ワキガの特徴をチェック!見た目で判断できる?独特のにおいの原因は?

ワキガの特徴は、見た目やワキガ特有のにおいが特徴でもあり幾つかのポイントを絞り、セルフチェックもできるようです。においに気づかないままワキガが進行してしまうケースも稀にあるため要注意です。メンタルからもくるといわれるワキガの特徴も合わせてみていきましょう。

ワキガの特徴をチェック!見た目で判断できる?独特のにおいの原因は?

目次

  1. ワキガの特徴は見た目やにおいでわかる?
  2. ワキガはアポクリン腺が原因
  3. ワキガの特徴は耳あかの見た目でもわかる?
  4. 画像にも多いシャツの脇下に色付きのシミができるのもワキガの特徴
  5. 家族がワキガの場合は遺伝の可能性もある
  6. 脇毛が濃くて白い粉がつくのもワキガの特徴
  7. ワキガのにおいの特徴には個人差で強度がちがう
  8. ワキガであることに気づかないケースもある?
  9. ワキガの特徴にはメンタル面も深い関係がある?
  10. ワキガの特徴を知りセルフチェックもしながらケア

ワキガの特徴は見た目やにおいでわかる?

ワキガの特徴は見た目やにおいからわかり、セルフチェックも簡単にできるといわれています。ワキガの特徴でもある特有のにおいは、職場や学校でも気になってしまい内向的になってしまうケースもあるようです。

インターネットなどでもワキの下の画像などワキガ対策としても色々投稿されているようです。ワキガの特徴のひとつでもある色がついたワキ染みなども大きな特徴のひとつといわれています。

ワキガはアポクリン腺が原因

ワキガの特徴を知る前に、ワキガはどうしてなるのかも知っておきましょう。ワキガは、アポクリン腺が原因でなるといわれています。このアポクリン腺というのは、脂質やタンパク質が含まれている汗を出す汗腺のことで、ワキガ特有のアノにおいが特徴のようです。

アポクリン腺が働きはじめるのは、思春期の頃といわれており、その時期にワキガになりやすい特徴があるといわれています。大人になるにつれ、ワキガのにおいも弱くなるケースもあれば、思春期の敏感な時期にワキガに気づいたかたはデオドラントで収まるケースも多いといわれています。ワキガのにおいが軽いうちに対処しておくのも後に楽になるようです。

現代の食生活にもワキガの特徴は関係している?

ワキガの原因として、ジャンクフードや動物性タンパク質を昔に比べて多く摂る時代が原因ともいわれています。毎日、脂っこい揚げ物や魚よりも肉をよく食べるというかたの特徴にも、ワキガの傾向があるといわれています。果物や野菜、魚介類を中心とした食生活を心がけワキガ対策のためにも意識していく必要があるようです。

ワキガの特徴は耳あかの見た目でもわかる?

ワキガの特徴というと、脇の下の見た目ばかりを気にしてしまうかたが殆どのようです。でも、ワキガの特徴には、耳あかの見た目にも関係しているようです。普段皆さんは、耳あか掃除をどのくらいしているのでしょう?週一度くらいが多いようですが、今までと耳あかの感触がちがうと感じ、ワキガの特徴である耳あかの見た目に匹敵するかもと心配なかたは要注意かもしれません。

普通正常な状態の耳あかは、乾燥している印象です。でも、ワキガの特徴として、べとついた耳あかで見た目の色も黄色っぽいようなブラウンがかったような色をしている場合は危険信号かもしれません。

特徴を見つけ病院でワキガの診察をする場合にも、耳あかのチェックをするともいわれており重要なワキガの特徴のひとつとなっているようです。ただ、必ずしも耳あかの状態だけでは100%ワキガと判断はできないのも事実といわれています。

画像にも多いシャツの脇下に色付きのシミができるのもワキガの特徴

汗をかきやすい季節になると、シャツの脇下の汗ジミが気になるかたも増えてきます。このような特徴ある画像も結構多いですよね。画像をみるだけでも、実際は違うのにワキガのにおいがプーンと漂ってくるような印象を受ける方も少なくないようです。電車のなかでも、手すりにつかまっているだけで、画像のような印象を持たれているのか不安という方も少なくないといわれています。

シャツの脇下に汗ジミができたとして、透明だったら特に問題はないようですが、色がついている場合はワキガの特徴としてみられるようです。アポクリン腺から出てくる汗は、先ほどもご紹介したように黄色やブラウンがかった見た目の色があるためわかりやすいです。

最近では、汗脇パットなども販売されていますが脇汗の状態がわからない場合は、素の状態でチェックしてみたほうがいいかもしれません。自分で画像を撮って密かにチェックするのもひとつの手段といえるでしょう。

1つ気をつけたいのは、制汗デオドラントを使用してデオドラントのせいでシャツの脇下に色がついているようなシミになってしまうケースです。この場合は、汗ではなくデオドラントでシミになっている可能性が高いため、デオドラントをつけずにワキガのチェックをするのが良いでしょう。

家族がワキガの場合は遺伝の可能性もある

ワキガの特徴として多いのが遺伝です。ワキガの原因といわれているアポクリン腺がどれだけあるか、数値なども遺伝によって決まってくるといわれています。家族から先にワキガだから、将来ワキガになるかもと警告されているのであれば、それは有難いと思い早めに対策を練ったほうがいいかもしれません。

だからといって、家族がワキガだから子供さんもワキガになってしまうとは限らないようです。少しにおいが気になって、もしかして家族にワキガがいるのかもと思い切って確認するのも早いワキガの特徴といわれる遺伝対策に取り掛かれるでしょう。

脇毛が濃くて白い粉がつくのもワキガの特徴

ワキガの特徴のひとつに、脇毛のタイプも挙げられています。女性の場合は、脇毛が濃いタイプで、男性の場合は、ふんわりした柔らかいタイプにわかれているといいます。ワキガの女性の脇毛の特徴として、ひとつの毛穴から何本も脇毛が生えていたり、太くて頑丈な毛だったりするのも特徴といわれています。

あと、アポクリン腺からでた汗が脇毛にくっつき、それが結晶となると白い粉のようになるのも特徴のようです。そのため、脇毛に白い粉がついていると気づいたらワキガかもしれません。アポクリン腺からでた汗の結晶のため、その白い粉はにおいもワキガ特有のにおいがするといわれているのも特徴です。

ただの汗が乾いただけかと見逃してしまいがちのケースもあるため注意しながら脇をチェックしてワキガの特徴を突き止めていきましょう。

Thumbワキガってどんなにおい?セルフチェックの方法から対策までまとめ!

ワキガのにおいの特徴には個人差で強度がちがう

ワキガのにおいの特徴には個人差もあるようで、一度嗅いだら忘れられないワキガのにおいが強いかたもいれば、あまり気づかない弱めのにおいのかたもいらっしゃるようで、それぞれ特徴があるようです。ワキガのにおいが弱めなら、デオドラントや食生活でにおいを抑えられますが、強い場合は病院などで治療も必要の場合もあるといわれています。

ワキガ独自のにおいの特徴について

ワキガ独自のにおいの特徴といえば、よく挙げられるのが玉ねぎや雑巾のにおい、硫黄に近い特徴のある鼻につくにおいが挙げられます。なかにはスパイス系のにおいがするというかたもいらっしゃるようです。

ワキガのにおいと普通の汗のにおいの見分け方

ワキガのにおいの特徴と普通の汗のにおいの見分け方についてもみていきましょう。ワキガの汗は、アポクリン腺からでるのはもうお分かりでしょうが、普通の汗はどこから出てくるのでしょうか。

普通の汗は、エクリン腺という汗腺からでてきて、ほぼ水分で占められているのが特徴といわれています。それに比べて、アポクリン腺からでる汗は、先ほどもご紹介したように脂質やタンパク質を多く含み、アンモニアや糖質なども含まれていて汗から菌に分解されていく過程で、ワキガのにおいが発生するといわれています。

ワキガであることに気づかないケースもある?

ワキガであることに気づかないケースもあるといわれていて、それはワキガのにおいの強度も関係しているといわれています。

ワキガのにおいの強度が弱い場合

ワキガの特徴として、においの強度も人によって変わってくるといわれています。アポクリン腺の量にも関係してくるようで、これが多ければ多いほどにおいはそれだけ強くなるともいわれています。

ワキガのにおいの強度が弱めのかたは、そのにおいが今後強度を増さないためにも食生活に気をつけ、カラダをきれいに衛生面の管理も日々行っていくことが大切です。食生活は、なるべく動物性タンパク質を避けるようにして、脂っこいものなどより、野菜や魚介類を摂ることを意識するといいそうです。

嗅覚に問題があるかたは専門医に診察してもらうのがベスト

嗅覚に問題があるかたや、ワキガのにおいに慣れてしまって、においの強度がわからないというかたは専門医に診察してもらうのがベストといわれています。

信頼できる友人や家族に、においのことで尋ねてみて確認するのも手段のひとつといわれています。ただ、いくら信頼できる友人だからといっても、やはりワキガのこととなると自分だけではなく相手も気まずくなることが多いため専門医に診てもらうのが安心のようです。

ワキガの特徴にはメンタル面も深い関係がある?

ワキガの特徴にはメンタル面も深い関係があるといわれています。幼少の頃に、においのことで何か指摘された経験があったりすると、自分は臭っているのではないかという意識が定着してしまうことも少なくないようです。

そのため、そこまで臭っていないのにワキガなのではと過剰な心配をしてしまい神経質になってしまうケースがあるようです。あまりにも心配な場合は、皮膚科や専門医にワキガかどうか診断してもらうといいでしょう。

ワキガの特徴を知りセルフチェックもしながらケア

ワキガの特徴を知ることで、あらためて自分はワキガなのか違うのかセルフチェックもできます。ワキガの特徴に当てはまってしまったら、専門医の診察を受けたり、食生活を変えたりすることも大切です。

SNSなどでも脇下の汗ジミなどの画像をみると、自分もワキガの傾向あるか気になってしまうかたも多いためセルフチェックをすることでワキガ対策にも備えられるでしょう。是非、この機会にワキガの特徴をみてセルフチェックをしてみてはいかがでしょう。

もっとワキガの特徴の情報を知りたいアナタへ

Thumbワキガの原因を調査!タバコや食事、ストレスとの関係性は?
Thumbマギーの脇に注目!ワキガの手術痕がある?愛用脱毛石鹸もご紹介!
Thumb実はワキガの芸能人一覧!あのジャニーズも?手術跡にも注目!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-15 時点

新着一覧