年々透明感がなくなっていく!肌のくすみは美容の敵

年齢を重ねるごとに肌のくすみが気になるようになったという方も多いのではないでしょうか?くすみがあるとなんだか顔の印象が暗くなってしまい、いくら化粧をしても老けて見えます。

顔のくすみは女性にとってとても厄介なものであり、一度くすみだすとなかなか改善しなくなり、徐々に広がってより治りにくくなってしまうのです。くすみも病気や肌荒れ同様事前のケアや早めの対策によって重症化を防ぐことが出来ます。

肌のくすみのせいでアイシャドウやリップすらきれいにはえない肌になってしまうことも。事前の予防や早めの対策で対処するのが一番です。

肌のくすみは疲れ顔の原因でもあります。くすみがあるだけで艶やハリまで失われて見えてしまうのです。

年齢のせいとあきらめていない?肌のくすみは年齢に関係ない!

そんな美容の敵である肌のくすみは年齢とともに気になってくるものと年齢のせいにして諦めていませんか?実はくすみは年齢だけが原因ではなく日ごろの間違ったスキンケアが原因で起こってしまう場合もあります。

くすみは年齢によって起きているとは限りません。ではどのようなことが原因でくすみは起こってしまうのでしょうか?肌のくすみの原因を知れば対策方法も見つけやすくなり、くすみを解決することが出来ます。

肌のくすみはどうして起こる?

肌のくすみは様々な理由で起こってしまいます。日ごろのスキンケア、食生活、そして生活習慣によっても実は起こっているのです。肌のくすみを軽減するにはそれらの原因をできるだけおさえ、より肌に良い食生活や生活習慣を行う必要があります。

肌により良い生活を送るためには具体的な理由がわかればさらに効率よく改善することが出来綺麗な若々しい肌に早く生まれ変わることが出来ます。では具体的な肌にくすみの原因を探すために重要なくすみの種類をご紹介していきます。

くすみにも種類がある?肌のくすみの種類

くすみの原因を知るにはまずくすみの種類を判断しておくのが一番くすみの改善方法として手っ取り早いです。様々なくすみの種類はいろいろな原因によって起こり、誤った改善方法ではなかなか改善してくれない厄介なものになります。

私たちの美容の敵ともいえるくすみは、誤ったスキンケア方法によって起こってしまうものや、生活習慣や食生活によって起こってしまうものがあり、原因を知らなければ予防すらできません。美白のスキンケア用品を使っているからといって安心はできないのです。では早速肌がくすんでしまうくすみの種類をご紹介していきます。

乾燥が原因のくすみ

肌は乾燥することによりハリが失われ肌が劣化していくためくすみが発生してしまいます。保湿力のある美容液などを使用し肌が乾燥しないように保つ必要があります。

メラニンによるくすみ

皮膚は紫外線や傷跡にメラニンを合成してしまいます。メラニンを合成することにより肌全体の色素が濃くなってしまいくすみの原因となってしまうのです。メラニンを抑えるためには日々の日焼け止めやニキビなどの炎症を抑える必要があります。

血行不良によるくすみ

顔の皮膚が血行不良になることによりターンオーバーが行われなくなってしまいます。そうなると古い角質が溜まりくすみの原因となってしまうのです。マッサージなどで血行を良くしくすみを予防しましょう。

毛穴の汚れによるくすみ

洗顔が上手くできていなかったりすると毛穴に汚れが溜まりくすんで見えることがあります。毛穴の汚れを落とす洗顔料などもありますが、しっかりと泡立てたり、丁寧に洗うことによりいつもの洗顔でもくすみを世能することが出来ます。

コラーゲンの減少によるくすみ

コラーゲンの減少はハリも失われ毛穴も広がり肌全体をたるませてしまいます。肌のたるみはクマがよく目立つ原因になったり、顔全体を暗く見せてしまうくすみの原因になることもあるので気を付ける必要があります。糖質を抑えることによりコラーゲンの減少が抑えられますので注意して食事をとりましょう。

皮脂の酸化によるくすみ

化粧品を長時間肌に乗せておくことで起こる皮脂の酸化は、皮膚をくすませる原因にもなります。化粧が落とせる環境であればできるだけ化粧を落とすことにより皮脂の酸化を防ぐことが出来ます。

日々のスキンケアも原因に?!肌のくすみが起こる原因

くすみが起こる原因はくすみの種類によって変わり、原因によって予防方法や対策方法も違います。日ごろついついやってしまう行動や、スキンケアの方法が合わずくすみが発生している場合もあるので、何か一つのことを行えばくすみが解消されるというわけではありません。

そして一度くすんでしまった肌はなかなか治らず諦めているという方もこれから紹介する原因が該当しないかをよく考え、該当するようであれば控えるようにするのが賢明です。それだけで格段に肌のくすみが良くなる可能性がありますのでぜひ確認し行動を改めてみましょう。

ターンオーバーが上手く行われていない

くすんでしまう原因に一番多いのがターンオーバーが上手く行われていないことです。ターンオーバーは寝ている時間におこなわれ、睡眠時間が短いとあまりおこなわれなくなってしまうので注意する必要があります。睡眠時間はしっかり確保しましょう。

エイジング

どれだけケアをしても年齢によって生まれてしまうくすみもあります。肌がくすむ前の予防ももちろん大切ですが、くすんでしまった時のためにくすみを隠すメイク術を知っておく必要があります。化粧下地ひとつで印象が変わるので自分に合うものを使えるようにしておきましょう。

乾燥、日焼け

肌のくすみに多い原因の一つとして乾燥や日焼けも問題視されています。クーラーや暖房の使い過ぎは乾燥の元になりますし、日焼けもメラニンの合成の元になりますので注意しましょう。

寝不足、生活習慣の乱れ

寝不足や生活習慣の乱れはくすみだけではなく美容にとても悪いです。生活習慣を整えることでストレス軽減などにもつながるので、できるだけ心掛けるようにすると良いでしょう。

くすみに悩まない肌に!スキンケアの敵くすみの予防方法

くすみは肌トラブルとして是非避けたいものです。市販のスキンケア用品でもくすみ対策のものが販売されておりとても注目されています。もちろん高級な美容液や美容サロンに通えばそれなりにくすみが改善されるのかもしれません。

しかし根本的な原因がわからないとくすみはぶり返してしまい、結局お金をかけてもあまり変わらなかったということもよくあります。そうならないためにはくすみに効く予防法を日ごろから行っておく必要があり、もし肌がくすんできたときに対応できるくすみの改善方法を知っておくべきです。では肌のくすみの予防方法をご紹介いたします。

体を温める

くすみ予防には体を温め代謝を良くすることが効果的です。運動や入浴で体を温めましょう。

美白やうるおいのスキンケアを怠らない

数日に1回などでよいのでパックなどを行い美白やうるおいのスキンケアをしましょう。潤いはくすみ予防にとても効果的です。

規則正しい生活を送る

規則正しい生活は美容全般に良いです。ターンオーバーをしっかり機能させ、くすみの原因を取り除きましょう。

肌のくすみは改善できる効果的な改善方法

基本的には肌がくすむ前に対策を行っておくことで重症化が防げくすみにくい肌が手に入るのですが、やはり年を重ねるごとにくすみやすくなってきます。そんな時には効果的な改善方法がおすすめで、この方法を行うことにより肌のくすみを軽減することが出来ます。その方法とは、顔のマッサージやくすみに効果的な食材を取ること、肌のピーリングを行うことです。

顔はマッサージすることにより血行が良くなってターンオーバーや発汗など様々な活動が行われます。ターンオーバーや発汗は、肌質の改善や毛穴の汚れを溜まりにくくしてくれる働きがあり鼻や頬のくすみにとても効果的です。ピーリングは市販のピーリング用品で問題ありません。週1回程度行い剥がれきらなかった古い角質を取り除いてあげることで効果が期待できます。

顔のマッサージも効果的?肌のくすみを改善するマッサージ

顔のマッサージにはくすみ予防だけではなく小顔効果や美肌効果が期待できます。正しく行うことによりその効果のすべてを感じることが出来るのです。気になるマッサージのやり方は、まず鎖骨のくぼみを1分程度軽くもみほぐします。次に耳裏から首へ撫でるようにマッサージします。

この工程は顔のマッサージではとても重要で、怠ってしまうと逆に顔の老廃物が1か所にたまり吹き出物などの原因になってしまいます。次に顎の先からこめかみにかけ押し上げるように数回マッサージしていきます。次に頬の下から頬骨の横を通りこめかみに、頬骨から鼻筋、目の周りの骨格、こめかみというように一旦顔の中心にリンパを流してから外側に流していきます。

おでこは中心から生え際の方に流します。最後に耳裏から鎖骨、鎖骨のくぼみのマッサージをして完了。お風呂中やお風呂上りに行うのがおすすめです。

食べ物にも注意が必要?くすみに良い食べ物と悪い食べ物

実は食べ物にもくすみに良いもの悪いものがあるのです。気にして食べるか食べないかで美容やスキンケアにつながりますし、くすみももちろん軽減されていきます。しかし、スキンケアや美容に良い悪いというとそればかりを食べてしまったり、避けてしまったりする方が多いです。

しかし、基本的にはバランスの良い食事をすることが美肌の基本であり、スキンケアに良い食べ物だけを食べても美肌になるというわけではありません。普通よりも少し多く料理に取り入れたり、気にして食べるということがやはり一番効果的です。

肌のくすみに効果的な食べ物は、こんにゃくや大豆、トマトやニンジンなど。逆に良くない食べ物は、糖質の多いものやカフェインの多いもの、アルコールなどです。

生活習慣の改善も肌のくすみには効果的

肌のくすみには日ごろの生活習慣の改善もとても効果的です。特に睡眠時間の確保は美容にとてもよく、痩せやすい体作りやきれいな肌を作るのにとても効果的です。睡眠時間の確保が良い理由は肌のターンオーバーが関係しており、肌のターンオーバーは寝ている間におこなわれるため睡眠時間の確保が重要と言われています。

その他にも規則正しい生活を送ることにより美容の敵であるストレスを感じることが減少する傾向にあるようです。生活習慣を改善するだけで多くの美容効果があります。効果は人それぞれですが、現在不規則な生活が続いている方にはとても効果的な方法と言えます。

その肌のくすみ実は産毛が原因?!

肌トラブル以外にも実は肌がくすんで見える原因があることがあります。その原因とは顔にはえてくる産毛です。産毛は実は顔全体のほとんどの場所にはえており、場所によっては黒っぽい産毛がはえていることもあります。

しかし産毛は細くあまり目立たないことから処理を忘れられている場合があり、産毛を処理することによって透明感のある肌を手に入れることが出来ることもあるのです。

顔の産毛処理にはフェイス用シェーバーを使うなどし傷をつけないよう慎重に行う必要があります。また、顔はデリケートな場所でもあるので頻繁な処理をすることにより肌が荒れてしまうこともあります。頻度を考え産毛を処理していきましょう。

洗顔ももちろん重要!肌のくすみを予防改善してくれる正しい洗顔法

くすみを予防改善するためには洗顔も重要です。良い美容液を使っても、美容サロンに通っても洗顔のやり方次第で意味がなくなってしまういます。肌のくすみを予防改善する洗顔方法は、まず手を綺麗に洗います。次にぬるま湯で顔表面の汚れを落とします。次にクレンジングで細かく化粧を落とします。一旦ぬるま湯でよく洗い流し洗顔料をきめ細かく泡だてます。

泡立てたら泡でマッサージするようにくるくると肌を洗顔していきます。顔全体を泡で洗ったらぬるま湯でしっかり洗顔を落としてきます。洗顔が落ちたら清潔なかわいたタオルで押さえるようにして水分を拭き取り化粧水や美容液で仕上げ完了です。

洗顔のコツはできるだけきめ細かく泡立てた洗顔で爪や指を肌に付けず泡で洗うこと。意外と簡単にできる方法ですので今日からでも実践してみて下さいね。

メイクでうまくカバーしよう!くすみが改善されるまでのおすすめメイク

すでにくすんでしまっている肌は改善するまでメイクで隠してしまいましょう。メイクの方法もいつもと変えればくすみがまるでなかったような仕上がりになることもあります。その気になるメイク方法は、化粧下地の色を選ぶだけ!たったそれだけでくすみの無いような透明感あふれる肌に仕上がります。

選ぶ化粧下地の色はピンクみがかった肌色もしくは青みがかった肌色。目の下など特にくすみの目立つところにムラなく塗りましょう。素肌が白い方にはピンク、こむぎ肌の方には青がおすすめです。

くすみのない肌でより若々しく!

肌のくすみが改善するとなんとマイナス5歳肌になるとも言われています。くすみがないだけで若く見えたり美肌に見えるなんて夢のようです。くすみを改善したり予防するためには規則正しい生活を送ったり、バランスの良い食事を心掛けることだけで効果が見えてくる場合もあります。

無理をすることも、ストレスを感じることも行わないので、簡単に続けられ効果も期待しやすいです。合わせてマッサージやピーリングなども行えばより効果を感じられます。ぜひくすみのない肌で若さを感じてみてはいかがでしょうか?

肌のくすみの原因とくすみ改善のスキンケア方法についてのまとめ

肌のくすみは改善も予防もできます。年齢のせいによるものだけではないので、若い世代の方も注意が必要ですが、しっかりとケアできていればくすみのない肌を保つことが出来、いつまでも若々しい肌でいることが出来るのです。顔のくすみで悩んでいる方は是非予防法や改善法を試してみてはいかがでしょうか?

肌に関するまとめ記事

関連するまとめ

ブルガリアンスクワットで効果的にヒップアップ!女性におすすめダイエット!のサムネイル画像

ブルガリアンスクワットで効果的にヒップアップ!女性におすすめダイエット!

おしりにとても効果的なブルガリアンスクワットというトレーニングを知っ…

Chi_

朝のストレッチで快適に!ダイエット・代謝効果ややり方についてまとめのサムネイル画像

朝のストレッチで快適に!ダイエット・代謝効果ややり方についてまとめ

朝にストレッチを行うとダイエット効果があわられることをご存知ですか?…

234

豆乳の飲み過ぎに注意!ニキビや太る原因に?副作用をチェック!のサムネイル画像

豆乳の飲み過ぎに注意!ニキビや太る原因に?副作用をチェック!

体に良いとされている豆乳ですが飲み過ぎがよくないと知っていましたか。…

たんたん1021

ベンチプレス100kgを上げるコツ!トレーニング期間&メニュー大公開!のサムネイル画像

ベンチプレス100kgを上げるコツ!トレーニング期間&メニュー大公開!

筋トレで大人気のベンチプレス。多くの人の目標であるベンチプレスで10…

Yukimonski

鼻の角栓は綿棒で簡単にごっそり取れる!正しい取り方を伝授!のサムネイル画像

鼻の角栓は綿棒で簡単にごっそり取れる!正しい取り方を伝授!

鼻の角栓にお悩みの皆さん!鼻の角栓が綿棒とオイルで簡単に取れるって知…

Lin*

鼻水を止める市販鼻炎薬おすすめランキング!【アレジオン・パブロン】のサムネイル画像

鼻水を止める市販鼻炎薬おすすめランキング!【アレジオン・パブロン】

今回は鼻水を止める市販鼻炎薬おすすめランキングを紹介したいと思います…

ヒロシ

ベビーパウダーの使い方とは?大人でも使える美容やパックなどの活用法のサムネイル画像

ベビーパウダーの使い方とは?大人でも使える美容やパックなどの活用法

ベビーパウダーって赤ちゃんの為の物って思っていませんか?実は大人の女…

だいごろう

まぶたの腫れはむくみが原因?治す方法はあるの?対処法まとめのサムネイル画像

まぶたの腫れはむくみが原因?治す方法はあるの?対処法まとめ

朝起きたらまぶたが腫れていたっていう経験ありませんか?お出かけしても…

だいごろう

コラーゲンペプチドとは何?効果・効能や正しい摂取量を調べてみた!のサムネイル画像

コラーゲンペプチドとは何?効果・効能や正しい摂取量を調べてみた!

美容サプリやドリンクで見かけるコラーゲンペプチド。なんとなくお肌に良…

tommy

糖質制限の簡単人気レシピまとめ!低糖質スイーツの作り方も!のサムネイル画像

糖質制限の簡単人気レシピまとめ!低糖質スイーツの作り方も!

ダイエットに役立つ糖質制限の簡単人気レシピを集めました。効率的にやせ…

kon_w

女性にひげが生える原因とは?濃くなる理由や正しい対処法をご紹介のサムネイル画像

女性にひげが生える原因とは?濃くなる理由や正しい対処法をご紹介

女性でも鼻の下やあごに「ひげ」が生えるって知っていましたか?産毛だと…

だいごろう

サウナの効果的な入り方とは?サウナのメリット・デメリットのサムネイル画像

サウナの効果的な入り方とは?サウナのメリット・デメリット

みなさんはよくサウナに入りますか?ではサウナをよく利用されている方は…

ヒロシ

寝る前ヨーグルトダイエットの効果は?便秘も治る?痩せる、太る人の違いは?のサムネイル画像

寝る前ヨーグルトダイエットの効果は?便秘も治る?痩せる、太る人の違いは?

楽して痩せる!最近ではそんなダイエットがたくさん推奨されています。そ…

zizi

ごぼう茶の効能が女性の悩みを解消!便秘やむくみを改善する効果とは?のサムネイル画像

ごぼう茶の効能が女性の悩みを解消!便秘やむくみを改善する効果とは?

お茶というと、”紅茶”・”麦茶””緑茶”などの様々な種類がありますよ…

りょうまま

精製水とはなに?美容にも効果的な知っておくと便利な活用法まとめのサムネイル画像

精製水とはなに?美容にも効果的な知っておくと便利な活用法まとめ

精製水って聞いたことありますよね。でも、コンタクトレンズをしている人…

ゆう/coco

ココナッツオイルの使い方って?効果と効能の豆知識!のサムネイル画像

ココナッツオイルの使い方って?効果と効能の豆知識!

今や定番となっているココナッツオイル。万能と言われていますが、実際と…

たけまま

ほうれい線に効果のある美顔器を紹介!パックグッズもまとめてみた!のサムネイル画像

ほうれい線に効果のある美顔器を紹介!パックグッズもまとめてみた!

エイジングケアの中でも一番気になるほうれい線。毎日のスキンケアはもち…

merry_gagen

日焼けの正しい治し方!ヒリヒリがシミやニキビになる前に治そう!のサムネイル画像

日焼けの正しい治し方!ヒリヒリがシミやニキビになる前に治そう!

紫外線や日差しが多くなる時期には日焼けが気になりがち。日焼けした後は…

秋野 もみじ

岩盤浴の持ち物・服装はどうする?必要なものまとめ!【化粧品・メイク道具】のサムネイル画像

岩盤浴の持ち物・服装はどうする?必要なものまとめ!【化粧品・メイク道具】

いま、岩盤浴が再び注目されています。でも、初めて岩盤浴を利用するとき…

NAYAMI

肩甲骨の痛みは右?内側?背中?左肩?場所で痛みの原因が違う!のサムネイル画像

肩甲骨の痛みは右?内側?背中?左肩?場所で痛みの原因が違う!

肩甲骨の周りの痛みやこりは、姿勢の悪さや使い過ぎ・重い荷をもったなど…

entaenteko

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「美容」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ