ワセリンはアトピーに効果的?

ワセリンは、昔からアトピーに効果的といわれています。アトピー治療に用いられることも多く、肌のバリア機能を守ってくれる働きもあるとして、アトピーの症状があらわれるたびに病院に行かなくても緩和できる方法としても注目されているようです。

ワセリンが効果的な理由

ワセリンがアトピーに効果的といわれるのには、まず肌のバリア機能をキープしてくれることが第一に挙げられているようです。ワセリンをアトピーの患部に塗ることで肌の水分を蒸発させてしまうのを抑える働きがあるといわれています。

昔からワセリンはアトピー治療に有効だった

昔からワセリンは、アトピー治療に有効とされていたようで、ステロイドとワセリンを混ぜて処方する皮膚科も多かったといわれています。ただ、ステロイドには副作用の心配もあるため、たとえワセリンと混ぜたからといって副作用レベルが下がるわけではないところは指摘されているようです。

ツライ乾燥やかゆみのアトピーについて

アトピーは、乾燥やかゆみが悩みの種でもあり、その部分をカバーするためにも乾燥対策やかゆみを緩和する対策などアトピー改善効果を探し求め、色々試していらっしゃるかたも多いといわれています。

アトピーのかゆみは如何してなるの?

そもそもアトピーは、個人差もあり症状が出やすくなるシーズンも変わってくるといいます。汗に敏感になりやすいかたは、汗をかきやすい夏にアトピーの症状がでることが多いようです。

そして、逆に乾燥に敏感なかたは冬のシーズンにアトピーの症状が現れるといわれています。また、ハウスダストをはじめ、ダニなどによりアトピーの症状がでて、かゆみが出てきてしまうかたも増えているようです。また、日常生活からのストレスや栄養バランスが乱れがちな食生活が原因となり、アトピーの症状が現れてしまうともいわれています。

乾燥とかゆみの深い関係

乾燥がひどくなってくると、かゆみも気になり始めるのは、アトピーのかただけに限らないです。それだけに、アトピー性皮膚炎のかたにとって乾燥は大敵ともいえるでしょう。

乾燥は、寒い季節になると肌のターンオーバーの働きが低下してくるため、その影響もあり肌のバリアが弱くなってしまい刺激に耐えられなくなってしまい、乾燥やかゆみにつながってしまうといわれています。そのため、寒い季節のスキンケアは、乾燥とかゆみの対策にも重要となってくるようです。

スキンケアにも効果的なワセリンでアトピー退治

スキンケアにも効果的といわれるワセリンですが、ワセリンを使用してアトピーを退治していくためには塗り方にもコツがあるようです。ワセリンをアトピーの患部にうまく塗ることで、かゆみを和らげる効果も期待できます。

ワセリンを薄めに塗る

まずワセリンの塗る方の前に、ワセリンはあくまでも肌のバリアをキープすることに使うため保湿効果は期待しないほうがいいといわれています。

乾燥のシーズンは特に、保湿しようとワセリンとたっぷりアトピーの患部にたっぷりつけてしまうかたも少なくないようですが、これは逆に乾燥の原因になってしまうといいます。ワセリンでアトピーを和らげる効果をアップさせるためにも、ワセリンを塗る際は薄めに塗ることが大切です。均等になるように、患部に優しく薄く塗ってあげましょう。

ワセリン効果でアトピーのかゆみを抑制

ワセリンをうっすらアトピーの患部に塗ることで、肌のバリア機能を元気にさせてくれます。ワセリンで、肌のバリア機能を高めることにより、外からのホコリや化学物質などが中に入ってこないように防げる効果に期待ができます。

ワセリンでアトピーを改善する際のデメリット

ワセリンでアトピー改善を試みる場合に、知っておきたいデメリットもあります。ワセリンを使ってアトピーの症状を和らげていく際に、ワセリンの乾燥によるかゆみが生じてしまうことがあるのもデメリットのひとつです。

そして、お仕事中などのデメリットとしてはワセリンのべたつきが気になるのも避けられないデメリットといえるでしょう。ワセリンを使い過ぎてしまい、水分補給ができないまま保湿していると勘違いしてしまい間違ったスキンケアにつながってしまうこともデメリットとして挙げられているようです。

ワセリンの乾燥によるかゆみ

ワセリンをアトピーの患部に薄く塗ったとしても、2時間ほど経過すると乾燥してきてしまい、その感想が原因でかゆみの症状が現れるため、数時間おきに薄く塗らなければいけないというのもデメリットのひとつといえるでしょう。

アトピー患部にワセリンを塗った後のべたつき

日中に、アトピー症状がでてしまい患部にワセリンを薄く塗ってかゆみを抑える効果は期待できるものの、ワセリンの質感はどうしてもベタベタしてしまうといいます。お仕事がしづらくなる場合もあるため、デメリットになってしまう場合もあるようです。

間違えたスキンケアになる恐れ

ワセリンをアトピーから守るために使用すると同時に、間違えたスキンケアになる恐れもあるといいます。数時間おきにワセリンを薄く塗ってアトピーの症状を抑えるのもありですが、あまりにもかゆみが激しい場合は保湿しすぎてしまっている肌状態となってしまって、スキンケアどころかターンオーバーが乱れてしまうデメリットを招いてしまいます。

ステロイドの使用を避けたいときの救世主ワセリン

皮膚科に行くと、必ずといっていいほど処方されるのがステロイドという声もあるようです。ステロイドは出来れば使用を避けたいというかたも多いほど効果はあっても強い薬のため、ワセリンを代用して使用されるかたも多いといわれています。

ワセリンには、肌の内部には浸透せずバリアをはるだけになるため保湿効果は実際にはほぼ無いといわれています。ただ、表面のひどい乾燥した肌をワセリンで保護する感覚で使うならステロイドの代用としても一役買ってくれるようです。

注意点としては、ひどい乾燥した肌といっても、そこの部分が真っ赤に炎症を起こしてしまっている場合はワセリンをつけると逆効果なので、底の部分も注意が必要です。

ワセリンでアトピーのスキンケアをする際の注意点

ワセリンでアトピーのスキンケアをする際の注意点もみていきましょう。低刺激だからといって、ワセリンだけのスキンケアはNGといわれています。低刺激だからとワセリンだけのスキンケアだけ塗っていると、保湿ができない状態で肌のバリア機能だけとなってしまうためスキンケアにならないといいます。

アトピーだからといって、ワセリンのみを塗っている状態だと、水分補給ができていないまま、肌が息苦しい状態になってしまいます。化粧水や美容液などある程度はスキンケア商品を使って水分補給をし、それからワセリンで肌のバリア機能をキープしてあげましょう。

一般的なワセリンの種類について

ワセリン選びもアトピーを和らげるための効果を発揮するためにも重要なポイントとなるようです。一般的には、ドラッグストアなどでもお手軽にご購入できる黄色ワセリンと白ワセリンが知られています。

ドラッグストアでも手に入る黄色ワセリン

ドラッグストアでも手に入る黄色ワセリンは、精製レベルが比較的低くて、肌の状態によっては刺激を感じやすくなるといわれています。

精製レベルが高いと知られる白ワセリン

黄色ワセリンに比べて精製レベルが高いとして知られる白ワセリンは、不純物を排除しているため赤ちゃんなど敏感肌のかたにも優しくできているといわれています。

医薬品として知られるワセリンの種類について

ワセリンは、黄色ワセリンと白ワセリン以外に、プロペトとサンホワイトという種類もあります。

デリケートな部分に使用されるプロぺト

プロペトは、顔でいうと目のまわりなどデリケートな部分に使用されることが多いワセリンで白ワセリンでも乾燥やかゆみが気になり効果を感じられないというかたにもおすすめされているワセリンです。

保険適用外のサンホワイト

保険適用外であるサンホワイトは、皮膚科などでも処方されることが多いようです。赤ちゃんの皮膚に使われることもあり、普通のワセリンも上記で紹介したプロペトも肌にかゆみが出てしまうというかたにとっての救世主となるワセリンといわれています。

ワセリンによる副作用について

ワセリンによる副作用も気になるというかたが多いようですが、強いて言うとワセリンを使いすぎてしまい皮膚が硬くなってしまい、かゆみが出てきてしまうなどワセリン依存症となることがあるといいます。あくまでもアトピーの症状が出てしまった時だけの使用を心がけ、毎日続けることはあまり良くないようです。

ワセリンで上手くアトピーを和らげかゆみにサヨナラ

ワセリンでアトピーの症状を和らげるには、薄くぬることや塗りすぎないことを心がけるのが大切です。アトピーにより起こる乾燥やかゆみにより、スキンケアの仕方も水分補給と保湿が大切です。ワセリンで肌のバリア機能をキープするだけではなく、肌の内側から保湿できるよう普段のスキンケア商品選びにも心がけましょう。

強いステロイドに頼らず、ワセリンでアトピーの症状を和らげ乾燥やかゆみに少しの間でもサヨナラできること願っております。

もっとワセリンを使ったアトピー改善の情報を知りたいアナタへ!

関連するまとめ

アトピー肌には保湿!おすすめの化粧水・ローションといえば?のサムネイル画像

アトピー肌には保湿!おすすめの化粧水・ローションといえば?

アトピー性皮膚炎の特徴は肌がカサカサして肌がカサカサして乾燥し痒くな…

mikaj

玄米ダイエットは効果がある?正しい方法とコツ、注意点をまとめのサムネイル画像

玄米ダイエットは効果がある?正しい方法とコツ、注意点をまとめ

玄米を普通に食べるだけで10キロ20キロダイエットに成功する!?玄米…

おひな

内転筋の正しいストレッチ方法!痛み・肉離れの際のテーピングは?のサムネイル画像

内転筋の正しいストレッチ方法!痛み・肉離れの際のテーピングは?

内転筋の正しいストレッチの方法と、内転筋に肉離れなど痛みが生じたとき…

hiyoko

美白ボディクリームのおすすめ12選!口コミで高評価・プチプラも!のサムネイル画像

美白ボディクリームのおすすめ12選!口コミで高評価・プチプラも!

スキンケアに欠かすことのできないおすすめの美白ボディクリームをまとめ…

kon_w

日焼けがヒリヒリ痛い!日焼け後のケア・対処法は?治し方まとめ!のサムネイル画像

日焼けがヒリヒリ痛い!日焼け後のケア・対処法は?治し方まとめ!

海やプールで楽しんだ後、うっかり日焼け対策を忘れていてがっつり日焼け…

Karexxy

ジョギング中に外れないイヤホンTOP10!音楽を楽しめるおすすめとは?のサムネイル画像

ジョギング中に外れないイヤホンTOP10!音楽を楽しめるおすすめとは?

ジョギングと音楽を快適に楽しめるおすすめイヤホントップ10を紹介しま…

you

ボディクリームの人気ランキングTOP30!乾燥肌の保湿対策に♡のサムネイル画像

ボディクリームの人気ランキングTOP30!乾燥肌の保湿対策に♡

ボディクリームは、保湿ケアに欠かせないアイテムです。数々のアイテムが…

kokoro

鯖・鯖缶の栄養が凄い!美肌効果やダイエット効果も期待できると話題のサムネイル画像

鯖・鯖缶の栄養が凄い!美肌効果やダイエット効果も期待できると話題

鯖・鯖缶はタンパク質豊富で栄養満点だと話題です。鯖缶に秘められたタン…

pass_kei

リンパマッサージで顔がすっきり小顔に♡効果的なやり方レクチャー!のサムネイル画像

リンパマッサージで顔がすっきり小顔に♡効果的なやり方レクチャー!

女性なら誰もが憧れる小顔。いくらダイエットしても顔痩せだけは難しいも…

ha1103.823

体脂肪を落とす・減らすには?効果的に減らす方法をまとめました!のサムネイル画像

体脂肪を落とす・減らすには?効果的に減らす方法をまとめました!

男性でも女性でも、たるんだ体より引き締まった体の方が良いですよね。今…

ヒロシ

キャビテーション家庭用・自宅用おすすめマシン5選!口コミ比較ありのサムネイル画像

キャビテーション家庭用・自宅用おすすめマシン5選!口コミ比較あり

からだのケアはしたいけどエステに行く時間がない人には家庭用キャビテー…

yyyuka9

サヴァン症候群は絵の天才?ジミー大西や山下清らにみる症状や能力についてのサムネイル画像

サヴァン症候群は絵の天才?ジミー大西や山下清らにみる症状や能力について

サヴァン症候群というのを知っていますか?サヴァン症候群とはある脳の発…

zizi

腸腰筋の筋トレ・エクササイズ・ストレッチまとめ!痛みの原因は?のサムネイル画像

腸腰筋の筋トレ・エクササイズ・ストレッチまとめ!痛みの原因は?

腸腰筋をご存知でしょうか?最近噂の腸腰筋の筋トレ、トレーニング方法を…

nebyo13

女性ホルモンを増やすツボの場所は?バストアップにも効果的って本当?のサムネイル画像

女性ホルモンを増やすツボの場所は?バストアップにも効果的って本当?

女性ホルモンを増やすツボがあることは知っていましたか?場所や道具も必…

いもけんぴのこゆき

血液型ダイエットの効果が凄い!血液型の違いや痩せた方法について調査!のサムネイル画像

血液型ダイエットの効果が凄い!血液型の違いや痩せた方法について調査!

血液型ダイエットがモデルの中でも定番のダイエットだということを知って…

karin

顔パック・フェイスマスクでおすすめは何?人気ランキングまとめのサムネイル画像

顔パック・フェイスマスクでおすすめは何?人気ランキングまとめ

多くの女性はデートや、結婚式の参列がある前日などには、肌のコンディシ…

ひとみ

ストレッチで股関節を柔らかく!痛みがある人硬い人必見・ダイエットにもよい?のサムネイル画像

ストレッチで股関節を柔らかく!痛みがある人硬い人必見・ダイエットにもよい?

股関節が痛い方、硬い方必見!股関節をストレッチで柔らかくする方法とそ…

りぴりぴ

オイルプリングのやり方と効果を調査!歯や小顔にも効く噂も?のサムネイル画像

オイルプリングのやり方と効果を調査!歯や小顔にも効く噂も?

オイルプリングって聞いたことはありますか。モデルや海外セレブが美容の…

nobii

ほくろを自力で消す方法があるって本当?クリームや絆創膏が効く??のサムネイル画像

ほくろを自力で消す方法があるって本当?クリームや絆創膏が効く??

ほくろを消すために美容クリニックなどで施術を受けるとコストもかかりま…

高橋 真奈美

ケトン体とは体臭の原因?危険性を知り上手に活用!糖質制限ダイエットとはのサムネイル画像

ケトン体とは体臭の原因?危険性を知り上手に活用!糖質制限ダイエットとは

ケトン体とは切っても切れない糖質制限ダイエット。ケトン体とは何か、ケ…

pass_kei

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「美容」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ