ワセリンがアトピーに効くワケは?乾燥・かゆみへの効果とデメリット

ワセリンは、アトピーの症状を和らげる効果があるといわれており乾燥やかゆみ対策としてもスキンケアにプラスして使っているかたも増えています。ワセリンをアトピー対策に使用する際にデメリットもあり、注意点なども合わせてご紹介していきます。

目次

  1. ワセリンはアトピーに効果的?
  2. ツライ乾燥やかゆみのアトピーについて
  3. スキンケアにも効果的なワセリンでアトピー退治
  4. ワセリンでアトピーを改善する際のデメリット
  5. ステロイドの使用を避けたいときの救世主ワセリン
  6. ワセリンでアトピーのスキンケアをする際の注意点
  7. 一般的なワセリンの種類について
  8. 医薬品として知られるワセリンの種類について
  9. ワセリンによる副作用について
  10. ワセリンで上手くアトピーを和らげかゆみにサヨナラ

ワセリンはアトピーに効果的?

ワセリンは、昔からアトピーに効果的といわれています。アトピー治療に用いられることも多く、肌のバリア機能を守ってくれる働きもあるとして、アトピーの症状があらわれるたびに病院に行かなくても緩和できる方法としても注目されているようです。

@87mal3さんの投稿
17265388 761943730648212 8428917496433606656 n

ワセリンが効果的な理由

ワセリンがアトピーに効果的といわれるのには、まず肌のバリア機能をキープしてくれることが第一に挙げられているようです。ワセリンをアトピーの患部に塗ることで肌の水分を蒸発させてしまうのを抑える働きがあるといわれています。

昔からワセリンはアトピー治療に有効だった

昔からワセリンは、アトピー治療に有効とされていたようで、ステロイドとワセリンを混ぜて処方する皮膚科も多かったといわれています。ただ、ステロイドには副作用の心配もあるため、たとえワセリンと混ぜたからといって副作用レベルが下がるわけではないところは指摘されているようです。

@megumumatsuhashiさんの投稿
17267436 1818712611728080 4533952333050019840 n

ツライ乾燥やかゆみのアトピーについて

アトピーは、乾燥やかゆみが悩みの種でもあり、その部分をカバーするためにも乾燥対策やかゆみを緩和する対策などアトピー改善効果を探し求め、色々試していらっしゃるかたも多いといわれています。

@agu.miさんの投稿
18382393 402909286761496 1480495091154944000 n

アトピーのかゆみは如何してなるの?

そもそもアトピーは、個人差もあり症状が出やすくなるシーズンも変わってくるといいます。汗に敏感になりやすいかたは、汗をかきやすい夏にアトピーの症状がでることが多いようです。

そして、逆に乾燥に敏感なかたは冬のシーズンにアトピーの症状が現れるといわれています。また、ハウスダストをはじめ、ダニなどによりアトピーの症状がでて、かゆみが出てきてしまうかたも増えているようです。また、日常生活からのストレスや栄養バランスが乱れがちな食生活が原因となり、アトピーの症状が現れてしまうともいわれています。

乾燥とかゆみの深い関係

乾燥がひどくなってくると、かゆみも気になり始めるのは、アトピーのかただけに限らないです。それだけに、アトピー性皮膚炎のかたにとって乾燥は大敵ともいえるでしょう。

@gotanda.tocoyaさんの投稿
18380602 931427060329038 8719301231748579328 n

乾燥は、寒い季節になると肌のターンオーバーの働きが低下してくるため、その影響もあり肌のバリアが弱くなってしまい刺激に耐えられなくなってしまい、乾燥やかゆみにつながってしまうといわれています。そのため、寒い季節のスキンケアは、乾燥とかゆみの対策にも重要となってくるようです。

アトピーは遺伝する・しない?どれくらいの確率?遺伝を防ぐ方法は? | Pinky[ピンキ-]

スキンケアにも効果的なワセリンでアトピー退治

スキンケアにも効果的といわれるワセリンですが、ワセリンを使用してアトピーを退治していくためには塗り方にもコツがあるようです。ワセリンをアトピーの患部にうまく塗ることで、かゆみを和らげる効果も期待できます。

@8__miiiiiiiiiran__8さんの投稿
17265300 519133688257024 5444887782403080192 n

ワセリンを薄めに塗る

まずワセリンの塗る方の前に、ワセリンはあくまでも肌のバリアをキープすることに使うため保湿効果は期待しないほうがいいといわれています。

@cakeponpoさんの投稿
17126427 423713171308709 5259678364418965504 n

乾燥のシーズンは特に、保湿しようとワセリンとたっぷりアトピーの患部にたっぷりつけてしまうかたも少なくないようですが、これは逆に乾燥の原因になってしまうといいます。ワセリンでアトピーを和らげる効果をアップさせるためにも、ワセリンを塗る際は薄めに塗ることが大切です。均等になるように、患部に優しく薄く塗ってあげましょう。

ワセリン効果でアトピーのかゆみを抑制

ワセリンをうっすらアトピーの患部に塗ることで、肌のバリア機能を元気にさせてくれます。ワセリンで、肌のバリア機能を高めることにより、外からのホコリや化学物質などが中に入ってこないように防げる効果に期待ができます。

@nana_ha_56さんの投稿
17077674 1639586809684266 2822922978201698304 n

ワセリンでアトピーを改善する際のデメリット

ワセリンでアトピー改善を試みる場合に、知っておきたいデメリットもあります。ワセリンを使ってアトピーの症状を和らげていく際に、ワセリンの乾燥によるかゆみが生じてしまうことがあるのもデメリットのひとつです。

@bling2sakuraさんの投稿
16123732 648289302046180 1916529821836378112 n

そして、お仕事中などのデメリットとしてはワセリンのべたつきが気になるのも避けられないデメリットといえるでしょう。ワセリンを使い過ぎてしまい、水分補給ができないまま保湿していると勘違いしてしまい間違ったスキンケアにつながってしまうこともデメリットとして挙げられているようです。

ワセリンの乾燥によるかゆみ

ワセリンをアトピーの患部に薄く塗ったとしても、2時間ほど経過すると乾燥してきてしまい、その感想が原因でかゆみの症状が現れるため、数時間おきに薄く塗らなければいけないというのもデメリットのひとつといえるでしょう。

@kaokobeeさんの投稿
17126181 622520564625935 9043882132329463808 n

アトピー患部にワセリンを塗った後のべたつき

日中に、アトピー症状がでてしまい患部にワセリンを薄く塗ってかゆみを抑える効果は期待できるものの、ワセリンの質感はどうしてもベタベタしてしまうといいます。お仕事がしづらくなる場合もあるため、デメリットになってしまう場合もあるようです。

@rieyokozawaさんの投稿
18300256 1249579535140266 5999448530823938048 n

間違えたスキンケアになる恐れ

ワセリンをアトピーから守るために使用すると同時に、間違えたスキンケアになる恐れもあるといいます。数時間おきにワセリンを薄く塗ってアトピーの症状を抑えるのもありですが、あまりにもかゆみが激しい場合は保湿しすぎてしまっている肌状態となってしまって、スキンケアどころかターンオーバーが乱れてしまうデメリットを招いてしまいます。

@nana_ha_56さんの投稿
17077674 1639586809684266 2822922978201698304 n

ステロイドの使用を避けたいときの救世主ワセリン

皮膚科に行くと、必ずといっていいほど処方されるのがステロイドという声もあるようです。ステロイドは出来れば使用を避けたいというかたも多いほど効果はあっても強い薬のため、ワセリンを代用して使用されるかたも多いといわれています。

@kanopeco0410さんの投稿
18299979 1902965053254748 7202644495941238784 n

ワセリンには、肌の内部には浸透せずバリアをはるだけになるため保湿効果は実際にはほぼ無いといわれています。ただ、表面のひどい乾燥した肌をワセリンで保護する感覚で使うならステロイドの代用としても一役買ってくれるようです。

@_x_reo_x_さんの投稿
17268006 276503769428495 6702385886627102720 n

注意点としては、ひどい乾燥した肌といっても、そこの部分が真っ赤に炎症を起こしてしまっている場合はワセリンをつけると逆効果なので、底の部分も注意が必要です。

ワセリンでアトピーのスキンケアをする際の注意点

ワセリンでアトピーのスキンケアをする際の注意点もみていきましょう。低刺激だからといって、ワセリンだけのスキンケアはNGといわれています。低刺激だからとワセリンだけのスキンケアだけ塗っていると、保湿ができない状態で肌のバリア機能だけとなってしまうためスキンケアにならないといいます。

アトピーだからといって、ワセリンのみを塗っている状態だと、水分補給ができていないまま、肌が息苦しい状態になってしまいます。化粧水や美容液などある程度はスキンケア商品を使って水分補給をし、それからワセリンで肌のバリア機能をキープしてあげましょう。

一般的なワセリンの種類について

ワセリン選びもアトピーを和らげるための効果を発揮するためにも重要なポイントとなるようです。一般的には、ドラッグストアなどでもお手軽にご購入できる黄色ワセリンと白ワセリンが知られています。

ドラッグストアでも手に入る黄色ワセリン

ドラッグストアでも手に入る黄色ワセリンは、精製レベルが比較的低くて、肌の状態によっては刺激を感じやすくなるといわれています。

@daddyteddygoさんの投稿
17076734 854517781352675 7980577512650440704 n

精製レベルが高いと知られる白ワセリン

黄色ワセリンに比べて精製レベルが高いとして知られる白ワセリンは、不純物を排除しているため赤ちゃんなど敏感肌のかたにも優しくできているといわれています。

@nao.o.422さんの投稿
16906377 596635917199442 3019715313097768960 n

医薬品として知られるワセリンの種類について

ワセリンは、黄色ワセリンと白ワセリン以外に、プロペトとサンホワイトという種類もあります。

デリケートな部分に使用されるプロぺト

プロペトは、顔でいうと目のまわりなどデリケートな部分に使用されることが多いワセリンで白ワセリンでも乾燥やかゆみが気になり効果を感じられないというかたにもおすすめされているワセリンです。

@maopolice514さんの投稿
10598260 1500416293594307 372183318 n

保険適用外のサンホワイト

保険適用外であるサンホワイトは、皮膚科などでも処方されることが多いようです。赤ちゃんの皮膚に使われることもあり、普通のワセリンも上記で紹介したプロペトも肌にかゆみが出てしまうというかたにとっての救世主となるワセリンといわれています。

@shia430さんの投稿
17267774 189359264891590 3051228557595377664 n

ワセリンによる副作用について

ワセリンによる副作用も気になるというかたが多いようですが、強いて言うとワセリンを使いすぎてしまい皮膚が硬くなってしまい、かゆみが出てきてしまうなどワセリン依存症となることがあるといいます。あくまでもアトピーの症状が出てしまった時だけの使用を心がけ、毎日続けることはあまり良くないようです。

ワセリンで上手くアトピーを和らげかゆみにサヨナラ

ワセリンでアトピーの症状を和らげるには、薄くぬることや塗りすぎないことを心がけるのが大切です。アトピーにより起こる乾燥やかゆみにより、スキンケアの仕方も水分補給と保湿が大切です。ワセリンで肌のバリア機能をキープするだけではなく、肌の内側から保湿できるよう普段のスキンケア商品選びにも心がけましょう。

強いステロイドに頼らず、ワセリンでアトピーの症状を和らげ乾燥やかゆみに少しの間でもサヨナラできること願っております。

もっとワセリンを使ったアトピー改善の情報を知りたいアナタへ!

ワセリンの正しい使い方・塗り方を調査!保湿効果はどれくらい? | Pinky[ピンキ-]
ワセリンの効果一覧!乾燥対策・保湿にピッタリ!副作用もある? | Pinky[ピンキ-]
ワセリンは顔に塗ってもOK?保湿効果から正しい使い方まで徹底調査! | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ