赤ちゃんの鼻水の吸い方は?

赤ちゃんが鼻水を垂らしている姿も可愛いですが、息苦しそうにしている姿は可哀そうですよね。赤ちゃんはまだ自分で鼻水をかむことができないのでお母さんやお父さんが吸い出してあげなければいけません。昔は鼻を口で覆って吸い出す光景もありましたが、今では鼻水吸い出し器が売っているので赤ちゃんの鼻水も吸い出しやすくなりました。

手動のスポイト型

スポイトの先端を赤ちゃんの鼻の穴に入れてシュポシュポと吸い出します。赤ちゃんが寝ているときやおとなしい時に行わないとなかなか取れずに苦戦します。あまり奥に突っ込んでしまうと赤ちゃんが痛がって泣いてしまったり暴れてしまうので注意しましょう。

ティッシュに吸わせて取る

鼻水が出ている部分にティッシュを当てて下に引くようにして鼻水を取ってあげます。完全に摂り切れないときは鼻の上に蒸しタオルなどを当てて湿度を高くし、鼻水を引っ張りやすい状況にしてあげます。一度に何回もやってしまうと鼻の下が赤くなり痛くなるので様子を見ながら行いましょう。

綿棒で引っ張り出す

どうしてもへばりついている鼻水があるときは綿棒の先端を柔らかくほぐして鼻掃除の用量で取り出してあげましょう。なるべく鼻吸い器などで鼻水をある程度吸い取ってからの方が良いです。奥にへばりついているからとやりすぎると赤ちゃんが痛がるので注意しましょう。

電動鼻吸い器なら簡単に吸い出せる

赤ちゃんの鼻水の吸い方で一番楽なのは電動鼻吸い器です。鼻に入れるコツさえつかめば簡単に鼻水を吸い出してあげられます。ただ電動ものになるとかなりの値段が掛かるので、登場場面回数を考えてからの購入をおすすめします。

赤ちゃんの鼻水は吸い方次第で楽になる!

赤ちゃんの鼻水は吸い方次第でとても楽にしてあげられます。吸い方が下手だと何回も吸うハメになり赤ちゃんも鼻水の吸引を嫌がってしまい暴れ始めてしまいます。赤ちゃんも日々成長していくので、嫌なことが続くとトラウマになってしまいます。

お母さんやお父さんが口で吸いだしてあげるのが本当は良いのですが、現在ではその方法もあまり知られていなかったり、嫌がる親御さんもいるためあまりおすすめはしませんが、できるだけ赤ちゃんに負担を掛けないように鼻水を吸い出してあげましょう。

耳鼻咽喉科の先生が考案 ママたちが選んだ鼻すい器 【ママ鼻水トッテ】 - YouTube

出典:YouTube

やり方が分からない場合には鼻水を吸い出す方法を紹介している動画を見ながら実践するのも良いでしょう。上手に鼻水を取り出してあげるにはまず方法を知らなければいけません。動画で勉強をして嫌がらない取り方をしてあげましょう。

赤ちゃんの鼻水の吸い方で気をつけたいこと

赤ちゃんの鼻水は吸い出してあげれば良いというわけではありません。その過程で鼻の粘膜を傷つけたり、赤ちゃんが嫌がるような取り方をしないようにする必要があります。

綿棒や吸引器は奥まで突っ込まない!

鼻水を奥から吸い出そうとして奥まで突っ込まないようにしましょう。大人でも鼻の奥まで綿棒などを突っ込むと痛いですよね?赤ちゃんは大人よりも痛みに耐性がありません。もうちょっとで取れるから…と赤ちゃんの気持ちを無視して奥まで突っ込んでしまうと不信につながるので止めてあげましょう。

じっとしないからと怒鳴らない!

赤ちゃんが動いてしまって上手く吸えないからといって大きな声で怒鳴ったり叱ったりするのは止めましょう。赤ちゃんも鼻水が詰まってしまってつらいのです。息苦しさを自分なりにどうにかしようと動き回っているのかもしれません。一度大人しくなるまで待つか、落ち着かせてから鼻水を吸い出してあげましょう。

連続して何回も吸い出そうとしない

時間を置かずに何回も鼻水を吸い出そうとするのも止めましょう。鼻が痛くなってしまい赤ちゃんも鼻吸いを嫌がってしまいます。赤ちゃんが嫌がりだしたらいったん止め、落ち着いたころにもう一度吸い出してあげましょう。

赤ちゃんによってはスポイトなどの吸い方を嫌がることもある

すべての赤ちゃんがスポイト型の吸引器や綿棒で嫌がらず鼻水を吸わせてくれるとは限りません。よかれと思ってかったものが、赤ちゃんには嫌なものという可能性もあります。あまりにも嫌がるようなら他の方法を試す必要も出てくるので、赤ちゃんの様子をよく観察するようにしましょう。

赤ちゃんの鼻水の吸い方は一つではないため、我が子に合った方法で鼻水を吸い出してあげましょう。また吸引器にもたくさん種類があるので違うタイプのものを試してあげるのも良いでしょう。お母さんやお父さんが上手に鼻水を取るためにも嫌がらないようにしてあげることが重要です。

最初は嫌がっていた赤ちゃんも慣れることもあります。最初はコツなども分からずにお母さんたちもストレスを感じてしまいますが、慣れてしまえば比較的簡単に吸い出せるようになります。取り方次第で赤ちゃんの反応も変るので、色々と試してみるのも良いでしょう。

鼻水の吸い方が下手だと赤ちゃんが泣いてしまうので注意!

鼻水は上手に吸ってあげなければ赤ちゃんが嫌がって泣いてしまいます。やり方が分からないからと無理に鼻に入れてしまっても、鼻水が取れるわけではないので気をつけましょう。

鼻水を吸い出すときは赤ちゃんとのスキンシップを大切にしましょう。何か気を紛らわすようなことがあれば赤ちゃんもそちらへ気が向くので吸い出しやすくなります。多少鼻水の取り方が下手であっても、赤ちゃんの機嫌が良ければ取ってあげることも可能です。

どうしても自分で上手に吸えないのであれば、病院で取り方を聞いてみたり自分の親に取り方を見てもらうと良いでしょう。ここをこうした方が良いなどのアドバイスが貰えます。

鼻水がうまく吸えない!病院へ行った方が良い?

どうしても赤ちゃんの鼻水が上手に吸えない場合は病院で取ってもらうのも一つの手です。しかし病院は他に風邪や病気を診てもらいたい親子がたくさん来ています。1度くらいなら問題ないでしょうが、それが何度もとなると病院にとっても他の人にとっても迷惑になるので何度も病院で取ってもらうのはおすすめできません。

病院へ行った際は上手に鼻水を取るコツや取り方を教えてもらいましょう。また病院を受診するなら小児科か耳鼻科が良いです。鼻水以外の症状がある場合は伝えて薬を貰ってきましょう。

病院ではこんな吸い方で赤ちゃんの鼻水を吸い出す!

吸鼻水 - YouTube

出典:YouTube

病院では家庭用よりも少し大きな鼻水吸引器で鼻水を吸い出します。吸い方や取り方は各病院によると思いますが、多くの場合は自動吸引器で吸い出すので赤ちゃんの鼻づまりもすっきりします。看護師さんや先生も慣れているため赤ちゃんが嫌がることも少ないです。

病院ではまず問診から始まります。またここで先生に自宅で上手に鼻水が吸えないことを伝えておきましょう。自宅で使っている吸引器をみせるのも良いでしょうが、先生や病院によっては鼻水を吸い出して終わりという場合もあります。

赤ちゃんの鼻水の上手な吸い方は?コツってあるの?

赤ちゃんの鼻水を吸い出しやすくするにはどうしたら良いのでしょうか?赤ちゃんの鼻水が吸い出しやすくなれば嫌がることもありませんし、お母さんやお父さんがストレスを感じることもありませんよね。

蒸しタオルを使って鼻の中の湿度を上げる

赤ちゃんの鼻の下に蒸しタオルや蒸しガーゼを乗せて鼻の中の湿度を上げましょう。完全にふさいでしまうと赤ちゃんが息できなくなるので注意しながら行います。蒸気を鼻の中に通すことで自律神経を刺激させることができるので、鼻の通りが良くなります。

お風呂に入れてから吸い出す

これも蒸しタオルと同じ理由です。お風呂の蒸気で自律神経を刺激して鼻の通りを良くしておけば鼻水が出やすくなり、取りやすい状態になります。またできるだけ顔を立てるように縦抱きにして吸引してあげましょう。

お母さんやお父さんは笑顔で赤ちゃんと接する

まず上手に吸おうとするならお母さんやお父さんは笑顔でいることです。これが上手くいかなければコツを使ったとしても赤ちゃんは嫌がりますし、怖がってしまいます。スキンシップを大事にしながら赤ちゃんの鼻水を吸ってあげましょう。赤ちゃんを不安にさせないようにするのも立派なコツですよ。

赤ちゃんの鼻水を吸わないで放っておくとどうなる?

赤ちゃんの鼻水を吸い出さないで放っておくと鼻がつまるだけではなく、機嫌が悪くなり泣き続けることもあります。寝ぐずりの原因にもなりますし、なにより赤ちゃんが可哀そうです。

赤ちゃんが鼻水を垂らしていたら鼻水を吸い出してあげてましょう。赤ちゃんが寝られないとお母さんやお父さんもぐっすりと寝ることができません。大人でさえ鼻づまりはつらいものですから、自分ではどうにもできない赤ちゃんの代わりにしっかりと取ってあげましょう。

鼻水の吸い方が不十分のでも中耳炎にかかる恐れが!

中耳炎にかかると聴力の低下や発熱、耳の閉そく感、痛みを感じることがありますが、赤ちゃんは言葉を話すことができないので中耳炎にかかっていても教えることができません。中耳炎の原因はさまざまですが、多くの場合はウイルスや風邪によるものです。

鼻水の詰まりが直接の原因ではありませんが、鼻水をそのまま放置しておくと中耳炎にかかる可能性が上がってしまいます。大切な我が子を病気から守るためにも鼻水はきちんと吸い出してあげましょう。また中耳炎が悪化すると最悪の場合手術しなければいけないことになるので注意しましょう。

病気にならないように鼻水は吸い出してきれいにしてあげよう

鼻水を吸い出してあげるのは息苦しさを無くしてあげるだけでなく、病気から守るという理由もあります。赤ちゃんはまだ自分で鼻づまりを解消することができないので、お母さんやお父さんが気づいて鼻水を吸い出してあげてくださいね。

関連するまとめ

新生児・赤ちゃんのしゃっくりの原因は?多い時の止める方法や対処法のサムネイル画像

新生児・赤ちゃんのしゃっくりの原因は?多い時の止める方法や対処法

産まれてたての可愛い新生児の赤ちゃんってこれ以上ないくらいかわいいで…

bikine

夜泣きを放置するのは海外では常識?その方法と上手な対応まとめのサムネイル画像

夜泣きを放置するのは海外では常識?その方法と上手な対応まとめ

乳幼児の育児をするうえで上手に夜泣きを治まらせる方法がわからないとい…

ha1103.823

子育てにストレスは付きもの?悩みを解決してストレス発散する方法は?のサムネイル画像

子育てにストレスは付きもの?悩みを解決してストレス発散する方法は?

育児をしている上でストレスはつきものです。子育て中はストレスが溜まり…

bonbon.m

妊娠初期に運動してもいいの?ストレッチ・ウォーキング・ヨガのやり方のサムネイル画像

妊娠初期に運動してもいいの?ストレッチ・ウォーキング・ヨガのやり方

妊娠初期の運動とそのやり方についてまとめたみましたが、自分に合う運動…

美希

生理周期が長い!その原因と改善方法は?妊娠しにくいって本当?のサムネイル画像

生理周期が長い!その原因と改善方法は?妊娠しにくいって本当?

生理周期が長いと妊娠しにくいって本当?女性のお悩みに多い生理周期の乱…

みんみん

ベッドメリーの人気おすすめ!いつからいつまで使える?【赤ちゃん】のサムネイル画像

ベッドメリーの人気おすすめ!いつからいつまで使える?【赤ちゃん】

生まれたての赤ちゃんは眠っている時間が多く、おもちゃで遊べるようにな…

guchi_yama

子育て中にイライラ!怒ってばかりという悩みを持つママに贈る対処法は?のサムネイル画像

子育て中にイライラ!怒ってばかりという悩みを持つママに贈る対処法は?

子育て中にイライラする!これって子育てママの大半が経験する事。いつも…

めぐみ

ベビー服ブランドまとめ!安くてかわいい人気ランキングを紹介!のサムネイル画像

ベビー服ブランドまとめ!安くてかわいい人気ランキングを紹介!

小さくて可愛いベビー服。赤ちゃんが生まれたら、たくさんあるブランドの…

岡田あやの

満月と生理の神秘的な関係とは?妊娠や排卵にも影響あるの?のサムネイル画像

満月と生理の神秘的な関係とは?妊娠や排卵にも影響あるの?

満月と生理の神秘的な関係は迷信などではなく実際にあるともいわれていま…

高橋 真奈美

赤ちゃんの二重まぶた!いつから二重に?方法や時期を調査!遺伝も関係?のサムネイル画像

赤ちゃんの二重まぶた!いつから二重に?方法や時期を調査!遺伝も関係?

産まれて来たばかりの赤ちゃんは、見ているだけで幸せを与えてくれます。…

bonbon.m

妊娠初期や妊娠超初期の頭痛の原因について。寒気や吐き気を伴う場合も!のサムネイル画像

妊娠初期や妊娠超初期の頭痛の原因について。寒気や吐き気を伴う場合も!

なんだか頭痛がする・・・もしかしたら妊娠かも!?妊娠初期症状のなかに…

BT leaf

ディズニーランド攻略!子連れの為の裏ワザやファストパス攻略法紹介のサムネイル画像

ディズニーランド攻略!子連れの為の裏ワザやファストパス攻略法紹介

子供を連れてのディズニーランドって大変なイメージがありますよね。実…

zizi

トイレトレーニングはいつから?開始のタイミング・進め方のコツのサムネイル画像

トイレトレーニングはいつから?開始のタイミング・進め方のコツ

トイレトレーニングってどうすればいいんだろう?トイレトレーニングはい…

めぐみ

男の子の名前一文字!かっこいい人気ランキングまとめ!珍しい名前も!のサムネイル画像

男の子の名前一文字!かっこいい人気ランキングまとめ!珍しい名前も!

男の子の漢字一文字の名前人気ランキングと、珍しい名前やイメージ別の名…

karin

イヤイヤ期はいつからいつまで?うまく乗り切る接し方や対応法まとめのサムネイル画像

イヤイヤ期はいつからいつまで?うまく乗り切る接し方や対応法まとめ

魔の2歳児と言われるイヤイヤ期。イヤイヤ期は子供の成長の証ですが、マ…

nebyo13

ベッドガード・柵で赤ちゃん子供の転落防止!使い方とおすすめまとめのサムネイル画像

ベッドガード・柵で赤ちゃん子供の転落防止!使い方とおすすめまとめ

簡単に赤ちゃんの転落を防止できるベッドガード・柵が人気を集めています…

mikaraccoon

帝王切開の時間や費用は?入院前の準備物まとめ!普通分娩と違う?のサムネイル画像

帝王切開の時間や費用は?入院前の準備物まとめ!普通分娩と違う?

帝王切開になると費用がかかるように感じますが、果たして普通分娩の費用…

nobii

無印でマタニティライフを快適に♡デニム・レギンスなど人気アイテムまとめ♪のサムネイル画像

無印でマタニティライフを快適に♡デニム・レギンスなど人気アイテムまとめ♪

大人気の無印♪生活雑貨やアパレルが注目されていますが、無印のマタニテ…

Ota Chihiro

妊娠初期の風邪の影響は?咳・鼻水・喉の痛み・熱の対処法についてのサムネイル画像

妊娠初期の風邪の影響は?咳・鼻水・喉の痛み・熱の対処法について

妊娠初期の妊婦さんが風邪を引くと、胎児に影響はあるの?という疑問にお…

beautyandkind

英才教育には弊害が?間違った育て方が子どもの将来の大きな失敗につながるのサムネイル画像

英才教育には弊害が?間違った育て方が子どもの将来の大きな失敗につながる

昨今英才教育を取り入れて育児をしている人がとても増えています。しかし…

nebyo13

関連するキーワード

watanebe

新米ママ3ヶ月目です。
バイク免許取得が今のところの夢。愛車予定はCBR250RR
虫が大の苦手でグロテスクものも苦手。
水族館巡りやカラオケが好き。

アクセスランキング

昨日の「妊娠・育児」に関するまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ