赤ちゃんがミルクを飲まないのはどうして?

育児をしている中で赤ちゃんにミルクをあげる事は1番多い場面だと思います。赤ちゃんがミルクを飲まない・口に哺乳瓶を近づけても口を開けない・無理にあげようとすると大泣き等、多々あるかと思います。赤ちゃんがミルクを飲まない理由として考えられるのは、母乳とミルクを飲ませている混合栄養している場合や、ミルク自体を気に入っていないという事です。

この様な様子になるのは生まれて1~3ヶ月の赤ちゃんに見られる現象です。育児をしていて混合栄養していてミルクを飲まないのなら、母乳と同じ様な成分が入っているミルクを選んであげると、赤ちゃんがミルクを飲んでくれるかもしれません。そして、ミルクだけで赤ちゃんを育てている場合は飲まない理由として、ミルクの味自体が濃かったりの薄かったり等の原因もあります。

そうなった場合は、ミルクの量を増やしたり減らしたりして赤ちゃんの好みに合わせて作ってあげましょう。しかし、メーカーが指定している量を超えてしまうと、栄養不足や消化器に負担がかかってしまうので注意してあげて下さい。ミルクを飲まないと成長も止まってしまうので、ママからすれば心配ですよね。

赤ちゃんがミルクを飲まない、哺乳瓶を確認してみよう!

ミルクの量を変えたり、メーカーを変えたりしても赤ちゃんがミルクを飲まない場合もありますよね。その場合は、育児をしている時に哺乳瓶を確認してあげる事がポイントです。哺乳瓶には、いろいろな種類の乳首があるのです。乳首の部分の素材が気に入らなかったり、硬すぎる・形や大きさ・ミルクの出方等、赤ちゃんがミルクを飲まない原因は沢山あります。

口元に持って行き飲まそうとしても、何か違うと赤ちゃんが感じたら、口から乳首を押し出す事があります。赤ちゃんに合っていない乳首だと、空気をミルクを一緒に飲んでしまって、ゲップが溜まってしまってお腹がしんどくなったり、ミルクを吐いてしまう原因にもなってきます。あと、考えられるのは乳首の穴の大きさでミルクを拒否している事もあります。

穴が小さくて出が悪い穴だと、赤ちゃんが飲む事に疲れてしまって飲まなくなります。この時見てあげるポイントは赤ちゃんの鼻の頭です。汗がかいて必死に飲んでいる事が確認できます。逆に穴が大きすぎて、ミルクの出が良すぎてしまうと、沢山のミルクが一気に口に入るので、口からこぼれたり、飲んだ後に吐いてしまう原因になってきます。

赤ちゃんがミルクを飲まない時の哺乳瓶対策法

とにかく初めは、哺乳瓶や乳首の種類を変えてあげる事が大切です。赤ちゃんにあっていないからといって諦めず、赤ちゃんの様子を見てあげましょう。そして、離乳食が始まったら、哺乳瓶自体を嫌がる事もあります。いろいろな乳首で試しても嫌がるのであれば、赤ちゃん用のスプーンであげてみたりして下さい。コップで飲みやすくしてあげる事もポイントです。

赤ちゃんがミルクを飲まない時は、育児中に沢山の哺乳瓶を試してお気に入りを探してあげましょう。もしかすると、自分に合っていれば赤ちゃんがわかってくれて、ごくごくミルクを飲んでくれるようになるかもしれませんよ。

赤ちゃんがミルクを飲まないのはママのおっぱいが大好き

赤ちゃんが大きくなるとお出かけしたり、ママが出かけるとなると哺乳瓶が便利ですよね。赤ちゃんはやはりミルクを哺乳瓶で飲むかより、ママのおっぱいが大好きです。ミルクだと飲まない赤ちゃんも多くて、急に母乳じゃなくしてしまうと、もちろん赤ちゃんもびっくりしてしまいますよね。しかし赤ちゃんにも哺乳瓶でも大丈夫だからね。と根気よく育児中に教えてあげましょう。

出来れば、1度ミルクをあげるのをママじゃない人があげてみましょう。おっぱいをあげるのはママなので、ママがミルクをあげてしまうとおっぱいをくれると思ってミルクを飲まない原因になる事もあります。対策法として、パパやおじいちゃん・おばあちゃんがミルクをあげてみて下さい。もしかすると、飲まなかったミルクを飲んでくれるようになるかもしれませんよ。

混合育児の場合は母乳に近い温度でミルクをあげよう

産れてからずっと母乳だけで育てていて、ミルクに切り替え様としたり混合でミルクを飲んでいる赤ちゃんは母乳を基準にしていて、ミルクを飲むか飲まないか判断しているのです。ミルクを作るのに1番難しいのは温度です。少しでも熱すぎたり、逆に冷たすぎたりしてしまうと飲んでくれないという事になります。人肌程度の40°がおすすめと聞きますが赤ちゃんが母乳に近い温度と感じれるのがポイントです。

赤ちゃんがミルクを飲まないのはミルクの味が原因?

ママ達も育児をしていると知っていると思いますが、ミルクには沢山のメーカーがありますよね。ほぼほぼミルクは母乳に似ている成分で作られています。しかし、メーカーによって味は違ってきます。産れたての赤ちゃんだとあまりそれに気づかないみたいですが、1~3ヶ月頃になると違いがわかってくるみたいです。あとは、ミルクの濃さ等で嫌がっている事もあり得ます。

粉ミルクの良い所は、しっかり計る事で適量なオリゴ糖を摂取できます。ですが、ミルクを薄めに作ると腸内環境が悪くなってしまって便秘になる事があります。ミルクで下痢になる事もあるのでママは注意して下さいね。ミルクを飲んでくれる対策法として、今あげているメーカーと違うのをサンプルを取り寄せてみてあげてみて下さい。

赤ちゃんがミルクを飲まないのは溶かしている水がイヤ

白湯だったりジュース・麦茶は哺乳瓶で飲んでくれるのにミルクは飲まない・様々なメーカーのミルクを使ったり、ミルクの分量を増やしたり減らしたりしても赤ちゃんがミルクを飲まない。その場合は、ミルク用に使っているお水を確認して下さい。もともと日本の水はほとんどが赤ちゃんのミルク作りに使っても問題のない軟水ですが、まれに硬水に近い硬度を持っている水もあります。

マグネシウムやカルシウムが多く含まれている水で作ったミルクは、赤ちゃんの味覚に悪影響を与えてしまい下痢になってしまう原因になる事もあるのです。何より味が美味しくなくなってしまうのです。ポイントは海外の水はほとんどが硬水なので、使わない方がいいです。後は、ウォーターサーバーでミルクを作っているママは採水地と硬度を1度確認してみて下さい。

ミルクの温度がイヤで赤ちゃんが飲まない

ミルクの適度な温度は、40度前後の人肌ですがきっちりとわかるのには困難ですよね。もしかすると、熱すぎ、冷めすぎという事もあります。特に夜中だと疲れてで寝ぼけてミルクを作ってしまって、ミルクが熱すぎて飲まないという事もあります。ミルクの温度が丁度良いか、悪いかはママが決めるのでは無く、赤ちゃんが決めるのです。

普段飲んでいるミルクが熱めだと、いつもよりぬるかったり、冷めすぎたりしていると赤ちゃんはミルクを飲まない場合もあります。今では便利なグッズもあって、哺乳瓶に巻き付けるだけで、ミルクを溶かすのに丁度いい70度や、飲み頃の40度が計れる「のみごろチェッカー」というグッズもおすすめです。簡単に確認できるという所もポイントです。

新米ママやパパでも赤ちゃんにミルクが熱くてやけどさせてしまったり、冷たすぎてお腹を壊させてしまう事も無く、安心してミルクを赤ちゃんにあげれ、飲んでくれる対策法になりますよ。

そもそも赤ちゃんがミルクを飲まないのはお腹が空いていない

母乳とミルクの混合で育児をしていて、母乳をあげた後に足りていないかもと心配しミルクをあげているママは多いと思います。しかし、赤ちゃんはすでに母乳でお腹がいっぱいでミルクをあげても嫌がって飲まない事があります。飲まないのではなくて、お腹がいっぱいという事をわかってあげる事も必要です。

赤ちゃんはお腹が空いている時だけでなく、甘える時もおっぱいを欲しがってきますよね。なので、哺乳瓶が嫌で飲んでくれない子の場合は、母乳を上げてから少し時間をおいてミルクをあげて下さい。そうゆう風にしてもミルクを飲まない時は、無理矢理あげずに数日経ってから赤ちゃんのお腹が空いた時にあげましょう。

赤ちゃんがミルクを飲まないのは食に興味を持っていない

赤ちゃんが5ヶ月位になると、離乳食がスタートしますよね。そうなると自分の子の食に対する関心が少しでも見える様になる時が出てきます。食べる事に興味や関心が無い赤ちゃんは、ミルクをあまり飲んでくれません。母乳だったり、お茶やジュースは沢山飲んでいるのになんでだろうと思うかもしれませんが、それはもともとのミルクの味が好きじゃないという事も考えられます。

この場合の対策法は無理にミルクをあげてもきっと飲まないので、赤ちゃんのお腹が空いているタイミングを確認してあげる様にしましょう。

いろいろな環境が原因で赤ちゃんがミルクを飲まない

用事があって出かけたり、急いだりする際に早くミルクを飲ませないと!と思ってしまってママ自身の都合で焦りながら赤ちゃんにミルクをあげる事があるかと思います。そうなると赤ちゃんはママの気持ちを敏感に察知します。そしてママの抱っこがいつもと違ったり、落ち着かない・気温によって暑い、寒いなどその時の環境を良く思っていないとミルクを飲まない原因になります。

ポイントは赤ちゃんにミルクを飲ませる時は、出来るだけママも急いでいなくて落ち着いている状態でお互い目を見合ってミルクを飲ませてあげて下さい。赤ちゃんが暑いのか寒いのかいつでも確認できる様に温度計を置いておきましょう。

暑いのかな?と思ったら赤ちゃんの背中に手を当て、汗をかいていたら服を1枚脱がしてあげましょう。逆に、唇の色が悪かったりする場合は、体調が悪かったり寒い事を示すので、1枚服を着せてあげて下さい。赤ちゃんの体調を知る事も大事な対策法になりますよ。

ミルクアレルギーが原因で赤ちゃんがミルクを飲まない事も

育児中赤ちゃんにミルクをあげた時に、激しく嫌がったり、飲んでくれたと思っても吐き出してしまったりする事があります。その場合赤ちゃんがミルクアレルギーになっているかもしれません。少ない確率ですが、粉ミルクに含まれているカゼインやたんぱく質に過剰に反応してしまって起こっているのです。産れて3ヶ月以内にミルクアレルギーが発症されて、血便や嘔吐、下痢等の症状が出ると言われています。

新生児の場合すぐに対処してあげないと脱水症状になってしまうという事もあるので、自分の子も確認してその際ミルクを飲んですごく吐いたり下痢が酷い時は病院へ連れて行く事がポイントです。ミルクアレルギーだった場合でも対策法はあります。

ミルクアレルギーの診断が出た場合、ミルクアレルギーの赤ちゃん専用の粉ミルクに切り替えてあげましょう。心配しなくてもミルクアレルギーは自然に症状は改善されます。1歳前後になるとほぼほぼ乳製品が食べれる様になってくるので、安心してください。

赤ちゃんがミルクを飲まないのは意識がそっちのけ

赤ちゃんがミルクを飲まない原因として、ミルク以外の他の事に原因が出てきて、それどころじゃなくなっている場合があります。赤ちゃんはもともと好奇心が旺盛で、いろんな事に興味を持ってしまいます。スマホから何か聞こえたり、テレビがついていたりすると、そっちに意識がいってしまって『ミルクを飲む』という事に集中できなくなるのです。

せっかく温かいミルクを用意してあげてもミルクを飲んだり飲まなかったりするうちに、温度も下がってしまって飲みにくくなって最終的に十分な量が飲めなくなるのです。赤ちゃんにミルクを飲ませる時は、出来れば静かな所で刺激が無い所を選んでミルクを飲ませてあげて下さい。

赤ちゃんがミルクを飲まない時の簡単にできる対策法

赤ちゃんがミルクを飲まない事で困っているママは育児をしていると沢山いらっしゃるかと思います。新米ママだったりすると、あたふたしちゃってどうしたらいいかわからなくなってしまうかもしれません。ここで簡単ですぐにできる対策法をいくつか紹介します。

ミルクの味を変えてみよう

1番最初に試せるのが、ミルクの味を変えてみる事です。普段飲んでいるミルクでも味を薄くしたり、濃くするだけで飲んでくれたりもします。夏場は少し温度を冷ましてみたり、冬場は熱めにしてあげてみるなど、試してみて下さい。

遊んでお腹を空かせてあげよう

寝ている事の多い時期は、丸々しててムチムチの赤ちゃんが多くなります。単に栄養がいっぱいでミルクを受け付けていない時はママが一緒に遊んであげましょう。遊ぶ事でお腹が空いて、ミルクを飲んでくれます。遊んであげると消化が促されてミルクを欲しがる様になります。ミルクは6時間位なら飲まなくても大丈夫なので赤ちゃんのお腹が空くのを待ってあげましょう。

ミルク以外を飲ませる

赤ちゃんがミルクを飲まないのなら、とりあえずミルク以外の飲み物を上げてみましょう。しかし、月例が早い時にジュースやお茶ばかり飲ませすぎてしまうとミルクを飲まなくなってしまうので、ミルクの口休め程度にあげる事がポイントです。

赤ちゃんがミルクを飲まないまとめ

自分の子が混合で育児をしているママならまだしも、完全にミルクで育てている赤ちゃんだと、ミルクを飲まないとなってしまうとママは不安ですよね。大丈夫ですよ。育児をしているとわかる様に日々の赤ちゃんの気分で変わってくるものです。ミルクを飲まないのはなぜかしっかり確認してあげて、赤ちゃんがミルクを飲める様な対策法をみつけてあげるのがポイントです。すくすく育ててあげましょう。

関連するまとめ

赤ちゃんにも使える柔軟剤!ベビー服の洗濯におすすめの肌に優しい商品は?のサムネイル画像

赤ちゃんにも使える柔軟剤!ベビー服の洗濯におすすめの肌に優しい商品は?

産まれたばかりの赤ちゃんの肌は柔らかくて、ちょっとした擦れでも赤くな…

はるまママ

歯固めの石(お食い初め用)はどこで用意する?代用法・使用後は?のサムネイル画像

歯固めの石(お食い初め用)はどこで用意する?代用法・使用後は?

出産した後は、子供の成長を願ったお祝いのイベントが続きます。記念に色…

nobii

赤ちゃんのうつ伏せ寝はいつからいい?練習方法や注意点・危険性まとめのサムネイル画像

赤ちゃんのうつ伏せ寝はいつからいい?練習方法や注意点・危険性まとめ

赤ちゃんは、うつ伏せ寝が大好き!うつ伏せ寝がお腹の中にいた時の状況に…

nebyo13

子供が欲しくない理由とは?女性・妻の子供が欲しくない訳は何故?のサムネイル画像

子供が欲しくない理由とは?女性・妻の子供が欲しくない訳は何故?

みなさんは子供を欲しいと思いますか?今回は子供が欲しくない理由は何で…

ヒロシ

トイレトレーニングパンツでおすすめは?洗い方や必要な枚数を調査のサムネイル画像

トイレトレーニングパンツでおすすめは?洗い方や必要な枚数を調査

育児の最難関課題といえばオムツはずしですね。どうやってトイレを覚えて…

持田リカ

チョコレートは何歳から子供に与えていいの?1歳からって本当?のサムネイル画像

チョコレートは何歳から子供に与えていいの?1歳からって本当?

チョコレートは何歳から食べさせて良いのか悩むママたちが結構いらっしゃ…

高橋 真奈美

赤ちゃん・幼児教育法について調査!頭のいい子にするため脳を育てる方法のサムネイル画像

赤ちゃん・幼児教育法について調査!頭のいい子にするため脳を育てる方法

赤ちゃんが我が家にやってきた時、この子を幸せにするにはどうすればいい…

pinoco

妊娠初期の腹痛について。出血・下痢・チクチクはいつまで続くの?のサムネイル画像

妊娠初期の腹痛について。出血・下痢・チクチクはいつまで続くの?

妊娠初期のチクチクとした腹痛や出血や下痢は、いつまで続くのだろう、と…

藤本有紗

赤ちゃんや新生児が寝すぎるのはよくない?原因と知っておきたい病気の知識のサムネイル画像

赤ちゃんや新生児が寝すぎるのはよくない?原因と知っておきたい病気の知識

生まれてすぐの赤ちゃん・新生児はお肌もプニプニしていて可愛いですよね…

tomo0923

赤ちゃんのバスタオルでおすすめは?選び方や何枚くらい必要かも調査のサムネイル画像

赤ちゃんのバスタオルでおすすめは?選び方や何枚くらい必要かも調査

赤ちゃんの柔らかくて繊細な肌を守るためには、赤ちゃん専用のバスタオル…

234

妊娠中の便秘解消法を知りたい!簡単に改善できる方法はある?のサムネイル画像

妊娠中の便秘解消法を知りたい!簡単に改善できる方法はある?

妊娠中にはつわりなどでストレスも溜まってしまうものですが、便秘も悩み…

秋山ナオ

新生児の抱き方・抱っこの注意点・コツは?基本姿勢や授乳姿勢まとめのサムネイル画像

新生児の抱き方・抱っこの注意点・コツは?基本姿勢や授乳姿勢まとめ

この世に生を受けて誕生した生まれたての赤ちゃんを「新生児」といいます…

kokoro

貧血予防におすすめの飲み物・食べ物まとめ!あのお菓子も有効?のサムネイル画像

貧血予防におすすめの飲み物・食べ物まとめ!あのお菓子も有効?

貧血に悩まされている女性のために、貧血予防に効くおすすめの飲み物や食…

美海

赤ちゃんのコップ飲みはいつから?コツ・練習方法やおすすめ商品紹介のサムネイル画像

赤ちゃんのコップ飲みはいつから?コツ・練習方法やおすすめ商品紹介

自分の赤ちゃんがなかなかコップ飲みをしてくれない、とお困りのママは多…

aeca

赤ちゃんの寝返りはいつから?しない理由や練習方法・時期について調査のサムネイル画像

赤ちゃんの寝返りはいつから?しない理由や練習方法・時期について調査

赤ちゃんの寝返りする姿を初めて見ると成長したんだと感動します。赤ちゃ…

yu-mo

新生児の原始反射とは何?赤ちゃんに見られる動き・種類を知ろうのサムネイル画像

新生児の原始反射とは何?赤ちゃんに見られる動き・種類を知ろう

新生児の原始反射ってご存知ですか?赤ちゃんに生きていく上で備わってい…

だいごろう

リビング学習のおすすめレイアウトは?メリットやデメリットも紹介のサムネイル画像

リビング学習のおすすめレイアウトは?メリットやデメリットも紹介

子供の勉強って何処でしていますか?最近子供の学習法でリビング学習が良…

だいごろう

里帰り出産のお礼の相場は?渡すタイミングやマナーについてまとめのサムネイル画像

里帰り出産のお礼の相場は?渡すタイミングやマナーについてまとめ

里帰り出産では出産前はもちろん、出産後の赤ちゃんのお世話まで実母、ま…

kta

ペットボトル用ストローで飲む!100均おすすめキャラクターまで♪のサムネイル画像

ペットボトル用ストローで飲む!100均おすすめキャラクターまで♪

最強グッズ、ペットボトル用ストロー。これさえあれば、外でも中でも楽チ…

すばたりあん

赤ちゃんの保湿対策におすすめは?安心のクリーム・ベビーローション紹介のサムネイル画像

赤ちゃんの保湿対策におすすめは?安心のクリーム・ベビーローション紹介

赤ちゃんの存在は、この世にまるで天使が舞い降りたみたいに心が温かくな…

kokoro

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ