クッションの洗濯方法とは?家庭での正しい洗い方・裏技まとめ!

毎日何気なく使っているクッション。日々使っているからこそ、汚れは気になりますよね。でも、クッションの正しい洗濯方法がわからないといった声は多いと思います。そこで、そんな疑問を解消する正しいクッションの洗濯方法と干し方を紹介していきます。

目次

  1. クッションは洗濯できるの?
  2. クッションカバーはこまめに洗濯できます
  3. クッションを洗濯してみよう!
  4. 洗濯機を使用してクッションを洗濯する場合
  5. クッションを洗濯する前の注意点
  6. クッションを家庭で洗濯するときの裏技
  7. クッションを洗濯する時期は梅雨前か梅雨明けにしよう
  8. カバーなしクッションは洗濯できるの?
  9. クッションの汚れを防ぐ方法
  10. クッションの洗濯方法のまとめ

クッションは洗濯できるの?

@kurasi_kirokuさんの投稿
17932048 1391522390905274 223685590447554560 n

そもそも、クッションは洗濯することができるのでしょうか。一般的に中綿がポリエステルだったら洗濯できる素材です。中綿によってはできないクッションもあるので、確認しておきましょう。もし洗濯できない素材のクッションを洗濯機に放り込んで洗ってしまうと、クッションが型崩れしてしまったり、クッションの中身が飛び出てしまい洗濯機が故障してしまうこともあります。自己判断せずに確認しましょう。家庭で洗濯する場合には、どのような正しい洗濯方法があるのでしょうか。

クッションカバーはこまめに洗濯できます

@jtr0502さんの投稿
18011827 1313246938759882 238444000019742720 n

クッションによって、カバーを取り外しできるタイプであれば、こまめに洗濯することができます。定期的に洗濯できるので、清潔な状態で使えますね。洗濯するときには、ネットに入れて洗いましょう。干す際には、日ざしによって黄ばみや色あせを防ぐために日陰で干しましょう。

クッションを洗濯してみよう!

@prairiedog_webさんの投稿
17882420 1832420743750739 8476340412192129024 n

正しい洗濯方法は、手洗いがオススメです。洗濯機で洗濯してしまうと、どうしても中綿が型崩れしてしまうので注意してください。しかも、手洗いの方が洗い残しなく綺麗に洗い上げることができます。

クッションの洗浄方法

@saorioyamadaさんの投稿
17076531 273505793070654 1888032919985848320 n

クッションのサイズにもよりますが、小さい場合には桶や洗面器で洗い、大きい場合には洗濯機の洗濯槽を桶代わりにして使ってみましょう。洗濯洗剤は、デリケート衣類用の中性洗剤を使用すると、クッションの色落ちを抑えることができます。規定量入れてください。そして、20~30回ほど押し洗いをします。

クッションのすすぎ方法

@onokoreyukiさんの投稿
17932093 1190040274457729 4661735719004274688 n

正しいすすぎ方法は、まず水にクッションを入れたあと、一旦水を排水します。そのあと綺麗な水に入れ替えます。汚れがなくなるまで押し洗いをしながら、すすぎと排水を繰り返しましょう。

クッションの脱水方法

@_moomoo.ushiko_さんの投稿
17881975 1863976710525823 2001391971809099776 n

正しい脱水方法は手で軽く絞り、小さいサイズのクッションなら大きいバスタオルを使用し、タオルドライがオススメです。大きいサイズのクッションの場合は手で水分を絞り切るのが難しいので、洗濯機の脱水モードを利用するのもいいでしょう。ただしやりすぎてしまうと型崩れをしてしまうので注意しましょう。少し脱水したら中綿の偏りがないかを確認し、また脱水といったように位置を整えてからスタートします。

洗濯機を使用してクッションを洗濯する場合

@yuuuuuuuuuu101010さんの投稿
17934008 612166845659821 1062722488401657856 n

時間をかけたくない、楽に洗濯してしまいたいといった方も多いと思います。洗濯機で洗濯すると型崩れが心配ですが、洗濯する際には必ずネットに入れて洗濯機の「手洗いモード」を使用してください。手洗いのときと同じように、脱水の際は型崩れに注意しながら脱水を行いましょう。

クッションの乾燥方法

風通りの良い場所で陰干ししましょう。置き干しする場合と、吊るし干しする場合があると思います。風邪通しの良い日陰で干しましょう。平干しネットを活用するのもオススメです。ハンガーに吊るしづらい場合、クッション用のハンガーも市販されています。

@kurasi_kirokuさんの投稿
17932622 266456147149322 6681474240618692608 n

どちらともクッションの中まで水分が浸透しているので、しっかり乾くまでに1日で乾かないこともあります。しっかり乾ききる前に使用してしまうと、臭いやカビの原因になってしまうので晴れの日を見計らってよく乾かしきりましょう。仕上げに、家庭に乾燥機がある場合は乾燥機にかけるのもオススメです。中までよく乾ききり、ふっくら感を出してくれます。家庭にない場合はコインランドリーもオススメです。

クッションを洗濯する前の注意点

@yumia220さんの投稿
17882865 1925998207680277 5099597408514342912 n

家庭でクッションを洗濯する前に、弱っている箇所がないか確認しましょう。暮らしの中で毎日使っているクッション。カバーにも寿命があるので、洗濯している間に破れてしまうこともあります。今にも破れそうな場合は、洗濯するのは避けましょう。

クッションを家庭で洗濯するときの裏技

@__rishapi__さんの投稿
17934466 1702829973343406 9106606805382856704 n

日々の暮らしで使うクッション。家庭でクッションを洗濯する際に、注意することは中綿のヨレを少なくしてふかふかに仕上げることです。家庭では難しそうに感じると思いますが、実は家庭でも正しい方法で洗濯すれば、十分ふかふかに仕上げることができます。手洗いでする洗濯方法や、洗濯機を使用して工夫して仕上げる、家庭でもできる正しい裏技を紹介します。

洗濯機でクッションの中綿がよれない裏技

@yay_zakka_さんの投稿
18011302 230038377475212 4259470727033389056 n

洗濯機で洗濯する方法です。始めにクッションを丸めていきます。そして小さめのネットに丸めたクッションを詰めていきます。丸めた状態が中綿はヨレないポイントになるので、ネットの中で形が戻ってしまわないように少し小さめのネットを使用しましょう。そしてそのまま洗濯機に入れ、「手洗いモード」で洗濯開始。この裏技を使えば、中綿のヨレはほとんどなく洗濯することができます。

手洗いでクッションを綺麗に洗濯する裏技

毎日の暮らしで使用していると、汚れも多いクッション。洗濯機でも洗えますが、汚れが気になりますよね。汚れがひどいときには固形石鹸を使用して洗います。よく水気を絞ったら、枕を干すときに使用する専用のネットにクッションを入れて形を整えながら干してください。

@zumekoさんの投稿
17817512 1794155354234623 15403517955014656 n

そうすることで、型崩れも少なく済みますし、ヨレも気になりません。専用のネットは100均で売っています。頻繁に洗濯しすぎるのも型崩れの原因になってしまうので注意しましょう。

クッションの干し方の裏技

クッションの干し方にも裏技があります。まずは大きめの洗濯ばさみを使用して留め、ある程度乾いたら洗濯ばさみの位置を変えて移動させ干します。こうすると洗濯ばさみの跡が付きにくくて中綿もまんべんなく伸びます。

@mameyann69さんの投稿
17882759 1318850058199647 904704315094990848 n

しっかり乾いたあとは、クッションの端っこを持ち大きめに上下に振ると中に空気が入るので形が綺麗に整います。縦横の側面から立体的になるよう押すと、クッションが立体的になりふんわり感が戻ります。

クッションを洗濯する時期は梅雨前か梅雨明けにしよう

@maishigureさんの投稿
17934180 1898037573804748 396761176064655360 n

ダニは、湿度と気温が高いときに一気に増えてしまいます。梅雨の時期はどうしてもダニが出てきてしまうのです。なので、梅雨が始まる時期の前か梅雨が明けたら行うのがベスト。普段の暮らしの中では掃除機で吸い取り、洗濯するのは梅雨入りと梅雨明けの時に行えば、クッションにダニが大量発生するといったことを防げます。

カバーなしクッションは洗濯できるの?

@keiko10161016さんの投稿
18011336 1322671417818688 2361670583265001472 n

これまでカバーがあるクッションの洗濯について紹介していきましたが、カバーがないクッションの場合でも同じように型崩れや中綿のヨレさえ気を使えば、きちんと洗濯できます。洗剤よりも、固形石鹸で洗うのがオススメです。中に石鹸が染み込み過ぎないように表面の汚れをこすりましょう。

クッションの汚れを防ぐ方法

@kana_cf88さんの投稿
18011336 1988337561400503 6253449323296587776 n

日々の暮らしの中で、クッションをこまめに洗濯するのは大変ですよね。では、クッションを汚れにくくする方法を紹介していきます。

クッションカバーを厚手のものにする

@buyer_lara_emilyさんの投稿
18011729 1879629588992941 9078465818882211840 n

クッションカバーは、日々の暮らしの中で汚れから守ってくれます。ですが、薄手のカバーだと飲み物などをこぼしてしまった場合に中まで染み込んでしまいますよね。なので、できるだけ厚手のカバーに変更することをオススメします。

濡れた髪を枕代わりにしない

@uw_arichan_710さんの投稿
18011639 1888786368011933 8217547295210602496 n

日々の暮らしの中でクッションを枕代わりに使っている人は結構いますよね。しかし、髪の毛が濡れた状態で乗せてしまうと、水分がクッションの内部まで染み込んでしまい異臭やカビの原因になってしまうのです。水だけではなく汗も同じです。乾かすか拭くなどしてから頭を乗せましょう。

クッションに消臭抗菌スプレーをする

@sho.ko_ieさんの投稿
17126175 769358299893908 3141231388284420096 n

普段の暮らしで置いてあるクッションには、部屋のいろいろな臭いを吸収してしまいます。臭いが気になる場合には、消臭抗菌スプレーがオススメです。洗濯のしすぎもかえってよくないので、クッションの洗濯は3ヶ月に1
度くらいに押さえ、あとはスプレーでイヤな臭いを取っておきましょう。

クッションの洗濯方法のまとめ

クッションの家庭での正しい洗濯方法や裏技、洗濯する際の注意点など紹介してきました。クッションはリラックスするときに活躍しますし、長く使用していればいるほど、愛着が湧いてきて生活の中で大切なアイテムにもなりますよね。基本的には、雑に洗わず手で優しく押し洗いすれば中綿のヨレは防ぐことができます。少し面倒に感じるかもしれませんが、定期的にお手入れをしてあげましょう。クッション選びの参考にもなったと思います。

@lace_blancneigeさんの投稿
18013142 183904012129187 4320793037430063104 n

特に小さな子供がいる家庭では汚れも付きやすいでしょう。クッションカバーの上からさらにタオルなどで巻いておくというのも、汚れを防止することができますよ。臭いが気になるけど時間がないといった時には、天日に干すだけで臭いが弱くなることもあるので試してみてください。この洗濯方法は、クッションだけではなくぬいぐるみや枕などでも同じように洗濯することができます。今回紹介した洗濯方法を参考にして、大切なクッションを長く清潔に使っていけるといいですね。

洗濯についてもっと知りたい人はこちらの記事もチェック

重曹洗濯の方法とは?黄ばみや臭いもスッキリ汚れが落ちる効果まとめ | Pinky[ピンキ-]
柔軟剤おすすめランキング!無香料・香り付き別で一番人気は? | Pinky[ピンキ-]
部屋干しの嫌な臭いの原因と対策を調査!重曹で解消される? | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ