足のむくみの原因を知ってだるさを解消しよう!原因と対策を徹底調査!

女性には悩ましい足のむくみ。女性は特に足は見られやすい部分で、すっきりした美脚を心がけたいですね。そこで足のむくみやだるさの原因、解消と対策方法を調べてみました。原因を知り対策を立てることでだるさやむくみを解消し、すっきりした足をめざしましょう。

足のむくみの原因を知ってだるさを解消しよう!原因と対策を徹底調査!

目次

  1. 誰にでも起こる足のむくみ
  2. 足がむくむ原因は?
  3. むくみはだるさも引き起こす
  4. 一時的な足のむくみの原因
  5. 足のむくみは病気の可能性も?
  6. マッサージなどで足のむくみを解消
  7. グッズを使って足のむくみをラクチンに解消
  8. 足のむくみは薬やサプリメントでも解消できる!
  9. 食事からむくみを解消
  10. 足のむくみを解消して快適に過ごそう

誰にでも起こる足のむくみ

足のむくみは日常誰にでも少なからず起きている現象です。長時間の立ち仕事や座り仕事をしている方は誰でも経験している症状で、あまりに足のむくみが酷過ぎてふくらはぎが痛くなると感じる方もいらっしゃるでしょう。

足がむくむ原因は?

地球上に重力がある限り、地面に引き寄せられる力はどんな物体にも働きます。それは体を構成している物質にも言えることです。この重力はこうした足のむくみの原因となります。

重力が原因で体の体液が足に溜まりやすくなる

体の中の血液の7割が人間の下半身に集中していることをご存知でしょうか。体中を血管が駆け巡っていますが、この血液の道路があったとしても、その中を走る血液は重力に引かれて上半身にある心臓に戻りにくくなります。

その為、ふくらはぎにある筋肉を使って重力に逆らうように血液を上半身に戻す必要があります。

ふくらはぎの筋肉の収縮率が日常のむくみを起こすカギ

重力があることで心臓だけでは体中を駆け巡る血液を循環させることが出来ません。その為、全身の筋肉を収縮させることで指先や足先まで血液を行き渡らせ、心臓に戻すことが必要な動作になります。特に下半身の場合は簡単に動かすことができる足があり、主にふくらはぎの筋肉が心臓に戻す役割を買っています。

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれているように、歩いたり走ったりすることで筋肉を簡単に収縮させることが出来ます。その為、下に溜まっている血液をこの収縮を起こすことで上半身の心臓に戻すという役割も担っているのです。

日常こうした筋肉をある程度動かしていれば痛くなる程の足のむくみは起こらないことが多いのです。

過度な運動も足のむくみを引き起こす原因になる?

健康の為に歩いたり走ったりすることは、体にも良いですし、今までの話であれば足のむくみ対策にもなりそうな行動なのですが、過度に行うと足のむくみの原因にもなります。

自分の筋力以上に運動を行うと、筋肉が『乳酸』という疲労物質を分泌します。乳酸は、筋肉に溜まると筋肉を硬くする原因となります。筋肉が硬くなるとこわばりが生じ、血管を次第に圧縮して血行不良の原因ともなるのです。

血行不良は、血液が全身に巡りにくくなる現象です。巡りにくくなれば、乳酸を多く分泌されている部分にむくみを生じやすくさせます。その為、ダッシュや長時間のウォーキングやランニングをした後は、足のむくみが酷くなり、だるさを感じさせる原因となるのです。

むくみはだるさも引き起こす

足のむくみは、足が重く感じると同時にだるさを感じさせます。足のむくみが起こることで足がだるくなるのはいまいち繋がりにくいことと思いますが、足のむくみの原因と関係しています。

水分が溜まる=老廃物も溜まる

足のむくみの原因でもある水分が足に溜まるということは、老廃物も同様にその部分に溜まります。

老廃物は、筋肉などの体の各部位が働いた結果作り出された燃えカスでありみたいな物質であって、毒素になります。その為体の中にいれば邪魔なものなので、本来は血液やリンパ液に戻されて、体内を循環する過程で腎臓などによって尿として排出されたり、汗や垢として皮膚から外に出されたりします。

老廃物が溜まると、内臓の働きが悪くなり、代謝低下の原因となります。新陳代謝が低下すると日々の疲れが取れない原因とされているように、だるさなどが出てきてしまうのです。その為、むくんだ場所にはだるさも引き起こされてしまいます。

一時的な足のむくみの原因

マッサージをしたら足のむくみがすっきりした、解消できたという話は沢山あります。こうした一時的な足のむくみを引き起こす原因は幾つかあります。

原因1:長時間の同じ姿勢

立ち仕事、座り仕事を何時間にも渡って続けていると、ふくらはぎの筋肉収縮率が下がります。こうした第二の心臓のポンプの役割がうまく働いていない状況を長く続けてしまうと、夕方ぐらいに足がパンパンになる、だるさを感じるといった原因になります。

原因2:足の筋力低下

運動不足などでふくらはぎの筋力が低下すると、十分なポンプの役割を果たすことが出来ずに足に水分が溜まりがちになります。そうなると足のむくみも十分に解消できない原因となるのです。

原因3:塩分のとりすぎ

足のむくみだけに限らず体全体に言えることですが、塩分などが豊富な食事をとってしまうと、水分を抱え込みやすい性質がある塩分が、体の各部位で作用してむくみを引き起こしやすくさせます。

重力の関係上どうしても下に向かってこうした状況ができやすくなるため、塩分の取り過ぎも足のむくみを引き起こす原因となります。

原因4:冷え性

女性が良くなりやすい症状として、足先やふくらはぎから下だけが冷える、手がいつも冷たいといった冷え性があります。この冷え性は、血行不良が原因で起こる症状です。

血行不良は、むくみを起こす原因にもなることはお伝えしていますが、こうした冷え性体質の方はより足のむくみを引き起こしやすい体質とも言えるのです。

足のむくみは病気の可能性も?

実は足のむくみは病気の兆候でもある場合があります。数日経ってもむくみが解消しなかったり、逆にむくみが進行して一向に引く気配がない場合は病院で診てもらった方が良いでしょう。

むくみを引き起こす病気は主に以下のようなものがあります。

心臓病

血液を循環させるポンプの役割を担っている心臓の働きが、何らかの原因で一定以下に低下している可能性があります。日常生活を送る上で、走ったり階段を上るといった動きでもいつもより息苦しい状況が酷い上でむくみが出ている場合は、循環器系の外来で診てもらった方が良いかもしれません。

下肢静脈瘤

下半身に流れる静脈の静脈便が壊れてしまうことが原因で血液が逆流して血液が足に溜まってしまう病気です。これは水分だけでなくて血液も同様に溜まることから、足が黒ずんで見えることもあるようです。

また、血管がボコボコとコブのように出ることも多いと言われるので、心上がりがあれば血管外科に見てもらった方が良いでしょう。

腎臓や肝臓の病気

腎臓や肝臓は、血管に水分を取り込んで調整するアルブミンという成分を合成したり、ろ過したりする役目を行っています。

こうした水分調整を行う成分が減少しているとむくみが発生することから、こうした腎臓や肝臓の機能が著しく低下していることでむくみが一向に解消されない原因となっている場合があります。その為、もしむくみが尋常じゃなく慢性的に悩まされているという場合は、内科などで診てもらった方が良いでしょう。

Thumb足のむくみに効くツボとは?むくみがとれないとのお悩みを解消!

マッサージなどで足のむくみを解消

一時的なむくみについては、日々のケアで解消することが出来ます。

オイルやクリームを使ってマッサージ

オイルやクリームはなくても問題ないのですが、あった方がスキンケアにもなる上、摩擦による肌の負担も軽減させます。また、マッサージをしやすくする効果もあるので、使用した方が女子度は更にアップします。

①足首からふくらはぎに向かって両手で両足脇を包みながら、ゆっくりと撫で上げます。膝のお皿に届いたら、その下に向かって流すように手を動かします。左右共に5回ぐらいが目安です。

②すねの骨の両脇を両手の親指で2~3秒ずつ抑えながら足首から膝に向かってずらしていきます。左右共に3回ぐらいが目安です。

③最後に足首から膝裏までのふくらはぎをゆっくり摩り上げます。膝裏に届いたら、膝裏の引っ込んでいる部分を押してリンパ節を刺激します。これも5回ぐらいが目安です。

ツボマッサージでだるさ解消

膝裏からふくらはぎにかけてあるツボを押すことで、だるさを解消してすっきりすることもできます。

膝裏の真ん中にある委中(いちゅう)、ふくらはぎの一番盛り上がった部分にある承筋(しょうきん)、委中から足首を二分した位置にある承山(しょうざん)、承筋と承山の真ん中にある承間(しょうかん)を膝裏から順に下に向かって押していくことでむくみがすっきりします。

ツボの押し方は、座って膝を折り曲げ、両手で足を包むように親指の腹で押すと効果的です。あまり強く押しすぎず、気持ちいいと感じる程度に。目安として3~5秒が効果的な押し方になります。

Thumb辛い足のむくみを解消しよう!効果的なストレッチのやり方とは?

グッズを使って足のむくみをラクチンに解消

毎日のマッサージだけだと疲れてしまうという方もいると思います。そうした方にはグッズを使うこともお勧めです。

むくみ解消ソックス

メディキュットなど、今では豊富に履くだけでむくみ対策や解消できる靴下が販売されています。日中着用するタイプや寝る前に着用するタイプを使うことで、帰宅前のむくみ対策でブーツが履けなくなることもなくなったり、翌朝にはむくみがすっきりしているなど、手軽に行うことが出来ます。

ふくらはぎの筋肉も鍛えるスリッパ

事務仕事などの方は、社内でスリッパやサンダルに履き替えることもできる環境にある場合もあるでしょう。そうした方には、こうした履いて歩くだけでむくみを解消するサンダルも有効です。更にふくらはぎの筋肉を鍛えてくれるので、むくみ対策にも適しています。

ちょっと値段がはるけど快適なマッサージャー

自分でマッサージするのは、帰ってきて疲れている上、腕も疲れてめんどくさい…という方もいるのでは?そんな方にはちょっとお高めですが、足裏からマッサージを行ってくれることで足のむくみを解消するマッサージャーも販売されています。

足を入れて電源をONすれば自動でしてくれる為、一気に極楽気分になりそうです。

Thumb足のむくみを取る方法まとめ!すぐできるむくみの取り方とは?

足のむくみは薬やサプリメントでも解消できる!

むくみはサプリメントや薬で対策したりすっきりすることもできます。

ラシックス

ラシックスはむくみを解消する薬で、病気が副作用が原因でむくんでいる方の治療にも使われる程の効果があります。特にボディビルダーの方などは大会前に筋肉をより際立たせるために使用しているようです。

日中に服用すると、6時間ほど効果が続いて、その間はトイレが近くなります。その為、夜寝る前に飲むのは避けた方が良いでしょう。この薬は通販で購入することが出来ます。

メリロート

サプリメントとしてむくみ対策が出来るのが、このメリロートです。ハーブの一種でむくみ以外にも頭痛や消化不良も解消すると言われています。こちらも通販やドラッグストアで購入することが出来ます。

食事からむくみを解消

塩分が多い食事がむくみの原因になるように、食事からむくみ対策をすることもできます。

インスタント食品を避ける

カップ麺などのインスタント食品には塩分だけでなく脂肪分も沢山含まれています。むくみ以外にも肥満の原因となりかねないので、可能な限り避けた方が良いでしょう。

カリウム豊富な食事をする

モデルの方が、翌日の撮影のために夜にバナナを食べるといった行動は良く耳にします。実はこのバナナにはカリウムが豊富に含まれている為、むくみ対策には最適な食べ物なのです。

その他むくみの原因となりやすい塩分控えめなとろろ昆布や干しひじきなどの海藻類やかぼちゃなどのイモ類も多いので、日中に積極的に取り入れると、むくみ対策にもなる上、毎日すっきりとむくみとは無縁な生活がおくれそうです。

足のむくみを解消して快適に過ごそう

足のむくみは、見た目にも影響する部分で、女性であればスカートをはいたりする日は特に気になる部分ですよね。

むくみの原因を知ることで、毎日のちょっとしたケアや食生活を見直すことで足のむくみはこうして対策できたり、すっきりさせることが出来ます。足のむくみを少しでも解消して、すっきりした美脚を目指してみては如何でしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-21 時点

新着一覧