ベビーサインとは一体なに?やり方や教え方は?覚えたいサイン一覧

まだ会話ができない赤ちゃんと「お話できたらいいのにな・何を考えているか知りたいな」と思う事ありませんか?そんな時にとっても役に立つのがベビーサインなんです。赤ちゃんでもママと会話ができちゃう代表的なベビーサインのやり方や教え方などを一覧にしてまとめてみました。

目次

  1. ベビーサインって何?
  2. ベビーサインっていつからいつまで使えるの?
  3. ベビーサインどうやって教える?コツは?
  4. 覚えたいベビーサイン一覧!〔ミルク・食事〕編
  5. 覚えたいベビーサイン一覧!〔日常生活〕編
  6. 覚えたいベビーサイン一覧!〔気持ち〕編
  7. 覚えたいベビーサイン一覧!〔危険を知らせる〕編
  8. ベビーサインを使うメリット
  9. ベビーサインのデメリットってあるの?
  10. 赤ちゃんとベビーサインで会話しよう!

ベビーサインって何?

ベビーサインとは

@akimasa112さんの投稿
17495052 223244708155845 277014751958007808 n

ベビーサインとは、0~2歳くらいのまだ言葉を話せなかったりまだ上手く言葉で意思を伝えることができない赤ちゃんと、手話のように手を使って会話・意思疎通するための簡単なジェスチャー・サインの事です。アメリカ発祥なのでアメリカの手話を元に作られているサインが多くあります。

@pugrin_iwaさんの投稿
17932611 1822171198043215 3310225870207057920 n

日本では2000年、(NPO)日本ベビーサイン協会の理事長である吉中みちるが長男を出産後に実践し、その体験を夫と一緒に「親子で楽しむベビーサイン」という書籍にしたのをきっかけに、広く知られるようになりました。この本は、日本人が書いた初めてのベビーサイン本として、また、日本手話を用いたベビーサインを紹介した初めての書籍として、注目を集めました。

赤ちゃんが今なんで泣いているのかって、毎日ずっと一緒にいるお母さんでも分からない時がありますよね。泣いている理由がすぐ分かったらお母さんの負担や悩みも減りますし、赤ちゃんも「お母さんわかってくれた」と安心できる時間が長くなりますよね。ベビーサインはそんな赤ちゃんの気持ちをしるだけのサインではなく、お母さんが伝えたいことも伝えられるサインでもあるんですよ。

ベビーサインっていつからいつまで使えるの?

ベビーサインを始めるのに適している時期

@pooh0403さんの投稿
17881461 1206646232791059 2073550476103647232 n

では実際に、赤ちゃんはどのくらいの時期からベビーサインを使えるようになるのでしょうか?それは視力や聴力もしっかりしてきて、手足も上手に動かせるようになってくる生後半年(6か月)くらいから始めるといいと言われています。ベビーサイン教会は生後6か月~1歳半頃までに始めることを推奨しています。

@hhhhhacoさんの投稿
17931994 876840725787820 5492891485114204160 n

ベビーサイン導入の発達目安としては以下のものです。 お座りが上手になったら 周りに興味を持ち始めたら 指差しが上手になったら

ベビーサインはいつまで使えるの?

@ai129sさんの投稿
17126791 995164833961074 5695874710424780800 n

1歳半~2歳くらいまでは、まだまだ上手に言葉で気持ちを伝えられる赤ちゃんは少ないので、ベビーサインと言葉を併用して上手くコミュニケーションを取りましょう!2歳くらいからは言葉を発する能力が著しく発達してくるので、サインに頼らず言葉で会話ができるように徐々に移行していくのがいいようです。

ベビーサインどうやって教える?コツは?

@nao_e31さんの投稿
17077275 163560730823084 8175952499748896768 n

ベビーサインには沢山の種類がありますが、まとめて全部覚える必要はありません。5種類くらいしか使わない家庭もありますし、30種類も覚えて使っているという赤ちゃんもいます。

どうやって教えたらいいの?

@lulubaby_igmさんの投稿
17125920 265264590596688 7376820739942383616 n

また赤ちゃんによって覚えやすいサインも違うので、1つのサインに的を絞って教えるのではなく、数種類のサインを同時にまとめて教えてみるといいようです。覚えるスピードにも個人差があるので「なかなか覚えてくれない!」を気を揉む必要はありません。ゲームや遊び感覚で「覚えてくれたらラッキー」ぐらいの気持ちで楽しんで教えてみてください。

教える時のコツは?

@kinako20170622さんの投稿
17934263 1732965033396790 8621471402983161856 n

今、ベビーサインがまとめて載っている本や動画などがあるので、自分自身で気軽にベビーサインのやり方学習して教えることができます。どのサインも「〇〇しようね~」「〇〇だよー」と言葉を話しながらサインを出すことが大切です。

アイコンタクトをしながら教えましょう

@nozomealさんの投稿
16228833 1705856839706175 4270146555442364416 n

目と目を合わせてしっかりアイコンタクトをしながら教える事も大切です。そして、教えるお母さん自身がリラックスした状態で笑顔で教えてあげましょう。そうすると赤ちゃんもしっかりお母さんを注目して楽しく覚えることができます。

サインは絶対にそのサインじゃないといけないの?

@yui.to.toさんの投稿
17596703 1459594224113387 1757186337586282496 n

正しいベビーサインを必ずしも正確に教えなくてはいけないという事はありません。お母さんと赤ちゃんだけでわかるサインでももちろんいいのですが、共通のベビーサインを覚えることで保育園の先生や、他のママ達が集まる所に行った時などに他の人にも伝わりやすかったりするので便利です。

ベビーサインの教室もあります

@cafehahacoさんの投稿
17332629 336555383407770 2124821137098539008 n

自分だけで教えるのは大変。正しいやり方やコツを誰かに教えてもらいたいという人は、ベビーサインの教室も全国各地で開かれているので、参加してみるのもいいですよ。同じくらいの月齢の赤ちゃんのママとお友達にもなれますし、ベビーサインだけではなく子育ての悩みなども共有できるので、ママのストレス発散にもなりますよ。

@nijiironosora_0410さんの投稿
17932504 517993595199980 8515246845889347584 n

ベビーサインにはたくさんの種類がありますが、その中でも覚えておきたいサインを使うシーン別に一覧にまとめてご紹介いたします。まとめの中から5種類ずつくらい何度か試してみて、覚えてきたらまた必要に応じて違うサインもと少しずつ試して、お母さんと赤ちゃんに合うサインを見つけてみてくださいね。

覚えたいベビーサイン一覧!〔ミルク・食事〕編

ミルク・おっぱい

ミルク・おっぱいのベビーサインのやり方は、片手を胸の前辺りでグー・パーと何度か繰り返します。教え方は、授乳の前やお腹がすいてきたかなという時に「お腹すいたね~おっぱい飲もうか~」「おっぱいの時間だよ~」と声をかけながらサインを見せましょう。赤ちゃんがサインを覚えると、おっぱいが飲みたい時にグーパーグパーして飲みたい事を教えてくれるようになりますよ。

食べる・おやつ

@yasukouemuraさんの投稿
15538618 1842931652595100 7417748204860473344 n

何か食べ物を食べたい時のやり方は、5本指でおにぎりやお煎餅を片手で持つような手の形を、口元に運ぶ動作をします。同時に口もモグモグと食べているように動かすと効果的です。教え方は、離乳食やおやつなどを食べる時に使いましょう。「ごはんにしようか!」「お腹すいたね」と食べ物を食べたい時はこうして教えてね~という気持ちで教えてあげましょう。

飲む(お水・お茶など)

ちょーだいのやり方は、グラス・コップを持つように4本の指を曲げ、伸ばした1本を口元に持っていき飲むまねをします。教え方は「喉かわいたかな?」「お水飲みたいかな?」とミルク以外のものを飲む時に使います。最初は実際にコップを持って見せてあげると赤ちゃんがイメージ持ちやすいですよ。

おいしい

@ayakococo610さんの投稿
17883051 611560192370681 5195710714945208320 n

おいしいのやり方は、片手をパーのまま頬に添えるように2~3回ポンポンをと軽く叩きます。教え方は、食べている途中に笑顔で「おいしいね~」といいながらサインを見せます。赤ちゃんもニコニコで一緒に「おいしい」のサインをして食事が楽しくなりますよ。

もっと

@torihatocoさんの投稿
14709607 215198615584653 6569498932768931840 n

「もっと」や「もう一回」のやり方は、何かをつまむように両手とも5本の指先をすべてつぼめて、その両手の指先をチョンチョンと合わせます。教え方は、ごはんやミルクが一通り終わってもっと欲しそうだったら「もっと欲しい?」「もっと食べたいのかな?」と言いながらサインを見せてあげてください。ごはんの時だけでなく、遊んでいる時に「もっと(もう一回)遊びたい」という時にも使えます。

おしまい

@chobi_inkさんの投稿
17932429 1813763852279369 6737815771931475968 n

おしまいのやり方は、両手の手のひらを上に向け、クルット手のひらが下になるように返します。本を閉じる動作にも似ています。教え方は「もっと」とセットで覚えるのがおすすめです。「もうおっぱいおしまいね~」「遊ぶのおしまいね~」とごはんの時にかかわらず、何かが終わる時に使ってあげましょう。そのサインが出たらおしまいと習慣づけば、グズリ防止にもなるかもしれません。

覚えたいベビーサイン一覧!〔日常生活〕編

おむつ

@maki_chachaさんの投稿
17934106 232291603918933 261602167327031296 n

おむつのサインのやり方は、両手でおへその下辺りをポンポンと叩きます。教え方は、「おしっこ出たかな?」「おむつ交換するよ~」と言いながらオムツを替える時にサインを見せてあげてください。赤ちゃんが覚えるとおむつが濡れて気持ち悪い時、交換して欲しい時に赤ちゃんの方からお腹をポンポンと叩いて教えてくれるようになります。

おむつ替え・着替え・違うものに替える

何かを替えるサインのやり方は、両手をグーにしてグーと手首を合わせて構えます。そのまま左右のグーが交互に前後するようにクルクルを動かします。おむつを交換する時は、先ほどの「おむつ」と一緒に使ってみてください。教え方は、「気持ち悪かったね~オムツ替えようね~」「お着替えしようね~」と言いながらサインを見せてから替えてあげてください。オモチャや絵本・DVDなどを交換したい時にも使えますよ。

お風呂

お風呂のサインのやり方は、スポンジを握るように両手をグーにして、胸からお腹辺りをゴシゴシ洗うように上下に動かします。教え方は、お風呂に入る前に「お風呂入ろうね~」、お風呂あがってからも「お風呂気持ちよかったね~」とサインをしながら声をかけてあげましょう。お風呂好きの子は喜んでお風呂の時にゴシゴシとこのサインをやってくれますよ。お父さんも一緒に使ってみてください。

ねんね

@nori_nori5さんの投稿
12912433 565807210245193 86530259 n

ねんねのサインのやり方は、両手の手のひらを合わせて片方の頬っぺたと耳の近くに添えます。教え方は、赤ちゃんが眠そうだったり、寝る時間になったら「ねんねしようね~」「お布団入ろうね~」と寝る時間だよ、寝てもいいよと言うことを教えてあげましょう。眠くなるとグズリやすい赤ちゃんですが、「寝てもいいんだ。寝る時間なんだ」とわかりスムーズに寝る態勢になれる子もいるみたいですよ。

覚えたいベビーサイン一覧!〔気持ち〕編

ありがとう

ありがとうのサインのやり方は、片方の手のひらを口に当ててから前に手を離す「投げキッス」のサインをします。教え方は、赤ちゃんが何かできた時などに「ありがとう」と言いながら投げキッスのサインをします。いい子いい子となでなでもいいですが、なんといっても赤ちゃんが覚えたら投げキッスをしてくれるようになるのが見たくて教えたくなってしまいます。

ちょうだい

@sakimi5518さんの投稿
17439031 1919596371618832 3340993894929137664 n

ちょうだいのやり方は、両手の手のひらを上に向けた状態で重ね合わせ、上の手のひらを下の手のひらにポンポンを軽く打ち付けます。教え方は、オモチャを貸してほしい時や、何か取って欲しい時に「貸してちょうだい」「それ取ってちょうだい」と言いながらサインを出します。この手のひらに載せてねという気持ちでやってみましょう。

抱っこ

@aya4191さんの投稿
14712110 738685909616753 1228102501941641216 n

抱っこのサインのやり方は、両手を前に広げて軽く差し出します。教え方は、自然と使っている人が多いと思います。「抱っこおいで~」「抱っこする?」と声をかけてあげると赤ちゃんにもわかりやすく、真似もしてくれやすいです。

覚えたいベビーサイン一覧!〔危険を知らせる〕編

痛い

痛いのサインのやり方は、両手の人差し指同士をチョンチョンと2~3回合わせます。教え方は、どこかぶつけて痛かった時などに「痛かったね」と言いながら痛い場所の近くでサインを見せてあげます。覚えるをお母さんが見ていなかった時にどこか痛くして泣いている時も、このジェスチャーをして痛くて泣いているという事を教えてくれるようになります。

熱い

@atsushiukaiさんの投稿
17882405 1878919505713201 5116186612320960512 n

熱いのサインのやり方は、手のひらを前に出し、熱いものを触った時のようにさっと引きます。教え方は、アイロンや熱い食べ物など、間違って触らないように「これは熱いから触っちゃダメよ」と触ったら大変なんだよという事を教えてあげましょう。

危ない

@sayaka.honda.1119さんの投稿
17934230 1697069440309199 6486310102054731776 n

危ないのサインのやり方は、片手を胸の所でパーの状態からギュっと握りしめるようにします。教え方は、何か危ないことをしそうな時、危ない場所を教えたい時に「それは危ないよ」「ここは危ないんだよ」と表情も真剣な表情で深刻さが伝わるようにサインを出しながら教えてあげましょう。

ベビーサインを使うメリット

@saaya._.gramさんの投稿
916998 853131691476066 608623741 n

ベビーサインを使う事によって親子のコミュニケーションがとれ強い信頼関係が生まれます。そして、すぐに赤ちゃんの気持ちがわかるようになるので、お母さんも赤ちゃんもストレスに感じる事が少なくなります。

@spicaandさんの投稿
17882899 1280376815382813 5458003014797230080 n

遊び感覚で生活に必要な言葉を理解する能力が上がるので、ベビーサインを使っていない赤ちゃんよりも言葉の種類を沢山覚える事ができるというデータもあるそうです。

ベビーサインのデメリットってあるの?

ベビーサインのデメリットとして「赤ちゃんが言葉を覚えるのが遅くなる」と心配している方もいるようですが、ベビーサインは言葉と一緒にサインをやる事が重要です。もちろんサインだけでのやり取りが多いと言葉の発達の遅れに繋がる可能性があるかもしれませんが、言葉を一緒に使うベビーサインは言葉と動作が結びつきやすく、言語の理解力がアップするといういい点に繋がります。

赤ちゃんとベビーサインで会話しよう!

@mayumi_nkmr_ikujiさんの投稿
17334116 1333182036740734 6537874362719010816 n

ベビーサインについての気になる情報や、是非最初に覚えてほしいサインを一覧にしてまとめてみました。泣くのも赤ちゃんの仕事だと言われていますが、やっぱり赤ちゃんにはたくさん笑っていてほしいですよね。ベビーサインをしてくれるかわいい赤ちゃんの仕草を見れるのも育児をしていく上で楽しみの一つになる事間違いなしなので、是非「ベビーサインのまとめ」を取り入れてみてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ