知っておきたい女子の正しいムダ毛処理方法まとめ

これからの季節、温かくなり肌を出すファッションが多くなってきますよね。そんな時に気になるのがムダ毛処理。気軽に足を出したりノースリーブの服を着たりするためには、女子は定期的にムダ毛処理をしなければなりません。

でも、自分でムダ毛処理を定期的にしていると、カミソリ負けをしてしまったり、荒れてしまったりすることも・・・!!ムダ毛のないキレイな肌にするつもりが、逆に汚く見えてしまうなんて事、誰でも経験あるんじゃないでしょうか?実は、そうなってしまうのは間違ったムダ毛処理をしてしまっていることがほとんどなんです!

女子の悩みの種でもある煩わしいムダ毛。今回は、ムダ毛処理方法のメリット、デメリット、それぞれの箇所別の正しいムダ毛処理の方法を学び、憧れのスベスベ肌を手に入れましょう。また、その人の肌質によっても合う合わないがあるので、色々試して自分に合ったムダ毛処理方法を見つけてみましょう。

女子のムダ毛処理事情!男性の本音は?

肌見せする機会が少ない冬は1ヶ月に1回などほとんどムダ毛処理する回数が少ないですが、春・夏・秋は薄着になり、ムダ毛処理をする回数がグッと上がります。だいたい平均で1週間に2~3回の頻度でムダ毛を処理しているとのこと。夏に友達と肌が触れ合った時に「ジョリッ」となった経験あるんじゃないでしょうか?伸びが早い人で半日もすれば生えてきてしまうムダ毛、嫌なものですよね。

見えない部分だからいいやと油断していると、彼との突然のお泊りで慌てることもあります。やはり、男性から見ても女性のムダ毛はイヤなものです。見られていないようで、見られているムダ毛。大好きな彼にゲンメツさせないためにも、要注意したいですね!

《危険!!》間違ったムダ毛処理方法が横行!

ほどんどの方がセルフでムダ毛処理をしていると思いますが、その80%が間違えた処理方法をしていて、肌トラブルを引き起こした方がいるそうなんです。カミソリ一つとっても、ちゃんとした正しい使い方をしなければ、最悪な場合、炎症を起こしてしまうこともあります。

気を付けたいムダ毛処理トラブル〔埋没毛〕

ムダ毛を強制的に処理することで、身体が傷口(毛穴)をケガだと思い込み、自然治癒力が働き毛穴を塞いでしまいます。しかし、毛根がなくなっているわけではないので新しい毛が生えてきた時に、塞がっているので外に出られず、皮膚の中に埋もれている状態です。皮膚の中に透けて見える黒いブツブツは埋没毛(埋もれ毛)です。

気を付けたいムダ毛処理トラブル〔肌荒れ・乾燥〕

ムダ毛処理した肌はさまざまな刺激を受け、言わば超敏感肌の状態です。ムダ毛処理後にしっかりとアフターケアしてあげることが必要です。正しいアフターケアを怠ると、乾燥や肌荒れを引き起こし、処理した空いた毛穴に汚れが詰まり、ブツブツになったりひどくなるとクレーターになってしまう可能性があります。

気を付けたいムダ毛処理トラブル〔色素沈着〕

脇が黒ずんでいる人っていますよね?いくらムダ毛がなくても見栄えは良くないものです。強い刺激を受け続けるとメラニンを発生させ黒ずんでしまうのです。

気を付けたいムダ毛処理トラブル〔毛のう炎〕

ムダ毛処理を間違えた方法でし続けていると、傷ついた毛穴の内部に細菌が入り、炎症を起こしてしまいます。赤くて大きなニキビのようなできもので、膿がたまります。触ると痛みを感じ、治っても跡に残ることがあります。

迷信?ムダ毛処理すればするほど濃くなるって本当?

よく「毛は剃れば剃るほど濃くなる」って聞いたことあるんじゃないでしょうか?でも、そんなことある訳ないじゃ~んと私も思っていましたが、実はさらさらデマでもないようなんです!

毛と言うものはそもそも、何かをその下にあるもの(頭や目)を守るために生えているものです。ムダ毛を過剰に処理し続けると「守らなきゃ!」と身体が判断し、濃くなることもあるようなんです!!!また、カミソリの逆剃り(足なら下から上へ剃る)をすると毛の断面が太くなるので、濃く見えるという事もあるそうなんです。

セルフでムダ毛処理する方法〔剃る〕メリット&デメリット

自分でムダ毛処理する場合、一番定番な方法と言えば”剃る”処理方法。メリットとデメリットをまとめてみました。

剃るムダ毛処理〔カミソリ〕

自宅で簡単にムダ毛処理できる方法で、一番手軽なカミソリを使ったムダ毛処理。メリットは道具のコストがやすい事ですね。安い物なら数百円で買えちゃいます。そして、やったらすぐ毛がなくなる即効性があるので手っ取り早いのが魅力ですね。デメリットは、持続性はなくすぐ毛が生えてきてしまうので、繰り返し定期的に処理しなくてはなりません。

また、ムダ毛処理の中で最も肌トラプルになりやすい処理方法で、角質も剝がしてしまうので、処理する時はシェービングジェルなどでケアしながら処理する事と、処理をした後のアフターケアを徹底しましょう。

剃るムダ毛処理〔電気シェーバー〕

カミソリよりは肌への負担が少なく、乾いた素肌に使う事が出来ます。即効性がありますが、肌を傷つけないように深剃りは出来ないので、すぐにまた生えてくるため定期的に処理する必要があります。顔など、敏感な部分にも使う事が出来ます。

剃るムダ毛処理〔トリマー〕

トリマーは刃がバリカンのようになっていて、眉やアンダーヘアなど、毛の形を整えたり様々なムダ毛処理に適用できます。デメリットは、あまり剛毛の太い毛の場合、セーフティー機能が反応して止まってしまう事があります。

セルフでムダ毛処理する方法〔抜く〕メリット&デメリット

抜くムダ毛処理〔毛抜き〕

眉毛を整える、わき毛を抜くなどに一番使われるのが毛抜きです。毛抜きは毛を掴み毛根から引き抜くので、剃るよりも毛が伸びてくる期間が長いメリットがあります。また、新しく伸びてきた毛の毛先は新芽のように柔らかくチクチク感がありません。デメリットは、強制的に引き抜くので、肌の負担が多く、血が出たりそこから埋没毛になる可能性が高いですね。また、1本1本抜くため時間がかかる大変な処理方法です。

毛抜きの正しい使い方は、抜く毛の周りの皮膚を指で押さえ、毛の生えている向きに沿ってその方向に抜くとスッと抜けます。毛の流れに逆らって抜こうとすると痛みもありますし、負担も大きくなり赤くなってしまうことがあるのでおすすめできません。

抜くムダ毛処理〔ワックス脱毛〕

今、専門サロンもあるほど若い女子に人気なワックス脱毛。ワックス脱毛は固まるジェルを抜きたいムダ毛の上に塗り、乾いたら一気に剥がす処理方法です。広範囲の毛を一度に抜くことが出来ますが、その痛みは尋常じゃありません。脱毛テープも同じ原理ですが、太い毛は抜けにくいのがデメリットです。

モデルなどの中で火が付き話題になっていますが、気を付けなければいけないのが、中には肌への負担が少ないと謳っているワッスクです。ワックス自体に保湿成分などが配合されているだけで、毛穴への刺激が少なくなっているわけではありません。あれだけ痛くてダメージが少ないわけがありませんね!デリケートゾーンなどの敏感な部分にはワックス脱毛はおすすめできません。

抜くムダ毛処理〔電動毛抜き機器〕

電動毛抜き機器はちょっと前に流行ったムダ毛処理方法です。痛みが伴い、ひっぱられた毛穴がそのまま盛り上がった状態になってしまってブツブツになってしまったり、毛穴のトラブルが非常に多いあまりおすすめできない処理方法です。

セルフでムダ毛処理する方法〔焼く〕メリット&デメリット

焼くムダ毛処理〔ヒートカッター〕

熱で毛を焼き切る除毛器は、熱線の熱で毛先が丸くなりチクチクしないというメリットがあります。そのため、アンダーヘアなどの太い毛を処理しても不快感がなく簡単に処理できる方法です。しかし、表面に出ている毛を焼き切るだけなので、すぐに生えてきて、火傷をするという危険性もあります。

フラッシュ脱毛は、毛根に光を当て回数を重ねていくと毛根の再生力を弱らせ、いずれ生えなくなるという、エステでも使われているムダ毛処理方法です。即効性はありませんが、回数を重ねるほど処理回数は少なくなり肌への負担を減らしてくことができます。ただ、コストがかかることがデメリットとなります。

正しい手足のムダ毛処理方法(顔・脇・ボディ)

こうして見ると様々な方法があるムダ毛処理ですが、メリット、デメリット、肌への負担、コスト面なども様々です。最近では、脱毛サロンと同じくらいきれいにムダ毛処理できるものまで発売されているんですね!ただ、安価な道具でも、正しい処理方法さえ知ればすべすべな肌を手に入れることができちゃうんです。

それは、どの道具を使うにしても共通するムダ毛処理をする前のひと手間にあります。処理前の是非やってほしいおすすめのひと手間は『蒸しタオル』です。蒸しタオルで処理する場所を十分に温めることで、毛や皮膚が柔らかく柔軟になり、肌が傷つきにくくなるんです!

そして、毛穴も広がり緩くなることで、抜いた時の刺激や摩擦が軽減されます。カミソリや電気シェーバーなど刃がついたものを使うときは、勿体ない、まだ切れるからと言って、いつまでも古い刃を使い続けないこと!目に見えなくても使っていくうちに刃がこぼれていって、肌を傷つける原因にもなるからです!

そして、毛の流れに逆らわないことです!剃るにしても抜くにしても、必ず毛の生えている方向に処理してください。だいたい、どの部分も上から下が基本になっています。

最後は、必ず冷やしタオルで完了しましょう。最初に蒸しタオルで開きっぱなしのままにしておくと、炎症を起こしたり、毛穴のつまりの原因にもなります。その後、保湿をたっぷりすることも忘れずにケアします。

顔のムダ毛処理は体と一緒じゃダメ!

ムダ毛の処理する箇所別に気を付けたいポイントや、おすすめの処理方法をご紹介します。ボディよりも皮膚が薄く、敏感な顔のムダ毛処理。眉毛などの太い毛はもちろんですが、フェイスライン周りや鼻下などの産毛もきれいに処理すると、顔色がワントーン上がるのでおすすめです。くすんでいると思ったら産毛だったなんてこともありますよ!

そんな、顔のムダ毛処理に気を付けたいのが、カミソリの種類です。皮膚が薄く、毛も細いため、顔そり専用のカミソリを使うのがおすすめです。顔そり用のカミソリはガードが付いていて、肌への負担を減らしてくれます。

キレイだとモテ度UP!うなじのムダ毛処理

意外と大勢の方が放置しているのが「うなじ」のムダ毛処理です。髪をまとめたときにスッと伸びるきれいなうなじは、隠れモテポイントです。アップにしたとき、うなじがもじゃもじゃだと、なんか嫌ですよね。また、直接見えないので、自分では処理しにくい部分でもあります。

うなじのムダ毛処理は自分でやる場合、合わせ鏡をしながら、I字のカミソリかシェーバーで少しずつ剃りましょう。T字のものだと、範囲が広くなり髪の毛まで剃ってしまうこともあるので注意しましょう。難易度の高いうなじのムダ毛処理、一番は人にやってもらうのが安全ですね。

自分で処理しにくい背中のムダ毛処理

これからの季節、背中の空いた服や水着などを着るときに気になる背中のムダ毛。自分では普段見ることがない場所なので、処理していない方が多いですが、人からは意外と見られることが多い背中のムダ毛。「あっても産毛でしょ?」と思いがちですが、室内では分かりにくくても、海や太陽の下の明るいところでは、結構目立ってしまってます!

さらに、難易度の高い背中のムダ毛処理は、自分で目視が出来ない分、刃が付いている道具は危険を伴います。ワックス脱毛がおすすめです。体が硬い場合は大変ですが、ワックスなら見えなくても手探りで塗れますし、背中の毛は産毛のような細い毛が多いため、簡単に処理できます。

相談できないアンダーヘアのムダ毛処理

海外では当たり前のように処理しているアンダーヘア。日本でも若い女子の間では処理する人が少しづつ増えてきました。でも、剛毛でくせの強いアンダーヘアって抜くと痛いし、剃るとチクチク感で痒くなってしまったりします。実際、どうやって処理するのが正しいのでしょうか?

アンダーヘアを自分でムダ毛処理する場合におすすめなのが、ヒートカッターやフラッシュ脱毛です。焼き切るヒートカッターは毛先の断面図が丸くなり伸びてきてもチクチクしません。フラッシュ脱毛も太い毛に向いている脱毛方法で、チクチクしないし徐々に薄くなってくるので、おすすめです。

女性は生理などもありますし、正しい処理をすれば清潔に保たれて、蒸れた匂いも軽減できます。デリケートな部分ですので、かぶれたりする事も少なくなり、いいことづくめですよ!

ムダ毛処理の回数を減らせるムダ毛処理対策

”剃る”にしても”抜く”にしても”焼く”にしてもどの方法をとってもまた再び生えてきてしまうムダ毛。その度に繰り返し処理をして肌は刺激を受けてしまいます。そんなムダ毛処理の回数を減らすことが出来たらいいですよね?その願いをかなえてくれるのが除毛剤です。

塗って洗い流すだけで、短時間で広範囲のムダ毛処理が出来るのでおすすめです。毛を溶かしてなくす除毛クリームは、一昔前までは刺激が強く、荒れてしまう人が続出しましたが、近年の除毛クリームは低刺激性、美容成分配合のものが多く、スキンケアも一緒に出来ちゃいます。コストも3000円前後で買えるものが多く、手軽に試せるのもいいですね!

もう一つはムダ毛脱色剤です。毛を処理する脱毛と違い、毛を肌の色に染めて目立たなくする方法です。美容院でブリーチ剤などが頭皮にしみる経験って誰でもあると思いますが、それと同じで肌への負担が大きいです。また、新しい毛が伸びてくるとプリン状態になり非常にカッコ悪いのでおすすめできません。

ムダ毛処理はプロに任せよう!

脱毛は自分の手でやるにはリスクの高いムダ毛処理。お金に少し余裕があればプロに任せるのが一番リスクが低いです。とにかく肌に負担になるようなムダ毛処理方法はなく、毛穴もキュッと締まり、理想的な肌を叶えてくれます。値段も年々安くなっていますし、キャンペーンなどを利用すれば数千円でできちゃうプランも多数あります。

脱毛専門サロンの「ミュゼプラチナム」は、ワキ・Vライン100円など様々なキャンペーンを実施しています。契約するつもりがなくても、押し売りしたりせず丁寧に教えてくれます。あまりの人気に予約が取りづらいですが、それだけの実績を技術を持った優良店です。

まとめ:ムダ毛処理の正しいやり方を覚えよう!

いかがでしたか?当たり前のようにやっていたカミソリや毛抜きのムダ毛処理もこんなに肌に負担をかけていたなんて驚きですね!なんか肌が荒れているなって思っていたら、実はムダ毛処理が原因だったなんてこともあるので気を付けたいですね!自分に合った正しいムダ毛処理方法を守り、ツルツルすべすべの肌を手に入れてくださいね!

関連するまとめ

結婚式までにダイエットを成功させる方法!効果の出るやり方やコツは?のサムネイル画像

結婚式までにダイエットを成功させる方法!効果の出るやり方やコツは?

結婚式は新郎新婦にとって人生でたった一度のイベントです。その結婚式ま…

ヒロシ

ワセリンでまつげが伸びるはデマ!?正しい効果と使い方、副作用をチェック!のサムネイル画像

ワセリンでまつげが伸びるはデマ!?正しい効果と使い方、副作用をチェック!

ワセリンでまつげが伸びるのは医学的根拠がないようです。ワセリンの保湿…

高橋 真奈美

口内炎に効くおすすめ市販薬ランキング!人気のケナログから貼るタイプまで!のサムネイル画像

口内炎に効くおすすめ市販薬ランキング!人気のケナログから貼るタイプまで!

口内炎にができると痛いだけでなく憂鬱です。厄介な口内炎は薬でパパッと…

持田リカ

拭き取り化粧水人気ランキング・ベスト20!口コミで話題!角質がすっきり!のサムネイル画像

拭き取り化粧水人気ランキング・ベスト20!口コミで話題!角質がすっきり!

毎日のスキンケアに、拭き取り化粧水を使っていますか?穴の黒ずみや角質…

guri

頭皮の湿疹・かゆみの5つの原因!頭皮トラブルを回避するセルフケア!のサムネイル画像

頭皮の湿疹・かゆみの5つの原因!頭皮トラブルを回避するセルフケア!

突然起こる頭皮の湿疹やかゆみってつらいですよね、かゆみを我慢できず掻…

秋山ナオ

牛乳石鹸が洗顔にいい?青箱・赤箱のニキビ効果や成分、特徴まとめ!のサムネイル画像

牛乳石鹸が洗顔にいい?青箱・赤箱のニキビ効果や成分、特徴まとめ!

牛乳石鹸がお肌をすべすべにしてくれるって知ってましたか?ニキビなどの…

ゆう/coco

ハトムギ化粧水のニキビの口コミまとめ!思春期ニキビ・ニキビ跡にも効果的?のサムネイル画像

ハトムギ化粧水のニキビの口コミまとめ!思春期ニキビ・ニキビ跡にも効果的?

思春期になると、気になるのはニキビです。ニキビになると、治すために化…

chi018.hi58

えのき氷ダイエットってなに?便秘解消など女性に嬉しい効果まとめのサムネイル画像

えのき氷ダイエットってなに?便秘解消など女性に嬉しい効果まとめ

いつの時代もダイエットに悩む女性は多いもの。皆さんは今話題のえのき氷…

tommy

BOTANISTシャンプーの解析と口コミまとめ!成分は何?保湿力が高い!のサムネイル画像

BOTANISTシャンプーの解析と口コミまとめ!成分は何?保湿力が高い!

完売続出!噂の大ヒットBOTANISTシャンプーの人気の理由とは?話…

diaz

かぼちゃのカロリーは?ダイエット中でも大丈夫な食べ方や調理方法は?のサムネイル画像

かぼちゃのカロリーは?ダイエット中でも大丈夫な食べ方や調理方法は?

かぼちゃはカロリーが高くて太るからとダイエット中は避けがちですよね。…

kon_w

まぶたのできもの痛くないから大丈夫?白い・赤いできもの原因と対処法のサムネイル画像

まぶたのできもの痛くないから大丈夫?白い・赤いできもの原因と対処法

まぶたの上にできものが出来ることがありますが赤いものや白いもの、ただ…

daisuke_dan

ホホバオイルの使い方一覧!顔から頭皮・髪にもOK?効果の程は?のサムネイル画像

ホホバオイルの使い方一覧!顔から頭皮・髪にもOK?効果の程は?

ホホバオイルと聞くと、良さそうなイメージがありますが、その効果の程も…

Mojico

洗い流さないトリートメントの正しい使い方は?効果を最大限に!のサムネイル画像

洗い流さないトリートメントの正しい使い方は?効果を最大限に!

お風呂の後に使う洗い流さないトリートメントにも、正しい使い方があるそ…

卯月茉莉華

南雲吉則の食事法「一日一食」の評判と若返りダイエットまとめ!のサムネイル画像

南雲吉則の食事法「一日一食」の評判と若返りダイエットまとめ!

乳腺専門医で医師として活躍する南雲吉則が提案する一日一食の食事方法が…

照屋 愛梨

ロシアに美人はなぜ多いのか?理由を考察してみた!【検事・兵士・etc...】のサムネイル画像

ロシアに美人はなぜ多いのか?理由を考察してみた!【検事・兵士・etc...】

一般に「美人が多い国はどこですか?」と尋ねられると、「ロシア」と答え…

h.neco0727

コラーゲンボールの効果や値段を調査!正しい食べ方や作り方は?のサムネイル画像

コラーゲンボールの効果や値段を調査!正しい食べ方や作り方は?

鍋を食べる時によく見かけるぷるんとしたコラーゲンボールですが、食べた…

nobii

二重の作り方・方法まとめ!アイプチやテープで簡単に二重がつくれる?のサムネイル画像

二重の作り方・方法まとめ!アイプチやテープで簡単に二重がつくれる?

くっきり二重の人を見ると、羨ましく思いますよね!二重なだけで目が大き…

Karexxy

すた丼のカロリーってどれくらい?ダイエット向きな理由を調べてみた!のサムネイル画像

すた丼のカロリーってどれくらい?ダイエット向きな理由を調べてみた!

すた丼は好きだけれどもカロリーが気になる、ということはありませんか?…

kon_w

1日1食ダイエットに若返り・便秘解消効果は?この健康法で痩せた芸能人を紹介!のサムネイル画像

1日1食ダイエットに若返り・便秘解消効果は?この健康法で痩せた芸能人を紹介!

いろいろなダイエット方法が生み出されている現代ですがそんな中でも芸能…

zizi

頭皮や地肌が乾燥する原因は?フケやかゆみに効果的なケア方法はある?のサムネイル画像

頭皮や地肌が乾燥する原因は?フケやかゆみに効果的なケア方法はある?

頭皮のかゆみやフケで困った経験ありませんか?そのかゆみやフケは頭皮や…

だいごろう

関連するキーワード

アクセスランキング

昨日の「美容」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ