一日一食ダイエットのやり方ガイド!痩せる効果は?デメリットはある?

一日一食ダイエットは芸能人や海外セレブでも流行しています。今では食事量を減らすことで長寿遺伝子のスイッチが入るという研究結果もでています。一日一食ダイエットの歴史から効果について詳しく解説します。一日一食は健康法ですが、ダイエット効果もありそうですね。

目次

  1. 一日一食ダイエットのやり方と効果
  2. 一日一食ダイエットの歴史:紀元前中国
  3. 一日一食ダイエットの歴史:古代エジプト
  4. 一日一食ダイエットの歴史:日本
  5. 一日一食ダイエットと長寿スイッチ
  6. 一日一食ダイエットどころか不食者もいる!?
  7. 一日一食ダイエットの実践者:日本の著名人
  8. 一日一食ダイエット実践者:世界のビジネスパーソンたち
  9. 一日一食ダイエットのやり方:栄養はしっかりとる
  10. 一日一食ダイエットのやり方:カロリー摂取量は考えて
  11. 一日一食ダイエットのやり方:徐々に身体をなじませる
  12. 一日一食ダイエットのやり方:筋肉をつくる
  13. 一日一食ダイエットの効果:痩せる
  14. 一日一食ダイエットの効果:長寿遺伝子のスイッチが入る
  15. 一日一食ダイエットの効果:活動的になり意欲が上がる
  16. 一日一食ダイエットの効果:節約になる
  17. 一日一食ダイエットの効果:精神的に落ち着く
  18. 一日一食ダイエットのデメリット:身体に負担がかかる
  19. 一日一食ダイエットのデメリット:リバウンドしやすい
  20. 一日一食ダイエットのデメリット:筋肉や体力が衰える
  21. 一日一食ダイエットの間食を考えよう
  22. 一日一食ダイエットは無理をしてはいけません

一日一食ダイエットのやり方と効果

@its_yuristagram_さんの投稿
17439245 178522925989450 6181119071849807872 n

一日一食ダイエットは、歴史のある健康方法です。現代では海外セレブや日本の有名人が実践していることが知られています。またマクロビオティックという言葉や不食の人々という本などの出版もあり、お洒落な人々の熱い視線を浴びていますね。この一日一食ダイエットについて詳しく紹介します。無理をしないで痩せるようにしましょう。

一日一食ダイエットの歴史:紀元前中国

消化不良

@tsubotomo0610さんの投稿
15046823 357750997911372 5960670593958281216 n

中国で紀元前に書かれた古典医学書の「黄帝内経素門」という本には、一日二食食べると、消化不良を起こして腹部膨満感に悩まされると記されています。一日二食ですら消化不良になるとなれば、理想的な食事は一日一食ということになります。つまり一日一食ダイエットは紀元の中国医学書によれば理想的な食事ということになりますね。

紀元前では食べることができる機会は少なかったのかもしれません。それにしても医学的に一日一食ダイエットを推奨しているというのは、ちょっとびっくりしてしまいますね。粗食の方が健康に良いとは言いますが、食べることがデメリットになると言う考え方が、紀元前にあったのは面白いことです。

一日一食ダイエットの歴史:古代エジプト

食べ過ぎて喜ぶのは医者

@e_h0505さんの投稿
17493845 654776451390439 6016475993093439488 n

古代エジプトのピラミッドの碑文に面白い言葉が残されています。それは私たちは普段の食事の1/4で生かされていて、残った3/4は医者を生かすのに使われる。というのです。当時のエジプトの支配者階級も飽食が原因に生活習慣病に悩まされていたのかもしれません。食事は1/4で十分だと言うのですから、一日一食ダイエットは古代エジプト人にとっても健康的で効果的な食事方法なのでしょうね、

@rm557712さんの投稿
17437476 248263002249172 7873498269949624320 n

このような食べ過ぎると医者を儲けさせるだけだというような考え方は、ドイツにもあるようです。痩せるやり方としての一日一食ダイエットではなくて、健康のために食事を節制するという考え方なのですね。それでも食事の量が相対的に少なくなるのですからダイエットにも効果がありそうです。

@grand_enakさんの投稿
17334053 1398889716852431 1410124293982912512 n

一日一食ダイエットの歴史:日本

武家の食事

@kyoko06061963さんの投稿
17438522 1955981057958943 5139328682090823680 n

民族学の柳田国男氏によれば、日本でハレの日とケの日がきちんと分かれていたといいます。ハレの日というのは結婚式やお祭りなどの特別な日のことでケというのは日常のことです。ケの日は一汁一菜で麦飯などの雑穀米と味噌汁、それに漬物か野菜の煮物だけです。毎日同じ食事ですし下級武士では魚が出るのは1日、15日、28日と厳格に決められていました。

貝原益軒の腹八分

@minori_santihさんの投稿
16906336 1243764962385951 2075686084167073792 n

貝原益軒は有名な儒学者ですが、83歳の時に養生訓を書きました。そこで長寿のためには「腹八分目」が大事だと何度も訴えています。しかしこの場合の腹八分目というのは貝原益軒が生きている時代の食事にあわせたものです。もともとかなり倹しい食事なので、現代ならおよそ半分以下というところでしょう。そのさらに八分目ならば一日一食ダイエットと量的には違わないといえますね。

徳川家康と天海

@samsa_ra_yogaさんの投稿
17334256 1392527187477896 2352279203480600576 n

徳川家康が長生きすることが、勝ち残りの秘訣だと言ったのは有名なお話です。織田信長や豊臣秀吉も長生きをしたことが、徳川政権樹立の要因だったことは間違いないでしょう。その徳川家康は麦飯と豆味噌という質素な食事を続けていました。小姓がこっそり茶碗の底に白米をいれたことで、激怒したというエピソードもあります。長寿になるやり方は、粗食だと信じていたのでしょう。

@char.007さんの投稿
17494998 1698741337089850 5050243913546203136 n

徳川家康は75歳まで生きながらえました。当時の平均寿命が40歳でしたから十分長寿といえます。死因が天ぷらの食べ過ぎだったといいますから、食事と健康は関連性がありそうです。天台宗の高僧である天海僧正は、徳川家康の知恵袋でもありました。天海は納豆汁とクコ飯を好んで食べて108歳まで生きました。健康と長寿には少ない食事が有効のようですね。

一日一食ダイエットと長寿スイッチ

マサチューセッツ工科大学

アメリカのマサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ教授は8年かけて2003年に酵母菌からサーチュイン遺伝子という老化を遅らせる長寿遺伝子を発見しました。この長寿遺伝子のスイッチを入れるには摂取カロリーを少なくする必要があります。ショウジョウバエで30%、線虫で50%が寿命を延ばしました。

米国ウィスコンシン国立霊長類研究センター

アメリカウィスコンシン霊長類研究センターではアカゲザル76匹を、食事制限として30%カロリーカットしたグループとしないグループに分けて25年間観察しました。その結果は食事制限しないグループの疾患リスクは2.9倍、死亡リスクは3倍になりました。しかも食事制限したグループは毛並みも若い猿のように美しく艶やかでした。腹7分で長寿スイッチが入ったことになりますね。

このように万能感のあるサーチュイン遺伝子ですが、今でも多くの研究所で調べられていつ最中ですから、一概に食べないというやり方で、効果を発揮すると思い込んでしまうのは危険が伴います。どのようなやり方にもデメリットは存在することを忘れないでください。

一日一食ダイエットどころか不食者もいる!?

太陽の光で生きる人

@momoneko81mさんの投稿
16124207 1719514081692309 1779633786590330880 n

インドのプララド・ジャニ氏は、6歳時に水と食事を断ちました。以降ずっと不食を貫いている世界で最も有名な不食者です。プララド・ジャニ氏については世界の多くの研究機関で入院観察を行いました。風呂に入った時の水の使用量までもチェックして観察しましたが、どの研究機関でもプララド・ジャニ氏が水を飲んだ形跡を見つけることが出来ないでいます。ですから真偽のほどは今も不明です。

一日一回の青汁で生きる

日本でもほぼ不食に近い人々は存在しています。森美智代さんという女性は難病に打ち勝つために一日一杯の青汁だけで15年間以上生き続けています。そして不食を実践することで難病を克服しました。痩せるやり方としての一日一食ではなく、生き方としての不食という考え方のようです。

一日一食ダイエットの実践者:日本の著名人

芸能界でも実践者は多い

@traveler_risaさんの投稿
17438894 128428964356389 4296972839568801792 n

日本の芸能人や著名人にも一日一食の実践者はとても多いようです。名前を挙げてみましょう。森田一義・小倉重成・京本政樹・黒川紀章・タモリ・GAKUT等々。一日一食ではなくても定期的にプチダイエットでプチ不食を行っているのは、小倉優子・美川憲一・釈由美子など数多くいます。彼等はダイエットよりも、より活動的でエネルギッシュであるために不食を好んでいるようです。

一日一食ダイエット実践者:世界のビジネスパーソンたち

小食だと活動的になる

@shinyayogaさんの投稿
13392909 768330973302635 500478240 n

ごく少ししか食べないことで健康や意欲を維持しようとするビジネスパーソンたちは多いようです。オバマ大統領、ビル・ゲイツ、ウォーレンバフェットやマクロビオティックの実践者であるマドンナ、トム・クルーズ、ニコール・キッドマンなどなど、小食は今や一番お洒落なことなのかもしれませんね。

一日一食ダイエットのやり方:栄養はしっかりとる

栄養バランスを大切にする

一日一食ダイエットで大切なのは、栄養のバランスを考えて必要な栄養をしっかりと摂取する事です。一日に一回しか食事をしない訳ですから、その食事はとても大事です。特にミネラルやビタミン、食物繊維などの日ごろから摂取不足になりやすい栄養素はきちんととりましょう。そのためには一汁三菜などの定食形式にして、なるべく多くの種類の食品を食べるようにしましょう。30品目を目標にしてみましょう。

水分をしっかりとる

@prism.mamaさんの投稿
11330594 793446164107771 1696071322 n

どのような食事をとっても、その成分の多くを占めているのは実は水分です。一日一食ダイエットを行うと、食物から摂取していた水分を取れなくなってしまいます。ですから意識して水分を摂取するようにしてください。お水だと身体が冷えてしまう人は、お白湯を飲むといいですね。コツは喉の渇きを感じる前に少しずつこまめに水分を補給することです。

一日一食ダイエットのやり方:カロリー摂取量は考えて

ドカ食いはかえって太る

@masae_katanoさんの投稿
17438711 241126939685230 3624667680146980864 n

一日一食ダイエットのやり方で失敗しがちなのが、お腹が空きすぎてドカ食いをしてしまう事です。ドカ食いをすると、今まで三食食べて摂取していたカロリーよりも、ずっと多くカロリー摂取してしまいます。このようなやり方では、一日一食ダイエットは成功しません。総摂取カロリーにも気を配りましょう。食べ過ぎという一日一食ダイエットのデメリットの罠に陥らないことです。

ゆっくりと噛んで食べよう

@natural_diet_foodさんの投稿
17494722 1873617566250774 178590954985357312 n

一日一食ダイエットのやり方として、例えば大き目のワンプレーとに様々な料理を彩りよく並べて、見た目の満足感をだしてあげるとお代わりが出来ないので、ドカ食いを防ぐことが出来ます。食べる時にはゆっくりと食べるように心がけましょう。そのために食材を大き目に切っても良いでしょうね。噛むことで唾液の分泌も盛んになりますから虫歯予防の効果もあります。

一日一食ダイエットのやり方:徐々に身体をなじませる

朝は野菜ジュースや暖かいお茶を

@ichinometaraさんの投稿
16788783 184022148757066 1115887620816109568 n

朝から何も食べないと、慣れないうちは辛いでしょう。固形物は食べないとしても、朝はたっぷりの野菜ジュースや、温かくて甘めのお茶をたっぷりと飲むようにすると、空腹を紛らわすことが出来ます。最初から一日一食にこだわらずに、少しずつ身体を一日一食に慣らすようにしていきましょう。スープやジュースなどは空腹を補ってくれるはずです。

食事は夜に摂取するのが理想的です

@______a.2さんの投稿
17437527 1844253602508534 2604831990679076864 n

一日一食ダイエットでは痩せるというメリットとともに、集中力を増すというメリットもあります。そのためには食事は夜に食べるほうが効率的です。夜ならばバランスよくなるべく多くの食材が準備出来ますし、落ちついてゆっくり食事ができます。それに食事をしたら眠くなるというデメリットにも影響されずに済むからです。

生活習慣によっては昼や朝でも大丈夫

@shareessay.poiさんの投稿
15258903 1157809830999451 6948310280862433280 n

一日一食ダイエットのやり方は、食事を一日一食にすることなので、朝食、昼食、夕食のどこで食事をしてもかまいません。大抵の場合にはゆっくりと落ち着いて食事ができる夕食を食べることが多いでしょうし、そのように勧められています。しかしダイエットをこっそりと誰にも知られないように行いたい場合などは、昼食で、いつもよりも多くの種類のおかずを食べるように注意すれば、夕食を飲み物ですませても大丈夫です。

一日一食ダイエットのやり方:筋肉をつくる

運動を取り入れる

@riho___picさんの投稿
17494305 688361468003403 7830169317017649152 n

一日一食ダイエットでは、痩せるのが脂肪からだけではなく、筋肉も痩せるというデメリットがあります。断食ダイエットの特徴ともいえるでしょう。筋肉量が減ると基礎代謝が減り省エネ体質になります。これではかえってリバウンドしてしまうデメリットがあります。痩せる目的なのに太りやすくなっては困ります。ですから運動して筋肉量を増やしていきましょう。

絶対に無理してはダメ

@misachasu0209さんの投稿
17495115 1260044317376865 4576779264434634752 n

一日一食ダイエットでしっかりと運動もするということは、身体に大きな負荷をかけることです。ですから絶対に無理をしてはいけません。痩せることにこだわってしまうとデメリットが大きくなります。最初は本当に空腹になった時には食べるようにすると良いでしょう。それだけでも漫然と時間が来たら食べていたときよりも痩せるでしょう。

@meguiro31さんの投稿
17333835 282052665549730 1881374049934770176 n

一日一食ダイエットのデメリットを最小限にするために、ジュースなどにはこだわりましょう。出来れば新鮮な野菜や豆乳、ミルクなど栄養バランスの良いジュースを手作りすると良いでしょう。体力が不足していると感じた時や低血糖でふらつくような時に、栄養バランスのよいジュースを飲めば、便秘なども防げるでしょう。一日一食にこだわり過ぎて体調不良になっては痩せる意味がなくなります。

一日一食ダイエットの効果:痩せる

摂取カロリーが減る

@ys_naturalstyleさんの投稿
17494695 1117070065071403 2260237826694053888 n

一日一食ダイエットでは、食事の回数が減るわけですから、当然摂取カロリーも少なくなるはずです。それに今まで無意識に間食をしていた人なら、間食でのカロリーも減らすことができるわけです。つまり摂取カロリーが減った分だけ痩せるというわけです。一日一食ダイエットで痩せる理由は摂取カロリーにあります。

バランスよく食べる

@meccocafeさんの投稿
17494948 417638711938426 638207426943778816 n

一日一食ダイエットのやり方はバランスよく食べることです。太ってしまう人は栄養バランスが悪い場合が多いので、なるべく多くの種類の食べ物をバランスよく摂取する一日一食ダイエットによって、栄養バランスが整うので痩せる効果があります。野菜・海藻・豆類・肉・魚・卵・等々食べなければならない食材はたっぷりあります。

一日一食ダイエットの効果:長寿遺伝子のスイッチが入る

若返る

@utahi_3588さんの投稿
17494541 1659864540982418 1730651814883229696 n

一日一食ダイエットは痩せる目的で始めると思われるかもしれません。しかし近年長寿遺伝子があることがわかり、しかもそのスイッチは摂取カロリーを減らすことでしか起動しないことが判ってきました。この長寿遺伝子のスイッチが入ると、若々しく健康的になるので、痩せる効果よりも健康になる目的で一日一食ダイエットを始める人も増えてきました。

健康になる

@reimurakami812さんの投稿
17493853 838041786359911 8999778612110426112 n

もともと人間も動物ですから、飢餓には強いのですが飽食には対応していません。毎日たっぷりと食事をとっていると、余分な糖や脂肪が血管を傷つけて内臓にも負担をかけてしまいます。いわゆる成人病の原因になってしまいます。一日一食ダイエットでは余分な食物を体内に入れないので、成人病を予防してより健康になる効果があります。

@07ayaka06さんの投稿
17267513 283704962062398 8007165469041623040 n

一日一食ダイエットの効果:活動的になり意欲が上がる

活動的になる

@kinaco_aさんの投稿
17332952 1146329175494636 2657568360803336192 n

一日一食ダイエットの効果は、爽快で意欲的になることです。あまり食事を取らない細い人と、たっぷり食事をとる肥満気味の人では、あまり食べない人の方が活動量は多い傾向があります。食事をとると眠くなりますが、夕食まで食べないならずっと頭はクリアなままです。仕事をする人に一日一食の人が多いのもこのような効果を狙っているのでしょう。

昼間も頭がすっきりしている

@ryuji_1978さんの投稿
17596601 1314996715204391 6722427415211016192 n

食事をすると血流は胃などの消化器官に集まってしまい、その間脳の活動はおろそかになってしまいます。けれども夕食まで何も食べなければ、身体は消化のための活動をしなくてすみますから、どんどん脳をフルに動かすことができます。仕事の活動量の低下を嫌って夕食まで食べないという人もいます。昼食後に眠くて困ることもなくなりますよね。

@studiotukiさんの投稿
17437747 1280328338687937 3786111708347498496 n

一日一食ダイエットの効果:節約になる

時間の節約

@pon__051206さんの投稿
17437746 531995633637559 8750240015780413440 n

一日一食ダイエットでは、食事回数は一日一回ですみます。つまり今まで料理や食事に充てていた時間が節約できるのです。時々あまりにも忙しくて食事が面倒だと思う人にはうってつけですね。大体食事の支度と食事で一時間は使うでしょうから、なんと一日二時間もの時間が自由に使えるようになります。朝に運動したり、昼食時間を勉強に充てることもできます。

食費の節約

@yuyurobiさんの投稿
17438005 1131496896977064 7327009057863106560 n

一日一食ダイエットでは、食事回数が減るので勿論食費も少なくなります。それにもしも普段おやつやお茶の時間を頻繁にとっているような人なら、きっともっと食費が減ります。自炊する方が栄養にバランスが良い食事がとりやすでしょうから、外食の回数も減ると思われます。そうなると食費がへりますから、その分を貯金に回せますよ。

一日一食ダイエットの効果:精神的に落ち着く

メンタル面でもメリットあり

@shareessay.poiさんの投稿
16583264 657913201047230 957830071249272832 n

一日一食ダイエットは、プチ断食といえます。断食は精神性を深めるための修行方法でもあります。ですから一日一食ダイエットの効果として、精神が落ち着いてきたと感じる人々もいます。痩せる効果だけでなく心が落ち着くという効果があるなら、とても素敵ですね。精神面が落ち着くと状況判断も正確になりますし、深く考えることもできます。

@j_u_n_11さんの投稿
11326643 644291769005700 1164437516 n

一日一食ダイエットのデメリット:身体に負担がかかる

断食である

@motty2530さんの投稿
11417366 839752262768641 1698281304 n

一日一食ダイエットは、あくまでも断食をしていることと同じです。断食は通常きちんとしたサポートがある状態で、減食・断食・復食の工程を経て行われます。例えプチ断食だとしても断食は毎日行う者ではありません。それは身体に負荷をかけるからです。一日一食ダイエットのデメリットは健康を損なうおそれがあることです。ですから少しずつ無理せずにダイエットに取り組みましょう。

一日一食ダイエットのデメリット:リバウンドしやすい

食べないダイエットはリバウンドしやすい

@shinyayogaさんの投稿
13658634 248792362173289 1876015407 n

ダイエットの基本として、食べないダイエットではリバウンドしやすいと言われています。食べないことで飢餓を覚えて、ドカ食いしやすくなります。一日一食ダイエットで効果を感じている人は、習慣になるほど続けているようです。無理をしないで週に1回だけのプチ断食にしている人もいるようですね。毎日ではなく週に1回から始めるのでもよいでしょう。

@emyu_woodsさんの投稿
13722138 1827123784172852 143229396 n

一日一食ダイエットのデメリットは、身体が飢餓状態に陥ることです。飢餓状態になると、本能が元の脂肪を取り戻そうとして食欲が増え、体重も前よりも増えてしまうようです。リバウンドしないコツ一日一食ダイエットのやり方をよく学んで、無理をしないことにあるようです。一日一食ダイエットをはじめたら注意深く自分の体調に気を配りましょう。

@j_u_n_11さんの投稿
14350927 1178428152231058 4026230389130395648 n

一日一食ダイエットのデメリット:筋肉や体力が衰える

運動しないダイエットは筋肉が衰える

@mike2catさんの投稿
17587465 854904121323314 4756780978737774592 n

一日一食ダイエットのデメリットとして脂肪だけでなく筋肉まで少なくなってしまう点が挙げられます。なにしろ摂取カロリーが減るのですから身体はなんとかして自分を守ろうとします。そこでせっせと筋肉を消費してしまいます。筋肉量が落ちると基礎代謝も落ちてしまいますから、かえって太りやすい体質になります。運動は常に大切なのですね。

断食は体力を低下させる

@shareessay.poiさんの投稿
16585436 1479087998781893 7055783621172396032 n

一日一食ダイエットのデメリットとして、体力の低下があります。摂取カロリーが減るので、体内にある脂肪や筋肉を消費したり、長く続ければ摂取カロリーが減っても活動できる省エネ体質になっていきます。精神的には活力を感じるかもしれませんが、体力は低下していることに注意しなくてはなりません。疲れたり気分が悪くなったら、消化が良くすぐにエネルギーになるバナナなどを少量食べてもいいでしょう。

@poterunchiiiiさんの投稿
17439153 1882306445360843 5838075584332169216 n

一日一食ダイエットの間食を考えよう

我慢しすぎはストレスに

@shareessay.poiさんの投稿
16789879 174841269680270 4911822413290799104 n

本来の一日一食ダイエットには間食はありません。プチ断食ですからそれは当然のことです。けれども痩せるためのダイエットは、長い間甘いおやつも間食も出来ないのでそれがストレスになることもあります。ですからそのストレスを上手に逃がしてあげる間食方法を考えないといけません。

週に1度~月に1度へ

@r_skynoonさんの投稿
17494082 636796033185926 2565296627740835840 n

今まで間食が楽しみだった人にとっては一日一食ダイエットには慣れても間食なしには我慢できないかもしれません。我慢できなくてドカ食いにはしるぐらいなら、間食開放日を設けてしまってもよいでしょう。最初は週1回から始めて、段々と月に1回位に減らしていきます。間食しなくても大丈夫なら無理に間食する必要はありません。

@papurika_veganさんの投稿
17494178 1211106749007476 4634949369483755520 n

間食だからといって何でも食べてよい訳ではありません。消化がよいもの、果物などミネラルやビタミンが豊富なもの、腹持ちのよいサツマイモを蒸かしたものや豆を少しの甘味で煮たものなど、ダイエット中であることを考えたおやつを選びましょう。ケーキなどは論外ですよ。

一日一食ダイエットは無理をしてはいけません

@shareessay.poiさんの投稿
17494126 202648466889203 7076659288239767552 n

一日一食ダイエットを励行している人は結構いるようです。著名人に多いのでやってみたくなるかもしれません。しかし一日一食ダイエットは省エネ体質になる事ですから、始めたら一生その食生活を続けるつもりでないとリバウンドや体調不良に悩まされることになるでしょう。ダイエットというよりも生活習慣や意識を変えるものですから、無理をしないことが大切です。健康的に痩せるようにしましょう。

もっとダイエットのことを知りたいアナタに

さつまいもはダイエットに不向き?太るとの噂と成功する食べ方を紹介 | Pinky[ピンキ-]
大根ダイエットって?生大根・スティック大根など痩せた方法を徹底調査! | Pinky[ピンキ-]
アサイージュースでダイエットの成功?口コミやおすすめレシピを紹介 | Pinky[ピンキ-]
ジョギングは毎日やらない方がいい?適切なペースや筋肉のつけ方まとめ | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ