないものの、一時は容態が悪化して重体に陥っていた冨田真由さん。冨田真由さんが現在様々な後遺症に悩み、容態が安定していません。

また、似たような犯罪に遭遇していた被害者が長年同じような後遺症に悩まされているのを見ると、冨田真由さんも長い間苦しむ可能性があります。この事件は裁判員ですら裁判中に倒れるぐらいの衝撃があったそうなので、被害者である冨田真由さん本人の心労は相当なものだと推測できます。

岩埼友宏被告は再犯する?釈放後の行動制限について

現在犯人の岩埼友宏被告には懲役14年6ヶ月が言い渡されています。もし仮に刑期を終えて釈放されたとしても、岩埼友宏被告には「冨田真由さんに再び接近して、再犯をするのではないか?」という懸念が持たれているようです。冨田真由さん自身も「14年6ヶ月も経てば釈放されるのは短すぎる」と述べているようです。

諸外国では釈放した犯人を警察が監視する制度があるようですが、日本には残念ながらそのような制度はないようです。そのため、冨田真由さんが岩埼友宏被告の釈放後に見舞われる可能性がある危険を公的に防ぐことは現在の段階では難しいようです。

冨田真由さんの現在の容態と岩埼友宏被告との関係についてのまとめ

これからという時期に凶悪犯罪に巻き込まれた冨田真由さん。運良く一命を冨田真由さんは容態が小康状態になった現在でも後遺症に悩まされており、芸能活動への復帰もままならないようです。

一方で岩埼友宏被告は刑事裁判の真っ只中ですが、死刑や無期懲役などの極刑を望む声もむなしく、十数年ほどの服役を終えれば、釈放されるようです。今後の冨田真由さんの安全や類似事件の発生防止を心から願うばかりです。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ