アトピーって何?

アトピーとは正式にはアトピー性皮膚炎と呼ばれ、アレルギー性皮膚炎の一つです。症状とするとかゆみや湿疹です。この症状を繰り返します。よくなったかと思うと、またかゆみや湿疹が現れるといったような感じです。主に手足の関節の裏や目の周り、首、口の周りなどにできやすいと言われています。

アトピーという言葉はギリシャ語からきていて、不思議なとか奇妙なという意味があります。症状が落ち着いたかと思うと、また発症するという様子や原因がはっきりしないという点でこのような名前がつけられたのかもしれませんね。

現在、アトピーについてわかっていることは、アトピーはアレルギー性のものであるということです。そのため乾燥肌の人がアトピーと勘違いしてしまうことがありますが、乾燥肌とアトピーは違うものと言えます。

アトピーの原因は

それでは、アトピーの原因にはどういったものが考えられるのでしょうか。原因について詳しく紹介していきます。

肌のバリア機能に原因

元々肌には細菌や有害物質が体の中に入り込まないようにするためや、肌の状態を守るためにバリア機能と呼ばれるものが備わっています。しかしそのバリア機能がしっかり働かなくなることが原因で、肌を守るものがなくなったり弱くなったりします。その結果炎症を引き起こしてしまうのです。

またバリア機能が弱まることで、肌を守ろうと免疫力が強く働いてあらゆる細菌などを退治しようとしてしまいます。肌についている常在菌というのは、逆に肌を守ってくれているのでそのようなものまで退治してしまうことで、よけいに肌のバリア機能が弱まってしまうのです。

アレルギー体質が原因

アトピーのその他の原因として考えられるのは、アレルギー体質かどうかという点です。アトピーになる人はアレルギー素因があるかどうかで判断されます。どうしてアレルギー体質が原因になるのかと言うと、アレルギー体質ということは、免疫機能のバランスを崩しやすいとも言えます。そうすることで、アレルギー症状を発症しやすくなるのです。

自律神経の乱れが原因

最近になって、自律神経の乱れが免疫機能に影響を与えることがわかってきています。どういう時に乱れるのかと言うと、ストレスにさらされたり、生活習慣が乱れたりすると自律神経が乱れてきてしまいます。自律神経が乱れると、免疫機能が乱れるだけでなくホルモンバランスが崩れるなど体全体に影響を及ぼします。このように体のバランスが崩れることが原因で、アレルギーに敏感に反応するようになってしまうのです。

赤ちゃんなど小さい子供のアトピーの原因は

以前までは、アトピーは赤ちゃんなど小さい子供に多くみられた病気です。しかし最近は大人でも見られるようになってきているので、注意が必要です。赤ちゃんと大人でアトピーの原因とは異なるのでしょうか。まずは赤ちゃんのアトピーの主な原因を紹介します。

赤ちゃんがアトピーになる原因は主に3つです。1つ目はハウスダストやダニ、カビといったものです。こういったハウスダストが原因でアレルギー症状を発症しアトピーになってしまうというわけです。またカビの一種であるマラセチアがアトピーに関係しているという研究もされてきています。したがって、赤ちゃんがいる家ではこまめに換気をしたり掃除をすることで、ハウスダストやダニ、カビを防ぐようにしましょう。

2つ目は、食事です。赤ちゃんはまだ内臓の機能が整っていないので、大人に比べて食べ物でアレルギー症状を発症することがあります。アレルギー症状を出しやすいものとしてよく知られているものが、卵や牛乳、麦などです。赤ちゃんが成長するにつれて内臓の機能も整ってくるので、アレルギー症状が改善される傾向にはあります。そのため、赤ちゃんに食べ物を与える時には注意が必要です。

3つ目は外的刺激です。赤ちゃんの肌はとても敏感で、肌のバリア機能が整っていません。そのためあらゆる外からの刺激に反応しやすくなります。自分の汗でさえも刺激となることがあります。そのため赤ちゃんに使うものには注意が必要です。

例えば、タオル、石鹸、洗剤、スキンケアグッズなどボディークリーム、服などさまざまです。赤ちゃんの周りで使うものは低刺激のものを使ったり、素材にこだわったりしましょう。くれぐれも肌を乾燥させないようにスキンケアに注意してください。

大人のアトピーの原因は

子供の頃アトピーであっても、大人になるにつれて改善されていく人もたくさんいます。しかし大人には大人特有の原因でアトピーを再発させる原因があるのです。大人のアトピーの原因は大きく2つあります。

1つ目はストレスです。強いストレスを受けることで、ホルモンバランスが崩れて体調を崩してしまいます。この体調を崩すというのは免疫機能が低下してしまったからです。免疫機能が低下すれば、アレルギー反応が出やすくなるので結果的にアトピーの症状が出てきてしまうということです。またストレスによって、肌が乾燥しやすくなり、かゆみが出てきやすいということも言われています。

2つ目は生活習慣の乱れです。赤ちゃんや子供の頃は、親や学校などで食生活がコントロールされ、栄養バランスが整っていることが多いです。また比較的規則正しい生活を送っていることでしょう。しかし大人になると、仕事の関係で昼夜逆転していたり、栄養バランスが崩れたり、睡眠時間がたくさん確保できなかったりと不規則な生活になりがちです。

そうするとやはりホルモンバランスが崩れ、免疫機能が低下してくるのです。大人になってから発症するという人もいるので、注意が必要です。

アトピーはどうやって治療するの

アトピーとはどうやって治療するのでしょうか。実はアトピーを根本的に治療する方法はまだ見つかっていません。そのため、症状に合わせて薬を用いて症状を抑えていくという方法をとっています。

ステロイド系の外用薬や抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、免疫抑制の薬などさまざまです。アトピーの症状が軽いか重いかなど、状態をみて病院の先生んが処方してくれます。ただすべておいて言えるのは、スキンケアの大切さです。肌のバリア機能が低下してしまうと、発症しやすくなるので、しっかりとしたスキンケアが必要となってきます。

アトピーになりやすい人とは

アトピーになるきっかけがアレルギー症状と言えるので、アレルギー体質の人はアトピーになりやすいと言えます。その他には家族にアトピーの人がいる場合です。アトピーが遺伝する病気だということはまだはっきりしていませんが、統計的には遺伝の可能性があると言えます。

両親がアトピーの場合、生まれてくる子供がアトピーになる可能性が75%、どちらかの親がアトピーの場合は55%、家族にアトピーの人がいない場合は20%というものです。アレルギー体質だったり家族にアトピーの人がいる場合は、まずスキンケアや生活習慣など気をつけられることに注意しておくとよいでしょう。

内臓の冷えが原因でアトピーに?!

これまでは西洋医学からの観点で紹介してきましたが、次は東洋医学の観点から紹介していきます。東洋医学ではアトピーは内臓が原因だったり冷えが影響していると考えられています。体にとどまってしまった毒素が行き場を失い、皮膚にアトピーとして現れるというものです。内臓の機能が弱ることで、毒素が排出されにくくなり体の中にとどまってしまいます。そうすると免疫機能も低下してしまいます。

毒素は体液によって運ばれるので、体の中に毒素がとどまるということは体液がたくさん残っているということになります。そうすると体がむくんだり冷えが出てきます。この冷えによって免疫機能が低下して、体調がすぐれないということもあります。また冷えが出ることで、内臓の機能も低下しやすくなるのですべてが悪循環となってしまうのです。

東洋医学ではどうやってアトピーを治療するの

東洋医学ではどうやってアトピーを治療していくのでしょうか。その人のアトピーの状態によって異なりますが、多くが漢方薬や鍼灸を取り入れたものが多いです。これらによって内臓や体の冷えを改善するように持っていきます。東洋医学の考え方を見ると、体全体の調子を整えるということが、アトピーに効果があると言えそうですね。

アトピーに関してはどんな口コミがあるの?

アトピーに効果的な口コミがないか調べてみました。

アトピーは毎日肌を清潔に保ち、スキンケアをしっかり行う必要があるようですね。スキンケアは思いついた時ではなく継続的に毎日行うことで、改善していくようです。

アトピーには乳酸菌が効果があると言われているようです。日本人の朝ごはんの定番であるお味噌汁がいいようですよ。温かいお味噌汁を食べると体も温まっていいですね。冷え性の人には特におすすめですよ。

原因をつきとめてアトピーを予防したり改善したりしよう

アトピーになる原因は、人それぞれ異なりますが時間をかけて調べることである程度絞り込むこともできるかもしれませんね。自分のアトピーがどういった原因なのか考えて、できるだけその原因から遠のくようにしましょう。

アトピーになりやすい体質だからといって必ず発症するものではないので、予防していくことも大切です。生活習慣を整えスキンケアをしっかり行いましょう。また内臓の働きを整えたり体の冷えを取ることも大切です。アトピーも健康管理が大切と言えそうですね。

関連するまとめ

飲む日焼け止めの効果は?副作用はないの?安全性や飲み方を調査!のサムネイル画像

飲む日焼け止めの効果は?副作用はないの?安全性や飲み方を調査!

最近話題の「飲む日焼け止め」って知っていますか?画期的かつ効果的な紫…

tommy

オイルプリングのやり方と効果を調査!歯や小顔にも効く噂も?のサムネイル画像

オイルプリングのやり方と効果を調査!歯や小顔にも効く噂も?

オイルプリングって聞いたことはありますか。モデルや海外セレブが美容の…

nobii

30代らしいメイクのやり方&方法まとめ!おすすめのメイク術を伝授!のサムネイル画像

30代らしいメイクのやり方&方法まとめ!おすすめのメイク術を伝授!

公私ともに多忙で肌に年齢が出始める30代。20代のままのメイクではイ…

ayadarira

舌の正しい位置や舌癖の影響について調査!トレーニングすると小顔に?のサムネイル画像

舌の正しい位置や舌癖の影響について調査!トレーニングすると小顔に?

舌癖って聞いたことがありますか?普段はなかなか自分の舌の位置なんて気…

tommy

アサイージュースでダイエットの成功?口コミやおすすめレシピを紹介のサムネイル画像

アサイージュースでダイエットの成功?口コミやおすすめレシピを紹介

美容に詳しい若い女性を中心に大人気なアサイージュース。ダイエット効果…

美海

ジョギングの距離を伸ばすには?まずは5kmから始めてみようのサムネイル画像

ジョギングの距離を伸ばすには?まずは5kmから始めてみよう

ジョギング初心者さんにとってどれくらいの距離を走ればいいのかというの…

たんたん1021

朝食にグラノーラを食べると太るって本当?ダイエットを失敗する理由とは?のサムネイル画像

朝食にグラノーラを食べると太るって本当?ダイエットを失敗する理由とは?

一時期、朝食や夜ご飯に食べるとダイエット効果がある言われたグラノーラ…

h.neco0727

ビューラーのやり方・コツをご紹介!一重・奥二重などタイプごとに解説!のサムネイル画像

ビューラーのやり方・コツをご紹介!一重・奥二重などタイプごとに解説!

睫毛のカールをつくる必須アイテム・ビューラー。でもビューラーが苦手と…

karin

炭酸水の美容効果まとめ!美肌・髪に良いおすすめの使い方とは?のサムネイル画像

炭酸水の美容効果まとめ!美肌・髪に良いおすすめの使い方とは?

炭酸水が持つ美容効果が高いと大評判になっています。炭酸水は飲むのは勿…

りぼん

パスタのカロリーは?カロリーの低いソースや太りにくい食べ方を紹介のサムネイル画像

パスタのカロリーは?カロリーの低いソースや太りにくい食べ方を紹介

パスタは麺類の中でも高カロリーなイメージがありますが、実際のところパ…

Mojico

親知らずを抜くと小顔になる?タイプ別メリット・デメリットまとめのサムネイル画像

親知らずを抜くと小顔になる?タイプ別メリット・デメリットまとめ

親知らずはタイプにより放っておくと痛みや顔を大きく見せてしまう効果が…

ha1103.823

【ダイソー】RJローションの使い方まとめ!まつげの育毛や髪に良いって本当?のサムネイル画像

【ダイソー】RJローションの使い方まとめ!まつげの育毛や髪に良いって本当?

ダイソーのRJローションはとにかく効果がすごいと話題になっています!…

zizi

ダイソー美容液RJローションでまつげが伸びる?口コミ・使い方まとめのサムネイル画像

ダイソー美容液RJローションでまつげが伸びる?口コミ・使い方まとめ

ダイソーの人気商品RJローションはご存知でしょうか?RJローションと…

zizi

グリーンアッシュの髪色をヘアカラーで!【ブリーチなし・暗め】画像ありのサムネイル画像

グリーンアッシュの髪色をヘアカラーで!【ブリーチなし・暗め】画像あり

人気のアッシュ系ヘアカラーの中でも秋冬に人気なのがグリーンアッシュの…

paul0816

洗顔ブラシの効果的な使い方!正しいやり方やおすすめ商品はどれ?のサムネイル画像

洗顔ブラシの効果的な使い方!正しいやり方やおすすめ商品はどれ?

スキンケアの第1ステップとして洗顔があり、スキンケアの中でも重要なポ…

Karexxy

かぼちゃのカロリーは?ダイエット中でも大丈夫な食べ方や調理方法は?のサムネイル画像

かぼちゃのカロリーは?ダイエット中でも大丈夫な食べ方や調理方法は?

かぼちゃはカロリーが高くて太るからとダイエット中は避けがちですよね。…

kon_w

ホエイプロテインのおすすめ比較ランキング・ホエイプロテインは太るって本当?のサムネイル画像

ホエイプロテインのおすすめ比較ランキング・ホエイプロテインは太るって本当?

筋肉をつけるためにおすすめがホエイプロテイン。そんなホエイプロテイン…

zizi

骨盤が前傾タイプの人の原因は?改善するおすすめのストレッチ方法のサムネイル画像

骨盤が前傾タイプの人の原因は?改善するおすすめのストレッチ方法

男女で大きく形に違いがあり、大切な骨である骨盤。特に女性は、出産で胎…

りぴりぴ

体幹トレーニングとはどんなメニューがあるの?おすすめを種類ごとにご紹介!のサムネイル画像

体幹トレーニングとはどんなメニューがあるの?おすすめを種類ごとにご紹介!

アスリートに限らず最近はダイエットに体幹トレーニングメニューを取り入…

nebyo13

ハイライトとローライトでこなれ髪へ!入れ方は?ヘアカタログ集♡のサムネイル画像

ハイライトとローライトでこなれ髪へ!入れ方は?ヘアカタログ集♡

サロンで出来るメニューは、色々ありますし、どんどん増えていっています…

kokoro

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「美容」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ