スキレットで焼くステーキの焼き方!こんがりジューシーに仕上がる!

熱伝導率の良いスキレットで焼くステーキはこんがりジューシーで絶品。今回は、そんなスキレットを使ったステーキの焼き方を紹介します。スキレットを使えば普段の暮らしの中で贅沢なステーキ料理を味わえるのが魅力。スキレットステーキでワンランク上の暮らしを楽しみましょう。

目次

  1. スキレットでステーキを焼くと、こんがりジューシーに!
  2. そもそもスキレットとは、どんなもの?
  3. こんがりジューシー!お店の味を楽しめるスキレットステーキの焼き方
  4. さらにスキレットステーキを美味しくするためのコツ
  5. 動画でも焼き方をチェックして、美味しいスキレットステーキを作ろう
  6. スキレットで牛タンステーキも作ってみよう!
  7. スキレットを使ったチキンステーキの焼き方
  8. スキレットで手羽先ステーキを作ってもおいしい
  9. ステーキを焼いた後は正しい方法でスキレットをお手入れしよう
  10. スキレットを活用して絶品ステーキ料理を堪能しよう!

スキレットでステーキを焼くと、こんがりジューシーに!

毎日の暮らしのワンランク上のスキレットステーキを取り入れよう

ステーキをお店のように美味しく焼くのはとても大変、というイメージがありませんか?実はスキレットを使えば普段の暮らしの中で気軽においしいステーキを焼けるようになります。気軽においしいステーキを食べたいときはスキレットを活用してみませんか?

@tomo__t825さんの投稿
16122979 160791927748256 126976786801098752 n

スキレットはステーキを焼くだけでなく、さまざまな料理で活用できるのが魅力的なポイント。毎日の暮らしに役立つ優秀キッチン用品として高い人気を集めています。アヒージョやパンケーキ、ハンバーグなどバラエティ豊かなスキレット料理を楽しむことができ、さまざまな調理に大活躍。ステーキを焼く以外にもスキレットを活用して、毎日の暮らしを満喫してみてはいかがですか。

スキレットを使ったおいしいステーキ料理の焼き方をチェック

@taka0476さんの投稿
16229499 414487752225684 8827169825013891072 n

それでは、スキレットを使ってどのようにステーキを焼けば良いのでしょうか?ステーキをこんがりジューシーに仕上げるための焼き方や、鶏肉や牛タンを使ったステーキの焼き方まで、役立つ情報をまとめました。スキレットでおいしいステーキ料理を作って食生活を充実させましょう!

そもそもスキレットとは、どんなもの?

熱伝導率が高く、食材を美味しく加熱できる鋳物フライパン

instagramやTwitterなどのSNSで人気を集めているスキレットですが、具体的にはどんなものなのでしょうか?スキレットの特徴をおさえておくことで、その特性を生かした調理を行うことができます。スキレットとは、鋳物フライパンのこと。熱伝導率に優れ、じっくりと食材に火を通すことでワンランク上の味に仕上げてくれるキッチン用品です。

@endmwさんの投稿
17438703 439210419760608 1130360135890239488 n

熱伝導率の高いスキレットは、弱火でもしっかりと火を通すことができるので光熱費を節約できて便利。最初にスキレットを加熱して、あとは予熱調理することも可能です。ただし、強火にしすぎると火が通らないうちに表面が焦げてしまうことがあるので気をつけましょう。オーブンに入れることができ、グラタンやドリアといったグリル料理も楽しめます。

スキレットとステーキの相性はばっちり!

熱伝導率の良いスキレットは、こんがりジューシーなステーキを焼くのに最適なキッチン用品。効率的にステーキ肉に火を通すことができるので、お店で食べるような本格的な味わいに仕上げることができます。普通のフライパンで焼いたらイマイチだった家庭のステーキも、スキレットを取り入れることでワンランク上の味わいに。

@masayasu_shintaniさんの投稿
17819309 1147142625412454 5095837800301854720 n

スキレットで焼いたステーキをそもまま食卓に出せば、おしゃれな器代わりとして使えます。素敵なテーブルコーディネートに仕上げたいときもスキレットは大活躍。蓄熱性が高いので、最後まで熱々のステーキを食べられるのも嬉しいポイントです。スキレットを活用しておいしいステーキを焼いていきましょう!

こんがりジューシー!お店の味を楽しめるスキレットステーキの焼き方

意外と簡単にできるスキレットステーキ

スキレットで焼くステーキは、意外と簡単。必要な材料も少ないので、思い立ったときにすぐチャレンジできます。せっかくなら、上質なステーキ肉を奮発するのがおすすめ。さらにおいしいステーキを堪能できます。必要な材料は、ステーキ肉1枚、牛脂、塩胡椒、バター、すりおろしニンニク。ステーキ肉は冷蔵庫から出して常温に戻し、温めたスキレットに牛脂を塗りつけておきましょう。

@m_uchanさんの投稿
17932386 1844595775803585 314955006992187392 n

常温に戻したステーキ肉に塩胡椒をふりかけて下味をつけたら、溶かした牛脂をステーキ肉にすりつけていきます。スキレットを中強火にかけて煙が出てきたらステーキ肉をのせます。表面に肉汁が浮かんだらひっくり返し、バターひとかけらを落としてフタをします。10〜20秒ほど加熱したら蓋を開き、すりおろしニンニクを表面に広げましょう。再びひっくり返したらスキレットを火からおろし、予熱で火を通して完成。

自宅で本格的な味を楽しめると話題!

@kovutachanさんの投稿
17881352 1370089299697071 2329801990353190912 n

スキレットを使ったステーキの焼き方は意外と簡単ですよね。焼きすぎると硬くなってしまうので、その点だけ注意しましょう。スキレットは熱伝導率が良いので仕上げは予熱でOK。ジューシーなステーキに仕上がります。ソースはお好みでアレンジして、いろいろな味を堪能してくださいね。

さらにスキレットステーキを美味しくするためのコツ

牛脂を使い、ステーキ肉は常温に戻しておく

ステーキを美味しく焼き上げるためにチェックしておきたいコツも見ていきましょう。まず、外せないのが牛脂。牛脂を使うのと使わないのとではステーキの美味しさがまったく変わります。牛脂を使わないとコクの足りないステーキになってしまうので要注意。牛脂はお肉売り場で無料で配布していることが多いので、ぜひ活用してください。

@wanggang_dogさんの投稿
17437986 1065169650254796 5635766926585102336 n

ステーキ肉を常温に戻すことも大切。常温に戻すことで、肉の表面と内側の温度差がなくなり均一に火を通せるようになります。冷蔵庫から取り出して30分後くらいが目安。ステーキを焼く前に、忘れずに冷蔵庫から出しておきましょう。

ステーキの焼き加減を見極めよう

好みの焼き加減に仕上げるには、焼く時間に注意するのがおすすめ。焼き加減のポイントもおさえておきましょう。レアに仕上げたいときは、スキレットにステーキ肉をのせて表面に脂が浮いてきたらすぐにひっくり返します。それから10秒ほど焼いて火からおろしてください。これでレアステーキのできあがり。

@djatsutwokeymenさんの投稿
17495353 1900958126860289 8886997942058090496 n

ミディアムにしたいときは、表面に肉汁が浮いてきたらひっくり返し、20秒ほど焼いて火からおろします。ウェルダンにしたいときは30秒でOK。好みの焼き加減に合わせて、焼く時間を調節してくださいね。

動画でも焼き方をチェックして、美味しいスキレットステーキを作ろう

基本のスキレットステーキの焼き方

スキレットでステーキを焼く方法をもっと詳しく知るためには動画もチェックしてみましょう。スキレットで作るおいしいステーキの焼き方を解説してくれています。包丁であらかじめ筋を切るなど、細かなことを行うことでさらに本格的なステーキの焼き上がりに。ぜひ参考にしてみてくださいね。

アルミホイルで保温してこんがりジューシーに

こちらのスキレットを使ったステーキの焼き方は、表面を焼いた後にアルミホイルで包んで休ませるのがポイント。アルミホイルの中に入れて休ませることでしっとりとした食感を生み出せるようになります。休ませている間にほかの突き合わせを調理すれば効率的。おいしいステーキを気軽に楽しむことができます。

スキレットで牛タンステーキも作ってみよう!

ジューシーで食感豊かな牛タンステーキ

普通のステーキ肉だけでなく、ほかの肉類もスキレットで焼けばおいしく仕上げることができます。ほど良い食感を楽しめる牛タンステーキは、スキレットで焼くからこそおいしく仕上がる料理。冷蔵庫から出して常温に戻してから表面の筋切りを行い、塩胡椒を軽くまぶしましょう。

@liechtenstein922さんの投稿
16228928 1639514863019706 6032095659572592640 n

牛脂を塗って十分に熱したスキレットに牛タン肉を置いて1分ほど焼きます。ひっくり返し、酒をふりかけてから30秒ほど焼いて火からおろしましょう。すぐにアルミホイルに包み、2分ほどやすませたら完成。野菜の付け合わせやレモンを添えるのがおすすめです。

さらに詳しい動画もチェック

牛タンステーキの焼き方は動画もチェックしてみましょう。牛タンのステーキを焼くときの方法を詳しく解説してくれています。いつもの牛肉ステーキに飽きたな、というときに取り入れてみてはいかがですか。

スキレットを使ったチキンステーキの焼き方

普通のチキンもスキレットを使えば絶品ステーキに

チキンステーキをスキレットで作ってもおいしくいただくことができます。鳥もも肉1枚に対してオリーブオイル大さじ1・ニンニク欠片のすりおろし・塩胡椒をして1時間ほど休ませましょう。皮目からスキレットで焼き、焼き目がついたらひっくり返して弱火にし、酒を少量ふりかけてからフタをして焼きます。鶏肉に火が通ったらできあがり。

鶏胸肉でもこんがりジューシーなステーキに

@metrograph.jpさんの投稿
17818487 153669468493429 4124176761833390080 n

鶏胸肉でもおいしいチキンステーキができます。調理方法は鳥もも肉の場合と同様。下味をしっかりつけ、皮目に焼き色をつけてから弱火でじっくり焼くことでしっとりとした食感に。カロリーをおさえたいときに作ってみてはいかがですか。

スキレットで手羽先ステーキを作ってもおいしい

ジューシーな味わいを楽しめる

@aiairereさんの投稿
17663167 1505874422798121 408628823538532352 n

スキレットを使えば、旨味を閉じ込めて手羽先を調理することができます。手羽先に軽く塩胡椒をしてから、油をしいたスキレットにのせましょう。蓋をし、中火で3分ほど加熱したらひっくり返します。弱火に落としたら再び蓋をして5分ほど焼き、火が通ったらできあがり。一緒にジャガイモを入れて調理してもおいしく仕上がります。

手羽先の焼き方は動画もチェック。簡単に作る方法が紹介されています。

ステーキを焼いた後は正しい方法でスキレットをお手入れしよう

スキレットを洗剤で洗うのはNG

@koo0719さんの投稿
17439360 769659073188982 8472114203027570688 n

スキレットを使った後はお手入れも重要。洗剤で洗うと錆びの原因になるので、シーズニングを行いましょう。スキレットをお湯で洗って汚れを落としたら強火にかけ、水気を飛ばします。水気が飛んだら食用油をなじませ、冷めるまで待ったらシーズニングの完了。

シーズニングの詳しい方法は動画をチェック

詳しい方法は動画をチェックしてみましょう。シーズニングを行うことで長くスキレットを愛用できるので、ぜひお手入れを欠かさないようにしてくださいね。

スキレットを活用して絶品ステーキ料理を堪能しよう!

@sisisisisi3196さんの投稿
17881465 776021375878749 7879824477603758080 n

スキレットを使うと本格的なステーキが簡単に作れます。今回ご紹介した方法を参考にして、ぜひおいしいステーキを焼いてみましょう!

合わせて読みたい!スキレットに関連した記事

スキレットの使い方まとめ!使い始めの手入れや保管方法など伝授 | Pinky[ピンキ-]
スキレットでアヒージョを作ろう!【定番からアレンジメニューまで】 | Pinky[ピンキ-]
ダイソーのスキレット「100スキ」が便利すぎ!画像・レシピまとめ | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ