一輪挿しにおすすめの花瓶・陶器・ガラスは?シンプルでおしゃれと話題

場所を選ばずシンプルだけどおしゃれで、ちょっとしたインテリアに最適な一輪挿し。簡単だからこそセンスの問われる奥が深い世界だ。一輪挿しを活けるときの注意点や長持ちさせるコツ、一輪挿しにおすすめの陶器やガラス花瓶についてまとめた。

目次

  1. おしゃれでシンプル、一輪挿しの魅力
  2. 簡単そうで難しい一輪挿し
  3. 一輪挿しにはバランス感覚が大切
  4. 一輪挿しがしおれてしまう原因は?
  5. 切り花の一輪挿しを長持ちさせるコツ
  6. 一輪挿しに適した花・草・木
  7. ガラスや陶器、一輪挿し花瓶の選び方
  8. 一輪挿しにオススメのおしゃれな陶器花瓶
  9. 一輪挿しにオススメのおしゃれなガラス花瓶
  10. フローティングベースを使った独特な一輪挿し
  11. 一輪挿しにおすすめの花瓶・陶器・ガラスに関するまとめ

おしゃれでシンプル、一輪挿しの魅力

玄関の片隅や食卓、洗面所などのちょっとしたインテリアに最適な一輪挿し。たった一輪の花であるからこそ感じられる美しさや生命力は、他のインテリアにはない独特の魅力を秘めている。

@unbalance_djさんの投稿
12825923 535889836592680 2144113487 n

夏場は涼しげな花を飾ってみたり、冬は春が恋しくなる花を挿してみたり。季節によって植える花を変えればいつも新鮮な気持ちで味わうことができるのも、一輪挿しの楽しいところ。

@bell10sanpoさんの投稿
13392784 478091699056617 278902468 n

フラワーアレンジメントと比べれば一輪挿しは手ごろな値段で楽しむことができ、お手入れも簡単だ。それでいてたくさんの花を植えたものとは違った魅力を提供してくれる。

簡単そうで難しい一輪挿し

ガラスの空き瓶や陶器の花瓶に一本だけ花を差し込んだものが一輪挿しだ。こう書くとシンプルで簡単そうであるが、シンプルなだけにそれを美しく見せるのはなかなか大変だったりもする。

@kounotoukiten_kounoさんの投稿
17076980 1251661738248361 8775683290372767744 n

花と花瓶のバランスだけですべてが決定される一輪挿しは、たくさんの花を使ったアレンジメントとはまた別のセンスが要求される。おしゃれだけどシンプルで凛々しい一輪挿し」という一輪挿しは、なかなかお目にかかれるものではない。

一輪挿しにはバランス感覚が大切

一輪挿しの顔となる花や木の実、どっしりと腰をすえたガラスや陶器の花瓶、そしてそれらを繋ぐほっそりとした茎や枝の比率こそが、一輪挿しの美しさを引き出すための重要なポイントとなる。常に全体のフォルムを考え、どういう形状にしたいかを念頭においておこう。

@tetsuroohtaniさんの投稿
16230736 254864254954056 6836181573960728576 n

牛乳瓶のような一輪挿しに用いるときは「花瓶の長さに対して花が1.5倍の長さになる」くらいがもっともおしゃれに見える理想的なバランスとされている。短すぎると窮屈な感じがして、長すぎると茎の貧弱さが浮き立ってしまうためだ。

@tiroi_rさんの投稿
17127248 1130592067050896 5053101595806400512 n

花の長さを決めるときは、花を逆さにして花瓶の横にあててみよう。そうすれば茎をどの程度の位置できれば良いかが明確だ。フラワーアレンジメントとは異なり、一輪挿しはシンプル・無駄を省いた簡素なものであるほうがおしゃれだ。

一輪挿しがしおれてしまう原因は?

花はとても繊細な生き物だ。生命力こそ強い種であっても、ちょっとした環境の変化や栄養不足で見栄えが大きく変わる。キレイな色合いや堂々とした風格、凛とした立ち姿を維持するためには、しっかりと気を使わなければならないようだ。

@yuji517さんの投稿
14280386 1774535749455002 1532664268 n

エチレンによる一輪挿しの老化

エチレンとは植物自身が発生しているホルモンのひとつで、一輪挿しの成熟と老化の主な原因となっているものだ。一種の寿命のようなもので、エチレンへの耐性は花の種類によって大きく差がある。カーネーションなどはエチレンに弱く、反対にチューリップは非常に強い。

@yojisukiglassicさんの投稿
14547851 1303866606352695 2330144118858055680 n

実のなる植物では果実が未熟の段階ではエチレン生産量が少ないが、果実が成熟するに従って急増する。同じ植物であっても成長段階によって老化の進行速度が変わったり、リンゴのように品種の違いでエチレン生産量が劇的に違う植物もある。

花茎の導管閉塞

@osashimigasukidesuさんの投稿
13118274 235416236827878 2004054352 n

導管とは植物の内部にある水などが流れる管。花茎の導管内で細菌が増殖して導管が詰まってしまう現象。導管内に氷や気泡が生じることでも起きる。導管閉塞に陥った花は水の吸い上げが上手くできず、やがてしおれてしまう。バラの花は導管閉塞を起こしやすいらしく、長持ちさせるのが難しい花でもある。

花への糖質不足

@conet_corocoroさんの投稿
17265698 257900927991542 2336951886835351552 n

糖質は植物にとって重要なエネルギーであり、蕾が開く際にも大量に消費される。一輪挿しなどの切り花は光合成が十分に行えない場所に置かれることも多く、糖質不足に陥りがちだ。せっかくのキレイな一輪挿しも、いざ開花してみると栄養不足でパッとしない見栄えになってしまうことも。

切り花の一輪挿しを長持ちさせるコツ

主な一輪挿しがしおれてしまう現象は上記の通りであるが、それではそれぞれにどういった対処をすればよいのだろうか。

@masamisangaさんの投稿
15535037 1046393652153985 4643164250351599616 n

エチレンによる老化への対処

@0411_harukaさんの投稿
12519433 1541402539489650 371533079 n

チオ硫酸銀の水溶液に花を浸すことでエチレンの生成が劇的に抑制される。生産者の多くはこの薬剤処理を施しているので市販の花であれば問題ないのだが、野で摘んできた花などではエチレンによる老化への対策は難しいようだ。

導管閉塞の予防と対処

@closet_old_manさんの投稿
13743358 168391353570180 1215397371 n

導管閉塞は抗菌剤によって対処するのが基本。花瓶の水が汚れているとバクテリアが爆発的に繁殖してしまうため、こまめな水の交換が導管閉塞の予防には大切だそうだ。また、茎を切る際には気泡が入るのを防ぐため水の中で切断しよう。

糖質不足への対処

@chiaki365さんの投稿
17265486 1849175635352828 2641086123157225472 n

根本的な対処は置き場を変えるなどだが、それが難しい場合には糖質を含んだ品質保持剤の使用を考えよう。蕾の開花が促進され、花の日持ちもよくなる。

一輪挿しに適した花・草・木

自分の気に入った草花や木の枝など、一輪挿しは個人の好みや置き場所にあわせて自由に選ぶと良い。ここではいくつかの代表的な一輪挿しを紹介しよう。

@3rdmarsさんの投稿
17333174 1266187740132136 8087433026209841152 n

「カーネーション」は一輪挿しの代表格。母の日に贈られたカーネーションを一輪挿しにしたいという人も多いだろう。一輪挿しとしてはポピュラーなカーネーションであるが、蕾が多くついてしまうので、キレイに咲かせるのはプロでもなかなか難しいらしい。寿命は十日前後だ。

@taka._yoneさんの投稿
15803577 244228302670066 1978400187239890944 n

「南天」の一輪挿しは非常に「絵になる」一輪挿しだ。ほっそりした枝の素朴さと小さな赤い実のアクセント、そして僅かについた葉の黄味がかった緑がドラマティックさを与えてくれる。

ガラスや陶器、一輪挿し花瓶の選び方

最近はちょっと変わった花瓶も増えている。ガラスや陶器、プラスチックなど材質も色々とあり、同じように形も色々だ。自由度があるだけに飾りたい場所のインテリアにあわせたおしゃれな花瓶を選びたい。

@hiroco1116さんの投稿
12747781 1538467859817106 1771363831 n

豪勢な花ならばシンプルなガラス花瓶、素朴な花ならば陶器花瓶が向いているようだが、鮮やかな花に陶器花瓶を用いたり豪華絢爛にしてみたり、朴訥な花にほっそりしたガラス花瓶を用いて侘び寂びを感じさせる趣にするのも面白い。

一輪挿しにオススメのおしゃれな陶器花瓶

@mumeigamaさんの投稿
17333812 268586920261719 7317466207467077632 n

陶器花瓶の魅力は個性的な形状だろう。基本的なルールや一般的なバランス感覚に縛られない独自の一輪挿しを作ることができる。一輪挿しで何かを表現したいときなどには、まっさきに候補に挙がる花器だろう。

@fragile_ginzaさんの投稿
16790288 376439796076482 2583542593707048960 n

陶器は器そのものからも物語性を感じられる。そこに自らの感性で花を挿すことで、この世に二つとない一輪挿しを作ることができるだろう。陶器はガラスに比べると自然な"歪み"を持っており、それが自然な風合いをもたらしてくれる。

@kojikoji777さんの投稿
15043765 615187542017018 6570724463032139776 n

動物の器などユニークなものが多い陶器花瓶。ただ眺めているだけでも色々と想像できて面白い。陶器の器はガラス瓶と比べると存在感の強いものが多く、それだけにメッセージ性が生まれるし、なによりかわいらしい。

一輪挿しにオススメのおしゃれなガラス花瓶

@tochikkoさんの投稿
12819043 546310728881414 120466554 n

ガラス花瓶はシンプルで場所を選ばず、爽やかな印象を見るものに与えてくれる。ガラス瓶そのものにも鮮やかな色があるため、花とのコントラストを考えて植えれば、花もガラス花瓶もお互いをいっそう引き立てあうことだろう。

@sayooda1122さんの投稿
12797733 1547780982217341 2043541880 n

日当たりの良好な場所だと、ガラス花瓶の影の美しさもひとつのインテリアとして成立する。美的センスの問われる花瓶だが、だからこそ魅力的な花器。副次的なものとして、水の残量や汚れ具合などがわかるメリットもある。

@eckepunktさんの投稿
17333449 714655265371116 6013326880122339328 n

ガラス花瓶にも形状はいくつかあるが、ガラス花瓶を選ぶからにはシンプルさが活かせるものを選びたい。同じ形状を整然と並べるもよし、色々な形状を並べて緩急をつけるもよし。やはりセンスが重要になってくる花器だ。

フローティングベースを使った独特な一輪挿し

@furuki_f_motoさんの投稿
14716422 1137277666379817 5425714807875567616 n

フローティングベースと呼ばれる透明な樹脂板を使ったおしゃれな一輪挿しもオススメ。シンプルなのにまるで水の中から花が咲いているような演出。器に頼らず花をキレイに立たせるためのものとして考案されたそうだ。

@akira_618さんの投稿
16230359 1064854450308738 4517071698532499456 n

花を飾るのは花瓶だけとは限らない。大きな食器などに水を張りその上に透明なフローティングベースを浮かべることで、独自の世界観を作り上げることもできる。一輪挿しの世界に新しい境地を提案してくれるツールといえるだろう。

@naggy2016さんの投稿
14714422 1801295943418806 1258408779024695296 n

木製調のフローティングベースを用いれば、木から生える花といった演出にすることも。想像力次第ではインテリアやジオラマ、ミニチュアなどに無限の方法で活かすこともできるだろう。

一輪挿しにおすすめの花瓶・陶器・ガラスに関するまとめ

一輪挿しの注意点やおすすめの花瓶に関するまとめは以上だ。花瓶の種類はガラスや陶器だけにとどまらず、非常に多岐にわたる。花瓶にあわせた部屋作りや家具などを買い揃えるのは難しいので、やはり花瓶のほうを部屋にあわせてチョイスしたい。

@nichinichi_potteryさんの投稿
14597306 318989405133002 8139503014978256896 n

この記事では一輪挿しにおける陶器やガラスの特徴と用いられ方を紹介したが、最終的には自分で目にして、触ってみて、気に入ったものを使うのが一番である。個性を出し、自分らしさを表現することこそがインテリアの醍醐味だろう。今回の記事がその一端にでもなれば幸いだ。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ