緊張しない方法ってある?声や手の震えを抑えるツボを調べてみた!

人前でのスピーチや面接、愛の告白など人は大事な場面で緊張しますよね。緊張して手や声が震えてしまい緊張しているのが周りに伝わってしまいます。今回は、暮らしの中で緊張しない方法や緊張を和らげるツボをご紹介します。緊張しない方法を知って大事な場面を乗り切りましょう!

目次

  1. 緊張すると声や手が震えて困る…
  2. 緊張しない方法①深呼吸をする
  3. 緊張しない方法②気分が落ち着く音楽を聴く
  4. 緊張しない方法③顔の筋肉をほぐす
  5. 緊張しない方法④失敗を恐れない
  6. 緊張しない方法⑤緊張に慣れる
  7. 緊張しない方法⑥事前に練習をしておく
  8. 緊張しない方法⑦気合を入れる
  9. 緊張を和らげるツボはコレ!
  10. 自分なりの緊張しない方法を見つけて改善していきましょう!

緊張すると声や手が震えて困る…

@yu_ko4さんの投稿
17127063 314158125653638 7347941796455907328 n

私たちの日々の暮らしで、ここぞと言った大事な場面の時に限って緊張して声や手が震えて恥ずかしい思いをした人もたくさんいるのではないでしょうか。緊張すると身体などが震えるのは自律神経が一時的に乱れているからと言われています。

人前でのスピーチや面接、告白をする時など大事な場面ではできることなら緊張しないでしっかりと挑みたいですよね。緊張していることを相手に伝わらないようにしたいという人も多くいるでしょう。そこで、緊張しない方法と緊張を和らげる手のツボをご紹介します。これを読んで緊張しない方法を知り、緊張してしまうという対策を一緒にしていきましょう!

緊張しない方法①深呼吸をする

まず、一つ目の緊張しない方法は深呼吸をすることです。暮らしの中で緊張した時によく行っているという人も多くいるありきたりな緊張しない方法の対策方法でもありますが、上記でも説明したように緊張して震えるのは自律神経が乱れているということになります。

@yukko_kitchen_さんの投稿
17332321 1272613979488043 4160697659025260544 n

深呼吸はその自律神経の乱れを整えてくれる働きもあるので、ゆっくりと鼻から吸って口から吐くという深呼吸を何度かしてみましょう。だんだんと緊張がほぐれてリラックスした状態になります。深呼吸をする時に頭の中で「緊張しちゃだめだ」と考えない方が良いでしょう。

@manyunjaoさんの投稿
17266231 230465977421121 8663926463214387200 n

緊張するなと考えると逆に余計に緊張してしまうこともあるので、今自分は緊張しているんだということを認めた方が気持ちも落ち着いてくるのです。緊張しない方法として深呼吸を試してみてください。

緊張しない方法②気分が落ち着く音楽を聴く

緊張しない方法として、気分が落ち着く音楽を聴くこともおすすめの緊張しない方法の対策方法です。自分がこの音楽を聴いた時にリラックスできるという音楽を、緊張してしまう時のために事前に知っておくと良いでしょう。

@jun1shibuyaさんの投稿
17332841 1856144197930631 442524353251246080 n

リラックスできる音楽と同時に深呼吸をするとより緊張を緩和させることができます。日々の暮らしには欠かせない音楽ですが、緊張をした時にも効果が発揮されるのが自分の好きなリラックスできる音楽なのです。

@taku03.0825さんの投稿
17125644 693184520854297 7855785683086999552 n

面接やスピーチなどの直前に音楽を聴くことは難しいと思いますが、移動中の電車の中などで聴いて事前にリラックスをしておくことが緊張しない方法でもあります。

緊張しない方法③顔の筋肉をほぐす

緊張してよく声が震えてしまうという人は、顔の筋肉をほぐすのも緊張しない方法の対策の一つです。走ったりと運動をする前にストレッチを行うのと同じように、本番前に顔の筋肉を動かして緊張をほぐし、緊張しない方法を試しましょう。

@emiemi541007さんの投稿
16464197 1661245930556988 9005666741690302464 n

「あ・い・う・え・お」と大げさに口を開けて、声を出せるときは声を出して、声が出せない場合は口だけ動かすと言った形で緊張しない方法を行いましょう。この動作だけでも顔の筋肉がほぐれます。

@maki.m0000さんの投稿
16124304 812107168946758 6532867508888666112 n

また、ニコっと笑ってみたり顔をクシャっとしたりいろいろな表情をして顔全体をほぐしましょう。それだけでもだいぶ緊張が和らぐと思うのでぜひこの緊張しない方法を試してみてくださいね。でも、人前でこの動作を行うと怪しい人物だと思われてしまうので、なるべく周りに人がいない場所で行うのが良いですね。

緊張しない方法④失敗を恐れない

緊張をする時というのは、「失敗したらどうしよう」などと失敗するのが怖いと考えるから緊張してしまうということもあるのです。ただ人前で話すだけで成功も失敗もないのであれば緊張しないかもしれません。

@shiiiinao0408さんの投稿
17333097 1714066965550208 256157467350663168 n

でも、失敗したら困るということが頭をよぎって結果的に緊張してしまうのです。ですので、「失敗したらどうしよう」と考えるのではなく「失敗しても大丈夫」と考えるようにしましょう。失敗を恐れないことが大切な緊張しない方法でもあるのです。

@bamb777さんの投稿
17333238 1306033379473126 1340977094338805760 n

だからと言って成功した時のことを考える必要もありません。「絶対成功させるぞ!」と考えているとより緊張が増してしまうということもあるからです。成功させることよりも、失敗しても良いんだという気持ちで挑むと緊張が緩和されてきます。これも一つの緊張しない方法なのです。

緊張しない方法⑤緊張に慣れる

今まで何度も緊張して手や声が震えてしまって悩んでいるという人も多いですよね。でも、緊張も何度もしていると慣れてくるものなのです。日々の暮らしの中では緊張する場面がたくさんやってきます。そのたびに緊張して震えてしまうのは仕方のないことですが、人生経験を積んでいくうちに慣れて緊張しなくなってくるものなのです。

@mukosann0421さんの投稿
16789449 377069652674465 5247885646944534528 n

ですので、若いうちは緊張しない方法を試さなくても、たくさん緊張してたくさん震えていいのです。大人になるにつれてだんだん緊張にも慣れてきますし、自分が緊張するタイミングもわかってきます。そこでまだ緊張して手や声が震えてしまうという場合には、上記で紹介した緊張しない方法を試したり、緊張しない方法を他にも見つけるといった対策は必要です。

@photoousukeさんの投稿
16906551 223272721479668 5005050730059399168 n

大人になっても新しいことに挑戦したり、今まで行ってきた緊張する場面とは違うところで緊張することもあると思います。でも、自分が緊張するタイミングを知って事前に緊張しない方法を知って対策をすることで緊張を緩和させていきましょう。

緊張しない方法⑥事前に練習をしておく

緊張しない方法として、事前にその行動などを練習しておくと本番もスムーズに行えます。練習なしにいきなり本番に挑んでしまうと慌ててしまい結果的に緊張してしまいます。暮らしの中でスピーチの練習、面接の練習、告白の練習などそれぞれ事前にイメージトレーニングをしておくと緊張せずに本番に挑むことができる緊張しない方法です。

@natakuhoshiさんの投稿
16906596 1247444748636713 3615908699937177600 n

その時はワンパターンの練習だけでなく、いろいろなことを想定してパターンを変えて練習した方が良いでしょう。スピーチをするだけであれば、紙に書いて練習するだけですが、面接では自分が練習しておいたものと違う質問をされます。その時にちゃんと対応できるようにいろいろなパターンで練習を行いましょう。緊張しない方法としてとても大切なことでもあります。

緊張しない方法⑦気合を入れる

緊張しない方法としては、自分に気合を入れるという対策方法もあります。緊張していることは認めて「よっしゃー!」と大きな声を出して気合を入れるのも良いでしょう。よく緊張している時に顔をパチンと両手で叩いて気合を入れる人もいますよね。

@satomi.ccpさんの投稿
16789227 182388185589516 2516777674983079936 n

同じように自分の顔を叩いて「頑張れ!」と気合を入れて本番に挑むと緊張がほぐれることもあります。緊張するというのは当たり前のことでもあるので、緊張することを認めて、気合を入れて楽しんで本番に挑んだ方が自分にとってもプラスになるのだと思います。こんな緊張しない方法もあるということも頭に入れておいてくださいね。

緊張を和らげるツボはコレ!

緊張しない方法の中には、緊張を和らげるツボというのもいくつかあるのです。そのいくつかある緊張を和らげるツボの中で緊張する場面の事前にもできる手のツボをご紹介します。とても簡単にできて、即効性もあるのでぜひ試してみてくださいね。

労宮(ろうきゅう)

@siki_ikumiさんの投稿
13712211 164345330657733 1956798563 n

労宮の場所は、軽く指を曲げた時に中指が当たる部分です。その部分を反対の手の親指でゆっくりと5回~10回ほど押しましょう。あまり軽すぎず強く押しすぎず、痛気持ちいいくらいがちょうど良いです。労宮は、自律神経の乱れを整えてくれたり、イライラを解消してくれたり、疲労回復にも効果がありツボの中でも万能なツボでもあるのです。

内関(ないかん)

@___.y__eさんの投稿
14448351 945343085609140 4377802925783646208 n

内関の場所は、画像の手に印がついている部分で手首から指三本分の場所にあります。緊張緩和の他に、乗り物酔い防止などの効果もあると言われています。こちらも反対の手の親指でちょっと強めにゆっくりと押すようにしましょう。

合谷(ごうこく)

@yu_uki_1126さんの投稿
14334398 1807206402849746 455592229335990272 n

合谷と呼ばれるツボの位置は、親指と人差し指の骨がちょうどぶつかるところにあります。反対の手の親指で、人差し指の方向に押し上げるようにツボを刺激します。ゆっくりとやや強めに押しましょう。合谷は、お灸をする時にも効く万能のツボと言われており、緊張緩和の他にも頭痛や肩こりなどにも効果があると言われています。

神門(しんもん)

@hiroshigesensationさんの投稿
18581143 332768350476577 2156908382500421632 n

神門というツボは、耳にもあるツボですが手にもあります。場所は、小指の外側の線と手首の線が交わるところにあります。ボコっと出た骨よりも小指よりの位置になります。反対の手の親指で円を描くように押すと効果的です。緊張緩和やストレス解消にも効き、さらには便秘解消にも効果があると言われています。

自分なりの緊張しない方法を見つけて改善していきましょう!

@kukuumui_さんの投稿
17334076 1872585409663517 2765216635131265024 n

緊張しない方法と緊張を和らげるツボをご紹介しました。人によってはその緊張しない方法でも緊張してしまい自分には合わないものもあると思います。人それぞれ性格も緊張する度合いも違うので、いろいろな緊張しない方法を試して、自分なりの緊張しない方法を見つけてください。

@mukugi_さんの投稿
17267827 165152927332486 3917454363764719616 n

緊張をするということは誰もが経験する当たり前のことなので、恥ずかしがらずに堂々としていることも大切です。緊張することは悪いことではありません。

@takaaaaaaaki728さんの投稿
17125487 1687027541594581 8122293222757105664 n

今後も暮らしの中では緊張することもたくさんあると思いますが、事前の対策によって改善できるのでぜひ自分なりの緊張しない方法を見つけて毎日の暮らしを楽しんで生活してくださいね!

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ