姉歯秀次の現在!建物や家族はどうなった?【姉歯事件・耐震偽装問題】

連日ニュースとなった姉歯秀次の『姉歯事件』現在、あの姉歯秀次や家族はどうなっているのでしょうか。姉歯秀次の耐震偽装事件に巻き込まれた建物についても調べてみました。姉歯秀次の現在の生活や、家族の現状について紹介します。姉歯秀次の悲惨な現状を知ることになりますよ。

目次

  1. 耐震偽装事件の姉歯秀次は、現在家族とどうしているのか
  2. 姉歯秀次が起こした姉歯事件の真相とは?
  3. 姉歯秀次は家族を守るため偽装をせざるを得なかった
  4. 姉歯秀次は現在一級建築士の免許を取り消しされ、家族とは…
  5. 姉歯秀次の家族はニュースのバッシングに耐えきれなかった
  6. 家族の中で、妻は病気を抱えていたとも言われている
  7. 家族を失った現在の姉歯秀次は?関わった建物はどうなっている?
  8. 家族を失って現在はどこに?現在も家族と暮らしているのか?
  9. 耐震偽装されたマンション...地震でもびくともしなかった
  10. 問題としていたマンションは現在も問題なく建っている
  11. 現在でも姉歯秀次の事件と建物の問題は続いている
  12. 姉歯秀次の事件によって、現在はさらに厳しい目で建物が見られている

耐震偽装事件の姉歯秀次は、現在家族とどうしているのか

姉歯秀次は、かつて『耐震偽装事件』でニュースになった人物です。当時は、『姉歯建築』という言葉がニュースで連日報道され、自分が住んでいる建物も、もしかして姉歯建築では?と心配する人が続出した事件です。そんな、姉歯秀次が家族たちと現在どうしているのでしょうか。

耐震偽装事件の正式名称は、『構造計算書偽造問題』というものです。この事件に関わった姉歯秀次ですが、この事件の真相は現在でも謎な部分が多く、東日本大震災では、姉歯秀次が関わった建物は、びくともしなかったと言われるなど、現在でもこの事件の問題は引きずられているといえます。

姉歯秀次が起こした姉歯事件の真相とは?

姉歯秀次は1957年6月10日生まれの60歳です。宮城県大郷町出身で、1980年に、大阪に本社を置く中堅のゼネコンに入社しました。その後、姉歯秀次は東京支社の施工部門に配属されました。配属先では、建設現場の管理を担当していたそうです。そんな、姉歯秀次はなぜ姉歯事件と言われる耐震偽装問題を起こしてしまったのでしょうか。

ゼネコンでの仕事に慣れたころ、姉歯秀次は設計の仕事がしたいと思うようになりました。そのため、1984年に姉歯秀次は会社を退社して、建築事務所に勤務するようになります。1988年には、千葉県に事務所を設立するまでに至ります。設計がしたいと考えてから、たびたび一級建築士の試験を受けていたようですが、なかなか合格できなかったようです。

@tgrs1996さんの投稿
14052580 224221901313144 871467400 n

四度目の受験で、1990年についに姉歯秀次は一級建築士に合格することができました。国家資格の中でも難関の資格といえる一級建築士に合格出来たのは、非常に嬉しかったはずです。しかし、この設計をしたいという気持ちだけで、業界を生き抜いていけないことを、姉歯秀次は次第に知っていったのかもしれません。

姉歯秀次は家族を守るため偽装をせざるを得なかった

大型地震に備えるため国は、1981年に法改正を行います。その法改正によって、法律が施行された以降の建物は、震度5に耐えうる設計により建設することが、義務付けられました。この法律の穴は、外見上は耐震偽装が行われているかどうかが、分からないという問題がありました。

@aboutapepinさんの投稿
13257042 142312672849642 134327901 n

そのため、当時姉歯秀次は、株式会社ヒューザーなどと共に、組織的に耐震偽装を行うことになります。これが『姉歯事件』というニュースになるわけです。この偽装は2005年頃から行われていたとされています。この姉歯事件の被害にあったのは、『グランドステージ北千住』などで、連日この建物がニュースで報道されていました。

@taakaayuukiさんの投稿
12446127 1802845873276571 376007267 n

そんな中、国土交通省のもとに匿名で、民間確認検査機関イーホームズの帳簿管理が杜撰であるという告発がありました。その告発を受けて、国土交通省は、イーホームズに立ち入り検査を行いました。そのことから、イーホームズと株式会社ヒューザーの間で、構造計算書の偽造が行われていることが発覚したのです。

@abeccoさんの投稿
11055678 1639416319620112 862575301 n

この事件を受けて、ニュースは姉歯秀次が関わったマンションを『殺人マンション』と報道するなど、センセーショナルなニュースが連日流れていましたね。しかしこの事件は、最終的に姉歯秀次が単独で行った個人的な犯罪という結論になってしまいました。

姉歯秀次は現在一級建築士の免許を取り消しされ、家族とは…

現在の姉歯秀次の前に、事件後の姉歯秀次を説明します。2005年に事件が発覚して、姉歯秀次は耐震強度偽装のため、4度も受験して合格した一級建築士の資格を取り消しされました。また、先程の裁判の結果、姉歯秀次は建築士法違反ほう助容疑で逮捕されてしまったのです。

@atsushi_hybridgeさんの投稿
927193 242740582549465 1785681685 n

現在は、姉歯秀次が起こした建物の事件に関して情報を知ろうとしても、有名なWikipediaでは、私人であったため記事が削除されています。そのため、構造計算書偽造問題の記事で、元一級建築士A氏などという書き方でのみ、その情報を確認することができるようになっています。

あくまで姉歯秀次は単独犯行であることを否定し続けましたが、実刑判決を受けて、懲役5年、罰金180万円の実刑判決を言い渡されました。執行猶予もなく、事件の内容は確かに深刻ですが、厳しい判決だったとも言えます。何より、関係したゼネコンなどは結局関与してないとして、特に罰則を受けませんでした。

@supmoriさんの投稿
10471787 1568655513382023 340498475 n

しかし、株式会社ヒューザーはこの事件を受けて信用を失い、現在は倒産しています。ヒューザーの社長であった小嶋進は、あくまで被害者であるとして、ニュースによって名誉を傷つけられたと、名誉毀損で報道機関などに訴えを起こ、現在も争っています。

姉歯秀次の家族はニュースのバッシングに耐えきれなかった

姉歯秀次は、連日のニュースによって完全に悪者にされてしまいました。裁判によって、姉歯秀次単独による行いとなっていまい、家族はその事実に耐えきることが出来ませんでした。

その結果、姉歯秀次の妻は、2006年に自殺してしまったのです。姉歯秀次の家族に起きた悲劇は、いかにこの建物偽装のニュースが世間を賑わせたかがわかると思います。

家族の中で、妻は病気を抱えていたとも言われている

姉歯秀次も事件によって、まさか家族にこのような悲劇が起きるまでとは想像していなかったかもしれません。偽装に関わったのは事実かもしれませんが、家族の訃報を聞くと、現在も含めマスメディアの報道姿勢も改めるべきだったのかもしれません。

@ten6kenkenさんの投稿
13248701 1990079201218737 982231116 n

そもそも、姉歯秀次の妻は病気がちで入退院を繰り返しており、妻の治療費のために、収入がゼロになるわけにはいかず、依頼された偽造を断れなかったとも言われています。

家族を失った現在の姉歯秀次は?関わった建物はどうなっている?

現在も、姉歯秀次が関わった建物の多くは残っており、実際にそのマンションに住み続けている人はたくさんいます。また、先述のヒューザーの社長もそのマンションに住み続けているとも言われています。

@vaya.con.fordさんの投稿
13391122 1080009615392037 1522435338 n

現在の姉歯秀次は、当時の裁判の結果に不服として控訴するものの、東京高裁も地裁の判決を支持して、最高裁は上告を棄却したため、判決が確定しました。懲役5年という刑罰だったため、判決が2008年に確定したので、現在は、少なくとも社会に復帰していると思われます。

家族を失って現在はどこに?現在も家族と暮らしているのか?

@yuji_makanaeさんの投稿
11005262 461108367376681 1367772096 n

しかし、姉歯秀次が判決を受けて出所した以降のことはまったく不明になっています。家族の中で妻を失ってしまった姉歯秀次は、現在家族とどのような心境で生活しているのでしょうか…。

事件が発覚したころの姉歯秀次は、カツラ疑惑もあり、警察に逮捕されたときには、すでに丸坊主のような状態になっていましたよね。カツラ状態の印象は強いかもしれませんが、丸坊主状態になった姉歯秀次が、町を歩いていても気づかないかもしれません。家族の息子などは、目立つ名前のため、名字を変えたのではという噂もあります。

耐震偽装されたマンション...地震でもびくともしなかった

@yoyo55fsさんの投稿
14719650 1451776521518625 4669035776133038080 n

姉歯秀次は、偽装を指示されてマンションの設計を行っていたようですが、その設計はあくまで、地震に耐えうるように細部まで配慮がされたのでは?という意見もあります。

@piazza_1988さんの投稿
17265761 1845081602375251 2249723957206843392 n

元々の国の基準が厳しかったこともあり、耐震偽装を行っていてもかなり大きな地震が来ない限り建物に影響はないと、姉歯秀次は考えていたようです。建築士としての最後の良心であったのかはわかりませんが、偽装をしながらも、作る建物にはなんとか、その指示の範疇で行えることは最大限に行っていたことが考えられます。

問題としていたマンションは現在も問題なく建っている

@yumi3019さんの投稿
17595927 1025584924238314 6807402299485323264 n

ニュースでは連日、姉歯秀次が関わったマンションは、いますぐにでも壊れそうな報道がされていました。しかし、東日本大震災などを過ぎても姉歯秀次が関わったマンションは、現在もヒビが入るどころか、まったく問題なく建っています。

@knnkandaさんの投稿
17266038 1280897915328897 268673757965451264 n

姉歯秀次が関わった建物は強度に対しては充分だったと言われており、震度5どころか震度7や震度8にも耐えうる構造になっているのだとか。そのことは、現在も問題なく建物が生活できる状況であることが証明しています。

現在でも姉歯秀次の事件と建物の問題は続いている

@daiki_itohさんの投稿
15306635 633220953553426 9054250488324685824 n

現在も姉歯秀次の事件のときのように、建物の強度やそれに関わる土壌の問題などが取り上げられています。これからもオリンピック特需として、様々な建物が建てられています。当時、姉歯秀次の事件が起きたとき、姉歯秀次以外の一級建築士も免許取り消しを受けており、業界自体がバレていないだけで、偽装行為をしている可能性は、現在も可能性があります。

姉歯秀次の事件によって、現在はさらに厳しい目で建物が見られている

@tsujikomuten86さんの投稿
17817695 1014771241988177 5878313509430755328 n

姉歯秀次が起こした事件の事実と、疑惑、そしてマスメディアの姿勢など、この事件は非常に黒い部分を残したまま終わってしまったと言えるでしょう。姉歯秀次は、現在は姿を消してどこで生活しているかもわからない現状です。姉歯秀次の家族には、二人の男の子が居たと言われていますが、現在は当時の姉歯事件の慌ただしい生活を忘れて生活出来ているのでしょうか…。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ