紫の小さな花がかわいいラベンダー

ラベンダーは地中海沿岸等を原産地とするシソ科の小さな花。背丈は成人男性よりも低く、春には紫やピンク、白色の花を咲かせて我々を楽しませてくれる。

多くのラベンダー種は細かな体毛で覆われており、そこから精油(エッセンシャルオイル)を分泌している。このオイルによるかすかな芳香でハチなどを寄せ付け、花粉を運んでもらっているようだ。

日本でも園芸や観賞用として親しまれるラベンダー。ラベンダー花畑を観光名所としているところもあり、花の中では身近な花に分類されるだろう。

ラベンダーの香りには驚きの効能・効果が隠されていた?

見た目に美しいラベンダーであるが、伝統的なハーブとして古来より重宝されており、実用的な面での効能も大きい。ヨーロッパやアラビア、ギリシャやエジプトなど非常に広い地域で薬や香辛料として活用されていたようだ。

日本でも江戸時代の末期にはオイルが輸入されていたようで、「ラーヘンデル油」という名前で薬として用いられていたらしい。長い人類の歴史を辿ってみれば、世界中でラベンダーの薬効は確認されてきたようだ。

ラテン語で「洗う」という意味の言葉が語源とされるラベンダーは、古代ローマにおいて洗濯や入浴剤として利用されていた。それほどの大昔からラベンダーの衛生面での効果や香りによる健康的な効能が認知されていたようである。

ラベンダーの花はイメージとはちがう香り?

ラベンダーそのものは単体ではあまり香りが強い花ではない。ラベンダーの花びらを一枚取って指先でこすり、その指先を鼻に近づけてその香りをかいでみてようやくわかる程度だ。

ラベンダーの香りといわれると「爽やかな甘い香り」をイメージする人も多いのだが、実際のラベンダーはどちらかというとスパイシーな香り。同じラベンダーでも品種や生育環境で香りが異なったり、場合によっては無臭だったりすることもあって「コレがラベンダーだ」といえるような香りは存在しない。

しかし鼻に「ツン」とくるような刺激はラベンダーには共通しており、意外と好き嫌いの分かれる香りのようである。なのでラベンダーの香りを楽しむ場合は、精製の過程でこの刺激臭を除去した「アロマオイル」を用いるのが一般的のようである。

アロマオイルとは?

アロマオイルとは植物由来の天然香料・精油や合成香料を薬品で希釈し、その芳香を楽しむために加工された製品のことだ。

アロマオイルの効能・効果や利用方法は多岐にわたり、香水や化粧品として活用されるほか、ポプリ作りや食品への添加、そして単純に香りを楽しむことで精神や肉体への健康的な効能を期待する薬として用いられることも。

本当にアロマテラピーに効果はあるのか?

一昔前は”うさんくさい”イメージを抱かれていたアロマオイルによる芳香療法、いわゆるアロマテラピーであるが、近年ではリラックス効果や、あるいはインテリアなどを目的として使われることも増えてきた。

もともとアロマテラピーはヨーロッパでは古くから存在する伝統的な民間療法で、多くの人が試し、経験的に効果を実感してきた健康管理法である。効能や効果、そして安全性に関しては歴史というお墨付きが与えられていると言い換えることもできるだろう。

同じく経験則に基づいた漢方薬も”うさんくさい”というイメージをもたれていたが、最近ではたくさんの科学的根拠が認められている。近い将来、アロマテラピーもこうした科学的根拠が発見されるかもしれない。

ラベンダーオイルの魅力と効能

野生のラベンダーは独特の刺激を含んだスパイシーな香りであるが、アロマオイルとして精製されたラベンダーは甘く広がるような芳香で、嗅いでいるだけでリラックスできるほどの柔らかさを含んでいる。

ローマでは戦士たちの傷の洗浄に使われてきたラベンダーには、酢酸リナリルやラバンジュロールといった成分が含まれている。こうした成分には鎮静と鎮痛、そして抗真菌効果を持ち、心身ともに嬉しい効能がある。

ラベンダーオイルは「ミドルノート」に分類される。ノートとは香りの揮発性を三種類で表したもので、揮発性の高いものから順に「トップ」、「ミドル」、「ベース」。ミドルは4時間ほど効果が持続するもので、複数の香りを調合する際には主軸として使われるもの。身体の機能を整える働きを持つオイルが多い。

ラベンダーオイルが持つ薬理効果・効能

冷水で非常に薄く希釈したラベンダーオイルを虫刺されに塗ることで、肌の赤みやかゆみ、腫れや痛みを抑える効能を期待できるといわれている。防虫効果そのものも有名で、ヨーロッパでは虫除けとしてラベンダーの花を部屋に吊るす風習もあるそうだ。

他にもヨーロッパには肌がヤケドした際にラベンダーのオイルを塗る習慣があり、ラベンダーだけでなく様々なオイルの薬理効果を研究する化学者も多い。

ダヴィンチも認めたラベンダーの効能

万能人と呼ばれた芸術家であり科学者でもあるレオナルド・ダ・ヴィンチが防腐保存液としてラベンダーを用いたという記録も残っている。このようにラベンダーの持つ殺菌・殺虫・防腐効果は歴史的に見ても十分に証明されている。

ラベンダーには肌に嬉しい効能も?

そうした薬理的な効能を持つラベンダーは、肌に嬉しい効能も期待できる。皮膚の炎症やかゆみを抑える働きと、消毒・殺菌作用、そして肌の皮脂バランスを整えてくれる効果がそれである。

しかしラベンダーオイルをこのまま肌につけると、刺激が強すぎて返って悪化させてしまったり、思わぬ肌トラブルに見舞われることとなる。エッセンシャルオイルはかなり高濃度な液体であるため、しっかりとした知識を身につけてから使うようにしよう。

効能を期待できる自作マッサージオイルの作り方

エッセンシャルオイルを肌に使う場合は、マッサージオイルを作成する必要がある。マッサージオイルとはキャリアオイルと呼ばれる植物性の油に、極少量のエッセンシャルオイルを混ぜたものだ。

エッセンシャルオイルのボトルについているフタはドロッパーと呼ばれ、1滴がおよそ0.05mlになるように調整されている。キャリアオイル10mlに対してエッセンシャルオイルを2滴垂らせば1%のマッサージオイルが完成するという仕組みになっている。

キャリアオイルは肌の皮脂腺から身体に浸透しやすいオイルで、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルといったいくつかの種類がある。好みで選ぶと良いだろう。

肌に使うラベンダーオイルはどのくらい薄めるの?

ラベンダーオイルに限らず、アロマオイルは薬や香水などと同じく、たくさん使えば良いというものではない。当然ではあるが、あまりに強烈な臭いはストレスをもたらす。アロマライトなどに用いる際も数滴で十分なアロマオイルであるが、肌に使う場合にはどの程度に希釈すればよいだろうか?

顔に使う場合

顔のお手入れに使う際には、0.5%以下という非常に薄い濃度にまで希釈するのが良いとされている。顔は肌が薄く、そして鼻にも近いため、刺激が強すぎると肌にも心にも余計な負担を強いてしまうためだ。

全身に使う場合

顔以外の肌に使えるようなボディ用であれば濃度1.0%以下にしたローションやトリートメントが一般的のようだ。どちらにしても「ほんの少量」で良いということである。

複数のオイルを調合する場合は、混ぜた後の合計量がエッセンシャルオイルの量となる。二種類のオイルであれば、それぞれ1滴ずつ混ぜたものを1%濃度にするには10mlのキャリアオイルが必要だ。

効能を引き出せるラベンダーオイルの使い方

作ったアロマオイルを効果的に使おうとするならば、やはりアロマオイルマッサージが適している。少量のオイルを手に取り、体温で暖めてから、腕や足、肩や背中といったところにゆっくりと伸ばしていく。

強い力や摩擦は肌ストレスになってしまうので、すべりが悪くなったらふたたび手にアロマオイルをつけ、体温まで暖めてから同じように薄くのばすようにマッサージをしていこう。血流のよくなった入浴後に行うと、よりいっそうの効果を期待できる。

入浴剤代わりに使う

入浴剤として湯船に数的垂らすと、入浴中にラベンダーの香りを楽しめる。身体や肌への直接的な薬理効果よりも、精神の安定・リラックスといった効能を引き出すことのできる使い方だ。

他のエッセンシャルオイルと混ぜて楽しむ

ミドルノートに分類されるラベンダーは、他のオイルと混ぜる際にも相性が良いものが多い。さっぱりとした柑橘系とあわせてリフレッシュ効果を高めたり、甘いジャスミン系を混ぜてリラックス効果を高めたり、オリジナルの香りを楽しむこともできるだろう。

しかし自然由来で歴史あるラベンダーとはいえ、体質に合う・合わないはもちろんあるだろう。肌にアレルギー反応が見られたり、あるいはなんとなく肌に合わないなと感じた場合は、すぐに使用を中断して医療機関に相談するべきだろう。

ラベンダーの効能や効果に関するまとめ

ラベンダーの効果と効能に関するまとめは以上だ。ラベンダーの香りは防虫や防腐、抗菌効果を期待でき、そして心には安らぎを与えてくれる。ラベンダーは古くから愛されている花であるが、そこにはやはり見た目以上の理由があったようである。

多くの人にとって花というのは見て楽しむものであるが、使ってみるとよりいっそうの魅力を感じられることだろう。ラベンダーに限らず、草花には思いもよらぬような効能がたくさん隠されている。色々な花が持っている効果を比べ、自分なりに活用してみるのも面白いに違いない。

関連するまとめ

足のむくみの解消グッズおすすめTOP10!着圧ソックスの効果とは?のサムネイル画像

足のむくみの解消グッズおすすめTOP10!着圧ソックスの効果とは?

頑張る女性の大敵”足のむくみ”。寝起きの足や一日頑張った足がむくむと…

ほうれい線が出来る原因とは?消し方・予防法・何歳から出来るのかチェック!のサムネイル画像

ほうれい線が出来る原因とは?消し方・予防法・何歳から出来るのかチェック!

老けてみえる最大の原因と言われるのが「ほうれい線」。一度できたからと…

ma51

保湿クリームおすすめランキング!プチプラで人気♡敏感肌にものサムネイル画像

保湿クリームおすすめランキング!プチプラで人気♡敏感肌にも

乾燥の続く冬を明けても季節の変わり目は保湿クリームが手放せません。し…

あゆみみかん

注目のヒートショックプロテインって何?驚くべき入浴の効果とは?のサムネイル画像

注目のヒートショックプロテインって何?驚くべき入浴の効果とは?

今、ヒートショックプロテイン入浴法が、美容健康ダイエットに高い効果を…

tommy

ダイエットにはたんぱく質が鍵!成功するための摂取量やおすすめの食材は?のサムネイル画像

ダイエットにはたんぱく質が鍵!成功するための摂取量やおすすめの食材は?

ダイエットを始めるときあなたはどんなところに気を付けていますか?実は…

ha1103.823

ピラティスの資格はすぐ取れる?資格のメリットとデメリットを徹底比較!のサムネイル画像

ピラティスの資格はすぐ取れる?資格のメリットとデメリットを徹底比較!

ダイエット効果があることでも注目されているピラティスの資格には、どの…

Chaikha

パセリの栄養価・効能まとめ!ダイエット効果は?食べ過ぎても大丈夫?のサムネイル画像

パセリの栄養価・効能まとめ!ダイエット効果は?食べ過ぎても大丈夫?

料理の飾りのように扱われているパセリは、実は栄養の宝庫だったのです。…

浅倉恭介

首が短い原因は一体なに?長く美しくする方法・秘訣について調査のサムネイル画像

首が短い原因は一体なに?長く美しくする方法・秘訣について調査

首が短いのが悩み・・・そんな女性は多いのでは無いでしょうか?長くて美…

りぼん

アットノンはニキビ跡にも効く?顔や背中、クレーター跡への効果は?のサムネイル画像

アットノンはニキビ跡にも効く?顔や背中、クレーター跡への効果は?

アットノンってニキビ跡に効果があるのでしょうか?ニキビ跡って中々消え…

だいごろう

足のむくみに効くツボとは?むくみがとれないとのお悩みを解消!のサムネイル画像

足のむくみに効くツボとは?むくみがとれないとのお悩みを解消!

足のむくみが全然とれない!立ちっぱなしの仕事柄、足のむくみがとれない…

りぴりぴ

炭酸水の美容効果まとめ!美肌・髪に良いおすすめの使い方とは?のサムネイル画像

炭酸水の美容効果まとめ!美肌・髪に良いおすすめの使い方とは?

炭酸水が持つ美容効果が高いと大評判になっています。炭酸水は飲むのは勿…

りぼん

石原さとみの髪型・パーマ・作り方まとめ!【ディアシスター画像あり】のサムネイル画像

石原さとみの髪型・パーマ・作り方まとめ!【ディアシスター画像あり】

メディアに登場すると必ずメイクや髪型が話題になる石原さとみさん。石原…

paul0816

顔が太る理由とはなに?原因と今すぐできる対策・対処法まとめ!のサムネイル画像

顔が太る理由とはなに?原因と今すぐできる対策・対処法まとめ!

顔が太るという悩みをかけている女性は多いと思います。ダイエットしても…

bonbon.m

アトピーに良い石鹸おすすめランキング!子供の肌でも安心!のサムネイル画像

アトピーに良い石鹸おすすめランキング!子供の肌でも安心!

アトピー肌で合わない石鹸を使うと、肌がピリピリして赤みやかゆみが出て…

ひなまままま

デトックススープで脂肪燃焼!痩せるだけじゃなく美肌効果も?のサムネイル画像

デトックススープで脂肪燃焼!痩せるだけじゃなく美肌効果も?

デトックススープというものを聞いたことはありますか?実は昨今デトック…

ha1103.823

フェイシャルエステの効果はあるのか?美肌・小顔になる方法まとめ!のサムネイル画像

フェイシャルエステの効果はあるのか?美肌・小顔になる方法まとめ!

人気のフェイシャルエステに行ったことはありますか。フェイシャルエステ…

nobii

炭酸水に健康効果はある?悪影響はないの?飲むタイミングは?のサムネイル画像

炭酸水に健康効果はある?悪影響はないの?飲むタイミングは?

ダイエットのために炭酸水を飲むことで健康に良い効果があるとされていま…

浅倉恭介

混合肌おすすめファンデーションランキング!みんなの口コミや評判ものサムネイル画像

混合肌おすすめファンデーションランキング!みんなの口コミや評判も

様々な肌質が混ざった混合肌。乾燥肌や敏感肌の方より化粧品が選びにくい…

美海

ホホバオイルでニキビが悪化?できる原因や正しい使い方をチェック!のサムネイル画像

ホホバオイルでニキビが悪化?できる原因や正しい使い方をチェック!

ニキビに効くと話題のホホバオイルは、使い方次第でニキビやニキビ跡が悪…

いたもち

コラーゲンを多く含む食べ物ランキング!食べ物からの吸収率は?のサムネイル画像

コラーゲンを多く含む食べ物ランキング!食べ物からの吸収率は?

コラーゲンと聞くと、何を思い浮かべますか?多くの方は、お肌に良い・食…

Karexxy

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「美容」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ