産後ダイエットはいつから始めるのがおすすめ?

いつからベスト?始める時期が大切な産後ダイエット

出産後の体はとてもデリケート。産後ダイエットにすぐ取り組みたい!と思っていても、しっかりと体調を整えておく必要があります。ただし、産後ダイエットを怠ると太りやすい体の状態が維持されて痩せにくくなってしまうので要注意。妊娠前の体重にまで戻すことが産後ダイエットでは必要になってきます。正しい方法を取り入れて、健康的に痩せるのがベスト。

出産後は慣れない育児など、いろいろな負担がかかりやすいので無理をせずに産後ダイエットに取り組むのがおすすめ。産後ダイエットに取り組むことができる時期を知り、痩せやすい環境を作ることが最も大切になります。そんなときに役立つ産後ダイエットのおすすめ時期や出産後に取り組める効果的な運動方法をまとめました。おすすめの産後ダイエットを取り入れて、健康的に痩せましょう!

産後ダイエットをはじめる時期は1ヶ月後から

検診でお医者さんのOKが出てから

産後は体力を激しく消耗しているので、すぐにダイエットに取り組むのはNG。赤ちゃんとの新しい生活に慣れるという意味でも、育児にしっかりと専念する必要があります。産後ダイエットをはじめる時期は、だいたい出産から1ヶ月後。かかりつけのお医者さんの検診を受け、しっかりと体調が回復しているのを確認してから始めるようにしましょう。

激しい運動や食事制限は避けて

1ヶ月を過ぎたからとすぐに激しい運動や食事制限をして産後ダイエットをはじめるのはやめましょう。無理なダイエットや育児が重なることで体調を崩しやすくなってしまいます。産後ダイエットを始めるときは、ゆっくりとしたペースで徐々に行うのがベスト。運動はすぐに激しいものを行うのではなく、産褥体操をはじめとした軽い運動から始めましょう。急に激しい運動を行うと体に異常をきたす場合があります。

食事に関しても、バランスのとれた食材をしようするのがベスト。赤ちゃんの健やかな成長ためにも、お母さんが健康的な状態をキープすることが大切になります。特に母乳育児をしているときはお母さんが食べたものが赤ちゃんの栄養になるので、バランスをとっておきたいですね。

帝王切開の場合はいつから産後ダイエットを始められる?

傷口がしっかり完治するのを待って

帝王切開を行った場合は自然分娩よりもさらに体力を消耗している場合があります。自然分娩のときは1ヶ月を過ぎたあたりから徐々に産後ダイエットに入れますが、帝王切開を行ったときはさらに2ヶ月は間をあけるようにしましょう。帝王切開をした後しばらくは傷口が痛み、動くのも大変ですよね。そんなときにダイエット目的の運動をしたら、さらに傷口の治りが遅くなることがあります。

いつからかはお医者さんとしっかり相談して時期を決めよう

帝王切開をした場合の産後ダイエットは2ヶ月後が目安ですが、しっかりとお医者さんと相談することが大切になります。お医者さんに傷口の治り具合をチェックしてもらい、産後ダイエットに入っても良いかどうかのお墨付きをもらえば安心。お医者さんに相談せず無理なダイエットを行うと母体に悪影響を与える場合があるので、十分に気をつけてくださいね。

産後ダイエットで痩せやすい時期はいつから?

脂肪燃焼がしやすく痩せやすい

出産後、6ヶ月以内は妊娠中に蓄積した脂肪が燃焼されやすいと言われています。産後ダイエットを効率的に行うには、この時期を目安にするのがおすすめ。妊娠中に蓄積した脂肪をそのままにしていると溜まったままで定着してしまうこともあるので、痩せやすい時期を狙って効率的なダイエットを行いたいですね。

産後1〜2ヶ月を過ぎたら徐々にダイエットをはじめて理想体重へ近づくようにしましょう。6ヶ月を目標日に設定しておけば、ダイエットのやる気も出そうですね。ぜひこの期間を目安にしてみてください。

無理のない範囲で行うのがおすすめ

6ヶ月以内が脂肪燃焼しやすい時期だからといって、慌てて無理なダイエットを行うのはNG。この期間はあくまで目安なので、無理をして産後ダイエットを行う必要はありません。無理なダイエットは体調不良の原因になってしまうので、気をつけてくださいね。体に負担をかけないような方法でダイエットを行い、効率的に痩せていきましょう。

簡単な産褥体操から産後ダイエットを始めるのがおすすめ

産褥体操はいつからできる?

産後の体力回復に役立つとされているのが産褥体操。出産をしてから比較的すぐに始められるので、体調管理をしっかり行いたいときに最適です。産褥体操はダイエット目的の運動ではありませんが、適度に体を動かしておくことで痩せやすい体の状態を作れるようになるのが嬉しいポイント。

出産直後の体操|妊婦体操・産後の体操(産褥体操)|明治プレママクラブ・ほほえみクラブ - YouTube

出典:YouTube

産褥体操の詳しい方法は動画をチェックしておきましょう。産褥体操の方法をわかりやすく解説してくれています。産褥体操は子宮の回復や母乳の促進など、お母さんに嬉しい効果がたくさんあるのが魅力的なポイント。産後のちょっとした時間を使って、ぜひ産褥体操を取り入れてみてくださいね。

ゆるんだ筋肉を徐々に引き締める

退院後の体操|産後の体操(産褥体操)|明治ほほえみクラブ - YouTube

出典:YouTube

こちらは病院から退院した後にできる産褥体操の方法です。妊娠や出産でゆるんだ筋肉を引き締める効果があると言われているので、ゆっくりと行って体を鍛えていきましょう。体が疲れてしまうくらいに行ってしまうと母体に悪影響なので、あくまで軽い運動程度に行うのがポイント。産褥体操を上手に取り入れて、体力の回復につとめてください。

産後の体型のゆるみは骨盤の開きが原因

骨盤を戻すことが産後ダイエットの近道

出産後に体型が崩れてしまった、お腹の出っ張りがひどくなった、という話を聞きませんか?それは骨盤が正常な状態に戻っていないからかもしれません。出産時、赤ちゃんが産道を通りやすくするためにお母さんの骨盤は開いた状態になります。出産した後も骨盤が開いた状態が続くことで体型が崩れ、脂肪もたまりやすい状態に。産後は骨盤を戻すことが大切になります。

骨盤は通常、3〜4ヶ月もすると正常な状態に戻ると言われていますが、姿勢が悪かったりすると開いたままの状態が続いてしまうことも。そういった場合はしっかりと骨盤を矯正して、開いた状態を戻す必要があります。体型崩れがきになるな、というときはぜひ骨盤矯正を取り入れてみましょう。

矯正下着や整体などを活用して

日常生活の中で骨盤矯正をするのにぴったりなのが矯正下着。身につけているだけで姿勢を良くし、骨盤の開きも矯正してくれるので効率的です。育児で忙しくてなかなか骨盤矯正ができない、という方は取り入れてみてはいかがですか。

時間があるときは整体やマッサージに出かけてプロによる骨盤矯正をうけるのもおすすめ。定期的に通うことで開いた骨盤を戻せるようになります。自分にぴったりな方法でしっかり骨盤矯正を行ってくださいね。

体が慣れてきたら骨盤スクワットで産後ダイエット

骨盤スクワットを始めるのはいつから?

骨盤を矯正するのに効果的と言われているスクワットを取り入れるのもおすすめです。短時間で簡単に行うことができるので、育児で忙しいときもチャレンジしやすいですね。骨盤スクワットをはじめるのは、出産から1ヶ月過ぎたあたりにしましょう。事前に産褥体操を行っておくと体が動きやすくなりますよ。

骨盤スクワットのやり方を動画で解説 - YouTube

出典:YouTube

骨盤スクワットのやり方は動画をチェック。膝ではなくお尻の部分に体重をかけることを意識するのがポイントです。骨盤の開きを直せるだけでなく、脂肪燃焼効果も期待できるので産後ダイエットにぜひ取り入れてみましょう。

やりやすい頻度で長く続けよう

3分で歪み矯正☆美脚になれる骨盤調整スクワット - YouTube

出典:YouTube

初めて骨盤スクワットを取り入れるときは、1日3分程度行ったら2日間は休むなど負担にならないようにすることが大切。急にたくさんの運動を行うと体のストレスになってしまいます。慣れてきたら徐々に頻度を増やしていくのが良いですね。やり過ぎは体に悪影響を与える場合があるので、自分の体にちょうど良い頻度で行ってください。

母乳育児をするだけでも体重が落ちる

出産後には体重が落ちやすくなる

出産後は、赤ちゃんとともに羊水や胎盤などが出てくるので、それだけで4〜5kgほど体重が落ちることがあります。出産によって落ちた体重にプラスしてさらに体重を落としたいときに産後ダイエットを行うと良いでしょう。

母乳育児はカロリー消費が激しい

母乳育児は1日に800〜1000kcalほど消費すると言われており、それだけで十分なダイエットになります。赤ちゃんをしっかりと育てるためにお母さんも栄養バランスのとれた食事をとって、健康的な母乳を出してくださいね。ダイエットをしたいからと食事制限をすると赤ちゃんの健康を害する恐れがあります。

出産後はどのくらいの体重を落とすのがベスト?

妊娠前の体重を目標に

産後ダイエットは、妊娠前の体重を目標として行うのがおすすめ。あまりにも痩せすぎてしまうと、体力の回復が遅れたり、体調を崩しやすくなったりしてしまいます。健康的な体重になることを基本として、産後ダイエットを行いましょう。

いつから産後ダイエットを始めれば良いか知って、健康的に痩せよう!

体力を消耗している産後に過激なダイエットを行うのはNG。体調を管理しながら適正体重になるようにすることが大切です。お医者さんとも相談しながら、自分に最適なダイエットを行ってくださいね。

合わせて読みたい!妊娠・出産に関連した記事

関連するまとめ

花がつく名前の女の子がかわいい!漢字やその意味やイメージを調査!のサムネイル画像

花がつく名前の女の子がかわいい!漢字やその意味やイメージを調査!

娘が生まれると分かりかわいらしい名前を考えているパパ・ママ☆「花」の…

あゆみみかん

赤ちゃん・新生児用レッグウォーマー選び方!体温調節におすすめのサムネイル画像

赤ちゃん・新生児用レッグウォーマー選び方!体温調節におすすめ

赤ちゃんのレッグウォーマーって、小さくて可愛らしいですよね。これ、可…

tommy

年子とはなに?育児の大変な点やメリット・デメリットについて調査のサムネイル画像

年子とはなに?育児の大変な点やメリット・デメリットについて調査

「年子」という言葉をご存知ですか?一人目が産まれてその次の年に続けて…

h.neco0727

赤ちゃんの抱っこの仕方やコツは?!嫌がる・落ち着く抱き方や注意点は?のサムネイル画像

赤ちゃんの抱っこの仕方やコツは?!嫌がる・落ち着く抱き方や注意点は?

赤ちゃんを抱っこする時って「本当にこの抱き方でいいのかな?」と、ちょ…

myuno196

妊娠中の便秘解消法を知りたい!簡単に改善できる方法はある?のサムネイル画像

妊娠中の便秘解消法を知りたい!簡単に改善できる方法はある?

妊娠中にはつわりなどでストレスも溜まってしまうものですが、便秘も悩み…

秋山ナオ

赤ちゃんのパジャマはいつから?春夏秋冬別選び方・おすすめ商品紹介のサムネイル画像

赤ちゃんのパジャマはいつから?春夏秋冬別選び方・おすすめ商品紹介

赤ちゃんってパジャマを着るの?なんてふと疑問に思ったことはありません…

aeca

ベビースイミングの効果は?赤ちゃんの時にやるメリット・デメリットとは?のサムネイル画像

ベビースイミングの効果は?赤ちゃんの時にやるメリット・デメリットとは?

子供の習い事で人気のスイミング。赤ちゃんのころから通うことができる「…

ayamaron

歯固めの石(お食い初め用)はどこで用意する?代用法・使用後は?のサムネイル画像

歯固めの石(お食い初め用)はどこで用意する?代用法・使用後は?

出産した後は、子供の成長を願ったお祝いのイベントが続きます。記念に色…

nobii

赤ちゃんの髪の毛カット・切り方は?簡単で上手な散髪のやり方・コツのサムネイル画像

赤ちゃんの髪の毛カット・切り方は?簡単で上手な散髪のやり方・コツ

赤ちゃんの髪の毛カットは初めてだと切り方や注意点など分からずに困って…

watanebe

赤ちゃんのハイハイの時期はいつ?練習方法やしない教え時え方まとめのサムネイル画像

赤ちゃんのハイハイの時期はいつ?練習方法やしない教え時え方まとめ

赤ちゃんが寝返りが打てるようになったりお座りが出来るようになってくる…

はるまママ

赤ちゃん用ガーゼ・ハンカチの選び方!おすすめ商品や何枚必要かも紹介のサムネイル画像

赤ちゃん用ガーゼ・ハンカチの選び方!おすすめ商品や何枚必要かも紹介

出産準備品として記載されているガーゼ類、どれくらいの枚数用意しました…

岡田あやの

赤ちゃんのクリスマスプレゼントにおすすめは?人気の商品まとめのサムネイル画像

赤ちゃんのクリスマスプレゼントにおすすめは?人気の商品まとめ

赤ちゃんへのクリスマスプレゼントって、いったいどんな物が喜ばれるので…

みちゅまる

赤ちゃんの椅子・おすすめベビーチェアまとめ!離乳食時に最適な商品は?のサムネイル画像

赤ちゃんの椅子・おすすめベビーチェアまとめ!離乳食時に最適な商品は?

赤ちゃんの生活で必要になってくると思われるのがベビーチェア。しかしそ…

aeca

新生児の視力はいつから見える?赤ちゃんの目の発達過程について調査のサムネイル画像

新生児の視力はいつから見える?赤ちゃんの目の発達過程について調査

新生児の視力ってどのくらい?赤ちゃんがじっと何かを見ていたり、笑った…

you

赤ちゃんに贈るぬいぐるみ!選び方やプレゼントにも人気のかわいい商品のサムネイル画像

赤ちゃんに贈るぬいぐるみ!選び方やプレゼントにも人気のかわいい商品

育児に欠かせないぬいぐるみは、赤ちゃんの成長・知育のためにも必要なア…

karin

赤ちゃん・新生児との遊び方を調査!発育と成長を促すあやし方とは?のサムネイル画像

赤ちゃん・新生児との遊び方を調査!発育と成長を促すあやし方とは?

生まれてすぐの新生児や赤ちゃんとの遊び方ってどうしたら良いかわかりま…

みちゅまる

節分の豆まきの由来や意味とは?保育園児や子供向けに簡単に紹介するコツのサムネイル画像

節分の豆まきの由来や意味とは?保育園児や子供向けに簡単に紹介するコツ

節分とは「豆まきをして悪い鬼を追い払う行事」とは分かっていても、子供…

snow_lily

赤ちゃんの手作りおもちゃのアイデア集!簡単に作れる作成例まとめのサムネイル画像

赤ちゃんの手作りおもちゃのアイデア集!簡単に作れる作成例まとめ

赤ちゃんのおもちゃっていろいろ売られていますが、実は手作りのおもちゃ…

みちゅまる

1歳半赤ちゃんの成長やできることは?イヤイヤ期の対処法なども紹介のサムネイル画像

1歳半赤ちゃんの成長やできることは?イヤイヤ期の対処法なども紹介

1歳半の赤ちゃんはできることもどんどん増えてきます。新生児から比べる…

234

赤ちゃんの首すわりの時期はいつ?確認・判断方法や練習方法を紹介のサムネイル画像

赤ちゃんの首すわりの時期はいつ?確認・判断方法や練習方法を紹介

赤ちゃんの首すわりの時期はいつ?子育てが初めてのママも段々と赤ちゃん…

みんみん

kon_w

ファッションやコスメが大好きです!ためになる情報をたくさん発信していきたいと思います★

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ