シアバターの効果・効能は?ニキビにもいい?おすすめの使い方まとめ

色々な美容アイテムが出ている中、裏に表示されている配合成分などを見ると今回、ピックアップするシアバターという名前をよく見かけませんか?保湿成分として多くの方に認識されているシアバターは、保湿だけでなく、その他にも嬉しい効果がたくさんありました。チェック必須です。

シアバターの効果・効能は?ニキビにもいい?おすすめの使い方まとめ

目次

  1. 知らなかった!シアバターの豊富すぎる魅力を大特集します!
  2. シアバターを知ることから始めよう!
  3. シアバターに種類はあるの?
  4. スキンケアに活用した!シアバターの特徴
  5. 顔・髪・全てにオールマイティなシアバターの内容成分
  6. 使う前に知りたい!シアバターの効果効能【顔編】
  7. 使う前に知りたい!シアバターの効果効能【髪編】
  8. スキンケアをさらに効果アップ!シアバターの使い方のポイント
  9. 顔・髪のケアで活かしたい!シアバターの使い方【スキンケア編】
  10. 驚き!シアバターはニキビのスキンケアにも大活躍!?
  11. 実践したい!ニキビ肌さんのシアバターの使い方
  12. 顔・髪のケアで活かしたい!シアバターの使い方【ヘアー編】
  13. スペシャルケアに使いたい!シアバターの使い方
  14. スキンケア以外にも使いたい!シアバターでボディケア
  15. 顔・髪どこにでも使えるおすすめのシアバター
  16. 顔・髪どこでも使えるおすすめのシアバターアイテム【リップ編】
  17. 顔・髪どこでも使えるおすすめのシアバターアイテム【ボディケア編】
  18. 顔・髪どこでも使えるおすすめのシアバターアイテム【ハンドケア編】
  19. シアバタークリームを手作りしてみよう!
  20. シアバターが持つ保湿の恵みで頭から足の先まで乾燥知らずのプル肌Get!

知らなかった!シアバターの豊富すぎる魅力を大特集します!

シアバターは、白くてバターのようなテクスチャーとしっとりとした質感が特徴のスキンケアアイテムに配合されているものです。そんなシアバターは、顔のケアでの保湿のイメージが強いですが、それだけではありません。シアバターが密かに持っている効果、効能や使い方、ケアアイテムまでドドーンとご紹介します。

シアバターを知ることから始めよう!

まずは、シアバターのことを詳しく見ていくことにしましょう。シアバターが一体どうやって採られているのかについてのお話ししていきます。

シアバターは…【保湿の王様】

皆さんもよく耳にするこのシアバターは、アフリカに生息しているシアの木の実から油脂だけを抽出した天然の油脂です。その保湿力の高さから、「保湿の王様」という呼び名がつけられており、スキンケアだけでなく、食料や火傷、紫外線から肌を守る目的としても重宝されていました。

シアバターの源であるシアの木とは?

シアバターの源となっているシアの木が生息するのは、乾燥した大地と太陽が強く照りつける場所です。そんな地域でシアの木は、育っています。シアバターが抽出されるのは、シアの種子の部分からで実の部分は、食用として使われています。

シアバターに種類はあるの?

シアバターには、精製されたシアバターと未精製のシアバターが存在します。その違いについて少しご紹介していきましょう。

シアバターの種類①【精製したシアバター】

製品には、精製されたものと未精製のものがあります。精製したシアバターは、さらに良いものにするため、手を加えて作られたアイテムを指します。精製されることによって不純物が取り除かれて品質が安定しやすくなったり、匂いや刺激が少なくなると言われています。

シアバターの種類②【未精製のシアバター】

逆に、未精製のシアバターは、全く手を加えずにシアバターそのものの香りや栄養成分、色もそのままのものを指します。成分だけでなく、不純物も含んでいるので肌質によっては、刺激が強い場合があります。シアバターを初めて使う方は、精製されたシアバターを使うことがおすすめです。

スキンケアに活用した!シアバターの特徴

次にご紹介するのは、シアバターの特徴です。シアバターは、効果効能の特徴のみならず、その独特のテクスチャーにも特徴がありました。

特徴①【固形のテクスチャー】

シアバターは、何故バターというのでしょうか?ホホバオイルやアルガンオイル、スクワランオイルなどオイルと言われているものは液体のことが多いですが、シアバターは、バターと呼ばれるだけあって「固形」になっています。常温で固形化するところもシアバターの特徴の1つです。

特徴②【酸化に強い】

シアバターは、酸化にとても強いところも特徴です。そのポイントは、シアバターの中に含まれている天然のビタミンEとされるトコフェロールです。トコフェロールには、酸化防止効果があると言われているため、シアバターの酸化の強さの象徴と言えます。

顔・髪・全てにオールマイティなシアバターの内容成分

次は、シアバターの中に含まれている成分についてご紹介します。白いバターのようなテクスチャーの中には、私たちのお肌に必要な成分がたっぷり含まれています。

栄養素①|オレイン酸

まず1つめにご紹介するのは、オレイン酸です。シアバターが含んでいるオレイン酸は、全体の40%を占めています。これは、私たちが皮脂の中に含んでいるオレイン酸の比率と似た比率になっています。オレイン酸の効果は肌の柔らかさや弾力を出したり、アンチエイジング効果などがあります。

栄養素②|ステアリン酸

先ほどご紹介したオレイン酸の次に多く含まれている成分がステアリン酸です。シアバターには、ステアリン酸が約30%ほど含まれています。このステアリン酸には、保湿効果や抗酸化作用などお肌に嬉しい効果効能がたくさんあります。

栄養素③|トコフェロール

シアバターに含まれている天然のビタミンEであるトコフェロールは、水に溶けずアルコールやオイルによく溶ける性質を持っています。肌荒れの原因になる過酸化脂質の発生を防ぎ、皮膚の角化を促進する働きがあります。

使う前に知りたい!シアバターの効果効能【顔編】

ここまで、シアバターの特徴や成分についてのお話をしてきましたが、いよいよシアバターの効果効能へ入っていきたいと思います。シアバターには、スキンケアとしての顔への効果効能と、ヘアケアとしての髪への効果効能があります。まずは、顔への効果効能からお届けします。

効果効能①|高い保湿効果

シアバターの代表的な顔のスキンケア効果といえば、「保湿効果」です。シアバターの成分の中に、含まれているオレイン酸が保湿効果の鍵を握っています。この保湿の効果効能が高いことにより色んな化粧品にも、保湿成分として配合されています。

効果効能②|アンチエイジング効果

シアバターには、保湿効果の他にアンチエイジング効果があります。その効果効能のポイントとなるのが、ビタミンEの抗酸化効果にあります。私たちのお肌を老化させてしまう原因は、活性酸素にあります。その活性酸素を中和して老化を防止してくれる効果効能がビタミンEにはあります。

効果効能③|肌荒れ改善の効果

シアバターに含まれている「アラントイン」という成分には、肌荒れを改善してくれる効能があります。その秘密は、アラントインが持っている抗炎症効果です。古い角質を取り除き、細胞を増やしてくれることで肌荒れを改善へと導いてくれます。この成分は、刺激が弱く、敏感肌の方でも安心して使える成分です。

使う前に知りたい!シアバターの効果効能【髪編】

続いては、シアバターの効果効能の髪編です。シアバターは、顔だけでなく、髪にも嬉しくなるような効果効能があります。それを2つご紹介していきます。

効果効能①|髪の保湿効果

顔と同様、髪への保湿効果も期待出来ます。髪の毛は、紫外線や外気の影響を受けて乾燥したり、ダメージを受けたりします。そんな乾燥から髪の毛を守ってくれるのがシアバターの保湿成分です。

効果効能②|毛穴の皮脂を浮かべ上がらせる効果

シアバターは、髪の毛だけでなく、髪を育むために大切な頭皮にも良い影響を与えてくれます。このシアバターは、お肌にとても馴染みやすく、乾燥している頭皮には、潤いを与えてくれて、皮脂が多くつまりやすい毛穴の汚れを取り除き、頭皮の健康を保ってくれる効果が期待出来ます。

スキンケアをさらに効果アップ!シアバターの使い方のポイント

ここでは、シアバターをスキンケアに活かすための使い方のコツをご紹介します。これを実行するだけでシアバターを使ったスキンケアがさらに楽しくなります。

ポイント①【溶かしてから使おう】

シアバターは、先ほどもお話ししたように白い固形のテクスチャーをしています。それがスキンケアの中でしっかりとした保湿を発揮してくれるのですが、そのままだと少し使いづらく感じることもあると思います。顔や髪に使う時は、手の平に出して手の体温で一度溶かしてからスキンケアに使用するようにしましょう。

ポイント②【シアバター100%の製品を選ぼう!】

シアバターを使用したことでのトラブルは、限りなく少ないそうです。しかし、敏感肌の方がスキンケアでシアバターを使用する時、保存料などを配合しているシアバターを使うと肌トラブルに繋がる可能性があります。そのため、シアバターを選ぶ時は、100%シアバターのものを選ぶようにしましょう。

顔・髪のケアで活かしたい!シアバターの使い方【スキンケア編】

続いては、顔や髪をケアする時に是非活かしたいシアバターの効果を存分に活かした使い方をご紹介していきます。その使い方の豊富さから、顔と髪に分けてお届けします。

シアバター基本の使い方

シアバターは、基本的にスキンケアの時には、フェイスクリームとして活用することが多いです。その使い方は、洗顔後の水分をしっかり拭き取ったお肌に化粧水をたっぷり含ませて、保水をします。その後、少量のシアバターを手に取り、顔全体に伸ばしていきましょう。少量でも顔の上でしっかり溶けて馴染んでくれます。

オイリー肌へのシアバターの使い方

オイリー肌さんの特徴は、顔全体の皮脂量が多く、テカリが気になるところです。そんなオイリー肌さんは、お顔に塗る植物オイルの成分が逆効果になることがあります。オイリー肌さんが、シアバターの使い方は、化粧水の後、少量のシアバターを顔全体に伸ばして、濡らしたコットンやタオルで優しく拭き取ることをおすすめします。

驚き!シアバターはニキビのスキンケアにも大活躍!?

シアバターは、ニキビ肌さんのスキンケアにも活用出来る植物オイルです。まずは、シアバターのおすすめの使い方をご紹介する前にニキビ肌とはどういうことなのかやその原因をお届けします。

ニキビとは?

ニキビは、お顔に出来る黄色や白色、赤色、黒色などのさまざまな種類がある肌トラブルの1つです。顔に出来ると気になって潰したくなって、潰してしまったり、痛くなったり痒くなることもあります。

ニキビの原因は?

ニキビが出来る仕組みは、お肌のターンオーバーの乱れから毛穴の入口が狭まって皮脂が詰まりやすくなります。そこへ、皮脂が詰まることにより、そこからニキビが出来ます。さらに、アクネ菌が繁殖して悪化することもあります。そんなニキビが炎症、悪化するとニキビの度合いによっては、ニキビ跡として残ることがあります。

実践したい!ニキビ肌さんのシアバターの使い方

ニキビの原因やしくみをお話ししたところで、早速ニキビ肌さんに向けたシアバターの使い方をご紹介してきましょう。

シアバターを使う前の注意点

ニキビには、シアバターが効くニキビと効かないニキビがあります。効くニキビは、赤ニキビやニキビ跡です。さらに、シアバターをスキンケアで使う時も、脂性肌や皮脂が原因で出来る思春期のニキビには使用することを控えましょう。

シアバターの使い方

ニキビ肌さんがシアバターをつける時は、朝と夜のスキンケアの時に化粧水をつけた後、シアバターを保湿クリーム代わりにつけるようにしましょう。つける時は、少しの量を手に取り、手の温度で溶かしてからつけます。つけすぎるとベタついたり、逆効果になる恐れがあるので注意しましょう。

顔・髪のケアで活かしたい!シアバターの使い方【ヘアー編】

スキンケアとニキビ肌さんへのシアバターの使い方をご紹介してきましたが、次は、髪へのシアバターの使い方をお届けします。シアバターは、髪の保湿やケアにもおすすめのアイテムです。

使い方①|洗い流さないトリートメント代わり

手の平に少量のシアバターを出し、手の中で温めて溶かしたら、毛先を中心につけていきましょう。その後、ドライヤーで乾かせば、髪の毛の水分をまもりながらウルウルヘアに仕上げてくれます。

使い方②|スカルプケア&ヘアトリートメントをする

シャンプーをする前に、シアバターを手の平に適量取り、手の温度で溶かしたら頭皮と髪につけて、頭皮は、指を立てて軽くマッサージしてあげましょう。蒸しタオルを頭全体に巻いてたら20〜30分程置いてからいつものシャンプーを始めていきましょう。

使い方③|しっとりシャンプーに早変わり

いつものシャンプーにシアバターを混ぜて髪の毛を洗う方法です。まず、シアバターを適量容器に移して、湯煎で溶かしておきます。髪の毛を洗う前に、シャンプーを手の平に出し、そこへ先ほど溶かしたシアバターを入れて髪を洗ってきましょう。髪が乾燥している方やダメージの気になる方におすすめです。

スペシャルケアに使いたい!シアバターの使い方

次は、毎日のスキンケアだけでなく、デート前、イベント前のスペシャルケアにも使いたくなるシアバターの集中ケアでの使い方をご紹介します。

使い方①|スペシャルリップケア

用意するものは、シアバターとラップのみです。まず、手の平に適量のシアバターを出し、手の中の温度で溶かして、唇にたっぷり塗ったらラップを貼って5〜10分ほど放置しましょう。時間が来たらラップをとって、唇のシアバターを軽く拭き取ったらスペシャルリップケアは完了です。

使い方②|目の周りのスペシャルケア

化粧水や保湿クリームなどのスキンケアを施した後、少量を手に取り、目の周りに優しく塗り込んでいきます。目の周りは、デリケートで刺激に弱いところがあるので、しっかり保湿ケアしていきましょう。

スキンケア以外にも使いたい!シアバターでボディケア

シアバターはとても万能で、スキンケアだけでなく、ボディケアにも使う事が出来ます。その使い方をご紹介していきましょう。

使い方①|ピンポイントの保湿

シアバターは、ボディクリーム代わりに使うことが出来ます。肘やかかとは、ボディクリームを塗っても服や靴の刺激や摩擦を受けて乾燥しやすい箇所になります。お風呂上がりにボディクリームを塗った後に、肘やかかとにシアバターを塗ってしっかり保湿してあげましょう。プラス、靴下などを履いてあげるとさらに柔らかくしてくれるのでおすすめです。

使い方②|ハンドクリームとして使う

シアバターは、そのままハンドクリームとしても使えます。少量を手に出して、温めながら手の上で伸ばせば一気に潤って、しっとり感も長続きします。肌馴染みの良い成分で構成されているのでお肌ケアにおすすめです。

使い方③|ネイルケアとして使う

シアバターは、ハンドケアのみならずネイルケアにも活用することが出来ます。普段、ハンドケアをするのと同時に、ネイルケアもセットにしてあげるとGOODです。シアバターを爪周りに塗り込んだら爪の根元や側面を軽く押してマッサージしながらネイルケアをしてあげましょう。

顔・髪どこにでも使えるおすすめのシアバター

具体的なシアバターの使い方をご紹介してきましたが、ここからはおすすめのシアバターのアイテムをお届けします。是非参考にしてみて下さい。

おすすめ①|【ロクシタン】シアバター10ml/150ml

長い間、ロクシタンで愛されているシアバターです。全身に使えるシアバター100%の天然クリームでしっとりしたお肌に仕上げてくれます。乾燥が気になる方や敏感肌の方の乾燥ケアに最適なアイテムです。

おすすめ②|【ママバター】フェイス&ボディクリーム

100%ピュアな天然由来の保湿成分たっぷりのシアバターです。身体や顔、髪などの乾燥が気になる部分に塗ってあげると柔らかく保湿されて、しっかりお肌に浸透してくれます。

おすすめ③|【インスティテュートカリテ】100%ピュアシアバター

インスティテュートカリテは、「シアバターの研究所」という意味を持っている通り、シアバターに特化したスキンケアアイテムがたくさん出ています。少し固めなですが、100%の恵みのピュアシアバターは、栄養や保湿力もたっぷり含んでいるテクスチャーで、肌の弾力をもたらしてくれます。

顔・髪どこでも使えるおすすめのシアバターアイテム【リップ編】

次にご紹介するシアバターを使ったアイテムは、リップケアアイテムです。リップケアアイテムの中にも、保湿成分としてシアバターを配合していたり、シアバターを使ったリップクリームやリップバームもたくさん出ています。

おすすめ①|【ヴェレダ】リップクリーム

バニラとバラの香りが漂うリップクリームです。シアバターはもちろん、ホホバ種子オイルやミツロウなどの成分を配合し、保湿力がさらに高くなっているアイテムです。塗った時に、唇の上でスーッと馴染むところも特徴です。

おすすめ②|【生活の木】シアバターリップバーム

肌に潤いを与えるためのシアバターを25%配合していて、ローズヒップオイルやヒマシ油などの植物オイルをたっぷり3種類配合されています。唇を紫外線や外的刺激からも保護してくれるのもこのリップバームの役割です。

顔・髪どこでも使えるおすすめのシアバターアイテム【ボディケア編】

どこにでも万能に使えるシアバターは、ボディケアアイテムにもなっています。ここでは、シアバターを配合して作られたボディケアアイテムをたっぷりご紹介します。

おすすめ①|【ボディショップ】ボディバターシア

たくさんの香りやテクスチャー、肌質によって選べるボディケアアイテムが選べるボディショップのボディバターは、甘い香りと濃厚で肌馴染みのいいテクスチャーのボディバターです。シアバター、ココアバターなどの原料が乾燥してしまうお肌に深く浸透し、弾力のある柔らかい肌へと導きます。

おすすめ②|【サボン】ボディバターシリーズ

サボンのボディバターには、シアバター、ココアバターなどの潤い成分がたっぷり含まれています。乾燥するとお肌は、固くなり、手触りがガサガサして悪くなってしまいます。そんなお肌に潤いを与えてくれるのが、このシアバターを配合したサボンのボディバターです。5種類の中から自分の好きな香りのアイテムを選べます。

おすすめ③|【ソープトピア】シアバターシリーズ

ソープトピアの目的によって選べるシアバターのシリーズをご紹介します。ベーシックタイプや花粉症ケア、風邪予防のタイプなど5種類から自分のお気に入りのシアバターが選べます。ボディケアのみならず、ヘアワックスとしても使えるほど万能アイテムです。

顔・髪どこでも使えるおすすめのシアバターアイテム【ハンドケア編】

シアバターのアイテムを最後に飾ってくれるのは、カバンの中に、必ず1つは入っているハンドクリーム編です。手は、一番良く見られる部分なのでケアは欠かせない部分ではありますが、忘れてしまいがちになるのも現状です。そんなハンドケアにぴったりのシアバターのハンドクリームをご紹介します。

おすすめ①|【ロクシタン】シアハンドクリーム

3秒に1本は売れていると言われているほど人気のロクシタンのし亜ハンドクリームは、天然の保湿成分としてシアバターを20%配合しています。伸びのいいクリームが肌の奥に浸透して、肌を柔らかくしてくれます。

おすすめ②|【テラクオーレ】

パッケージデザインがシンプルで、ギフトにもぴったりのテラクオーレのハンドクリームです。シアバターとミツロウなどの保湿成分を配合し、手の平から指の先までしっかり潤いケアが出来ます。ラベンダーの香りがリラックス効果をもたらしてくれます。

おすすめ③|【M mark】シア脂のハンドクリーム

有機栽培で無農薬のシアバターを使って作られています。一緒に配合されているグリセリンがしっとりとした潤い感と弾力を実現してくれます。べたつきにくい使い心地も魅力の1つです。

シアバタークリームを手作りしてみよう!

シアバタークリームは、お家で作ることが出来ます。材料を揃えればいつでも好きな量だけのシアバタークリームが作れます。その作り方をご紹介していきたいと思います。

準備するもの

精製シアバター10g、みつろう4g(大さじ2)、植物オイル15ml(小さじ1)、精油5〜8滴、耐熱ビン、フライパンと湯煎用のお湯も準備しておきましょう。

作り方

耐熱ビンにシアバター、みつろう、植物オイルを入れて、弱火で湯煎にかけて材料を溶かします。この時、水分が耐熱ビンの中に入らないように注意しましょう。固体から液体に変わってきたら、粗熱を少し取ってから精油を加えて、完全い冷めたら完成です。

植物オイルとは?

植物オイルとは、植物から抽出した天然オイルのことを指します。オリーブオイル、ココナッツオイル、アーモンドオイルなどがあります。特に、ホホバオイルを入れると高保湿なシアバタークリームに仕上がります。比率は、シアバターとホホバオイルを「8対2」の割合で入れるとおすすめです。

シアバターが持つ保湿の恵みで頭から足の先まで乾燥知らずのプル肌Get!

いかがでしたか?シアバターは、お肌に優しく、酸化にも強い、私たちの肌の味方です。スキンケアもボディケアもヘアケアもお肌が柔らかくなったお風呂上がりのタイミングがおすすめです。乾燥していたお肌がお風呂に入ることでお風呂のお湯と蒸気でふっくら柔らかくなります。お風呂上がりのケアをしっかりしてふっくら弾力のあるお肌をゲットしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-12-02 時点

新着一覧