目のクマには3つの種類が!あなたは何クマ?

スキンケアをしっかりしていても朝起きて鏡を見たら、顔が暗い…なんて日、ありますよね?特に前日に夜更かしなどして疲れている日は、目のクマがしっかりできていて「老けてる!?」なんてこともしばしば。クマを隠すために朝から一生懸命メイクをするのもうんざりですよね。そんなメイクも日の下に出てみれば意外と目のクマはばれてしまっているなんてことも。

老け顔に見せ、顔の雰囲気を暗くしてしまうる目のクマ。実はこれ、クマの種類によってはメイク前に、簡単に解消できてしまう方法があるんです。ここで「クマの種類?」と疑問に思った方もいるかもしれません。知らない人も多いかもしれませんが、目のクマには3つの種類があり、「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」と言われています。

各クマそれぞれ、目のクマになってしまう原因が違いますので対処法も違うんです。まずはご自分の目のクマがどのクマに当てはまるのか、観察して見極めてください。適切な対応をすればクマとさよならできてしまうかもしれません!今回は自宅でできる、3つ全てのクマの対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

メイクでは一日中目のクマを隠すのは難しい!

朝、自宅で目のクマを見つけた時、多くの人はメイクでクマを隠しているのではありませんか?「隠せるんだから手軽だし、メイクでいいじゃん!!」なんて考えている方は注意してください。確かにクマの種類によっては、シミと同じ扱いで、コンシーラーなどで上手くカバーすれば綺麗に隠せるものもあります。しかし同じく、クマの種類によっては、上手く隠しきれないものがあります。

また、朝は上手く隠せていても、時間が経つとメイクが崩れ、朝以上にクマが目立ってしまう、なんてことも。安易にクマ消しをメイクだけに頼ると、汗などでメイクが崩れた時に自宅程上手く隠せませんよね。ここ一番!!というイベントやデートの時は、スキンケアやマツエクなど、前もって細かな準備をするものです。そんな大事な日には、朝もしもクマに気付いたら、そのままメイクをするのではなく、目のクマを解消してからメイクをしたいものです。

たるみが原因の目のクマ!黒クマって何?

歳を重ねていくと、ある日、「目の下がなんか暗くなってきた?」と感じることがあります。これが皮膚下の色が浮かんでいたり、色素沈着しているのではない場合、「黒クマ」と考えてください。クマがある部分の皮膚を動かすと、一時的にクマがなくなったように見えるので、この方法で見分けることができます。黒クマは、目の下に皮膚などがたるんで影が出来ることで、目のクマがあるように見えてるものだからです。

影がクマに見えることから「黒クマ」は別名「影クマ」とも言われます。「顔のむくみ」「皮膚のたるみ」「肌に弾力がなくなった」など、の理由で黒クマはできます。また、肌のたるみからできる影ですので、コンシーラーなど、メイクでごまかすのは難しいようです。しかし加齢が原因とは言え、たるみを軽減すればクマを軽減することは可能です。体の内側からもスキンケアを心がけることで、クマを軽減できるかもしれません。

コラーゲンをしっかり摂って黒クマ対策!

目のクマの取り方①顔パック

先ほど書いた通り、黒クマの主な原因は皮膚の加齢などによるたるみの影です。この目のクマの取り方は、顔に潤いを与えてハリを持たせる、「顔パックをする」という方法がおすすめです。もちろん顔に使用するパックを選ぶのは大切です。ただスキンケアすればいいというものではありませんので、たるみを軽減できるものを選んでください。

より効果を求めるのであれば、成分に「コラーゲン」が配合されているものや「コラーゲン生成を促進できるもの」を使用してください。そしてお風呂上りにできるだけ欠かさずにパックをするなど、スキンケアを毎日の習慣化すれば、たるみの改善に繋がり、黒クマからも解放されるかもしれません。

黒クマには塩分の摂りすぎも厳禁!むくみに注意して!

目のクマの取り方②むくみに注意して!

毎日自宅でスキンケアをきちんとしている、または若いのに黒クマが気になっている人は、顔がむくんでいるのが原因かもしれません。顔がむくんだ時に、涙袋の下に影ができて黒く見え、黒クマになってしまっていることも。そんな方は、できるだけ食事の際の塩分を控えるように心掛けてください。仕事や学校が忙しいと、ひとり暮らしをしている人はつい外食や、コンビニのお弁当に頼りがちです。

そのような食事は味付けがしっかりしているため、塩分過多になりやすい傾向があります。毎日自宅で手作り料理を一人分つくるのは金銭的にも手間的にも面倒化とは思いますが、塩分の多い食事はむくみのもとになります。まだ若いのに黒クマがある!!なんて方は顔のむくみを疑い、なるべく食事に気を付けましょう。

年を重ねると増える目のクマ!茶クマって?

「茶クマ」とは、シミのように目の下に茶色くできた、色素のことです。茶クマができる主な原因は、皮膚の色素沈着によるものですので、顔の皮膚を動かすと黒クマと違い、茶クマも皮膚と一緒に動くのでそこで見分けられると思います。茶クマは、「目をよく擦る癖がある」「UV対策をせず紫外線を多く浴びている」「化粧品などで肌トラブルを起こした」など、スキンケアの怠りや肌の摩擦、肌トラブルの積み重ねで出てくるものです。

ですので若い世代よりも年配の人に多いクマだと言えます。アイメイクを重ねるなどの理由から、クレンジングの際に目元をたくさん擦ってしまうなんて人は、どうしても茶クマができやすくなります。特に目元は、他と比べて皮膚が薄いので、ちょっとの摩擦でも肌にはダメージが…。自宅でスキンケアをする際、目元は頬などより優しく洗うことをおすすめします。今はまだクマがなくても、将来茶クマができる可能性もありますので今からでも注意して洗うようにしましょう。

茶クマのあなたはビタミンCを摂って!

目のクマの取り方③ビタミンCは茶クマに最適!

色素沈着とは、メラニン色素の生成で起こります。そしてメラニン色素の生成を抑えるには「ビタミンC」をたくさん摂取することをおすすめします。ビタミンCはキウイフルーツやブロッコリー、柑橘系の果物にたくさん含まれていますので、茶クマが気になる方は自宅で食事をする時、意識して食べるようにしてください。もちろん摂取が難しい方はサプリを使うのも有効だと思います。

また、美白を目的とする化粧品には、ビタミンCが配合されているものも多くあります。食事からビタミンC摂取するのと同じくらいに、ビタミンC配合のスキンケア商品を使うことも茶クマを取る方法として効果的です。両方活用すればより茶クマを取るのには最適ですね。茶クマがどうしても取れないという人はぜひ内側からクマを取る方法をおすすめします。

茶クマを作らないためにはUV対策を!

目のクマの取り方④UV対策と摩擦を減らして茶クマ予防!

日焼けすることは色素沈着をさせたくない人には大敵です。茶クマに悩んでいる人は、きちんと自宅でUVケアをしているか、再度ケアを見直しましょう。「夏場以外はUVケアは必要ない」「外出はほとんどしないから大丈夫!」なんて思っていませんか?紫外線は年中ありますし、少しの外出でも夏は肌に大きな影響があります。季節や外出時間の長さを問わず、日傘やUV効果のある化粧品でしっかりUVカットしましょう。

また、先ほども書きましたが目を強くこするのは茶クマを気にする人にはNG行為です。目をこするのは目の周りの皮膚に対して強い刺激となり、色素沈着の原因にもなるのでやめましょう。メイクを落とすときはもちろん、クセで目をこすってしまう、なんて人は気をつけてくださいね。

最も多い目のクマ、青クマができる原因って?

最もポピュラーで多い目のクマがこの「青クマ」です。青クマは年齢に関係なく出てくるクマで、目の下が青っぽくなり、顔色が悪く見えます。このクマは色素沈着でできるクマではないため、皮膚が青色の色素になるわけではありません。ですので黒クマと同じく、顔の皮膚を動かせばと青色の濃さに変化があるので他の2つとも見分けやすいでしょう。また、その日の調子次第でクマの濃さが違うのも特徴といえます。

青クマができる主な原因は、目の周りの血行が悪くなって起こる、「血行不良」です。その他にも、「新陳代謝の低下」「体の冷え」「睡眠不足」「疲労」「ストレス」などが原因で起こりやすいです。漫画などで徹夜明けの人に描かれるクマはこの「青クマ」ですね。また、色白肌の人は、肌の下の色が出やすいため、青クマが目立ちやすいと言われています。

青クマの簡単な取り方がネットで話題に!!

最近、朝の短い時間に自宅でクマを解消できると噂になっているのが、スプーンを使って行うクマの取り方です。最初に説明した通り、クマには3つの種類があり、それぞれ原因が違ういます。そのため、このスプーンを使った取り方は、青クマにしか効果がありません。その他のクマだと感じる方は、先に書いたそれぞれに適した取り方をお試しください。

何度も言いますが青クマは「血流の悪化」などが原因で起こります。ですので悪くなった目元の血行を良くすることでクマを薄くしたり消したりできるんです。スプーンを使ったクマの取り方は様々あり、少しずつ効果や手間にも違いがあります。ですので今回はその中からいくつかを抜粋してみました。あなたにあっていると感じた方法を試してみてください。

スプーンだけでできる!目のクマの取り方

目のクマの取り方⑤簡単ポピュラーなスプーン療法!

〈方法〉①コップにお湯(40℃くらい)と、水(夏は冷蔵庫のもの)を入れたものを準備します。②大きいスプーン(カレー用)をそれぞれのコップに入れます。③先に温かいスプーンを目元の青クマにじんわり当てます。(使う前にタオルなどで余分な水分は取ってください)当てる時間は30秒程です。④スプーンをお湯のコップに戻し、同じように冷たいスプーンを目元の青クマに当てます。(同じく30秒程)⑤クマが落ち着くまで③と④を5回程繰り返してください。

まず最初にご紹介した、このクマの取り方が、最もポピュラーな目のクマの取り方です。前日から必要な準備は特になく、当日の朝に自宅で、しかもクマに気付いてからすぐに対応できます。ですので少し時間に余裕をもって起きる習慣を心がければクマに悩むことは少なくなるはずです。(※この方法は、スプーンの熱伝導率が高いのを利用して、目の血行を良くしようという方法です。スプーンに力をこめて押すなどのマッサージなどはしないでください。)

タオルも使ったクマの取り方!血行不良がひどい人向け

目のクマの取り方⑥タオルも使って顔の血行促進!

〈方法〉①大きめのスプーン(カレー用)を前日の夜に冷蔵庫で冷やしておいてください。②蒸しタオルを用意します。(レンジでお皿に乗せて濡らしたタオルを温める)③蒸しタオルの温度を調節し、目の周り全体を覆うようにタオルを1分程乗せます。④1分ほど経ったらタオルを取り、冷やしておいたスプーンを目の下の青クマに当てます。⑤③と④を2~3回繰り返してください。⑥最後に顔全体に蒸しタオルを乗せて顔を温めてください。

このクマの取り方は、蒸しタオル顔全体の血行を良くしてくれるので、顔をしっかりと温めることができます。「目のクマがなくなるだけじゃなくて、顔の血行も良くなる!」とスキンケアも兼ねてこの方法でクマを取る人も多いみたいですね。朝起きた時、目のクマ以前に顔全体が血行不良でどんよりしている…という人はすぐに蒸しタオルを作りましょう。

洗顔ついでに!朝忙しい人向けの目のクマの取り方

目のクマの取り方⑦ぬるま湯洗顔で時短クマ取り!

〈方法〉①大きいスプーン(カレー用)を冷蔵庫で前日の夜から冷やしておきます。②朝の洗顔をする際、ぬるま湯(38~40℃ぐらい)で顔を洗います。③タオルで顔を拭いて冷蔵庫で冷やしておいたスプーンを目の下の青クマに当てます。④1度クマを確認し、治っていない場合は目の周りをぬるま湯で目を温め、再度スプーンをあててください。

このクマの取り方の場合、簡単で便利ですが1~2度しか冷たいスプーンが使えません。ですので青クマの状態が軽い時のみ、この取り方でも効果があります。慢性的にしつこい青クマに悩んでいる人は、スプーン1本じゃ足りませんので、毎日何本もスプーンを冷やしておくことになります。この方法は、朝の洗顔の際についでできる簡単ケアです。簡単な分効果は弱いので、クマが濃い!なんて日には完全にクマを消すのは難しいでしょう。

慢性的な青クマに悩む人はこの取り方!

目のクマの取り方⑧リンパマッサージとスプーンを使って

〈方法〉①中指の指先で、眉下の骨に沿うよう伝い、軽くマッサージをします。(マッサージの際はスキンケアクリームをつけて滑りを良くする)②目の下の骨も同じく軽く骨に沿ってマッサージします。(目尻→目頭→目尻の順にゆっくりぐるぐるとマッサージ)③①と②を5回程繰り返してください。マッサージ後、「目のクマの取り方⑤」のクマの取り方を続けて行ってください。

ずっと「青クマが消えない」「最近長く青クマがひどい」などと悩んでいる人には、このクマの取り方が1番効果があるようです。リンパの流れと目を温めて冷やす「温令法」とを合わせることで、自宅にいながら高い効果が得られる言われています。時間はかかりますがぜひ試してほしいクマの取り方です。(※目の周りのリンパマッサージですが、力を入れると眼球自体のダメージになってしまうので、優しく肌を滑るようにマッサージしてください。)

毎日の努力でクマとは無縁のあなたに!

先ほど紹介させて頂いた「目のクマの取り方⑧」のリンパマッサージは、夜、お風呂上りにも行っても目の周りの血行が良くなります。むくみで黒クマに悩む方にも有効だと思われるのでぜひ試してみてください。スプーンを使った方法など、今回は青クマを取る方法をたくさんご紹介させていただきました。

しかしその多くは即席の青クマの取り方です。方法としては書きませんでしたが、食生活や生活リズムなど、根本を見直すことも青クマを消すために大切なこと。目の下に現れた青クマは、体があなたに訴える、様々な不調であることを忘れないでください。

関連するまとめ

小顔ローラーの本当に効果のある使い方は?おすすめアイテムまとめのサムネイル画像

小顔ローラーの本当に効果のある使い方は?おすすめアイテムまとめ

小顔ローラーは使ったことがあるけど、あまり効果がでなかったから今は使…

ha1103.823

フェイシャルエステの効果はあるのか?美肌・小顔になる方法まとめ!のサムネイル画像

フェイシャルエステの効果はあるのか?美肌・小顔になる方法まとめ!

人気のフェイシャルエステに行ったことはありますか。フェイシャルエステ…

nobii

ベンチプレス100kgを上げるコツ!トレーニング期間&メニュー大公開!のサムネイル画像

ベンチプレス100kgを上げるコツ!トレーニング期間&メニュー大公開!

筋トレで大人気のベンチプレス。多くの人の目標であるベンチプレスで10…

Yukimonski

脱毛クリームの効果の真相!あり?なし?適切な使用期間を調査!のサムネイル画像

脱毛クリームの効果の真相!あり?なし?適切な使用期間を調査!

薄着の季節が近づくと気になるのが”脱毛”。いろいろな脱毛方法がありま…

りょうまま

寝る前の牛乳・ホットミルクにダイエット&バストアップ効果は?太る?痩せる?のサムネイル画像

寝る前の牛乳・ホットミルクにダイエット&バストアップ効果は?太る?痩せる?

寝る前に牛乳・ホットミルクを飲む、と太る…痩せる…とどちらの話もあり…

entaro

ニキビ跡が消えない!その原因や赤みを抑える方法、治す方法をチェック!のサムネイル画像

ニキビ跡が消えない!その原因や赤みを抑える方法、治す方法をチェック!

男女関係なく思春期にニキビが出来たり、ニキビは体調が崩れた時にも、顔…

bonbon.m

グラデーションカラーをセルフでしたい方必見!簡単なやり方をご紹介!のサムネイル画像

グラデーションカラーをセルフでしたい方必見!簡単なやり方をご紹介!

髪をすてきなグラデーションカラーに染めてみませんか?美容院に行かなく…

yu-mo

サウナの効果的な入り方とは?サウナのメリット・デメリットのサムネイル画像

サウナの効果的な入り方とは?サウナのメリット・デメリット

みなさんはよくサウナに入りますか?ではサウナをよく利用されている方は…

ヒロシ

クレンジングジュースのダイエット効果について調査!作り方は?のサムネイル画像

クレンジングジュースのダイエット効果について調査!作り方は?

モデルやハリウッドセレブも実践しているという、クレンジングジュースダ…

karin

頭皮の湿疹・かゆみの5つの原因!頭皮トラブルを回避するセルフケア!のサムネイル画像

頭皮の湿疹・かゆみの5つの原因!頭皮トラブルを回避するセルフケア!

突然起こる頭皮の湿疹やかゆみってつらいですよね、かゆみを我慢できず掻…

秋山ナオ

丸顔の髪型・前髪・ヘアスタイルまとめ【ボブ・ロング・ミディアム・ショート】のサムネイル画像

丸顔の髪型・前髪・ヘアスタイルまとめ【ボブ・ロング・ミディアム・ショート】

自分に似合う髪型って?前髪の長さは?丸顔だから似合わないかも…そんな…

KANA101010

ベビーパウダーの使い方とは?大人でも使える美容やパックなどの活用法のサムネイル画像

ベビーパウダーの使い方とは?大人でも使える美容やパックなどの活用法

ベビーパウダーって赤ちゃんの為の物って思っていませんか?実は大人の女…

だいごろう

きのこのカロリーは?食べ過ぎても大丈夫?ダイエットに効果的な食べ方は?のサムネイル画像

きのこのカロリーは?食べ過ぎても大丈夫?ダイエットに効果的な食べ方は?

カロリーが低く栄養効果も豊富なきのこはダイエットにぴったり。今回は、…

kon_w

フルーツグラノーラダイエットとは?太る食べ方と痩せる食べ方を徹底比較!のサムネイル画像

フルーツグラノーラダイエットとは?太る食べ方と痩せる食べ方を徹底比較!

ダイエットは三食欠かさず食べることが必要と聞いて、朝食にフルーツグラ…

たんたん1021

石原さとみの髪型・パーマ・作り方まとめ!【ディアシスター画像あり】のサムネイル画像

石原さとみの髪型・パーマ・作り方まとめ!【ディアシスター画像あり】

メディアに登場すると必ずメイクや髪型が話題になる石原さとみさん。石原…

paul0816

えごま油に正しい飲み方はある?効果的なタイミング・時間は?のサムネイル画像

えごま油に正しい飲み方はある?効果的なタイミング・時間は?

健康にいいと注目が集まっているえごま油を、暮らしに取り入れてみません…

nobii

コラーゲンを多く含む食べ物ランキング!食べ物からの吸収率は?のサムネイル画像

コラーゲンを多く含む食べ物ランキング!食べ物からの吸収率は?

コラーゲンと聞くと、何を思い浮かべますか?多くの方は、お肌に良い・食…

Karexxy

顔汗を確実に止める方法は?ツボや市販品などですぐ出来る対策まとめのサムネイル画像

顔汗を確実に止める方法は?ツボや市販品などですぐ出来る対策まとめ

顔汗は汗に悩む場所として上位にあがりますね。人の目に見える場所であり…

h.neco0727

カシューナッツのカロリー!ダイエットに効果的?食べ過ぎは太るという噂のサムネイル画像

カシューナッツのカロリー!ダイエットに効果的?食べ過ぎは太るという噂

カシューナッツはダイエットに効果的な食品だと言われていますが、カシュ…

秋山ナオ

美肌になる水の飲み方と「美肌水」の作り方を紹介!美肌美人の秘訣とは?のサムネイル画像

美肌になる水の飲み方と「美肌水」の作り方を紹介!美肌美人の秘訣とは?

女性の永遠のテーマでもある美肌。そんな美肌になるためには水という存在…

zizi

関連するキーワード

h.neco0727

オシャレやいろんな気になるウワサが大好きです☆
楽しいことや知っていて便利なこと、たくさんの人と共有できたら嬉しいです。

アクセスランキング

昨日の「美容」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ